秋競馬がはじまりました~
スプリンターズステークスですね
短距離戦は苦手なもので、今回のGⅠはパスで。
カレンチャンの連覇に夢をとも思います

あっ 先日買った株ね
ハイッ 激下げです
もう1回どこかでナンピン買いして、上がるまでor3月まで放置です

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

9月日銀会合が欧米に続く最後のイベントであるため、利益確定売りが続く
期末のため、リスク回避色

という展開でした

来週の展望

円について
売り要素はあるところだが。
日銀短観が悪化していれば、日銀会合での追加緩和期待が浮上するか
前回に追加緩和を実施していることで、今回は現状維持との見方
1日8:50日銀・企業短期経済観測調査
5日時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
5日15:30白川方明日銀総裁、定例記者会見

米ドルについて
QE3実施により売られやすい
指標のほうが重要な週です
1日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
1日25:30バーナンキFRB議長、講演
3日21:15ADP全米雇用報告
3日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数

4日03:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(9月12-13日分)
5日21:30米雇用統計



ユーロについて
売り圧力が強いですが、買い方向か
スペイン格下げ(売り要因)と
スペインによる金融支援要請(買い要因)が注目となってます
ECB理事会&ドラギ会見にむけての期待感で買われるかも
1日17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
1日18:00ユーロ圏失業率
2日18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
3日17:00ユーロ圏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
3日18:00ユーロ圏小売売上高
4日20:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会 終了後政策金利発表(予想:据え置き)
4日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

5日26:00メルケル独首相、デューク米連邦準備理事会(FRB)理事、講演


豪ドルについて
上も重く下も堅いか
下がれば買われる豪ドルだが
年内利下げがくすぶっていて上値が重い
今回も金利据え置き安心感で買われるかも
買われた後、結局、次回利下げへの恐怖感で売られるを繰り返すことになりそう
1日に中国がなにか政策を発表するかもです
その場合、豪ドル買い&リスクオンとなる
1日10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
2日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:据え置き)
3日10:00中国9月非製造業PMI
3日10:30豪貿易収支
4日10:30豪住宅建設許可件数
4日10:30豪小売売上高


ポンドについて
豪ドルとよく似た状況
1日17:30英製造業PMI
3日17:30英サービス業PMI
4日20:00英中銀金融政策委員会(MPC)、終了後政策金利発表(予想:据え置き)


ユーロ≧豪ドル≧ポンド≧円≧米ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


・ドル円が77円辺りでは円売り介入があるかもです
 介入に関しては、IMF(国際通貨基金)のおすみつきです

・中国市場が1週間お休みです 


「来週の狙い」
指標やイベントが多くむずかしいところ
また、急なニュース(ユーロ&中国)で相場が急変する可能性がある週です
投機筋の秋相場は上方向へ仕掛けてくると読んでいますので、全体的にはリスクオンの方向性で。
自信はないです。

ドル円
 日銀短観をみて決めたいところ
 想像以上に悪化していれば、押し目買いで
 なにもなければ、戻り売りで

ユーロ円・ユーロドル
 スペインの格下げに注意しながら、ECB理事会にむけて買い方向で

豪ドル円
 中国指標での下げに注意しながら、買い方向で

ポンド円
 125円台が堅い、買い方向で


もう一度いいますが、以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


さあ、また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


週末であり、月末であり、四半期末である
どうなるんでしょうかぁ
9月日銀会合後からはショート持ちだからポジション調整は
上なような?
7月後半のドラギの「なんでもやる」発言からはロング持ちだからポジション調整は
下のような?
いやはや、わたしはさわりづらい

本日は
7:45ニュージーランド住宅建設許可件数
8:01英消費者信頼感指数
8:30日本完全失業率
8:30日本消費者物価指数(CPI)
15:00独小売売上高指数
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
21:30米個人消費支出(PCE)
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
22:55米消費者態度指数
スペインの金融機関のストレステスト(健全性審査)の結果

週末なのに指標が多いわね
スペインは・・・よくわからんね

9月28日(金)の取引

擬似5.10日なんで、東京仲値にむけて買ってくれないかな~
・東京時間(8:55~9:45)
 米ドル/円(L)77.622→77.592=-3pips×1枚
どっ動意薄げ
むしろ逆。

きのうから、中国株が不穏な動き(お買い上げ、ただし来週から中国お休みで売りもあるかも)
をしてるんで、午後はどっちかね?
早めに逃げますわ


22:45シカゴPMI後
・NY時間(22:50~22:55)
 米ドル/円(S)77.753→77.834=-8.1pips×1枚
・NY時間(23:00~23:05)
 米ドル/円(S)77.766→77.827=-6.1pips×1枚
意地はっちゃった

昨日にひきつづきユロ買ってみた
・NY時間(23:25~23:30)
 ユーロ/円(L)100.152→100.000=-15.2pips×
・NY時間(23:35~25:20)
 ユーロ/ドル(L)1.28570→1.28880=+31pips×1枚
・NY時間(24:40~25:25)
 ユーロ/ドル(L)1.28452→1.28780=+32.8pips×1枚
このレベルにきたら買いたくなりますです。

本日total+210円 奇跡的に勝ってます
1日振り返ってみれば、
日本人が円を買って、欧州人がユーロを買って、アメリカ人がドルを買ったわけね~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


スロ生活が楽しくって、FXについては書くだけでトレードはちょびっとだけでドモ
まいどのことですね
ゆっユッユーロ・・・買いたい値頃にきてしまった・・・
かっカッ買えない・・・
どなたか、わたしの背中をポンッっと押してくれますか。。。

本日は
15:00独輸入物価指数
16:55独雇用統計
17:30英国内総生産(GDP)確定値
18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
21:30米GDP(確定値)
21:30米耐久財受注額
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米住宅販売保留指数
スペイン政府が欧州連合(EU)に提示する構造的措置

英・米のGDPは確定値なんで、サプライズがあれば動く程度か?
スペインは不安感でユーロ売りなのかな~
期待感はないのかな~

9月27日(木)の取引

エントリー遅れたぜ
・東京時間(9:05~9:40)
 ユーロ/円(S)100.020→99.920=+10pips×1枚


買ってみた
・NY時間(23:45~24:55)
 ユーロ/円(L)99.806→99.906=+10pips×1枚
・NY時間(23:45~25:45)
 ユーロ/ドル(L)1.28493→1.28983=+49pips×1枚
24:30頃の南アフリカ格下げで下がってきたときは冷や汗;
その後、なんか吹き上がったから、いただいといたよ。
ホントハ 1.29台後半までひっぱる予定デシタガ・・・

チキン様ですから~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ユーロ円&ユーロドルが一旦の底をついたようなと思ったら
まだダメみたいね
10月からは上方向だと思ってるわたしとしては
なんだか、先行きまで不安になってきますわ

本日は
21:00独消費者物価指数(CPI)速報
23:00米新築住宅販売件数

むっ 材料難。
株価しだいか 下への圧力がつよいか?
下げ止まれるか??

9月26日(水)の取引

ショートしたいが、下げ止まってほしいところ
「見」で。(汗;)

東京勢のスケベロングに乗ってみた
・東京時間(9:40~10:00)
 豪ドル/円(L)80.632→80.682=+5pips×1枚
十分でございます

23:30原油在庫統計が減少をみて
・NY時間(23:35~23:40)
 豪ドル/円(L)80.455→80.505=+5pips×1枚
十分でございます



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


結局、日銀会合から一直線
う~んここまできれいに下がってくるとはね~

本日は
15:00独消費者信頼感指数
22:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00米住宅価格指数

ドラギが気になる。アノ人個人的にキライ。
ちょび上げもありか?
メルケルさんも夕方あたりにしゃべるハズなんで、欧州時間は注意か
米指標もめんどくさめ?

9月25日(火)の取引

月末5.10日 10:30頃決済予定で
・東京時間(8:55~10:20)
 豪ドル/円(S)81.171→81.167=+0.4pips×1枚
・東京時間(9:25~10:20)
 ユーロ/円(S)100.799→100.746=+5.3pips×1枚
ちっ ドル円を忘れたぜ
いまいち動かんぜ
むしろ、配当狙いの日本株買いがはいってるような?
権利日が27日だもんね~
わしも配当狙いで株買いましたけどね~
毎年、この時期に株買うことに決めてるんで、損得は気にしてましぇ~ン



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


わたしゃ下への圧力が強いと思ってますが、はたして?

本日は
8:50日銀・金融政策決定会合議事要旨(8月8-9日分)
17:00独Ifo企業景況感指数

ドイツ指標のみで、ユーロ圏からいいニュースがあれば反発するか

9月24日(月)の取引

・東京時間(8:55~10:10)
 ユーロ/円(S)101.306→101.286=+2pips×1枚
・東京時間(9:40~10:05)
 豪ドル/円(S)81.511→81.411=+10pips×1枚
・東京時間(9:55~10:15)
 米ドル/円(S)78.120→78.140=-2pips×1枚
下げ始めが遅いんで我慢しきれず・・・決済早すぎたか。。。
さよなら~
スロいってきます コソコソ 



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


スロ生活にはまりすぎて、すこしFXがおろそかになってます
スロットはリプレイタイムがついていないAタイプが今は好きなもので
時間がかかってしょうがないです
パチなら1発確変連チャン即帰りもできるんですがね~

1週間、ほとんどスロってましたので、本日日曜はゆっくり疲れをとりたいと思いま~す

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

日銀会合への期待感でリスクオン
日銀会合が欧米に続く最後のイベントであるため、利益確定売り

という展開でした

来週の展望

円について
月末&四半期末です
買われやすそう
24日8:50日銀・金融政策決定会合議事要旨(8月8-9日分)
28日8:30全国消費者物価指数(CPI)

米ドルについて
QE3実施により売られやすい
住宅系指標が良好なら、若干ドル買い&リスクオンとなるかも
25日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
25日23:00米消費者信頼感指数
26日23:00米新築住宅販売件数
27日21:30米GDP(確定値)
28日21:30米個人消費支出(PCE)
28日22:45米シカゴ購買部協会景気指数


ユーロについて
上下しそう
スペインによる金融支援要請が注目となってます
いずれユーロはもう1段跳ね上がるハズとはみてますが、来週はまだ月末のため上げにくいか
24日17:00独Ifo企業景況感指数
25日15:00独消費者信頼感指数
25日22:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
26日21:00独消費者物価指数(CPI)速報
27日16:55独雇用統計
27日スペイン政府が欧州連合(EU)に提示する構造的措置
28日15:00独小売売上高指数
28日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
28日スペインの金融機関のストレステスト(健全性審査)の結果


豪ドルについて
10月豪金利発表までは上値は重いか


ポンドについて
利下げや追加緩和の余地があるので上値も重いが、下も堅いかと
27日17:30英国内総生産(GDP)確定値
28日8:01英消費者信頼感指数


円≧米ドル≧ユーロ≧ポンド≧豪ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 直近レンジには収まると思いますが。


・77円辺りでは円売り介入があるかもです
 介入に関しては、IMF(国際通貨基金)のおすみつきです 


「来週の狙い」
ユーロのニュースで、どのペアも上下動しそう
月末&四半期末です
クロス円・クロスドルとも上値は重くなりそう
どちらも戻り売りで。

ただし、今秋は中期的にはリスクオンの方向性になる気がしています
10月からの相場にむけて、クロス円・クロスドルとも(とくにユーロ円・ユーロドル)は下値では買いポジション獲得のチャンスをうかがう週だとも思います

結局、戻り売り&押し目買いってこと。
明確なイベントがないため、今からではプランが立ちません

ドル円が77円台前半では買っておきたいかな~
ユーロ円が102円台では売りたいが、99円or100円台では買っておきたいかな~
豪ドル円が82円台では売りたいが、80円台では買っておきたいかな~
ユーロドルが1.28ドル台では買っておきたいかな~

とりあえず月曜は、下げる気もしていますが


もう一度いいますが、以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


さあ、また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円が日銀会合に向けて上昇してきたはいいが
終わった途端、売り浴びせですね
仕掛けておいて、売り抜ける
投機的ですな

本日は
7:45ニュージーランド(NZ)国内総生産(GDP)
11:30中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
15:00独生産者物価指数(PPI)
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報
17:30英小売売上高指数
21:30米新規失業保険申請件数
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
23:00米景気先行指標総合指数

日銀政策は予想の範囲内ということですね
株価と指標の動きに対応ですかね
基本的にはドル安・円高だと思うんだけど、むずいね
中国指標しだいか

9月20日(木)の取引

月末近くの5.10日なのに寝坊しちまった
あれこれ考えてるうちにエントリータイミング逃してた
ドル円・ユーロ円を9:45に売り~10:30に決済が良いことが多いね


9月21日(金)の取引

なにもないね
週末のポジション調整か?
ノートレの予定。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


わしゃ、アホはなおらんです
もうユーロの命は一旦終わったとみておきます

本日は
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
15:30白川方明日銀総裁、定例記者会見
17:30英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨(5-6日分)
21:30米住宅着工件数
23:00米中古住宅販売件数
欧州中央銀行(ECB)理事会(金利発表なし、20日まで)

前日の動きからすると、誰も日銀には期待していないようだが。
失望&材料出尽くしで売りしか考えてませんので

9月19日(水)の取引

・NY時間~東京時間(3:45~10:20)
 ユーロ/円(S)102.800→102.500=+30pips×1枚

 ユーロ/円(S)102.477×2枚(9/19・01:20~)+10pips
 ユーロ/豪ドル(S)1.24841×1枚(9/19・02:00~)+24.1pips
 ユーロ/豪ドル(S)1.25000×1枚(9/19・10:10~)+50pips
帰宅したのは22:00頃 決済しときましたえ~

ナンピン売りをいれたまま出かけますんで、強制ロスカットにならないことを祈ります


・東京時間~NY時間(12:45~20:15)
 ユーロ/円(S)102.800→102.500=+30pips×1枚
・東京時間~欧州時間(13:05~18:45)
 ユーロ/円(S)103.200→102.800=+40pips×1枚
・東京時間~欧州時間(14:45~16:15)
 ユーロ/円(S)103.600→103.200=+40pips×1枚
指値がいい具合にかかってましたわ
わしのファンダも捨てたもんじゃない??
禁断のストップなしを実行 調子に乗るでないぞ~ヾ(- -;)



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


きのうのNY時間の吹き上がりはいったいなんだろう
株価はついてきてませんね

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
17:30英消費者物価指数(CPI)
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数

豪ドルに注目か?

9月18日(火)の取引

・早朝時間(7:40~8:40)
 ユーロ/円(S)103.226→103.171=+5.5pips×1枚
・東京時間(10:40~11:25)
 ユーロ/円(L)102.944→103.014=+7pips×1枚

海外時間は買うべきか?

指値いれてたらかかっちゃってた
う~ん 前日安値まできてしまうとは
(-30pipsのストップはギリ免れていたが・・・)
・欧州時間(18:25~22:35)
 ユーロ/円(L)102.800→102.496=-30.4pips×1枚
げせん
3度目の下押しでやられた
仏の顔も3度までってか

・NY時間(21:40~21:50)
 豪ドル/円(L)82.033→82.133=+10pips×1枚

おこったっ ふんっ
・NY時間(23:15~25:20)
 ユーロ/円(L)102.679→102.473=-20.6pips×2枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さいきん朝が遅起きで困ってます
早朝の時間が好きなんですがね~

本日は
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数

ずるずる利確がはいって下げるか、まだ日銀への思惑と株価が上げるかどうかですかね

9月17日(月)の取引

今日はとりあえず売ってみることしか頭になかった
寝起きすぐ ぽちっ
・東京時間(9:20~)
 ユーロ/円(S)102.695×1枚 ストップ102.80利確102.58
 -10.6pips
・東京時間(9:20~10:15)
 豪ドル/円(S)82.444→82.601=-15.7pips×1枚
・東京時間(10:15~)
 豪ドル/円(S)82.550×1枚 ストップ82.70利確82.26
 +29pips

放置してパチへ(やな予感)

ちょい勝ったか。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

ECBの債券購入を独裁判が合憲としてユーロ買い
FOMCでQE3実施でドル売り&リスクオン
来週の日銀会合にむけての期待感から円売り

という展開でした

来週の展望

円について
欧米に続けとばかりに追加緩和を実施する可能性が高く
売られやすい
円売り介入もあるかもしれません
19日時間未定(昼頃)日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
19日15:30白川方明日銀総裁、定例記者会見
20日8:50貿易統計

米ドルについて
QE3実施により売られやすい
住宅系指標が良好なら、若干ドル買いとなるかも
17日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
18日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
19日21:30米住宅着工件数
19日23:00米中古住宅販売件数
20日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数


ユーロについて
債務問題解決がされた感で買われやすい
18日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18日18:00独ZEW景況感指数
19日欧州中央銀行(ECB)理事会(金利発表なし、20日まで)
20日15:00独生産者物価指数(PPI)
20日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
20日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報
20日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)


豪ドルについて
指標しだいか
欧米の政策好感でリスクオンのため買われやすい
18日議事要旨の内容に注目
豪ドル高懸念発言が出るか、豪国内経済良好との発言が出るかによって変わりそう
18日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
20日11:30中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値

ポンドについて
やや強いか
利下げや追加緩和の余地はあるものの、まだ必要ないとの見方になりそう
19日議事要旨の内容に注目
金融緩和の必要性にせまられていなければ、ポンド買い
18日17:30英消費者物価指数(CPI)
19日17:30英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨(5-6日分)
20日17:30英小売売上高指数


ユーロ≧ポンド≧豪ドル≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 無難に進めば。


・日銀会合のタイミングで円売り介入があるかもです
 介入に関しては、IMF(国際通貨基金)のおすみつきです

・17日(月)は日本休場 


「来週の狙い」
目玉は日銀会合
日本人の性格として、欧米が政策をきちんとやってしまっておしりに火がついたことで
なにかしらの円売り要因になる政策(追加緩和or介入)はやってくると思います
ただし、この日銀会合が欧米につづくイベントの最後であるため
材料出尽くし感のクロス円売りも注意

月曜:買われ過ぎた感のクロス円を一旦売り
火曜~:日銀会合にむけて、クロス円を買い、とくにポンド円がいいような?
水曜:日銀会合次第で動きをみて(クロス円買い方向をみておきたいが)
木曜金曜:様子をみて、調整的なクロス円売りを狙ってみたい

あくまでも、全体的な流れは株価を伴うリスクオンのクロス円買い方向で。


もう一度いいますが、以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


さあ、また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


FOMCでは市場の予想通りの結果
低金利政策期間の延長と軽~いQE3かな
わし?
しょぼぼ~んなトレードしましたわ

明日(本日?)は
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米小売売上高
22:15米鉱工業生産指数
22:55米消費者態度指数

9月13日(木)の取引

25:30米連邦公開市場委員会(FOMC) 後、様子をみてから
ユロルが下げて~上げて~下がって~上げてきたとこで買ってみましたわ
・NY時間(25:45~26:15)
 ユーロ/ドル(L)1.29143→1.29343=+20pips×1枚
もう一度、下押ししたから
持ちきれませんでした~

もう1ポジ1.29を割ったところで強気にナンピン買いすればよかったな
こんなにわかりやすいチャンスを逃してるようじゃまだまだですたい

弱い!こころが弱すぎる


9月14日(金)の取引

丸1日お出かけのためノートレ
深夜25:00に帰宅して。。。
えっ とんでもなくリスクオンになってます寝 アハハッ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


豪ドルが強いのが予想外
思ってないことが起きると、固まるわたしである

本日は
8:50日本機械受注
14:30仏消費者物価指数(CPI)
15:00独CPI改定値
17:00独連邦憲法裁判所、欧州安定メカニズム(ESM)と新財政協定の合憲性判断
17:30英雇用統計
18:00ユーロ圏鉱工業生産
21:30米輸入物価指数
オランダ議会選挙

9月12日(水)の取引

・東京時間(13:40~15:45)
 ユーロ/円(L)100.247→100.276=+2.9pips×1枚
100.30に壁を感じたし、ドル円が下がり始めたところで決済
まっ エントリーのタイミングが悪い。


17:00過ぎから、ジャミングのように激しいです
独裁判は条件付きで承認という結果で、どっちにいくかわかりましぇん
用事があるので、出かけてます



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


すでに、FOMC待ちなのか
指標では、大きく動く要素はないのだが。

本日は
8:01英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格
10:30豪NAB企業景況感指数
14:30仏非農業部門雇用者数(改定値)
17:30英貿易収支
21:30米貿易収支

9月11日(火)の取引

気を抜いてると、動いてそうだね。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


わたしのユーロ豪ドルSのポジ
週末、日曜の中国指標がやや弱いで、ちいさく上窓でした
今日も中国指標があるため、はやめに決済しておきました

本日は
8:50実質国内総生産(GDP)改定値
8:50国際収支速報
10:30豪住宅ローン件数
時間未定中国貿易収支
15:45仏鉱工業生産指数

9月10日(月)の取引

保有ポジを決済
・早朝時間(7:35)
 ユーロ/豪ドル(S)1.23550→1.23400=+15pips×1枚
ぷら100pipsを通り越しこの結果・・・ドンマイ

さて、10日ぶりのパチンコへ


ユーロの期待感より、今日は買い過ぎた調整のほうが強いように思った
フィキシングにむけてのお買い上げを待って
その逆( `ヘ´)ノ
・NY時間(24:40)
 ユーロ/ドル(L)1.27961→1.27953=-0.8pips×1枚
あっ 方向間違えたっ わしよくやる Σ( ̄ε ̄;|||・・・
・NY時間(24:40~) 
 ユーロ/ドル(S)1.27952→1.27880=+7.2pips×1枚(25:40)
 ユーロ/ドル(S)1.27952→1.27856=+9.6pips×1枚(25:50)
すきゃ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

ECB理事会で債券購入を発表でユーロ買い
ユーロスイスフランの下限引き上げ観測でユーロ買い
ADP雇用報告が良好でリスクオン
米雇用統計が不調でドル売り

という展開でした

来週の展望

円について
消費増税可決のおかげで、9月19日での金融緩和期待が浮上してます
クロス円の下値は下げ渋りやすい
10日8:50実質国内総生産(GDP)改定値
10日8:50国際収支速報
12日8:50機械受注

米ドルについて
FOMCまで弱含みながら、FOMC次第
FOMCでの注目点
・QE3の有無
 有りで素直にドル売り、無しでドル買い
・低金利政策の時間軸の延長
 たぶんありでしょう。ややドル売り
ずいぶんQE3はある方向となってきています
11日21:30米貿易収支
13日21:30米卸売物価指数(PPI)
13日21:30米新規失業保険申請件数
13日25:30米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
13日27:00FOMC、経済・金利見通し発表
13日27:15バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

14日21:30米消費者物価指数(CPI)
14日21:30米小売売上高
14日22:55米消費者態度指数


ユーロについて
強いんでしょう
独はどうせ合憲でしょう
ここまできて拒否るとは思えませんね
万が一のために、下に逆指値を入れておくのがいいかもですかね
ユーロスイスフランの下限を1.20→1.22に引き上げる観測があります
よくわかりませんが、ただの噂ですかね?
12日15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
12日18:00ユーロ圏鉱工業生産
12日独連邦憲法裁判所、欧州安定メカニズム(ESM)と新財政協定の合憲性判断
13日16:30スイス国立銀行(中央銀行)、政策金利発表
14日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値


豪ドルについて
指標しだいか
10日10:30豪住宅ローン件数
10日時間未定 中国貿易収支
11日10:30豪NAB企業景況感指数

ポンドについて
指標しだいか
11日8:01英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格
11日17:30英貿易収支
12日17:30英雇用統計


ユーロ≧ポンド≧豪ドル≧円≧米ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 無難に進めば。


・ドル円が78.0~77.6円では日銀による円売り介入があるかもです
 介入に関しては、IMF(国際通貨基金)のおすみつきです 


「来週の狙い」
ナシ
12日独裁の合憲性判断、と、13日FOMCが注目ですね

個人的にはQE3なしでの超ドル買いを狙いたいところ・・・


保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.23550×1枚(9/5・21:30~)

↑たぶんダメだね
 ユーロスイスフランにもやられてしまった感があります
 独合憲までユーロのほうが強いと読みましたので
 月曜13:30に時間成行決済をいれておきます
 手を出したため負けましたが、ユーロ豪ドルがどんな動きをするか観察できただけでも、よかったとしておきます
 日曜の中国指標が不調で豪ドルだけ下がって、このペアが上昇したら・・・
 泣くだけです。。。

合憲でユーロが上がったところで、またユーロ売りを狙うかもしれません


もう一度いいますが、以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


さあ、また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


きのうのADP全米雇用報告が超良好でしたね
クロス円上昇しました
もう1段階上昇なんてしちゃうんでしょうかぁ

本日は
10:30豪貿易収支
15:00独貿易収支
15:45仏貿易収支
17:30英鉱工業生産指数
17:30英卸売物価指数(PPI)
19:00独鉱工業生産
21:30米雇用統計

米雇用統計
雇用者数:前回16.3万人、予想12.7万人
失業率:前回8.3%、予想8.3%

少しハードルが上がってきましたね
15万人いけば、QE3期待感がなくなってクロス円上昇か?

9月7日(金)の取引

たまたま気がむいたらとれ~どします。


保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.23550×1枚
(9/5・21:30~)
  ↑1か月ぶりに1時間足の平均線を割ったのは1ッ歩前進?
   終値が前日安値を下回ってないので、まだ転換はみえていない
   ユーロ利下げしたわけじゃないし(実は誤算
   1.22600を割るまでは、安心できぬ
   損切りはすれど、建値撤退や利確をする気はないので、ソレマデイノルシカ


↓ひとりごと ブツブツブツブツ
9/7ユーロ円日足チャート 9/7ユーロ豪ドル週足チャート


米雇用統計 でのトレード
雇用者数が10万人切ったのを見てから
・NY時間(21:35)
 ユーロ/円(S)99.936→99.927=+0.9pips×1枚
1分だけ保有
違うでしょうが~
ユーロドルロングでしょ
ユーロドルだと、結果をみてからでも間に合うから
あ~もう いつもいつもぉ ウキー

ユーロドルが超えてはならないラインに達してしまったよ

チッ ドル円77円台いかずか



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


債券購入は決定ですかね
ドラギがゆってましたし
ドイツ反対ではあるが、可能とゆっちゃいましたし

ユーロ利下げは協議しないと情報が流れています
残念です。

本日は
10:30豪雇用統計
17:30頃だったかな?スペイン国債入札
18:00ユーロ圏域内総生産(GDP)改定値
20:00英中銀金融政策委員会(MPC)、終了後政策金利発表(予想:据え置き)
20:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会 終了後政策金利発表(予想:0.25%利下げ)
21:15ADP全米雇用報告
21:30ドラギECB総裁、定例記者会見
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
26:00ドラギECB総裁、ショイブレ独財務相、講演

いろいろですね

9月6日(木)の取引

豪雇用統計 意味不明な数字となってます
雇用者数はマイナス、失業率は改善
豪ドルが買われた気がしますが、さわれましぇん でした。
むしろ、売りを押すのを耐えた次第であります

この内容で買うってことは、豪ドルの買いへの転換が近いと勝手に思っておきます
海外勢はまだ豪ドル売りな気がしますがね~
ユーロも売りへの転換が近いと思っているわたしは


保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.23550×1枚
(9/5・21:30~)


この期に及んで、ドイツ連銀は債券購入に反対とのコメントを聞いた
ユーロを売るしか見えなくなったとです
・欧州時間(18:55~21:35)
 ユーロ/ドル(S)1.26100→1.26000=+10pips×1枚
・欧州時間(19:00~22:20)
 ユーロ/豪ドル(S)1.23200→1.23100=+10pips×1枚
きゃっ 金利据え置きで・・・予想外みたいな反応になるのか。。。
アイタたっっ
売り指しにかかった
・欧州時間(20:45~22:20)
 ユーロ/ドル(S)1.26300→1.25900=+40pips×1枚
指標がドルに追い風ばかりで助かりましたとです
運にも助けられましたが、初めてECB理事会で、意思を持ってトレードぢだどでずぅ
ありがとうございました。
チッ 決済がワンテンポ 早かったか

あれっ? 主役はユーロじゃなかったみたい
ユーロドルのチャートを凝視していたわしはなにもの 
豪ドル円とドル円がはるか上空へ 消えてる 寝
わしの、きのうの損切りの嵐はなんだったんだろう 寝
ユーロ豪ドルSが虎の子1枚になってもうた 寝



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


相変わらず、豪ドルだけが突出して弱いようですが
ユーロとともに

本日は
10:30豪国内総生産(GDP)
17:00ユーロ圏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
18:00ユーロ圏小売売上高
21:30米非農業部門労働生産性・改定値

まだ、体調がよろしくなく、寝てばかりで遅くなりました

9月5日(水)の取引

きたかっ 戻り売りのチャンス
・欧州時間(19:30~21:00)
 ユーロ/ドル(S)1.25478→1.25721=-24.3pips×1枚
おぬし、何回逆走するねん。。。
下がったのをみて安心して、自販機にドリンクを買いにいったわしがいかんのかー
ドリンクかかえて戻ってきたら、下がったハズがもとに戻ってるんだもん
そして、21:00になにが起きた???

前日からのポジを決済
・欧州時間(19:45)
 ユーロ/豪ドル(S)1.22800→1.23193=-39.3pips×1枚
ぬ さすがに豪ドルが弱すぎる

あとは自動
前日からのポジがストップにかかる
・NY時間(21:05)
 ユーロ/豪ドル(S)1.22850→1.23400=-55pips×1枚

上に仕掛けておいた、売り指値にかかる
・NY時間
 ユーロ/豪ドル(S)1.23240→1.23654=-41.4pips×1枚
保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.23550×1枚

こいつらの出番は、せめて明日だと思ってたんだけど、困っちゃうな

ドラギがなんかゆったみたいね
無制限の債券購入を約束するだって
本気か!!!こいつ
一番チャンスなペアだと思ってたのが、一番さわっちゃいかんペアだったとは トホホ
もう1か月間、上昇トレンドのお手本のように上げてきてますがね
いまのところ、どこまでも追いかけるつもりニャハッ

利下げもないとも聞いています
空振りかもです

コテンッ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


相変わらず、豪ドルだけが突出して弱いようですが
すべての通貨に売り要因しか見えてこなくて
相対的に強いか弱いかなんで、むつかしいですぅ

本日は
8:01英小売連合(BRC)小売売上高
10:30豪経常収支
13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:据え置き)
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
23:00米建設支出

豪ドルは金利据え置きの安心感で買い戻しになってますね
これがホンモノかどうか

風邪で寝込んでいまして、少々ご心配をおかけしましたm(_ _)m
ビビリFX生活へ、戻ります。

9月4日(火)の取引

きたかっ 押し目買いのチャンス
・欧州時間(15:15~16:40)
 ユーロ/ドル(L)1.26110→1.26182=+7.2pips×1枚
東京午前様の高値を超えずに戻ってきたよ
御前様なんて呼んじまった ケッ 東京のくせに


ドル買い&ドル売りというヘンテコなことになっているし、ISM指数前には逃げなきゃいかん
金曜からの保有ポジを決済
・欧州時間(15:40)
 米ドル/円(L)78.300→78.390=+9pips×1枚

チッ まったくあてが外れたぜ
欧州さんの気持ちはわからんぜよ


ISM指数 での指標トレード
・NY時間(23:00~23:05)
 豪ドル/円(S)80.198→80.150=+4.8pips×1枚

オトコなら~
・NY時間(24:00頃)
 ユーロ/豪ドル(S)1.22850→1.22872=-2.2pips×1枚
保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.22850×1枚
 ユーロ/豪ドル(S)1.22800×1枚
 ストップ・利確ともに深し。
ホントは、1.22850で2枚だったんだけど、いろいろ操作してるうちに、
なぜか、1枚だけなくなってたわ~
で、急いで1枚追加



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


週末発表の中国PMIが悪化していたようで
豪ドルは下げてスタートですね

本日は
10:30豪小売売上高
11:30HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
17:30英製造業PMI
22:30ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、EU議会にて証言
アメリカ休場

今週はとにかく指標ですな

9月3日(月)の取引

本日は日経株価が上げでスタートするから
とりあえずLと決めていた
・早朝時間(7:10~8:45)
 ユーロ/円(L)98.540→98.420=-12pips×1枚
二度寝している間にポジがない。

ドラギ期待上げに期待
風邪ひいたみたいです
寝たり起きたりしています OCOで待ってましたが
・欧州時間(17:50~21:30)
 ユーロ/円(L)98.517→98.467=-5pips×1枚
あまりの重さに撤退。
・欧州時間~NY時間(18:30~23:55)
 ユーロ/ドル(L)1.25659→1.25810=+15.1pips×1枚
東京午後から上げてきているようにみえて、ただフラフラしてるだけなのね~
とみちゃったから、チキン利確指値になっちまった


保有ポジ:
 米ドル/円(L)78.300×1枚




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんだぁこのまずいカップ麺はー
あっ 失礼m(_ _)m
調味油なるものを入れ忘れておりました
で、翌日となる本日
カップ焼きそばにお湯そそぐ前にかやくを入れ忘れて
カリカリとした食感を味わいました
あ~後味の悪ぅ

ボケはじめたかな

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

ユーロ高、豪ドル安が進んだだけ

という展開でした

来週の展望

円について
注目度なし
消費増税可決のおかげで、9月19日での金融緩和期待が浮上してます
クロス円の下値は下げ渋りやすい

米ドルについて
やや弱めながらも指標しだいか
31日のバーナンキ講演で、金融緩和に含みをもたせたことで、上げ渋りやすい
指標でよく動く週になりそう
4日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
6日21:15ADP全米雇用報告
6日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数

7日21:30米雇用統計

ユーロについて
6日(木)までは強そう
債務問題解決期待感があります
底は堅いけど、そのわりに、上げが甘いのが気になっていますので期待感はそろそろ織り込み済みかも
ECB理事会で債券購入案を提示できないと失望売りに注意
延期になりそうなんで、個人的には失望になるんじゃないかと思ってます
びっくりしたのが、金利が引き下げ予想になっていることです
ユーロの命がここまでになる可能性も
ドラギがどこまで強気な発言ができるかにかかっているかも?
12日の独憲法審議に注目が移るだけかもしれませんがね
3日17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
3日22:30ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、EU議会にて証言
4日18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
5日17:00ユーロ圏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
5日18:00ユーロ圏小売売上高
6日18:00ユーロ圏域内総生産(GDP)改定値
6日20:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会 終了後政策金利発表(予想:0.25%利下げ)
6日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

6日26:00ドラギECB総裁、ショイブレ独財務相、講演


豪ドルについて
なんだか弱いです
中国も含め、強気な指標が続かないとなかなか上値追いは・・・
3日10:30豪小売売上高
3日11:30中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
4日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:据え置き)
5日10:30豪国内総生産(GDP)
6日10:30豪雇用統計

ポンドについて
指標しだいか
今回は金融政策はなさそうですし
3日17:30英製造業PMI
4日8:01英小売連合(BRC)小売売上高調査
5日17:30英サービス業PMI
6日20:00英中銀金融政策委員会(MPC)2日目、終了後政策金利発表(予想:据え置き)
7日17:30英卸売物価指数(PPI)


なんだか全通貨弱となってます
ポンド≧米ドル≧円≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 ユーロは債務解決期待で短期的には強さもあります


・ドル円が78.0~77.6円では日銀による円売り介入があるかもです
 介入に関しては、IMF(国際通貨基金)のおすみつきです

・月曜はアメリカ休場です 


「来週の狙い」
月初であります
重要指標多数です
指標で動きますかね

大注目はECB理事会となります
個人的には、ユーロが上げきったところで、ユーロショートのタイミングかなと考えています
短期的なユーロ強から中期的弱への転換期が近いと思ってますので
問題はその相手なんですよね
対ドル、対円、対豪ドル ふむ~?
ドルは9月13日にFOMCを控えています
円は9月19日に日銀会合を控えています
豪ドル弱が気になりますが、金利差面というまっとうな理由があります
こんなにきれいな日足チャートってすごいね(ユーロ/豪ドル)↓
9/1ユーロ豪ドル月足チャート 9/1ユーロ豪ドル週足チャート 9/1ユーロ豪ドル日足チャート

様子をみながら意を決してユーロ/豪ドルショート保有かな~
2番手はユーロ/ドルかな~

ユーロ/豪ドルの上昇が止まれば、豪ドルに強さが戻るかもしれませんね


保有ポジ:
 米ドル/円(L)78.300×1枚
↑持ってる意味あるのか?(-。-;)


もう一度いいますが、以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


さあ、また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1135)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: