ププッ
シリアが長引いている
そのうち英米軍が攻撃しそうだが。

本日は
08:30日本完全失業率
08:50日本鉱工業生産速報
08:30日本全国消費者物価指数(CPI)
15:00独小売売上高指数
18:00ユーロ圏失業率

21:30米個人消費支出(PCE)
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)

8月30日(金)のFX取引

早朝・・・エントリーしそびれた。
あっ 日本鉱工業生産が落ちている。
ちょとやな感じ。。。


無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)97.649×1枚(8/28・22:30~)利確98.249ストップ97.85
 ↑本日、どっかで手放しま~す。
追記-----12:00
 いったんパチへ行ってきた。週末要因があり、あまりよろしくない気がする
 日本株が前日のところまで落ちてくるとは思ってもなかったので、
 OCOを変えて、また、パチ行ってきます。スゴスゴ....((((ヘ_ _)ヘ
 そして、本日トレード終了かもしれません。
 +60pips

24:00フィキシングに向けた円高は・・・アレはとらなきゃあかん
チキってしまいました。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです



ほとんど、寝て過ごしていました
きっと、昨日のドル円の動きに、一人ではしゃぎすぎたからだろう。。。

本日は
08:50日本対外対内証券売買契約等の状況
10:30豪民間設備投資
15:45仏企業景況感指数
16:55独雇用統計
21:00独消費者物価指数(CPI)速報
21:30米国内総生産(GDP)改定値
21:30米新規失業保険申請件数

21:50ブラード米セントルイス連銀総、講演
25:00バイトマン独連銀総裁、講演
27:00ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演

独雇用統計は、やや悪ではあったが、あしたのユーロ圏失業率にはあまり影響がなさそうだ。
ただ、ユーロの弱さには、イタリアなどの政治不安のほうが意識されている気がする。
それか、シリアのせいの有事のドル買いでユーロドルが下げているだけかもしれんし・・・
それとも、ただの月末要因かもしれんし・・・
ユーロ触りづらい。

8月29日(木)のFX取引~ぱーと2~

21:30米指標 でドル円が跳ねたの見て
・NY時間(21:30~21:50)
 豪ドル/円(L)87.897→87.901=+0.4pips×1枚
あ゛っ 伸びねぇ コイツもか。


昇天ポジ様:
 米ドル/円(L)97.500×1枚(8/28・16:40~)利確98.2ストップ97.15
 ↑+70pips

保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.649×1枚(8/28・22:30~)利確98.649ストップ97.75

 ↑ストップを上げておいた。
 シリア情勢が週末を挟んでいきそうなので、ポジが生きていれば、明日金曜に手放しま~す。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


へたれ&チキンなあたしでも

8月29日(木)の株先物取引

NYレンジくらいとれるかと
 9月 13395円 買建 0.1枚(9:00) →13435円(9:05)
 +4000円
とれた。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 ただいま、短期(中期か?10月までは怖いと思っているので)ダウントレンドにも見えますが。


----------
日経225先物収支
-45500円(手数料:-104円×42)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


不明
わからないけど、わしはドル円ポジ追いかけさせられて、ポジ増殖中

本日は
08:50日本対外対内証券売買契約等の状況
10:30豪民間設備投資
15:45仏企業景況感指数
16:55独雇用統計
21:00独消費者物価指数(CPI)速報
21:30米国内総生産(GDP)改定値
21:30米新規失業保険申請件数

21:50ブラード米セントルイス連銀総、講演
25:00バイトマン独連銀総裁、講演
27:00ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演

あっ 独雇用統計がある
明日のユーロ圏失業率の参考資料となるか?

米指標がサイキン弱いからな~
ちょと怖い。

8月29日(木)のFX取引

・早朝時間(6:15~8:30)
 米ドル/円(L)97.650→97.750=+10pips×1枚

昇天ポジ様:
 米ドル/円(L)97.100×1枚(8/28・8:00~)利確97.9ストップ96.3
 ↑朝、一回、利確手前3pで跳ね返されたため、97.85に変えた。(9:20)
 +75pips


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.500×1枚(8/28・16:40~)利確98.2ストップ97.15
 米ドル/円(L)97.649×1枚(8/28・22:30~)利確98.749ストップ97.35




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


シリアへの空爆がされるかも(29日の可能性)ということでリスク回避1色

本日は
15:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
23:00米住宅販売保留指数

8月28日(水)のFX取引

・早朝時間(7:05~8:20)
 ユーロ/豪ドル(L)1.49205→1.49305=+10pips×1枚

あっ 9:00に日本株が13200円の窓を埋めきった
ここから下はどうかな?


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.100×1枚(8/28・8:00~)利確97.9ストップ96.3

一応、日足ベースの三角保合いの下にストップいれてあるけど、やられてから上昇ってよくあるよね~
やっちまったときは、そっ、そんときだ。


甘利発言「(シリア情勢について)普通はドルが強くなるが、逆に円高」
あなた、絶対ドル円持ってますから~~~
ん?そうそう コノ人 わしの味方?
 米ドル/円(L)97.500×1枚(8/28・16:40~)利確98.2ストップ96.75
 ↑ちょとまだ怖いけど追加。
 そういえば。ドル円の三角保合いの終点は97.5なんだね~
 ちょうど9月18日のFOMC辺り。


お次は、フィキシングにて。

おっ アメ様もドル買いを選択した
 米ドル/円(L)97.649×1枚(8/28・22:30~)利確99.749ストップ97.15
 ↑追加。

23:00米住宅販売保留指数 がやや悪でも、ドル買いの勢いがある
・NY時間(23:05~23:15)
 米ドル/円(L)97.654→97.754=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


シリア内戦情勢不安で、上値が重い
が、PS4販売期待でソニーが上がったため、多少は戻したようだ。
ついでに、ガンホーなど、ゲーム関連が上がっている

8月27日(火)の株先物取引

戻り売りチャンスか?
 9月 13620円 売建 0.1枚(12:40) →13600円(13:55)
 +2000円
あっ イカン 素直に上がりおった。
で、また下に戻ってきたところで、なんとか利確。
ストップの13690円まで、あと10円と迫ったときは・・・おふとんかぶって祈ってた
その後、あっさり、利確目標の13550円に到達することになるのだが。。。ドンマイ
ふとんかぶったまま、寝てしまえばよかった。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)


----------
日経225先物収支
-49500円(手数料:-104円×41)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


シリアの内戦だかが重しになっているようですね

本日は
17:00独Ifo企業景況感指数
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00米消費者信頼感指数

8月27日(火)のFX取引

シリア情勢で相場が壊れました。
見ているだけとなりました。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


月曜ですね

本日は
17:00バイトマン独連銀総裁、講演
21:30米耐久財受注額

ジャクソンホールでは、現状の日米の政策を確認しただけで、大したことはなかったかな。

米なんとか額って指標・・・予想が低すぎない?

8月26日(月)のFX取引

21:30米耐久財受注額 前にエントリー
・NY時間(20:50~21:25)
 米ドル/円(L)98.610→98.528=-8.2pips×1枚
・NY時間(20:55~21:25)
 米ドル/円(L)98.600→98.528=-7.2pips×
指標を待たずして。。。

さらに
・NY時間(21:29~21:30)
 米ドル/円(L)98.514→98.357=-15.7pips×1枚
指標・・・弱すぎ。。。
アイタタッ

・NY時間(21:35~21:40)
 米ドル/円(S)98.363→98.313=+5pips×1枚
・NY時間(21:35~22:00)
 米ドル/円(S)98.363→98.367=-0.4pips×1枚
そんな変なところで止まるなよ~ 建値ストップ。

・NY時間(22:35~22:45)
 ユーロ/円(L)131.682→131.782=+10pips×1枚


中国が金融緩和(株の購入)に乗り出したので、豪ドルに少し光がみえてきましたかね



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


大体、毎週似たようなこと書いてますが、
興味のある方はどうぞ

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・新興国通貨安懸念&米QE縮小懸念でリスク回避
・FOMC議事録で米QE縮小賛成が多かったことで、ドル買い
・中国PMI&ユーロ圏PMIがともに50を上回ったことで、リスクオン

という展開でした


来週の展望

相場はいろいろ先回りして動いてくるので、先の予定も頭にいれておかないと、なんで動いているか分からなくなる。

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としての話なのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
もともと9月は株価が軟調になりやすい時期であることと、
ドイツ選挙(9月22日)不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年オリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13200-14000のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
↑コレいっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。
 買いたい方は、10月になってから買うことをお勧めします。

来週に関しては
8月SQ値13640円より上か下かが重要
26週線を昨秋以降はじめて割るときがありました
だんだん切りあがってきており、来週は13600円
あと、13200-13400の窓を、今週ぎりぎり埋めきっていないので
もう1度13200円の下値を試されるかもしれませんし、
このまま、やや反発地合いになるか、本当に微妙なところです
オリンピック東京期待で押し目買いは入りやすいところですが・・・

参考に日経平均週足チャート
8/25日経平均週足チャート
どうよ!コノ微妙は位置は!!

東京Close(14:00~15:15)で急激に下げるのは、健在ですね。

ドル円の下値には、公的年金の買いがあるそうですので、下値が堅いみたいですね。

26日-31日まで、消費増税についての会合があるそうです
要人発言やニュースで急に円相場が動くことがあるかもしれませんね

30日08:30完全失業率
30日08:50鉱工業生産速報
30日08:30全国消費者物価指数(CPI)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(9月or12月)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

9月でのQE縮小が濃厚になってまいりました
本来の、ドル買い要因と、リスク回避の米株安での、ドル売りとが交錯しております
だんだんドル買いのほうが強くなってきましたかね

9月2日がレイバーデーの休日で、3連休を控えていることから
あまり大きく動かないかもしれませんね

米QEに関して、まだ要人発言はありそうです。

26日21:30米耐久財受注額
27日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
27日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
27日23:00米消費者信頼感指数
  ↑コレが弱いかも。
28日23:00米住宅販売保留指数
29日21:30米国内総生産(GDP)改定値
29日21:30米新規失業保険申請件数
29日21:50ブラード米セントルイス連銀総、講演
29日27:00ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
30日08:45ブラード米セントルイス連銀総、講演
30日21:30米個人消費支出(PCE)
30日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
30日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています

今後の利下げがなさそうになってきました
利上げさえもありそう。

いまのところ表向きはいいんですがね
失業率の問題や南欧諸国の財政問題(ひっくるめてユーロ危機)は潜在的にあるのでね
ビビり買いってとこか。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週+36746枚     先週+16057枚
       
先々週に、投機筋のポジが、ユーロ買いに転じ、さらにユーロ買いポジが増殖しております
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングは、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でした。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。
なにかのきっかけで、ユーロが一気に反落することには注意しておきたいです。
って、そのきっかけが来週あるか?
あるとすれば、以下の2つか。
ちょうど来週、失業率が発表されるので、注目か。
あと、イタリアのベルルスコーニ元首相が脱税容疑らしいです
イタリア政局懸念が意識されるのかどうか?

26日17:00バイトマン独連銀総裁、講演
27日17:00独Ifo企業景況感指数
28日15:00独消費者信頼感指数
29日16:55独雇用統計(失業率/失業者数変化)
29日21:00独消費者物価指数(CPI)速報
29日25:00バイトマン独連銀総裁、講演
30日15:00独小売売上高指数
30日18:00ユーロ圏失業率



豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます
RBAとしてはまだ豪ドルの下落を想定している
ので、なかなか豪ドルを買うのは手が引けるところです

さらなる利下げについても、毎年10or11月にしやすいのが特徴です
晩秋までは、なかなか買えないです

中国景気不安が一旦底入れ感で、安心感&9月での豪ドル利下げはない感があり、直近は買い戻されたりします
が、
今度は新興国通貨安の重荷を豪ドルが背負い始めました。。。

豪ドルが1番むつかしいかもしれませんね

29日10:30豪民間設備投資


米ドル≧ユーロ≧豪ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

まっ来週も歯切れが悪いです。
週明けは、まず、今週末に行われているジャクソンホール・シンポジウムの結果をみてから、の動きになりそうです

・ドル円
 97.5~99.95
 前回の米雇用統計直前の高値99.95は、なにかがないと超えないと思います。
 まだ、なさそう(米レイバーデーを控えているんで)だが、米長期金利が3.0%を超えてくるか、日本株が14500円に回復するようなことがないとね。
 97.5付近まで上がってきているという噂の、国内輸入企業と公的年金の買いが、下値を支えると思います。

・ユーロ円
 129.5~134.0
 
・豪ドル円
 87.5~91.0

・ユーロドル
 1.320~1.350

・豪ドルドル
 0.880~0.920
 
・ユーロ豪ドル
 1.440~1.520


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ナシ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


した?

あっ ユーロ円132円のことだけど。

本日は
15:00独国内総生産(GDP)改定値
17:30英GDP改定値
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23:00米新築住宅販売件数
ジャクソンホール・シンポジウム(25日まで)

ジャクソンホールには、バーナンキ様もドラギ君も欠席予定ですが
黒田様が出席されるそうなので、その分期待感で円安が進んでいます。

米の「新築」住宅はあまり強いイメージがナイんですが。

8月23日(金)のFX取引

・早朝時間(7:25~7:50)
 ユーロ/円(L)131.880→131.950=+7pips×1枚
132円手前で跳ね返された。
・早朝時間(7:30~8:40)
 ユーロ/円(L)131.907→132.007=+10pips×1枚
チッ 豪ドル円のほうが安心して見ていられたな。

・東京時間(9:05~9:45)
 ユーロ/円(L)132.011→132.061=+5pips×1枚
高値追いチキンレース
わしの出走権は、仲値 前(9:45)までと決めてたんで、パチいこう。


・欧州時間(17:35~18:30)
 ユーロ/豪ドル(S)1.48459→1.48570=-11.1pips×1枚
絶好の壁かと思ったら、・・・抜けた。


あっ
上に書いておきながら・・・ドル売り場面・・・寝過ごしてた。。。
しょうがねぇ 安値拾い?
・NY時間(24:55~25:20)
 米ドル/円(L)98.622→98.722=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


戻るんだよ

本日は
08:50日本対外対内証券売買契約等の状況
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
21:30米新規失業保険申請件数

22:00米住宅価格指数
23:00米景気先行指標総合指数
27:00フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
ジャクソンホール・シンポジウム(25日まで)

すげ~な
ヘタだな

8月22日(木)のFX取引~ぱーと2~

・欧州時間(16:30~16:35)
 ユーロ/円(L)131.124→131.042=-8.2pips×
2枚エントリー、ブッ
・欧州時間(16:30~16:40)
 ユーロ/豪ドル(S)1.48182→1.48044=+13.8pips×1枚
・欧州時間(16:30~16:50)
 ユーロ/豪ドル(S)1.48182→1.48180=+0.2pips×1枚
2枚エントリー、分カッ
・欧州時間(17:00~17:05)
 ユーロ/円(L)131.219→131.369=+15pips×1枚
・欧州時間(17:00~17:35)
 ユーロ/円(L)131.219→131.462=+24.3pips×1枚
2枚エントリー、分割決済。

もう完全にドル円いかれたね
96円台は見そうにナイ
残念です。

21:30米新規失業保険申請件数 前のエントリー
うかつにも遅れた&今回は自信ないので逃げた
・NY時間(21:15~21:20)
 米ドル/円(L)98.650→98.650=+0pips×1枚

米指標を全部待って
・NY時間(23:00~23:25)
 豪ドル/円(L)89.015→89.115=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


パチ中に確認した
中国PMIが予想48.2に反して、50.1と50を上回った
リスクオンになった

8月22日(木)の株先物取引

急いで帰ってきたが
今日は、先日の失敗を教訓に
後場の12:30まではエントリーを待とうじゃないか
 9月 13355円 買建 0.1枚(13:10) →13375円(14:30)
 +2000円
やっぱり、米QE縮小観測と新興国通貨安が重くのしかかってるかな?
というか、上下に振れすぎでしょ。
13400上で利確したかった。

追記-----
海外時間になって上がりマスタ。。。
相場は日本人が損するようにできている。ウン


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)


----------
日経225先物収支
-51500円(手数料:-104円×40)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


どうやら、QE縮小は確実視されてきたようだ
9月なのか10月なのか12月なのかはわからんし、
現状の850億ドルからどれほど減らされるかもわからんけど

本日は
08:50日本対外対内証券売買契約等の状況
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
21:30米新規失業保険申請件数

22:00米住宅価格指数
23:00米景気先行指標総合指数
27:00フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
ジャクソンホール・シンポジウム(25日まで)

気分屋なもので。m(_ _)m

8月22日(木)のFX取引

中国PMIがあるのに気づかずポジってもうた。
・早朝時間(6:30~)
 豪ドル/ドル(S)0.89780×1枚 利確0.8938ストップ0.9010
 +40pips(9:25)

中国PMIが予想48.2に反して、50.1と50を上回った
豪ドル買い&株買いで反応したものの、株が重いね
・東京時間(12:50~13:50)
 豪ドル/ドル(S)0.89780→0.89897=-11.7pips×1枚

豪ドル買うんかい
じゃコッチ
・東京時間(13:00~14:40)
 米ドル/円(L)98.139→98.239=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


過去記事を隠すために、早めに更新しておく

本日は
23:00米中古住宅販売件数
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月30日-31日分)

ほかのブログをみても、へ~て思うだけなので・・・
訪問しないしょう。ゴメンナサイネ

8月21日(水)のFX取引

・NY時間(0:40~1:30)
 米ドル/円(L)97.136→97.236=+10pips×1枚
・欧州時間(17:30~17:30)
 ユーロ/円(S)130.685→130.585=+10pips×1枚
・NY時間(22:15~22:40)
 ユーロ/円(L)130.606→130.706=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


1か月ぶりにポジりますた。

朝、パチに行かなきゃ気が済まないのが、わたしの欠点だと思う

8月20日(火)の株先物取引

パチしている間、携帯からちら見していた
豪議事録を通過した辺りで、急いで帰ってきた シュワッチッ
「豪ドル利下げの可能性は残っている」
→午後リスクオンが期待できる

 9月 13700円 買建 0.1枚(10:50) →13595円(タブン12:50頃)
 -10500円
あれっ お昼寝中にポジがナイ。
午前に上げたのには、なにも意味がなかったようだ。。。

また、パチに行ってようと思います。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)


----------
日経225先物収支
-53500円(手数料:-104円×39)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


う~ん
NY株価がさえない
とうとう15000ドルを割りそうだ。

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
15:00独生産者物価指数(PPI)
18:00ユーロ圏建設支出

豪議事録の分析はできていない。

8月20日(火)のFX取引

5.10日ということで、朝のドル円買いを狙っていた
NY終盤の高値を超えたとこでエイッ
・早朝時間(7:10~8:50)
 米ドル/円(L)97.670→97.620=-5pips×1枚
シュガシュガ~

・東京時間(13:15~)
 豪ドル/円(S)88.366×1枚 利確88.166ストップ88.6
つっこみ売りか?
OCOいれて、パチいってますけど。見ないけど。
 +20pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


う~ん

本日は
08:50日本貿易統計

お盆明けの東京勢はどうするのかな?

あっ ドイツ選挙まで1か月になり、
メルケルさんがギリシャ支援に関してなにかゆってるようだけど、
ちょと、まだ、あたしには理解ができない。。。
ユーロが動くとしたらその辺が材料か?

8月19日(月)のFX取引

・東京時間(9:00~9:10)
 米ドル/円(L)97.684→97.815=+13.1pips×1枚

ちょとパチ遠出してきます



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ちょと遅くなりました
土曜パチンコ気合い入れたら、疲れて寝ちゃった

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・日本GDPが予想より悪で、ドル円クロス円売り
 からの、まぁ2.0%を上回っていれば、消費増税には問題ないでしょ的な、ドル円クロス円買戻し
・安倍首相の「法人税減税の検討を指示した」で、安倍トレード開始
・管、麻生の「法人税減税は指示された覚えはナイ」で安倍トレード手仕舞い
・ユーロ圏GDPがプラスに転じて、景気後退からの脱却を果たした
・米QE縮小が9月からされそうで、NY株価が軟調

という展開でした


来週の展望

相場はいろいろ先回りして動いてくるので、先の予定も頭にいれておかないと、なんで動いているか分からなくなる。

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
米国のQEにもよります。QE縮小があれば、ドル円の上値更新時期が早まることになる。
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としてなのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
ドイツ選挙(9月22日)不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年オリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13400-14300のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には22000円あたりが目標かもしれませんね

来週に関しては
8月SQ値13640円より上か下かが重要
26週線は昨秋以降ず~と維持してきております
だんだん切りあがってきており、来週は13500円
なので、下値は堅そうだが。

たまに、東京時間にドル円クロス円&日本株が上昇し続ける日があります
そんな日は日銀が株(ETF)を購入しているので、そのトレンドに乗るのはありですね。

19日08:50日本貿易統計
  ↑赤字拡大で円売り要因


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(9月or12月)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

9月でのQE縮小が濃厚になってまいりました
本来の、ドル買い要因と、リスク回避の米株安での、ドル売りとが交錯しております
9月のFOMC(9月18日)が近づいてくると、だんだんドル高になるハズですがね~

注目はFOMC議事録ですかね~
9月でのQE縮小が確実視(ドル買い)になるか、それとも思惑が後退(ドル売り)するか?

あと、突発ニュースとして
次期FRB議長候補ですね
サマーズ氏(QEナシ派・タカ派)の可能性が高まればドル買い
イエレンさん(QEアリ派・ハト派)ならドル売り、となる。
イエレンさんが第一候補だったのに、年齢的な問題からサマーズ氏が優勢かもしれません。

21日23:00米中古住宅販売件数
21日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月30日-31日分)
22日21:30米新規失業保険申請件数

22日23:00米景気先行指標総合指数
22日27:00フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
ジャクソンホール・シンポジウム(22日~25日)
 ↑今年はバーナンキ様もドラギ君も欠席予定なので、注目度薄。
23日23:00米新築住宅販売件数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たした
来週発表のPMIも、先月に50を上回っています

今後の利下げがなさそうになってきました

いまのところ表向きはいいんですがね
失業率の問題や南欧諸国の財政問題(ひっくるめてユーロ危機)は潜在的にあるのでね
ビビり買いってとこか。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週+16057枚     先週+6061枚
       
先週、投機筋のポジが、ユーロ買いに転じ、さらにユーロ買いポジが増殖しております
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングは、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でした。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。
なにかのきっかけで、ユーロが一気に反落することには注意しておきたいです。

PMIが50より上か下に注目か。

20日15:00独生産者物価指数(PPI)
22日16:30独製造業PMI速報値
22日16:30独サービス部門PMI速報値
22日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
22日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

23日15:00独国内総生産(GDP)改定値
23日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます
RBAとしてはまだ豪ドルの下落を想定している
ので、なかなか豪ドルを買うのは手が引けるところです

さらなる利下げについても、毎年10or11月にしやすいのが特徴です
晩秋までは、なかなか買えないです

だだ、中国景気不安が一旦底入れ感で、安心感があるようで、直近は買い戻されております

一応注目は、豪議事録
スティーブンスが登場するなら危険あり。

20日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
22日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値



米ドル≧ユーロ≧豪ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

なんだか、いまのところ面白みに欠ける。
中長期目的なドル円買いが散見されているのは、興味深いところではあるよ。

・ドル円
 95.8~99.2

・ユーロ円
 127.0~132.0
 
・豪ドル円
 87.5~91.0

・ユーロドル
 1.320~1.350

・豪ドルドル
 0.900~0.930
 
・ユーロ豪ドル
 1.420~1.500


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ナシ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


SORRY~~
あたしは、社民党のだれかさんか?
なぜ、叫んでいるかは、1つ前の記事を見れば、わかる。

本日は
17:00ユーロ圏経常収支
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18:00ユーロ圏貿易収支
21:30米住宅着工件数&建設許可件数
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)

本日(も?)、トレードしない可能性、大
NYタイムに登場するかもね
だって、日欧米の株価が上がる気がしないもん。
ドル円96円台に突っ込むかも。
ドル円ポジがなくなったからには、突っ込んで欲しいと願っている。
ゲンキンな人でドモm(_ _)m

法人税減税は、消え去るかもだけど、
消費税増税は、おそらくされるので、ドル円スイングは、また、来週にチャンスをうかがおうと思います。
本当は、今週、週末高を想定していたのだが、米指標が、雇用は良くとも、景気系が崩れているのでね

8月16日(金)のFX取引

Lのみトレードも、考えもんだね。
昨日のNY時間後半からは、明らかにSだろうと思っていた。。。

あっ株ね。
三井物産をようやく1ポジ利確しました
1200円~1400円+αのレンジになっているので。
まだ1ポジ持ってますが、年明けに上がっていたらいいな~くらいで。
また、1200円に下げてきたら、買ってもいいかな~くらいで。

他の銘柄は、利確したいところまで、全然来ないので、持ったままです。

おなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)98.037×1枚(8/14・24:00~)利確99.800ストップ97.45
 ↑-59.9pips


・NY時間(21:30~21:35)
 米ドル/円(S)97.447→97.347=+10pips×1枚

・NY時間(22:55~23:05)
 米ドル/円(S)97.265→97.454=-18.9pips×1枚
あれっ?指標悪&悪ときて余裕持ってみてたら
安値拾いの日?
なんで、今日が円安気味なの?
週末要因で、円高かと思いきや、木曜下げすぎた巻き戻し ってこと??
単にフィキシングに向けて、ドル買いの変なフローが入ったのかな???



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円ポジ増やしちゃった
利食いもせず・・・

本日は
17:30英小売売上高指数
21:15ブラード米セントルイス連銀総、講演
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米新規失業保険申請件数
22:15米鉱工業生産指数
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
米国債償還・利払い

株価の軟調気味が気になる

米指標がたんまり待っている

問題の米国債償還が待っている

8月15日(木)のFX取引

5.10日ということで、朝のドル円買いを目論んだ・・・
・早朝時間(7:40~8:00)
 米ドル/円(L)98.030→97.958=-7.2pips×1枚
ストップです。
昨日から、お盆で日本人がいないことが、効いてきたな。


追記-----昼
麻生とかが法人減税反対したから、安倍トレード手仕舞いみたいね
コノ人は、G20に出掛けていって諸外国から円安誘導批判されて懲りてるから、円安&株高に興味がなくなっちゃったのね
あたしの味方は、安倍本人と甘利ということになってきた。
スイングポジ、ストップとられるか、首を洗って待ってるよ。

NYタイムに気が向いたら再登場します。
明らかに、ドル円98円安定の流れだっただけに、ちょっと、怒ってますがね。


米指標前 に買っときゃ、思惑で直前に上がるか、結果で上がるのよ
・NY時間(21:15~21:20)
 米ドル/円(L)98.100→98.200=+10pips×1枚
前に、なんだか上がったからいいわ フンっ
あとは、どこまでいくか見てるだけよ。

昇天ポジ様:
 米ドル/円(L)96.566×1枚(8/12・24:00~)利確98.666ストップ96.6
 ↑21:30米指標で跳ねたが、利確の2p手前で一旦失速したため、98.566に変えた
 +200pips

23:00フィリー指数は崩れた。。。
順番が逆じゃなくて、良かった。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)98.037×1枚(8/14・24:00~)利確99.800ストップ97.45

先々週の97.5が堅かったことを、信じているが。コワイ

最後にまた追記-----
米株がやばいライン15200ドルを下割れした気がする。
リスク回避ムード満載になってきた。
もう1段下の15000を割れた頃には、とっくにドル円ストップとられているのだろう。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


です。

ユーロ自体は強いんです
景気後退からの脱却を果たそうとしています
が、
ユーロドルが、ドル高の影響で、あやしくなってきました。

本日は
14:30仏国内総生産(GDP)速報値
15:00独(GDP)速報値
17:30英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨(7月31日-8月1日分)
17:30英雇用統計
18:00ユーロ圏(GDP)速報値
21:30米卸売物価指数(PPI)
26:20ブラード米セントルイス連銀総、講演

注目は独GDP
独政府は0.75%くらいになるだろうと、週初にゆっておりましたよ
ちなみに予想は0.6%前回0.1%

昨日のZEW指数が良好だったことも意識され、発表前にユーロが買われていくかも。
これが、崩れれば、ユーロドル・ユーロ豪ドル辺りがストーンと落ちるかもですがね
あたし、本日夕方に用事がありまして、トレードできないと思うので
置き土産的に書いておきました。

どうせ、もともとチキンなので、トレードしないんでしょうが。

8月14日(水)のFX取引

・早朝時間(6:15~6:50)
 ユーロ/円(L)130.290→130.300=+1pips×1枚
・早朝時間(6:15~8:45)
 米ドル/円(L)98.230→98.208=-2.2pips×1枚
実は、ドル円とユーロ円を間違えて押したんだけどね
ユーロ円は早めに逃げた。

前日の早朝が悔しくて、渾身の早起きしたのに・・・
利益確定っぽくなってきたな。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)96.566×1枚(8/12・24:00~)利確98.666ストップ96.6

 ↑今回は、ガードが甘い?
 米ドル/円(L)98.037×1枚(8/14・24:00~)利確99.800ストップ97.45
 ↑伸びないけれど、底堅いので、また、フィキシングにて、追加。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


しました。
ドル円スイングポジ、こわごわと持ってます。
あれっ?起きたら上がってるけど。
いまのところ、ラッキー当たりだな

本日は
08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(7月10-11日分)
08:50日本機械受注
10:30豪NAB企業景況感指数
15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
18:00ユーロ圏鉱工業生産
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数
21:30米小売売上高

25:45ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演

日本株がしっかり13640円に乗せればさらに上げていくかも。
れば。

8月13日(火)のFX取引

寝坊した気がする。
・早朝時間(8:00~8:45)
 米ドル/円(L)97.241→97.272=+3.1pips×1枚
8:50日本機械受注 前に逃げた。

・東京時間(9:05~9:35)
 米ドル/円(L)97.275→97.375=+10pips×1枚
仲値 前に逃げた。 あっ イカン 一歩早い。。。

パチへいこう
お次は、NY時間に再登場かもしれません。


・東京時間~欧州時間(12:35~16:45)
 米ドル/円(L)97.328→97.778=+45pips×1枚
 禁じ手にしていた、携帯からのエントリー。スリーセブン+ちょびひげ号
 ご到着~

・欧州時間(15:50~16:00)
 米ドル/円(L)97.430→97.490=+6pips×1枚


ありゃ?
21:30米小売売上高・・・予想より悪いんですけど、ドル円が上がっていった。。。
手つかずだわさ。
なんだ?指標を皮切りに、ドルを買うと決めていたみたいな相場は??
あとで、確認したら、見えないところで、先月分を上方修正したとのこと。
それ、やめてくれないかな~


保有ポジ:
 米ドル/円(L)96.566×1枚(8/12・24:00~)利確98.5ストップ95.75

昨日から、プティ・アベノミクスがきているorただの買戻しか。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


あっ 競馬ね~
関屋記念(GⅢ)でした
ドナウブルーちゃんが、まさかの4着
直線で前が詰まったとはいえ、
3着争いで競り負けるとは思わなんだな~
う~ん

本日は
08:50日本実質国内総生産(GDP)速報値
13:30日本鉱工業生産確報

う~ん
あっ 日本のGDPは重要かと。

8月12日(月)のFX取引

日本GDPが崩れちゃいました
思っていた以上に、、、結果2.6%予想3.6%
3%以上なら消費増税ってレベルだったような
日本株が、非常に重要なリバウンドの値頃(26週線上)なんだが、買いにくいわね

その後、すぐ甘利発言・・・
「GDPは非常に成長している」
えっ そうなの?
やっぱり強引に増税して、円安&株高に持っていこうとしている。。。

甘利って人は、発言のタイミングが悪いのよ。
もっと、売らせておいて、反発の兆しが見えたら、発言すればいいのに、
コノ人、ドル円と株持ってるからな。(個人的な勝手な推測)
これ以上下がったら困るんだろう。

まぁ、一応プラスなわけだから、数年前に比べれば、成長してますので、言い分は合っている。


わし?月曜ということあり、見ているだけかもしれません。


追記-----
う~ん NY時間のドル売り円買いはご健在
でも、株価が下げてこないので、フィキシングにて、購入。
my予定日(15日)と違うのでいささか不安。
保有ポジ:
 米ドル/円(L)96.566×1枚(8/12・24:00~)利確98.5ストップ95.75

今週、様子を見ながら、ナンピンも積み立てもアリな感じで。

1日中、1人で、う~ん、と、うなっておりました 変態



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今週は、1日1発ずつ、Lのみで乗り切った
アホです。

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・日本のお盆休み&海外の夏休み前に、これまで積みあがった、ドル買い&円売り&株買いのポジが解消された
・中国指標が良好で豪ドル買い

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
米国のQEにもよります。QE縮小があれば、ドル円の上値更新時期が早まることになる。
とりあえず、単純計算すると、7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重がかかるイメージを持ってます
日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
ドイツ選挙不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年オリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13200-14000のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には22000円あたりが目標かもしれませんね

来週に関しては
8月SQ値13640円より上か下かが重要
13400円を割れてくると、昨秋以降、初の週足平均線を下割れとなってしまうので、踏ん張っていただきたい値段ではあります。
参考に、日経平均週足チャート
8/10日経平均週足チャート

注目は・・・国内総生産(GDP)
なぜ?いつも以上に注目なのか?
この値をみて、良好なら消費増税を決定する、と日本政府はしているようです
まっ それは、ただの言い分ですがね
ほぼ、来年から増税しますから。
この時期のGDPは良い値になることが、前々からわかっているのでしょう
で、相場にどう影響してくるかって?
コレが、難しいんです。
長い目では、消費増税は、日本政府財政再建にプラスと捉えられ、いい方向になるんでしょう
が、増税によって、消費が落ちると考える人もいるので、悪い方向になる場合もあります
個人的には、アベノミクスの1つの要因だと思っているので、いいこと(円安・株高)だと思っておりますが。
9月にまた、安部成長戦略があるようですので、セットでまたアベノミクスが訪れることを期待します。

問題は、ですね~
お盆時期は国内輸出企業がドル円売り注文をいれたまま、にしていることです
ドル円98.5には入れてあるそうです
逆に、国内輸入企業は、95.5に買い注文が入れてあるそうです

12日08:50実質国内総生産(GDP)速報値
12日13:30鉱工業生産確報
13日08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(7月10-11日分)
13日08:50機械受注


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(9月or12月)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

9月でのQE縮小が濃厚になってまいりました
本来、ドル買い要因ですが、リスク回避の米株安で、ドルが売られております
9月のFOMCが近づいてくると、だんだんドル高になるハズですがね~

15日の米国債償還にむけて、ドル売り・円買いが出やすいそうです
その後、米国債を再購入する動きが出てくれば、ドル買い・円売りトレンド再開かもしれませんね

13日21:30米小売売上高
13日25:45ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
14日21:30米卸売物価指数(PPI)
14日26:20ブラード米セントルイス連銀総、講演
15日米国債償還・利払い
15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日21:30米消費者物価指数(CPI)
15日21:30米新規失業保険申請件数
15日22:15米鉱工業生産指数
15日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
15日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
16日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
16日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たすのか?
とは、個人的には思えないのだが・・・
指標を見る限りでは、良い方向に今のところ向かっています

フォワードガイダンス(時間軸政策)が導入されたばかりです
今後1年間くらいは利上げせず、金融緩和方向なので
ユーロの上値は重いハズなんですが・・・

以上の矛盾した2つがユーロをむつかしくしています。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週+6061枚     先週-8504枚

とうとう、投機筋のポジが、ユーロ買いに転じてしまいました
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングは、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でした。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。
なにかのきっかけで、ユーロが一気に反落することには注意しておきたいです。

13日15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
13日18:00ユーロ圏鉱工業生産
13日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
13日18:00独ZEW景況感指数

14日14:30仏国内総生産(GDP)速報値
14日15:00独(GDP)速報値
14日15:45仏非農業部門雇用者数速報値
14日18:00ユーロ圏(GDP)速報値
16日17:00ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
16日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
16日18:00ユーロ圏貿易収支(季節調整前)


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます
今後1年間の景気見通しを下げてきたところ&RBAとしてはまだ豪ドルの下落を想定している
ので、なかなか豪ドルを買うのは手が引けるところです

さらなる利下げについても、毎年10or11月にしやすいのが特徴です
秋までは、なかなか買えないです
今週の中国指標が良好で、豪ドルが買い戻されておりますが、
中期的には、まだ下落トレンドであり
豪ドル円85円、豪ドルドル0.86~0.85、ユーロ豪ドル1.55辺りへいくかもしれないとの見方は保持しております。

13日10:30豪NAB企業景況感指数


米ドル≧ユーロ≧円≧豪ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

15日に、中期用のドル円買おうかな~
目標としては、9月雇用統計や、オリンピック開催地決定日です。
個人的に思っているだけで、わかりません
季節的に8月ずっと、下げていくことも考えられるので。

・ドル円
 94.8~98.5
 日足チャート
 8/10ドル円日足チャート

・ユーロ円
 127.0~132.0
 
・豪ドル円
 86.5~90.5

・ユーロドル
 1.320~1.350

・豪ドルドル
 0.900~0.930
 
・ユーロ豪ドル
 1.420~1.500


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ナシ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


アメリカ人、の、いいなり相場
ようやく、お買い上げアメ様のおな~り~
でも、まだレンジの範疇である

本日は
10:30中国消費者物価指数(CPI)
10:30中国卸売物価指数(PPI)
14:30中国鉱工業生産
14:30中国小売売上高

15:45仏鉱工業生産指数
17:30英貿易収支

日本株、8月SQ値算出日、どちらへ動くのだろう
買戻しと見ているが・・・
ドル円97.5の壁が・・・

8月9日(金)のFX取引

・早朝時間(7:05~8:45)
 米ドル/円(L)96.599→96.799=+20pips×1枚

日本株8月SQ値13640円・・・低っ 引く。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だんだん、予想ばかり並べて
ネットで批判を浴びる、アナリストみたいになってきた

本日は
08:50国際収支速報
10:30豪雇用統計
時間未定 中国貿易収支
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
14:00景気ウオッチャー調査

15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
15:00独貿易収支
17:00欧州中央銀行(ECB)月報
21:30米新規失業保険申請件数

日銀会合での失望売りを先に想定して、ドル円が売られている面もある
会合後は、失望売りより、買戻しがあるかもと思っている
ほら、先日の豪金利発表みたいに。
黒田様より、14:00景気調査のほうが、注目あるんじゃないかな

8月8日(木)のFX取引

あたし?よっぽどやる気にならないと、トレードしないだろう。


パチ、即帰り
日銀会合前に仕掛けたが・・・
・東京時間(11:15~12:15)
 米ドル/円(L)96.632→96.782=+15pips×1枚
・東京時間(11:20~14:00)
 米ドル/円(L)96.670→96.600=-7pips×1枚
 ↑あてにしていた、景気調査前におなくなり。

・東京時間(11:10~13:40)
 ユーロ/円(L)128.860→129.069=+20.9pips×1枚
・東京時間(11:10~12:05)
 ユーロ/円(L)128.840→128.990=+15pips×1枚
なんで?豪ドル買いやねん。
関西弁になってもうた。
あっ あとで確認したら、中国貿易収支が同じ12:05頃にあったらしく、そちらの好影響みたい。
がしかし、東京後場になっても、日本株伸びず。。。
これは、相場が相当病んでいるとしか思えない。

また出かけようと思う



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今週の見通しと、どうも違う動きをしているからだろう。
海外時間に円買いになる。
どうやら、夏休みを前に、いままでドル買い&円売り&株買いしてきたポジを解消している
下で拾おうとすると、案外下げていくかも。
せっかくだからドル円95~91円までいってくれ と心の片隅で思っている

本日は
10:30豪住宅ローン件数
18:30英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
19:00独鉱工業生産
26:40ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演

豪ドルは想定通りの利下げで買戻しとなったが、行って来いになった
もう少し様子を見た方がいいか?
どうせ、10or11月に、また利下げされるかもなんで、あまり、豪ドルクロスで上へは追いかけたくないが。

ユーロドルは、いつか売りだと思っているわたしにとっては、
ユーロの指標系の結果が、景気回復に向かおうとしている雰囲気を出し始めているのは、すごく気になっている。

日本株のSQ算出日が9日(金)
直前になって、買い上げる可能性は否定できない

あぅ 保有株?
利確指値は入れてあるけど、また利確を逃したら・・・そのまま年明けまで持っておくつもりよ。

あっ いかん
ヘタレのくせに、いろいろしゃべってもうた。

8月7日(水)のFX取引

朝シャンしつつ、朝ロング。
・早朝時間(6:30~8:05)
 米ドル/円(L)97.750→97.647=-10.3pips×2枚
ヒー ストップ97.65目をつむっていた。
本日、トレード終了の可能性。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今週はすでに白旗上げそう。

本日は
08:01英小売連合(BRC)小売売上高調査
10:30豪貿易収支
10:30豪住宅価格指数
13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:2.75%→2.50%へ利下げ)
17:30英鉱工業生産指数
19:00独製造業新規受注
21:30米貿易収支
26:00エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演(ハト派)

月曜の動きが悲惨すぎる。
わしだけが思っているだけなのかもだけど?
豪ドル・・・意外に買戻しなんてありそう。

8月6日(火)のFX取引

いじけ中なので、、まずトレードするかどうか?

パチから・・・ギリ間に合った?
・東京時間(14:20~14:40)
 豪ドル/円(L)88.150→88.350=+20pips×1枚

明日明後日、日銀会合なんで、もうちょっと上げていく気はするが・・・

あとは、夜まで、昼寝したり、ご飯食べにいったり。
あいかわらず、落ち着かない性格で、ドモ。
たぶん、FXに性格が向いてない、ドモ。

結局、日銀が株を2日連続で買っているだけで、あとは、動きに意味がナイ。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


月曜ってのは、苦手
↑コレ毎週書いてるかも。

本日は
10:30豪小売売上高
16:55独サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
17:00ユーロ圏サービス部門(PMI)改定値
17:30英サービス部門(PMI)
18:00ユーロ圏小売売上高
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数

24:45フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演(タカ派)
オーストラリア(バンクホリデー)休場

英の指標がドル円にも多少影響してくるので、英のイベントも書くことにした
なにげに、豪・英・欧・米と指標がありますな
豪は、休場なのに、指標があるのはナゼ?

8月5日(月)のFX取引

たまに、、見ては、、触りたくない感じ。。。

ユーロ指標が良かったわけだから、ユーロ円が買いたくて仕方がない ウズウズ
ISM指数が 良好を見てから
・NY時間(23:05~)
 ユーロ/円(L)130.712×1枚 利確130.912ストップ130.5
あ゛っ
1日中いつまで、ポジション調整してんだよ
OCOいれて置いとくしかないね

追記-----翌日
とっくにポジないね-22pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


DMMFXシステムメンテナンスが長くって
もう

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・週前半は参院選後の利益確定売りの余韻が残り、ドル円・クロス円&日本株下落
豪スティーブンスRBA総裁の「豪ドルが下落していくのは当たり前」発言を受けて、8月豪ドル利下げ観測が浮上で豪ドル売り
・FOMCでは9月QE縮小の思惑が若干後退した模様
・それを受けて、世界的に株高傾向へ
・中国PMI、米ADP、米GDP、米ISM指数が良好を受けてドル円・クロス円上昇
・米雇用統計はネガティブサプライズとなり、ドル売りとなったが、米株は上昇
・日本株は決算内容が良好で上昇している
・海外勢からすると、トヨタの好業績が、日本株に対する安心感と映っているようです。

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
米国のQEにもよります。QE縮小があれば、ドル円の上値更新時期が早まることになる。
とりあえず、単純計算すると、7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重がかかるイメージを持ってます
日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
ドイツ選挙不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年オリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しては、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13800-15000のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年内、16000~18000円いきそうです。
長期的には22000円あたりが目標かもしれませんね

来週のキーポイントは以下の3つ
7月SQ値14410円
(25日平均線)14100円
(13週平均線)13900円
米雇用統計でのネガティブサプライズで一時的に下げましたが、14100円を割ることはありませんでした
来週に関しては、底堅く推移しそうです
15000円を目指してもおかしくはないが?

ちなみに、次のお買い上げ材料としては、
2020年オリンピック開催地東京期待or9月~10頃に来年4月からの消費増税スケジュールがしっかり決定(10月の臨時国会か?)
ですかね
こういう状況が確認できれば、高値追いできるようになる

一応、日銀会合があります
今回はなにも政策変更の期待はないでしょう
万が一「長期資金供給オペ(LTRO)」の導入があれば、ドル円・クロス円&日本株が上昇
ですが、いまのところそういった追加緩和策はしないでしょう
無風通過or景気見通しを引き上げれば、ほんの若干のドル円・クロス円&日本株上昇か。

ちなみに、わしの株・・・4月以前に買ったまま、ほとんど放置状態です。
実は、5月高値から比べると、、、ずいぶん資産評価額が下がっています
主力はホンダ(株歴9年間、ず~と1コは持っている)なんだが、どうしたかな?チッ トヨタめっ
いろいろな銘柄で、4月にほぼMAX買い持ちにしてしまったため、6月の下値で、買えたのが1コだけというさびしいかぎりです
レンジっていて、上昇の見込みの薄い銘柄は、レンジ上限手前で利確しはじめようかと思ってます
例年通りだと、晩秋~春先に上昇していくので、そこに向けてのんびりうまいこと銘柄変更していきたいところ。
6月の安値のような次の買いのチャンスは、なかなか訪れないかもしれませんがね
上へこのままいくことを期待しつつ、9月辺りに下へいくことを期待しつつ・・・

8日08:50国際収支速報
8日未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
8日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(9月or12月)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

9月にQE縮小開始と思い込んでいた相場が、縮小先延ばし期待で米株が上昇しはじめました
若干、リスクオン的か?
来週は指標で動きと、要人発言でのQE縮小への思惑で動くのかな

5日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
5日24:45フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
    ↑QE縮小派(タカ派)
6日21:30米貿易収支
6日26:00エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
    ↑QE継続派(ハト派)
    この人、夏頃までに見極めるとゆっていたので
    注目あるかも。
8日21:30米新規失業保険申請件数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たすのか?
とは、個人的には思えないのだが・・・

フォワードガイダンス(時間軸政策)が導入されたばかりです
今後1年間くらいは利上げせず、金融緩和方向なので
ユーロの上値は重いハズなんですが・・・

以上の矛盾した2つがユーロをむつかしくしています。
ただいま、ユーロという通貨に意志がございません。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週-8504枚     先週-27900枚

先の話では、この投機筋のポジが0付近になったら、ユーロドルの絶好の売り場なんでしょう
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングも、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でしたから。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。

5日16:55独サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
5日17:00ユーロ圏サービス部門(PMI)改定値
5日18:00ユーロ圏小売売上高
7日19:00独鉱工業生産
8日15:00独貿易収支


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます
今後1年間の景気見通しを下げてきたところので、なかなか豪ドルを買うのは手が引けるところです

来週での利下げは、確実視されてきました
さらなる利下げについても、毎年10or11月にしやすいのが特徴です
秋までは、なかなか買えないです
中期的には
豪ドル円85円、豪ドルドル0.86~0.85、ユーロ豪ドル1.55辺りへいくかもしれません。

注目は政策金利発表
先週でほぼ利下げを織り込んでしまった感はありますが?
発表後の反応はちょっと予想しづらい

中国指標は、豪ドルも含めて、全体的なリスクオンオフに関わってくるんでしょう

5日(バンクホリデー)、休場
5日10:30豪小売売上高
6日10:30豪貿易収支
6日10:30豪住宅価格指数
6日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想2.75%→2.50%へ利下げ)
7日10:30豪住宅ローン件数
8日10:30豪雇用統計
8日時間未定 中国貿易収支
9日10:30中国消費者物価指数(CPI)
9日10:30中国卸売物価指数(PPI)
9日14:30中国鉱工業生産
9日14:30中国小売売上高



米ドル≧ユーロ≧円≧豪ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

それぞれの通貨が今週の流れを引き継いでいきそうです
株に関しては上値余地がありそうなので
リスクオン的な感じはします
8月は、過去の年に何かネガティブなことが起こってきた経験があるので
大きくリスクオンに傾けられない心理的な面はあります。
ちなみに、リスクオンオフには、ドル円・クロス円が反応するだけで、ドルストレートはあまり反応しなくなりました。
豪ドルだけ、毎日てんやわんやですな。

※DMMFXシステムメンテナンス中でチャートが見れませんので
 頭の中に入っている大体のレンジを書いておいた
 後で、こっそり書き換えておくと思う。

もうちょっと、狭いレンジで推移する可能性が高いと思われます。
・ドル円
 97.5~101.5

・ユーロ円
 128.5~133.0
 
・豪ドル円
 86.0~90.0

・ユーロドル
 1.310~1.340
 中長期的には、高値圏での上下動中とみているのだが。

・豪ドルドル
 0.860~0.905
 
・ユーロ豪ドル
 1.460~1.540


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ナシ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1052)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
07 ≪│2013/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: