為替の本など、1ページも読んだことのない&これからも読む気は一切ない
わたしが、値動きを徹底的に見てきた経験からの感想です

テクニカルで動いているとお思いの方・・・
正解であって、不正解です!

1.実需の動き
まず、コレが根底。
・国内輸出企業
 製品輸出で得たドル資金を、円に換金しなくてはならない
 ドル安円高要因
・国内輸入企業
 海外で商品を買うために、円をドルに換金しなくてはならない
 ドル高円安要因

合わせると、なんのこっちゃになります

じゃ、なぜ、過去は円高だったのに、2012年から円安になっているのか?
上を理解していれば簡単です

過去は、日本は輸出大国であったため、国内輸出企業が強い時代=円高

が、一転
2012年からの貿易赤字に見られるように、輸入企業のほうが強い時代=円安


2.株価に連動
円の特徴は、スイスフランと並んで、安全資産といわれています
おそらく、戦争をしない国だからだと思われます

次に安全資産とされるのは、ドル
おそらく、世界一の経済大国だからだと思われます
他の、ユーロや豪ドルなどはリスク資産と呼ばれます

株価が上がる(リスクオン)状態では、
安全資産が売られ、リスク資産が買われます=円安

反対に、株価が下がる(リスクオフ)状態では、
安全資産が買われ、リスク資産が売られます=円高

なぜ、そうなのかの理由はわかりませんが、安全&リスクという言葉をそのまま受け取るかor事実そう動いていることは、確かです。


3.金利差
預金する場合を想像してみれば、簡単なことです
金利の高い通貨建てで預金したほうが、利回りがいいです
なので、金利の高い通貨が買われやすいです
FXトレーダーなら見分け方はかんたんですね
スワップのプラス方向が金利の高い通貨になります
ただし、すでに、金利差はある程度相場には織り込まれています
徐々に金利差の高い方へは動きますが
現在より金利が上がるのか、下がるのかの方に注目した方に動きます

政策金利とともに、量的緩和という政策もあるので、そちらにも注目です


4.投機筋
最後になりますが、結局もっとも動かしているのはこいつらということになります
で、どう動かしているかは、
上記、3つに注目して、今後、動いていきそうな方向を予測して
さらに、テクニカル分析を使用して、動かしています(ポジションを組み立てていきます)
当然、立てているポジションを手放したりもします(噂で買って事実で売れ&ポジション調整)


結論:トレーダーは上記(ファンダメンタル)を意識しつつ、投機筋とともにテクニカル分析でトレードしていくことになります

相場がテクニカルで動いていることの、正解と不正解の内容でした。


基本的なことですが、おさらいの意味で書いておきました。
テクニカルより、ファンダメンタルを重視するわたしは、
トレードしていなくても、なんで動いているかは、後づけですが大体説明できるようになりました。


記:2013.10.7

わたしがこれまでやってきたギャンブルでモノになったのはパチンコだけですが
モノになったギャンブルとモノにならなかったギャンブルの両方の経験から
ギャンブルに対するわたしの心得がいくつかあります

FXにはギャンブル的要素もあるので
ギャンブルとFXに通ずるものがあったら、わたしなりの言葉で書いていきます

・ギャンブルたるものサルでも勝つときゃ勝つ
 何も考えてなくても勝つときゃ勝つ
 しかし、それで有頂天になってはいけない
 つねに「totalで勝つ」ことを考えないと、いずれ敗者となる

 totalで勝つ基本戦略は「負けないことが勝ち」
 FXでは「負けを極力小さくすることが勝ちにつながる」


・絶対に勝とうとは思わない
 ギャンブルの世界、一見100%勝てる道があるように見える
 しかし、それは99%勝てる道であり、1%に踏み外したときは破滅である
 引くことも心がけよ


・まず戦える剣を手に入れよ
 そして、その剣は鋭くみがけ
 万が一その剣が折れたときのために、隠し玉はすこしずつ用意していけ
 いつまでも前進せよ

チャートを食い入るように観察し、実践から学んだわたしなりの相場観です
独自に学んだことを書いていく雑記なので見にくいことはご了承ください


取引通貨ペア
・豪ドル/円
 初動が遅く、波打つように動くので、動きがあってからでもエントリーや早めの損切りがしやすい
 スワップの関係で買いたい人が多いからか、じりじり上昇し下がる時はストンと落ちる
 スプレッドが大きいのが難点

・ユーロ/円、ユーロ/ドル
 直線的に動くので、ポイントを決めておくことが大事
 大きく動くので、勝ちも負けも大きい

・米ドル/円
 動きが小さく安定型


他のペアはかじったことがありません


取引時間帯
・東京午前↓(東京仲値10:00前の30分間は↑)
・東京午後↑
・東京と欧州の間↓
・欧州前半↑
・欧州後半は調整
・NY前半は?
・フィキシング(25:00、サマータイムは24:00)↓
・フィキシング後↑(フィキシング後も下げた場合は3or5時↑)

この8つの時間に分けて、エントリーと決済を決めています

矢印はその方向へ動きやすい(豪ドル円、ユーロ円、ユーロドルについて)
その理由は、自国時間の前半で自国通貨が買われやすく、後半で巻き返しがはいるからだと思っています(米ドルはフィキシング&東京仲値に向けて買われやすい)

経済界を握っているのはアメリカ人
NY前半はNY勢の気分しだい


実践に生かすには?
・トレンドがないならその時間方向でのスキャル
・小さな失敗なら次の時間帯の方向がくるのを待ってみるのもあり
・トレンドや自分の思惑と矢印方向が合う時間は積極的にエントリー
・その日のトレンドを読むには、矢印の方向と逆に動いている場合または矢印方向に動けない場合をトレンドありだと判断する

よく使うのは、
欧州時間前半で値が上がらない場合は下落トレンドと読む
東京午前で値が上がるようなら上昇トレンドと読む


経済指標や重要なニュースに合わせて取引する


テクニカルなことは、エントリーと決済のタイミングと値を決めるための補助的役割に使っています
移動平均線とσと直近高値安値くらい
これから勉強していく


こんな相場観もあるという程度に思ってください。

こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1114)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: