どうかな

10月31日(木)の株先物取引

あっ 先物トレードは、しておりません


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 ソニーを、1900円にて、追加しちゃいました。(中期用か)
 11月15日のPS4米国で発売を期待して。
 不安は、FOMCの影響で、株式市場全体が下がるかもってとこですな。

追記---
 早まった
 ソニーの、本日決算内容が悪くて、ショック落ちしてしまいました
 前から、わかっていることなので、来週どっかでナンピン買いで行きます。
 月曜を予定。
 


----------
日経225先物収支
-83500円(手数料:-104円×55)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


FOMC・・・どうやらFRBの態度は変わっていないようだ
経済指標次第で、QE縮小を行うとのことだね
で、ドルだけ買いで反応
経済見通しは良いとの内容が大きかったかもしれない
これで、ドル円は底堅くなるかな?

本日は
09:30豪輸入物価指数&豪輸出物価指数
09:30豪住宅建設許可件数
時間未定(おそらく11:50頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:00経済・物価情勢の展望(10月、基本的見解)
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
16:00独小売売上高指数
16:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
19:00ユーロ圏失業率
19:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
21:30米新規失業保険申請件数
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)


指標がこまかくちりばめられている
サイキンは、指標に反応薄だけども。

日銀会合は・・・ね
日経新聞によると、なにもないそうです。
無風通過の可能性が大きいですね

10月31日(木)のFX取引

なんだか、豪ドルにつづいて、今日はユーロが受難
ノボトニー・オーストリア中銀総裁が長期資金供給オペ(LTRO)終了に
懸念を示したことが影響

ユーロの指標が悪い
(書くだけで、すいません)

でも、いいっす
ドル円Lプレイヤーとしては、豪ドルとユーロが自滅してくれると
案外、楽になる ハズ

・東京時間(14:30~14:35)
 米ドル/円(L)98.395→98.420=+2.5pips×1枚
危ない! 戻り売りのカモにされるとこだった。


なんだ?米PMI前のドル買いは?
まるで、指標結果が分かっていたかのよう
PMI前にエントリー
・NY時間(22:40~22:55)
 米ドル/円(L)98.313→98.383=+7pips×1枚
結果がものすごく良いのを見て、エントリー
・NY時間(22:45~22:55)
 米ドル/円(L)98.353→98.383=+3pips×1枚
前回:55.7、予想:55.0で、結果:65.9 って
そんなこと・・・あるかぁぁぁ???
で、その小さな反応ってのも・・・あるかぁあぁ???
ありえん


保有ポジ:
 米ドル/円(L)98.517×1枚(10/30・27:10~)利確99.10ストップ97.85




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


な日になってる

本日は
08:50日本鉱工業生産速報
17:55独雇用統計
19:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
21:15ADP全米雇用報告
21:30米消費者物価指数(CPI)
22:00独消費者物価指数(CPI)速報
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
27:00バイトマン独連銀総裁、講演

FOMCで、ドル円が下げたら、買おうとたくらんでおりますが・・・
すでに、だいぶ買い戻されたな
ユーロ円のほうがいいかもしんないけど。

10月30日(水)のFX取引

無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)97.069×1枚(10/25・15:00~)利確98.24ストップ96.4
 ↑+117.1pips


・早朝時間(6:20~9:05)
 米ドル/円(L)98.189→98.239=+5pips×1枚

あれっ?18:00過ぎのドル円Lが今週のテーマだと勝手に思ってたけど・・・
およびでナイ

・NY時間(21:40~22:00)
 米ドル/円(L)98.190→98.250=+6pips×1枚

裏取引
・NY時間(22:45~23:05)
 ユーロ/豪ドル(L)1.44853→1.44993=+14pips×1枚
 10/30ユーロ豪ドル15分足チャート


無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)97.896×1枚(10/29・23:25~)利確98.65ストップ97.44
 ↑+75.4pips

保有ポジ:
 米ドル/円(L)98.517×1枚(10/30・27:10~)利確99.10ストップ97.85




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


芸人には、似た苗字の人が増えてきた
コスギ(ブラックマヨネーズ)、カスガ(オードリー)、コトウゲ(バイきんぐ)
おすぎ(あっ芸人じゃない)

わざわざ、訪問していただいて、ありがとですm(_ _)m

本日は
08:30日本完全失業率
16:45仏消費者信頼感指数
21:30米卸売物価指数(PPI)
21:30米小売売上高
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数

明日にFOMCを控えて、膠着状態となるか?動くのか?

10月29日(火)のFX取引

7:30豪RBA総裁スティーブンス発言で、毎度のように、豪ドル下落ですな。
「豪ドルはある時点で非常に下落する可能性が高い」
豪金利の利下げを示唆しているのか?米QEが縮小された場合のことを言っているのか?
「米国の量的緩和縮小、政策を選択する上での障害が減少する」
と、きたから、QE縮小のほう言っているのだろう。

そして、豪ドル君、利下げがあるわけではないと、気づかれたか?
あまり下がらないね まだ、わからんけど。


なんか、ロンパチ(18:00)後に、ドルが買い戻されるようになってきた
のは、気のせいか?
・欧州時間(18:00~18:15)
 米ドル/円(L)97.575→97.605=+3pips×1枚
・欧州時間(18:30~19:20)
 米ドル/円(L)97.601→97.651=+5pips×1枚
10/29ドル円15分足チャート
お気に入りのトレードができたので、チャート載せときます。
あっ 最初の575のエントリーは、5分足で雲上抜けを確認して入っております。
って、その後が伸びすぎなんですけど・・・知らん。

しかたねぇ ユロ円でカバー
・NY時間(20:30~20:45)
 ユーロ/円(L)134.569→134.739=+17pips×1枚


う~ん 米指標が、あまり芳しくないんだが、いつまで、ドル円買ってんだい?


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.069×1枚(10/25・15:00~)利確98.24ストップ96.4
 米ドル/円(L)97.896×1枚(10/29・23:25~)利確98.65ストップ97.44

 ↑そういえば、97.85付近はえらく堅かったとこ(雇用統計のショックに耐えた)
  だったのを思い出して追加。してみた。
  すぐに、明日なくなるかどうかでしょうか?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さっ 競馬ね~
ジャスタウェイ、、、圧勝した
まさかです

さっ FXね~
なんかしらんが上窓になってる
ありがたいけど、損切りさせられた翌日なだけに、なんか悔しい

あっ パチンコね~
今、欲しいもの、コレ
パトマンボウ
パトマンボウストラップ
海in沖縄 を打ってたら、いや~かわいくてかわいくて
パトランプを載せるために、ひもでくくっているところが、けなげです^^

本日は
22:15米鉱工業生産指数
23:00米住宅販売保留指数
29日05:00アップル第4四半期(7-9月期)決算

10月28日(月)のFX取引

・早朝時間(8:30~8:45)
 米ドル/円(L)97.513→97.567=+5.4pips×1枚
・早朝時間(8:30~8:55)
 米ドル/円(L)97.513→97.615=+10.2pips×1枚

・東京時間(10:00~10:15)
 米ドル/円(L)97.569→97.519=-5pips×1枚

・欧州時間(18:05~18:15)
 米ドル/円(L)97.614→97.664=+5pips×1枚


無事利確ポジ様
 米ドル/円(L)97.270×1枚(10/23・19:35~)利確97.77ストップ96.85
 ↑+50pips
はぁ 久しぶりに、スイングポジが利確されました。
苦しい日々が続いております。 ヨカッタヨカッタ


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.069×1枚(10/25・15:00~)利確98.45ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さっ 競馬ね~
天皇賞(秋)です
⑦ジャスタウェイ 複勝300円で。
う~ん 騎手が祐一ってのが、やや不満
菊花賞の自信をそのまま乗ってくれればありがたいけど。

大体、毎週似たようなこと書いてますが、
興味のある方はどうぞ

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米雇用統計がネガティブでドル売り
・米政府機関一部閉鎖の悪影響を先回りして、ドル売り
・中国が金融引き締めの動くかも噂で、リスクオフ
(だたし、何気に、欧州と米株は、QE継続感からか堅調)

まあ おおざっぱにみれば、米QE縮小開始時期が3月以降になるだろう
との思惑を、織り込み始めた。

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としての話なのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
(↑やや自信なくなってきましたが)

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13800-14400のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しては
10月SQ値は14350円
SQ値を下回っているので、やや上値は重そうです
下値は、オリンピック東京決定時13600円、や、10月安値13800円辺りまででしょう

あっ 日銀会合がありますね
今回も政策変更は想定されていませんね
ただ、そろそろ、追加緩和策が出てきても、おかしくない時期に入りかけていると感じています
米政府一部閉鎖の影響の懸念があるので、もしかしたら、なにかしてくることもあると、頭に入れておきたい
追加緩和策があれば、円安&日本株高となるが・・・
ないかな?

個人的には、先回り的に円安になることを、期待しておきます。

29日08:30完全失業率
30日08:50鉱工業生産速報
31日時間未定(おそらく11:50頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
31日15:00経済・物価情勢の展望(10月、基本的見解)
31日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
が、政府機関一部閉鎖の影響のせいで、最近は指標結果がやや悪いんですが。
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

米指標に関しては、政府機関一部閉鎖の影響を織り込んでいるので
よほど、悪くなければ、そんなに、売られませんね
むしろ、良い結果が出た時に買戻しになりやすいでしょう。

いずれQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

縮小開始時期を探っている段階ですね(※ただし雇用情勢次第、雇用統計+20万人が判断レベルか?)
いまのところ、米予算のごたごたのおかげで、政府機関一部閉鎖があったため
10月縮小はなさそうとなってます
12月でさえも、なさそうとの見方になってます
新FRB議長イエレンさんになってからの3月以降との見方が増えているようです

QEが継続する感から、株高によるリスクオンになりやすいです。
企業決算内容がよければ、リスクオンになりやすいです。
アップル決算は、注目大きいです。

あっ FOMCがありますね
今回は、なにもないでしょう。

28日22:15米鉱工業生産指数
28日23:00米住宅販売保留指数
29日05:00アップル第4四半期(7-9月期)決算
29日21:30米卸売物価指数(PPI)
29日21:30米小売売上高
29日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
29日23:00米消費者信頼感指数
30日21:15ADP全米雇用報告
30日21:30米消費者物価指数(CPI)
30日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
31日21:30米新規失業保険申請件数
31日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
1日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
1日23:00米建設支出


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています

今のユーロは、欧米株の動向で動いております
欧州株は高値更新し続けてますね
ユーロも買われ過ぎにみえるので、あくまで買い目線もそろそろ注意はしておきたい

あっ 次の一応の注目が、第3次ギリシャ支援です
この交渉次第では、ユーロに動きがあるかもです。

このほかに、イタリア政局不安もあるので、リスクオンでは買われますが、やや上値は重いんだけどな~

ユーロ圏失業率に、やや注目か?

欧州時間は、今週からウインタータイムですね
ロンパチが17:00→18:00、フィキシングが24:00→25:00に変わります

30日17:55独雇用統計
30日19:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
30日22:00独消費者物価指数(CPI)速報
30日27:00バイトマン独連銀総裁、講演
    ↑金融緩和反対派?なんで、ユーロ買いになりやすいか?
31日16:00独小売売上高指数
31日16:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
31日19:00ユーロ圏失業率
31日19:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます

豪州新政権への期待感(炭素税廃止にむけて)で買われやすいです
当面の利下げがなさそう感もあり、買い戻されています
中国景気回復感があるのも買われている要素です

QE縮小懸念に伴う新興国通貨安の重荷は、いったんなくなりました。

現状は、米QE縮小観測は遠のいているので、豪ドルは、売られにくい。

中国が金融引き締めに動くんじゃないか噂で、豪ドルが大打撃を受けましたが
また、強さが復活してくるんじゃないかな?
中国株の動向に、豪ドルやドル円も注目しておきたい

31日09:30豪輸入物価指数&豪輸出物価指数
31日09:30豪住宅建設許可件数
31日09:30豪卸売物価指数(PPI)
1日10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
1日10:45HSBC中国製造業PMI改定値


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 ※当分、この方向な気がしています


「来週の狙い」

月末であり、月初でもあるので、動きそうですね

・ドル円
 96.0~99.0
 or96.55~98.5
 10/27ドル円日足チャート

・ユーロ円
 132.8~137.0
 
・豪ドル円
 91.8~95.0

・ユーロドル
 1.360~1.400

・豪ドルドル
 0.940~0.980
 0.95台前半が支えられれば強い
 
・ユーロ豪ドル
 1.410~1.480


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.270×1枚(10/23・19:35~)利確97.77ストップ96.85
 米ドル/円(L)97.069×1枚(10/25・15:00~)利確98.45ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


チャートはないのだろうか?
あたし、上方向にトレードするから
ドル円ではなく、円ドルのチャートがあったらやりやすいかも
ほら、ドルを売ってるんじゃなくて、円を買ってるんだったら・・・買うかも
なんちゃって
え~、なんとなく上をみて買う派なんです^^

本日は
08:30全国消費者物価指数(CPI)
17:00独Ifo企業景況感指数
21:30米耐久財受注額
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


重すぎる

10月25日(金)のFX取引

5.10日の買い・・・出遅れた。
寝坊しながらも、なんとかとった^^
・早朝時間(7:20~7:30)
 米ドル/円(L)97.364→97.414=+5pips×2枚
・東京時間(11:10~11:10)
 米ドル/円(L)97.327→97.377=+5pips×2枚


おなくなりポジ様
 米ドル/円(L)97.429×1枚(10/23・16:00~)利確98.85ストップ97.05
 ↑38.2pips
 米ドル/円(L)97.500×1枚(10/23・16:00~)利確98.15ストップ97.05
 ↑45.3pips
もっと、落ちると思ったけど・・・また、損切りした値で、ポジ持ち直している↓


・東京時間(15:00~15:00)
 米ドル/円(L)97.069→97.106=+3.7pips×1枚
・欧州時間(18:20~19:00)
 米ドル/円(L)97.140→97.240=+10pips×1枚
なんじゃこりゃ?


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.270×1枚(10/23・19:35~)利確97.77ストップ96.85
 米ドル/円(L)97.069×1枚(10/25・15:00~)利確98.45ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんでねん

10月24日(木)の株先物取引

米指標が無事?通過で買ってみた
 11月 14420円 買建 0.1枚(21:35) →14380円(22:45)
 -4000円
 下ひげみたいなのは?

意地はった( `ヘ´)
 11月 14420円 買建 0.1枚(23:50) →14445円(24:40)
 +2500円
NYダウに比べて、伸びが遅い。 眠くなった。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支
-79500円(手数料:-104円×52)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だから
エルぽゆう

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
21:30米新規失業保険申請件数

21:30米貿易収支
23:00米新築住宅販売件数
25日05:00マイクロソフト第1四半期(7-9月期)決算

トレードは一貫している(エルしかできにゃい)
中国が金融引き締めに動き出すかも噂でリスクオフ&豪ドル売りになってるから
今日の中国PMIには、過剰反応しそうだね

10月24日(木)のFX取引

・東京時間(9:10~9:10)
 豪ドル/円(L)93.916→93.958=+4.2pips×1枚

中国PMI後
・東京時間(10:45~10:55)
 豪ドル/円(L)93.805→93.886=+8.1pips×1枚

・東京時間(14:35~14:45)
 豪ドル/円(L)94.016→94.166=+15pips×1枚

・欧州時間(19:00~19:20)
 ユーロ/円(L)134.400→134.500=+10pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.429×1枚(10/23・16:00~)利確98.85ストップ97.05
 米ドル/円(L)97.500×1枚(10/23・16:00~)利確98.15ストップ97.05
 米ドル/円(L)97.270×1枚(10/23・19:35~)利確97.77ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんやねん
負ける

本日は
09:30豪消費者物価指数(CPI)
15:45仏企業景況感指数
21:30米輸入物価指数
22:00米住宅価格指数
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

トレードは一貫している
まっ やる気が失せてきましたが・・・
あとで、確認したら、急にリスクオフになったのは、中国が金融引き締めに動き出すかも噂らしいですな
豪ドル大打撃。

10月23日(水)のFX取引~ぱーと2~

・欧州時間(16:00~16:35)
 米ドル/円(L)97.429→97.534=+10.5pips×1枚

・NY時間(22:45~22:50)
 ユーロ/ドル(L)1.37783→1.37883=+10pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.429×1枚(10/23・16:00~)利確98.85ストップ97.05
 米ドル/円(L)97.500×1枚(10/23・16:00~)利確98.15ストップ97.05
 米ドル/円(L)97.270×1枚(10/23・19:35~)利確97.77ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんやねん

10月23日(水)の株先物取引

 11月 14775円 買建 0.1枚(9:00) →14630円(12:30)
 -14500円
なんやねん

 11月 14335円 買建 0.1枚(20:50) →14355円(22:10)
 +2000円
結局、チキるんです。
と、思ったら、また、下げてった。危ない!


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支
-76000円(手数料:-104円×50)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


気もする
トレードが。
お悩み、相談所にでも、いこうかしら
羽化前であることを願いたい。

本日は
09:30豪消費者物価指数(CPI)
15:45仏企業景況感指数
21:30米輸入物価指数
22:00米住宅価格指数
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

米雇用統計は、ネガティブサプライズで、ドル売り
だたし、QE継続感で、リスクオン
今日は?

10月23日(水)のFX取引

・早朝時間(6:25~7:20)
 米ドル/円(L)98.100→98.141=+4.1pips×1枚

・東京時間(10:30~12:30)
 豪ドル/ドル(L)0.97562→0.97259=-30.3pips×1枚
なんやねん


一夜にしておなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)97.993×1枚(10/22・21:40~)利確98.85ストップ97.4
 ↑-59.5pipsなんやねん



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


報告

本日は
21:30ステート・ストリート第3四半期決算
21:30米雇用統計
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数

10月22日(火)のFX取引~ぱーと2~

・NY時間(21:45~21:50)
 米ドル/円(L)98.082→98.184=+10.2pips×1枚

・NY時間(21:45~22:10)
 豪ドル/円(L)95.099→95.440=+34.1pips×1枚
・NY時間(21:45~22:00)
 豪ドル/円(L)95.117→95.217=+10pips×1枚
利確が早いっちゅうねんっ
さよなら、ユーロさんと豪ドルさん。
あたしは、上がらないドル円L専です。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.993×1枚(10/22・21:40~)利確98.85ストップ97.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


雇用統計待ち
といいつつ
ドル円、じわじわ買戻し
雇用統計で、ドル買いになると困るから、ドル売りポジを解消しているといったところか。

本日は
21:30ステート・ストリート第3四半期決算
21:30米雇用統計
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数

注目の米雇用統計。
雇用者数:予想18万人、前回16.9万人
失業率:予想7.3%、前回7.3%

今回の分だけで、QE縮小を決めるとは思えず、
上下どちらにせよ、行って来いになる可能性を秘めた感じに思える。
わからんけど。

10月22日(火)のFX取引

なんかが違う気がしてきた。
期待先行しすぎ(9月分だから政府機関閉鎖前だからという思惑が働いている)というか。
作戦変更。

利確ポジ様:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4
 ↑98.373にて(19:50)+54pips
 12日間、上下にもまれ、真ん中で決済したことになるね。

おなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)98.190×1枚(10/22・5:45~)利確98.55ストップ97.9
 ↑-29.2pips 雇用統計にて。
 なんてこったここで止まるか?
 いらん出費になってもうたわっ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さっ 競馬ね~
菊花賞でした。
むむっ 祐一にうまく乗られました
完敗。(-_-;)

さっ FXね~
専業トレーダーという部類にはいるのだろうか?
暇人だから
だったら・・・この成績は・・・やばい。。。

本日は
08:50日本貿易統計
09:30頃 黒田東彦日銀総裁、日銀支店長会議であいさつ
14:00日本景気動向指数改定値
15:00独生産者物価指数(PPI)
23:00米中古住宅販売件数

まだ、ドル売りが継続するのか?
わからん

10月21日(月)のFX取引

・早朝時間(7:20~8:55)
 米ドル/円(L)97.880→97.940=+6pips×1枚

・東京時間(15:30~15:35)
 米ドル/円(L)98.121→98.141=+2pips×1枚

・NY時間(20:15~20:35)
 米ドル/円(L)98.107→98.137=+3pips×1枚
・NY時間(21:00~21:30)
 米ドル/円(L)98.165→98.225=+6pips×1枚
きざみのりかっ
永谷園かっ。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さっ 競馬ね~
菊花賞です
3勝以上の関西馬7頭から、騎手の順に選びました。
◎⑱マジェスティハーツ(武豊さん)
○③エピファネイア(祐一は2着ね)
△④フルーキー(浜中くん)
△⑰ラストインパクト(川田くん)
祐一だとね、仕掛け処をしくる可能性がある
馬券は、複勝⑱300円、ワイド⑱-④100円、⑱-⑰100円。
今年のマイナス収支を一掃できるか?
問題は、圧倒的に外枠が不利なスタート位置ですね。

大体、毎週似たようなこと書いてますが、
興味のある方はどうぞ

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米財政問題解決期待でリスクオン
・債務上限2月7日まで、暫定予算1月15日までで決着
 問題先延ばし感&年内のQE縮小観測が遠のきドル売り

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としての話なのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
(↑やや自信なくなってきましたが)

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は14350-15000のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しては
10月SQ値は14350円
米財政問題に一応キリがついたので、底堅い展開になりそうです

21日08:50貿易統計
21日09:30頃 黒田東彦日銀総裁、日銀支店長会議であいさつ
21日14:00景気動向指数改定値
25日08:30全国消費者物価指数(CPI)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
が、QE縮小が意識されているせいか、最近は指標結果がやや悪いんですが。
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

いずれQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

縮小開始時期を探っている段階ですね(※ただし雇用情勢次第)
いまのところ、米予算のごたごたのおかげで、政府機関一部閉鎖があったため
10月縮小はなさそうとなってます
12月でさえも、なさそうとの見方になってます
新FRB議長イエレンさんになってからの3月以降との見方が増えているようです

QEが継続する感から、株高によるリスクオンになりやすいです。
企業決算内容がよければ、リスクオンになりやすいです。

21日23:00米中古住宅販売件数
22日21:30ステート・ストリート第3四半期決算
22日21:30米雇用統計
22日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
24日21:30米新規失業保険申請件数
24日23:00米新築住宅販売件数

25日05:00マイクロソフト第1四半期(7-9月期)決算
25日21:30米耐久財受注額
25日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています

今のユーロは、欧米株の動向で動いております

あっ 次の一応の注目が、第3次ギリシャ支援です
この交渉次第では、ユーロに動きがあるかもです。

このほかに、イタリア政局不安もあるので、リスクオンでは買われますが、やや上値は重いんだけどな~

21日15:00独生産者物価指数(PPI)
23日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
24日16:30独製造業PMI速報値
24日16:30独サービス部門PMI速報値
24日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
24日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

25日17:00独Ifo企業景況感指数


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます

豪州新政権への期待感(炭素税廃止にむけて)で買われやすいです
当面の利下げがなさそう感もあり、買い戻されています
中国景気回復感があるのも買われている要素です

QE縮小懸念に伴う新興国通貨安の重荷は、いったんなくなりました。

現状は、米QE縮小観測は遠のいているので、豪ドルは、売られにくい。

23日09:30豪消費者物価指数(CPI)
24日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 ※当分、この方向な気がしています


「来週の狙い」

年内、あとは、米QE縮小時期がいつなのかしか、相場の注目はないですね
やや、リスクオン方向をみながら
米雇用統計を中心に、指標に注目ですかね

・ドル円
 96.55~99.0
 直近のレンジ内かな?

・ユーロ円
 132.0~136.0
 
・豪ドル円
 92.0~96.0

・ユーロドル
 1.350~1.380

・豪ドルドル
 0.940~0.975
 
・ユーロ豪ドル
 1.385~1.435


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4

 ↑どっかでストップとられるでしょう。
 そしたら、また、拾います。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円、100円は、なかなか超えないのだろう
債務上限、2月7日に先送りという形。
個人的には、先送りという概念がなくて、負けてしまいました。
ドル円99.0で買った人は、いるのだろうか? 私以外に。。。
ドル売りにはなっているが、別に、リスクオフなわけではない。
安心感で米長期金利が低下した影響がデカイですね
年内のQE縮小観測がますます遠のいたとの見方か?

本日は
10:00豪スティーブンスRBA総裁講演
11:00中国国内総生産(GDP)
11:00中国鉱工業生産
11:00中国小売売上高

15:45頃 黒田東彦日銀総裁、講演
17:00ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
20:15モルガン・スタンレー第3四半期決算
21:00ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
22:30ゼネラル・エレクトリック(GE)第3四半期決算
23:00米景気先行指標総合指数
25:30タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
27:00エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
28:40ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
29:30スタインFRB理事、講演

米雇用統計は22日らしいですね
そこへ向けて、ドルが回復してくることを祈ります。

10月18日(金)のFX取引

・早朝時間(7:00~7:05)
 ユーロ/円(L)133.851→133.901=+5pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4


おやすみなさい



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


米財政問題
合意の兆しがみえてきた

本日は
06:30ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
07:45フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
17:00ユーロ圏経常収支
20:30ゴールドマン・サックス第3四半期決算
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米住宅着工件数&建設許可件数
22:15米鉱工業生産指数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
25:45エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
27:45コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演

なるか? ドル円99円台乗せ?

10月17日(木)のFX取引

・早朝時間(6:40~7:30)
 米ドル/円(L)98.789→98.849=+6pips×1枚
・東京時間(9:00~11:55)
 米ドル/円(L)99.001→98.549=-45.2pips×1枚
・東京時間(9:15~9:40)
 米ドル/円(L)98.913→98.779=-13.4pips×1枚
・東京時間(12:30~13:45)
 豪ドル/ドル(L)0.95428→0.95389=-3.9pips×1枚

利益確定売り、つまらん。


・欧州時間(16:20~16:30)
 ユーロ/ドル(L)1.35712→1.35962=+25pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4

 アホだからね、無心で追いかけてます。

おなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)98.728×1枚(10/16・22:55~)利確99.128ストップ98.55
 ↑-17.9pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


債務上限問題
ころころ、話が変わる
共和党は、2月までの債務上限引き上げを採決するらしい
だんだん、期間が伸びてきていることは、いいことではある。

本日は
08:15フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18:00ユーロ圏貿易収支
20:00バンク・オブ・アメリカ(BOA)第3四半期決算
21:30米消費者物価指数(CPI)
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
26:00メルシュ欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
26:30ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演
27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)
27:00ドラギECB総裁、講演
17日05:00IBM第3四半期決算

むつかしい。

10月16日(水)のFX取引

と、思ってたら、今日は採決しないらしい。
と、思ったら、上院で協議を再開するらしい。
どしましょ。

・早朝時間(8:45~8:55)
 米ドル/円(L)98.320→98.420=+10pips×1枚
利確・・・ミス。。。

じわじわ下げていくのを、おふとんかぶって遠くから眺めてた さぶいし。
キテルッ わしとしたことが 出遅れた。
・NY時間(21:20~21:55)
 米ドル/円(L)98.395→98.490=+9.5pips×1枚
欲張らないっす。
あっ ずるいっ 利確後、今日にも合意期待なんてニュース流れやがった。

逆指値で買いを入れてあったけど
・NY時間(22:55~)
 米ドル/円(L)98.728×1枚
・NY時間(23:05~23:15)
 米ドル/円(L)98.732→98.832=+10pips×1枚

25:10債務上限も、政府機関再開も合意ときたけど・・・値動き・・・止まったけど
「上院は」だからかぁ
内容は、債務上限2月7日まで、暫定予算1月15日。
ってことは、下院も通るとみた。
ポジ保持。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.55ストップ97.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


債務上限問題
なにも出てこないが、オバマ大統領の進展しているとの言葉を信じてか
ムードは楽観的。

本日は
09:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
10:00バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長、メキシコで講演
13:30日本鉱工業生産確報
15:00独輸入物価指数
15:45仏消費者物価指数(CPI)
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数

21:00シティ・グループ第3四半期決算
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
23:00ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、メキシコで講演
26:00プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
16日05:00インテル第3四半期決算

寝ている間に動いている、おいしいところがあるようになってきた。

ドル円99.1が見えてきた。
こりゃ、17日(正確には18日昼)まで、期待感で上げやすく
良い結果になっても、それほど上げずじまい
悪い結果になれば、そこが頂点。ってなりそうね。

10月15日(火)のFX取引

朝一ポチッとな
たっ たっ 高いよ~こわいよ~降りられないよ~
・早朝時間(6:10~16:00)
 米ドル/円(L)98.664→98.370=-29.4pips×1枚
増やしちゃったし。
・早朝時間(7:00~10:40)
 米ドル/円(L)98.673→98.450=-23.3pips×1枚
全然だし。 なんなの?
きれいにストップ刈りだし

・東京時間(9:30~10:00)
 豪ドル/ドル(L)0.95167→0.95271=+10.4pips×1枚


てめぇらこのやろう Fight!
・欧州時間(17:20~17:55)
 米ドル/円(L)98.444→98.514=+7pips×1枚
・欧州時間(17:20~18:10)
 米ドル/円(L)98.444→98.594=+15pips×1枚
てーー てーてー
元気です。


(ユーロ円が意外と落ちているので)
やや不安になってきた、収支的にも不安になってきた、
今日の東京時間に上げなかったのも、ものすごく不思議に思っているので、
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数 が予想より悪いのをみて
手動利確ポジ様:
 米ドル/円(L)98.006×1枚(10/10・21:55~)利確99.55ストップ97.55
 ↑98.510にて(21:30)+50.4pips


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確99.10ストップ97.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


マンボウっ

さっ 競馬ね~
秋華賞でした
あたしのひいき馬、メイショウマンボ
オークスにひきつづき、2冠達成!

春にもやってましたがぁ
う~~ マンボウっ マンボウっ と、1人踊りとさせていただきました。

専属騎手は、武幸四郎くん。
偉大な兄、武豊さまの弟
比べられたり、大変な時期もあったでしょう
でも、くさらずにここまで、頑張ってきたからこその今の輝きです
すばらしいです。

あっ ユタカさんが好きなんですけどね
幸四郎も好きになってきました。

本日は
体育の日の祝日で日本休場
09:30豪住宅ローン件数
10:30中国消費者物価指数(CPI)
10:30中国卸売物価指数(PPI)
18:00ユーロ圏鉱工業生産
米国(コロンブスデー)、債券市場が休場
香港(重陽節)、カナダ(感謝祭)、休場
ユーロ圏財務相会合

債務上限問題、あと1ッ歩のところが、まだ、詰め切れていない

週末にあった中国貿易収支の影響を受けて、豪ドル売り&リスク回避スタートですね

10月14日(月)のFX取引

窓埋め方向へ ポチッとな
・早朝時間(7:00~7:40)
 米ドル/円(L)98.255→98.305=+5pips×1枚
なんとなく8時前に逃げたい衝動。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確98.90ストップ97.4
 米ドル/円(L)98.006×1枚(10/10・21:55~)利確99.55ストップ97.55




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


さっ 競馬ね~
秋華賞です
◎⑯メイショウマンボ
○⑫エバーブロッサム
△③ティアーモ
馬券は、複勝⑯400円、ワイド⑯-⑫100円。
オークスそんまんまでよろしく馬券。

大体、毎週似たようなこと書いてますが、
興味のある方はどうぞ

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米債務上限引き上げ交渉(期限10月17日)の進展期待で、リスクオン

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としての話なのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
(↑やや自信なくなってきましたが)

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13700-14800のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しては
10月SQ値は14350円
安部成長戦略第2弾(カジノ法案etc)(10月15からの臨時国会)
今月末の中間期末決算にむけて買われやすいです
米財政問題にキリがついたら、9月高値更新に向けて上がっていきそうです
17日までに米財政問題で合意ができない場合は、ふたたび下がるでしょう
その場合13700円辺りが支えられるかどうか。

簡単な話、米財政問題さえうまくいけば、円安株高しかない状態です。

14日体育の日の祝日で休場
15日13:30鉱工業生産確報
18日15:45頃 黒田東彦日銀総裁、講演
18日16:30頃 岩田規久男日銀副総裁、講演


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
が、QE縮小が意識されているせいか、最近は指標結果がやや悪いんですが。
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

いずれQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(10月or12月※ただし雇用情勢次第)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

次期FRB議長がイエレンさんに決定しました
市場としては、イエレンさんはハト派であるため、QEが継続していくという思惑から、株高になっております。
ドルの上値が抑えられやすくなるのかもしれませんね

今の注目は、
9月30日に期限を迎え、米政府機関一部閉鎖の原因となった米暫定予算
10月17日に期限を迎える、米政府債務上限問題です。

だんだん共和党側が譲歩してきているようです
一番良いシナリオは、オバマ大統領に主張する、債務上限引き上げ期間1年以上で決着
&予算も合意での政府機関一部閉鎖の解除ですね
現在、共和党の主張している、債務上限6週間で合意してしまった場合は、
また11月末に債務上限問題になってしまうので、売り要因になってしまうでしょう。

米企業決算時期に入ってくるので、決算の内容次第ではリスクオンになりやすいところではあります。

15日10:00バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長、メキシコで講演
15日21:00シティ・グループ第3四半期決算
15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日23:00ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、メキシコで講演
16日05:00インテル第3四半期決算
16日20:00バンク・オブ・アメリカ(BOA)第3四半期決算

16日21:30米消費者物価指数(CPI)
16日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
16日27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)
17日05:00IBM第3四半期決算
17日20:30ゴールドマン・サックス第3四半期決算

17日21:30米新規失業保険申請件数
17日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
17日22:15米鉱工業生産指数
17日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
18日20:15モルガン・スタンレー第3四半期決算
18日22:30ゼネラル・エレクトリック(GE)第3四半期決算

18日23:00米景気先行指標総合指数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています

今のユーロは、欧米株の動向で動いております

あっ 次の一応の注目が、第3次ギリシャ支援です
この交渉次第では、ユーロに動きがあるかもです。

このほかに、イタリア政局不安もあるので、リスクオンでは買われますが、やや上値は重いかもしれません

14日18:00ユーロ圏鉱工業生産
14日ユーロ圏財務相会合
15日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
15日18:00独ZEW景況感指数

15日EU財務相理事会
16日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
16日18:00ユーロ圏貿易収支
16日27:00ドラギECB総裁、講演
17日17:00ユーロ圏経常収支


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます

豪州新政権への期待感(炭素税廃止にむけて)で買われやすいです
当面の利下げがなさそう感もあり、買い戻されています
中国景気回復期待があるのも買われている要素です

QE縮小懸念に伴う新興国通貨安の重荷は、いったんなくなりました。

ここからの伸びは遅い気がしていますが。
米QE縮小されると、豪ドルが売られる将来は待っていそうですから。

現状は、米QE縮小観測は遠のいているので、豪ドルは、売られにくい。

週末12日に発表された中国貿易収支があまりよろしくなかったので
週初は注意ですかね
週中も中国指標が多いので、そちらの影響を受けるでしょう。

14日09:30豪住宅ローン件数
14日10:30中国消費者物価指数(CPI)
14日10:30中国卸売物価指数(PPI)
15日09:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
18日11:00中国国内総生産(GDP)
18日11:00中国鉱工業生産
18日11:00中国小売売上高



豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 ※米財政問題が、良い方向へ進むことが前提です


「来週の狙い」

ひきつづき米財政問題に集中ですね
他、イベントが多いので、楽しそうな週ではあります

・ドル円
 96.8~100.0手前
 大きな三角保合いに入りました。上値は99.67が重要な値ですね
 10/12ドル円日足チャート

・ユーロ円
 131.5~135.0
 
・豪ドル円
 91.5~95.0

・ユーロドル
 1.335~1.375

・豪ドルドル
 0.925~0.965
 
・ユーロ豪ドル
 1.400~1.460


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確98.90ストップ97.1
 米ドル/円(L)98.006×1枚(10/10・21:55~)利確99.55ストップ97.55




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


まだ、米財政問題は・・・進展しているとの報道は聞こえてくる。
17日期限の債務上限は、合意が近いかもとも言われている。
が、盲信は禁物って感じでしょうか?

本日は
15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
15:45仏経常収支
20:00JPモルガン・チェース第3四半期決算
20:45バイトマン独連銀総裁、米国で講演
21:00ウェルズ・ファーゴ第3四半期決算
21:30米卸売物価指数(PPI)
21:30米小売売上高
21:30プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、米国で講演
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)
24:00パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
26:00ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
26:45クーレECB理事、講演
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、最終日)
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(ワシントン、13日まで)

イベントごとが・・・ままあるよ
日本が3連休前なんで、東京勢は利益確定を選ぶのか?どうか?

10月11日(金)のFX取引


手動利確ポジ様:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.7
 ↑98.151にて(8:15)+78.1pips
 朝の急落みて、怖くなったよ。
 寝起きに、心臓に悪いって。 アタフタ


・早朝時間(8:40~8:45)
 米ドル/円(S)98.135→98.186=-5.1pips×1枚
・早朝時間(8:55~9:00)
 米ドル/円(S)98.195→98.240=-4.5pips×1枚
妄想トレード、発動。

・東京時間(10:10~10:25)
 米ドル/円(L)98.293→98.343=+5pips×1枚
・東京時間(10:10~10:40)
 ユーロ/円(L)132.991→133.125=+13.4pips×1枚

・東京時間(11:25~14:10)
 米ドル/円(L)98.504→98.380=-12.4pips×1枚
・東京時間(11:30~12:45)
 米ドル/円(L)98.507→98.482=-2.5pips×1枚
高値追い、、、やってまぅ。。。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確98.90ストップ97.1
 米ドル/円(L)98.006×1枚(10/10・21:55~)利確99.55ストップ97.55

 ↑おすすめしているわけではありません。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ちょこちょこ、米財政問題は・・・進展しているとの報道は聞こえてくる。
17日ギリギリまでに、解決するのだろうか?

本日は
07:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、米国で講演
08:50日本機械受注
09:30豪雇用統計
15:45仏鉱工業生産指数
20:45黒田東彦日銀総裁、米国で講演
21:30米新規失業保険申請件数
22:45ブラード米セントルイス連銀総、講演
26:00米財務省、30年債(130億ドル)入札
26:45タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
27:30ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
28:00アスムッセンECB理事、米国で講演
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、11日まで)

イベントごとが・・・ままある

10月10日(木)のFX取引

・早朝時間(8:00~8:30)
 米ドル/円(L)97.505→97.520=+1.5pips×1枚
・早朝時間~東京時間(8:05~10:10)
 米ドル/円(L)97.510→97.594=+8.4pips×1枚

・東京時間(9:15~11:50)
 ユーロ/円(L)131.855→131.789=-6.6pips×1枚
ka刈りとられた。

・欧州時間(17:20~17:45
 10/10ユーロ円5分足チャート
 ユーロ/円(L)132.013→132.313=+30pips×1枚

・NY時間(21:50~21:55)
 米ドル/円(L)97.885→97.985=+10pips×1枚
・NY時間(21:50~22:10)
 米ドル/円(L)97.885→98.056=+17.1pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.7
 米ドル/円(L)97.833×1枚(10/10・17:45~)利確98.90ストップ97.1

 ↑逆指値にかかり、追加。
 米ドル/円(L)98.006×1枚(10/10・21:55~)利確99.55ストップ97.55
 ↑さらに追加。
 ↑おすすめしているわけではありません。
 17日までに解決されたら・・・追加ロングの予定、、、では、なくなった。(追加しすぎた
 (98.10-20を超えたら、もとの上昇トレンドに戻れるか?)
 10/10ドル円日足チャート


お? 後になって思ったけど・・・
ユーロ円L利確と、ドル円L追加のタイミングが一緒って。。。
アホかも ボク( ´艸`)ムププッ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


困った

まだ、米財政問題は・・・進展なし。
17日ギリギリまでは、期待しない方がいいのだろうか?

同じこと書いたった

本日は
08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(9月4-5日分)
19:00独鉱工業生産
23:00エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
26:45クーレ欧州中央銀行(ECB)理事、講演
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(9月17日-18日分)

イベントごとが・・・ある
FOMC議事録は、QE縮小濃厚とされていたのに、QE縮小されなかったときの分だね
動きはありそうだ。

10月9日(水)のFX取引

・早朝時間(7:20~7:35)
 米ドル/円(L)96.925→96.931=+0.6pips×1枚
・早朝時間(8:05~8:15)
 米ドル/円(S)96.838→96.880=-4.2pips×1枚
・東京時間(9:20~9:25)
 米ドル/円(L)96.982→97.092=+11pips×1枚
異常に伸びてったけど、米財政問題解決期待なんだね
まだ、期待。

・東京時間(12:30~12:45)
 豪ドル/円(L)91.808→91.842=+3.4pips×1枚
チキントレーダー再発!

・東京時間(14:35~15:05)
 ユーロ/円(L)132.112→132.000=-11.2pips×1枚

・欧州時間(15:50~16:05)
10/9ユーロ円15分足チャート 10/9ユーロ円5分足チャート
 ユーロ/円(S)131.964→131.764=+20pips×1枚
やられ、やり返され、、、んんん?なんかおかしい。
やられたから、やり返した。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.5

 ↑おすすめしているわけではありません。
 米財政問題が終わるまでは・・・戻り売り推奨。
 17日までに解決されちゃったら・・・追加ロングの予定。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


困った

まだ、米財政問題は・・・進展なし。
17日ギリギリまでは、期待しない方がいいのだろうか?

また、はじまった
NYタイム最後に落ちてくるパターン。

本日は
08:50日本国際収支速報
09:30豪NAB企業景況感指数
15:00独貿易収支
15:45仏貿易収支
19:00独製造業新規受注
21:30米貿易収支
24:00バイトマン独連銀総裁、講演
25:25ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演
25:30プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
26:00米財務省、3年債(300億ドル)入札
9日05:00~アルコア第3四半期決算

イベントごとが・・・細かい

10月8日(火)のFX取引

・早朝時間~東京時間(7:20~13:50)
 米ドル/円(L)96.650→97.074=+42.4pips×1枚
・東京時間(9:10~9:30)
 豪ドル/円(L)91.301→91.401=+10pips×1枚
・東京時間(10:30~10:50)
 米ドル/円(L)96.785→96.833=+4.8pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.5

 ↑おすすめしているわけではありません。
 米財政問題が終わるまでは・・・戻り売り推奨。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


タイトルどーしようか、困った

とりあえず、米財政問題は・・・進展なし。

本日は
18:30アスムッセン欧州中央銀行(ECB)理事、講演
20:15プラートECB専務理事、講演
オーストラリア(レイバーデー)、中国(国慶節)、休場

イベントごとが・・・なにもない
しかも、月曜。
ポジション調整に終始するか?米財政問題の不安感をさらに織り込むのか?
動かないのか?
わかりにくい

思うところがあり、久しぶりにコラムを追加しました
なぜ?動く?ドル円
どぞ。

10月7日(月)のFX取引

・東京時間(9:00~9:10)
 米ドル/円(S)97.280→97.220=+6pips×2枚

・NY時間(23:05~23:15)
 豪ドル/円(L)91.305→91.455=+15pips×1枚


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.5

 ↑おすすめしているわけではありません。
 米財政問題が終わるまでは・・・



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


大体、毎週似たようなこと書いてますが、
興味のある方はどうぞ

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米暫定予算(期限9月30日)不合意で米政府機関一部閉鎖
&米債務上限引き上げ交渉(期限10月18日)の難航でドル売り&リスク回避

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としての話なのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13600-14500のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。
 オリンピックが東京に決定したので、買うしかなくなってきました。

来週に関しては
9月SQ値は14320円
安部成長戦略第2弾(カジノ法案etc)(10月中旬の臨時国会あたり)に向けて、
中間期末決算にむけて買われやすいハズのところ
米財政問題があるので、リスク回避の売りに押されやすいでしょう
下値は13600円辺りだと思いますが。
押し目買いしたい人も多いでしょう。
米財政問題にキリがついたら、9月高値更新に向けて上がっていきそうですが・・・

8日08:50国際収支速報
9日08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(9月4-5日分)
10日08:50機械受注
10日20:45黒田東彦日銀総裁、米国で講演


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
が、QE縮小が意識されているせいか、最近は指標結果がやや悪いんですが。
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(10月or12月※ただし雇用情勢次第)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

今の注目は、
9月30日に期限を迎え、米政府機関一部閉鎖の原因となった米暫定予算
10月17日に期限を迎える、米政府債務上限問題です。

どう上院と下院で合意していくかは、まだ不透明(どちらも引くわけにいかず厳しいようです)なので
ドル売り&リスク回避になりやすいでしょう
個人的には不安で売られてきたところは、もちろん買いでいきます!
まだ信じてますが?オバマさん! Yes We Can!!

米企業決算時期に入ってくるので、ホントは買われやすいんですが・・・

8日21:30米貿易収支
9日05:00アルコア第3四半期決算
9日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(9月17日-18日分)
10日21:30米新規失業保険申請件数
10日20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、11日まで)
11日20:00JPモルガン・チェース第3四半期決算
11日21:00ウェルズ・ファーゴ第3四半期決算

11日21:30米卸売物価指数(PPI)
11日21:30米小売売上高
11日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)

11日国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(ワシントン、13日まで)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています

今のユーロは、欧米株の動向で動いております

あっ 次の一応の注目が、第3次ギリシャ支援です
この交渉次第では、ユーロに動きがあるかもです。

8日15:00独貿易収支
8日15:45仏貿易収支
8日19:00独製造業新規受注
8日24:00バイトマン独連銀総裁、講演
9日19:00独鉱工業生産
10日07:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、米国で講演
10日15:45仏鉱工業生産指数
11日15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
11日15:45仏経常収支
11日20:45バイトマン独連銀総裁、米国で講演
11日21:30プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、米国で講演


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます

豪州新政権への期待感(炭素税廃止にむけて)で買われやすいです
当面の利下げがなさそう感もあり、買い戻されています
中国景気回復期待があるのも買われている要素です

QE縮小懸念に伴う新興国通貨安の重荷は、いったんなくなりました。

ここからの伸びは遅い気がしていますが。
米QE縮小されると、豪ドルが売られる将来は待っていそうですから。

米財政問題が延びれば延びるほど、リスク回避の売りはあれど、米QE縮小観測は遠のいていくので
豪ドルは、売られにくい。

8日09:30豪NAB企業景況感指数
10日09:30豪雇用統計


円≧豪ドル≧ユーロ≧米ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです
 ※米財政問題が、一転解決or解決の糸口が見えてきたら、逆方向になります


「来週の狙い」

米財政問題だけですね
週明けは、窓が開いてそうですね。(下に)

・ドル円
 10/5ドル円日足チャート
 95.0~99.0
 97円辺りの国内輸入と公的年金の買いを下抜けた場合
 95.8辺りが一旦支えられるか?

・ユーロ円
 130.0~135.0
 
・豪ドル円
 90.0~93.0

・ユーロドル
 1.330~1.375

・豪ドルドル
 0.925~0.965
 
・ユーロ豪ドル
 1.415~1.480


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


らしい

知ってます

いつまで、どこまで、織り込むかは、知りません

本日は
未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
15:00独卸売物価指数(PPI)
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
21:30フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
21:30米雇用統計←延期になったんだね。
22:15ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
22:30スタインFRB理事、講演
26:45コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演

で、わしのポジは後手後手に回っているので
利益が回っていかない状態。

日銀会合は、無風通過が大半の予想ですね
黒田会見では、なにか動きがあるかもしれません。

10月4日(金)のFX取引


おなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)99.350×1枚(9/9・20:30~)利確99.95ストップ97.0
 ↑-235pips

損切りポジ様:
 米ドル/円(L)99.050×1枚(9/23・16:00~)利確99.55ストップ96.7
 ↑-180pips(7:50)97.25にて。
 軟膏というお薬塗っときます


5.10日の買いがきたね
・東京時間(9:05~9:15)
 米ドル/円(L)97.309→97.359=+5pips×1枚
・東京時間(9:05~9:30)
 米ドル/円(L)97.309→97.309=+0pips×1枚
建値ストップ


保有ポジ:
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.4




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


やや底堅い米株
と見せかけて、まだ下がるのだろうか。
もう、すでに、10月17日期限の米債務上限問題のほうに注目がいっているようですね。
残り、あと、2週間。

わたしは、徹底ロング派なので、なかなか出番が、訪れない
ドル円?1mmも売る気はありませんから~
あっ 債務上限に決着がつくまでは・・・戻り売り推奨しますが。

本日は
16:55独サービス部門PMI改定値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:30英サービス部門PMI
18:00ユーロ圏小売売上高
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米製造業新規受注
23:00米ISM非製造業指数
24:00ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
25:30フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
26:00ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
26:30パウエルFRB理事、講演

10月3日(木)のFX取引

前日同様の動きを想定していた
日本株が上へ抜けそうなところでインっ
・東京時間(9:00~9:15)
 米ドル/円(L)97.364→97.296=-6.8pips×1枚
日本株が前日終値を抜けなかった。
OCO入れて、10:00手前まで待つつもりだったけど、妄想トレードは・・・失敗する。

あっ なんかきた!
日本株がちょい抜けたところでインっ
FXチャートだけみてりゃ、もう10p下が入りどころだが
エントリーが遅いのは・・・日本株の上抜けを同時にみてるから
1度負けているだけに慎重。
10/3ドル円5分足チャート 10/3ドル円1分足チャート
・東京時間(10:10~10:20)
 米ドル/円(L)97.508→97.580=+7.2pips×1枚
・東京時間(10:10~10:45)
 米ドル/円(L)97.508→97.641=+13.3pips×1枚
2枚エントリー、分割決済。
結局、ブレイクを小幅にとるのが、1番勝ちやすいって。


保有ポジ:
 米ドル/円(L)99.350×1枚(9/9・20:30~)利確99.95ストップ97.0
 米ドル/円(L)99.050×1枚(9/23・16:00~)利確99.55ストップ96.7
 米ドル/円(L)97.370×1枚(10/3・25:00~)利確98.40ストップ96.4

 98円乗せは、サプライズがないとむつかしそうだ。


追記-----
良い結果になるかもしれない米指標がある時は
19:30頃ドル円が一旦底をつくってパターン
その下にストップいれて、NY勢参入を待つ
・NY時間(19:50~20:50)
 米ドル/円(L)97.701→97.732=+3.1pips×1枚
・NY時間(19:50~21:00)
 米ドル/円(L)97.701→97.638=-6.3pips×1枚
妄想トレード。Ⅱ。
なんか、今日は相性が悪い。
刈られちゃった。
まっ チャートの形が悪かったんですけどね フン
こんなときは、指標をみても、入る気がしない。
東京勢の単独行動を、海外勢は、嫌う節がある。

アイタタッ ISM指数が崩れるとは・・・思ってもなかった。。。
コレと明日の日銀会合が支えで、保有のドル円を明日朝損切り予定だったんだが・・・
結果論では、今日の高いところだったね
もうどうしようもない
明日の朝まで、生き残ってたら、手動損切りの予定に変わりはないです



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1092)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: