なので

本日は
08:30日本完全失業率
08:30全国消費者物価指数(CPI)
08:50日本鉱工業生産速報
16:00独小売売上高指数
19:00ユーロ圏失業率
19:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値

22:30米GDP(改定値)
23:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
23:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)
24:00米住宅販売保留指数

追い過ぎは?

2月28日(金)のFX取引


 豪ドル/円(L)91.269×1枚(2/27・23:10~)
 ↑+3.1pips(10:00)91.30にて。
 めんどくさいのね 切っちゃった。

ちょと、出かけるので、ノートレかもしれない。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


相場の動きがだいぶ適当になってきたな

トレード結果しか、書くことがなくなってきた。

本日は
09:30豪民間設備投資
17:55独雇用統計
22:00独消費者物価指数(CPI)速報値

22:00バイトマン独連銀総裁、講演
22:30米新規失業保険申請件数
22:30米耐久財受注額

24:00イエレンFRB議長、上院銀行委員会で証言
27:30ドラギECB総裁、講演

ユーロが動き出すか?
すでに、動いているけども?
その割に、なぜ?ユーロ/豪ドルのペアが動かんのか?不思議に思っている。

2月27日(木)のFX取引

豪ドルが苦しいな。こんなにつらい感じだとは、思わなんだ。

おなくなりポジ様:
 豪ドル/円(L)91.693×1枚(2/26・25:15~)利確92.193ストップ91.58
 ↑-15pips
 豪ドル/円(L)91.796×1枚(2/27・6:45~)利確92.046ストップ91.58
 ↑-25.3pips

・東京時間(9:40~)
 豪ドル/円(L)91.340×1枚 ストップ91.24
 ↑-10pips
・東京時間(10:20~11:00)
 豪ドル/円(L)91.387→91.487=+10pips×1枚
あっ いかん せっかく拾ったのに、利確が早すぎた。。。

are? 独指標うんぬん以前に、なにか相場がおかしい。

買い下がり。。。
・欧州時間(20:10~20:45)
 豪ドル/円(L)90.859→91.009=+15pips×1枚
・欧州時間~NY時間(20:10~25:10)
 豪ドル/円(L)90.859→91.559=+70pips×1枚

買い上がり^^
・NY時間(22:30~22:35)
 豪ドル/円(L)90.048→91.148=+10pips×1枚
・NY時間(22:45~22:50)
 豪ドル/円(L)91.130→91.300=+17pips×1枚
・NY時間(23:20~)
 豪ドル/円(L)91.269×1枚 利確92.169ストップ91.05

まけてもいい。
意地だけ。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんだよ

2月26日(水)の株先物取引

 2月 14965円 買建 0.1枚(24:10) →14925円(24:50)
 -4000円

 2月 14945円 買建 0.1枚(25:10) →14970円(25:25)
 +2500円

う~ん よくみたら、一人で行って来いしてる
いやね~ 25:00フィキシングには気をつけたほうがいいことわかってんだけどね
よくこの失敗やるんだよね この時間。。。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 また、利確を逃しそうな銘柄があるのだが、利確目標まではまだ粘る。。。
 


----------
日経225先物収支 2014年
+7000円(手数料:-104円×5)
 2013年
-83000円(手数料:-104円×59)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


上試し、下試し

今日は、下に見えるが・・・

本日は
16:00独消費者信頼感指数
24:00米新築住宅販売件数

月末だから
それぞれの通貨に、それぞれの時間帯によって需給もあるね

2月26日(水)のFX取引

前日NY時間~本日早朝時間(0:00~8:20)
 米ドル/円(L)102.053→102.223=+17pips×1枚

東京仲値102.18


無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)102.164×1枚(2/25・24:50~)利確102.364ストップ101.95
 ↑+20pips

スワップお試し買い
・NY時間(25:15~)
 豪ドル/円(L)91.693×1枚 ストップ91.58
ありゃ? ドル円でした??



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんか、きのうの相場は、びくりした
豪ドルめ~
いろんな通貨が気迷い

本日は
16:00独国内総生産(GDP)改定値
23:00米住宅価格指数
23:00米ケース・シラー住宅価格指数
24:00米消費者信頼感指数
24:00米リッチモンド連銀製造業景気指数

株価が底堅いのは、継続している。

2月25日(火)のFX取引

東京仲値102.55

・東京時間(12:30~13:40)
 米ドル/円(L)102.550→102.600=+5pips×1枚


おなくなりポジ様:
 米ドル/円(L)102.450×1枚(2/24・25:35~)利確102.70ストップ102.27
 ↑-18pips
なんなんだよ

単細胞だからね エルコレクション
・欧州時間(17:40~18:20)
 ユーロ/円(L)140.706→140.816=+11pips×1枚
・欧州時間(17:40~23:00)
 米ドル/円(L)102.320→102.320=+0pips×1枚
・欧州時間(19:45~20:00)
 豪ドル/円(L)92.385→92.485=+10pips×1枚

・NY時間(22:15~23:45)
 米ドル/円(L)102.259→102.259=+0pips×1枚
・NY時間(22:15~23:55)
 米ドル/円(L)102.259→102.122=-13.7pips×1枚

・NY時間(24:00~)
 米ドル/円(L)102.053×1枚
・NY時間(24:45~25:10)
 ユーロ/円(L)140.287→140.487=+20pips×1枚
・NY時間(24:50~)
 米ドル/円(L)102.164×1枚

寝ても、だいじょうぶかな?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ウクライナがなんかもめてたんですね
問題視されるか?

G20にて、世界成長目標が引き上げられたんですね

本日は
18:00独Ifo企業景況感指数
19:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値

どっちすか?

2月24日(月)のFX取引

東京仲値102.59

・欧州時間(17:40~18:00)
 ユーロ/円(L)140.768→140.968=+20pips×1枚

・NY時間(20:40~21:10)
 米ドル/円(L)102.404→102.504=+10pips×1枚
・NY時間(20:40~24:00)
 米ドル/円(L)102.404→102.604=+20pips×1枚

豪ドルLだったか。。。
ここで来るとは、思わなんだ
ホント、むつかしいな

・NY時間(25:35~26:45)
 米ドル/円(L)102.450→102.550=+10pips×1枚
・NY時間(25:35~)
 米ドル/円(L)102.450×1枚 利確102.65ストップ102.27



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


暇人のくせに
なんとなく忙しいこの頃です

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

というか、毎週似たようなこと書いてます。

今週の振り返り

・日銀会合で成長基盤の融資強化(質的緩和)により、円売り
・中国PMIが予想より悪でリスク回避
・世界的には、悪材料出尽くし感で、株高傾向

日銀による質的緩和、3月ECB理事会にてユーロ利下げ&追加緩和の思惑があり
世界的に株価が崩れにくいことが確認された週となりました。
日本株は、14500円以下は割安であると、再認識した週となりました。

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです
個人的には、2014年前半107-108円台の可能性は、一応まだ残っていると思っていますが・・・
日銀が追加緩和に動かないことには、いかないかもしれません。

中長期トレンドは株高。
順調にいけば、2014前半、17000~18000円の予定でしたが
ちょっと、順調さを欠いてきました。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年半ば以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第&中国指標となりそうです
今の円は、株価(日本株)の動向に左右されています
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14400-15400のレンジにおります
2月SQ値は14535円
そろそろ、ヘッジファンドの売りも収まってきました。
14900-15000の壁を突破できるか?注目です。
2月に入って、ドル円・クロス円&日本株は週を追うごとに、下値を切り上げてきております。
25日線を捉えております。
また、3月配当取りもそろそろ意識されるため、下値は堅そうです。

・NISAへの株投資資金
・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)会議の影響
・国内輸入企業が、ドル円を買い遅れている点
・いずれ日銀追加緩和が行われる感
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買い有効は変わりないです

ただし、3月期末決算に向けた、レパトリがあり、ドル円・クロス円の上値も重いです。

28日08:30完全失業率
28日08:30全国消費者物価指数(CPI)
28日08:50鉱工業生産速報


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い
サイキン、悪い指標も散見されますが、根っこの部分は、景気回復傾向は変わらないです。

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%~6.5%で停止、
段階的に縮小し、2014年内に停止しそう。
利上げについては、失業率6.5%を大きく下回り&インフレ率2.0%以上で検討との道筋

米株は、やや底堅いんじゃないでしょうか?

米指標は悪くとも、すべて寒波の影響だと片づけられます
良い指標に反応しやすいでしょう。

25日23:00米住宅価格指数
25日23:00米ケース・シラー住宅価格指数
25日24:00米消費者信頼感指数
25日24:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
26日24:00米新築住宅販売件数
27日24:00イエレンFRB議長、上院銀行委員会で証言
28日22:30米国内総生産(GDP)改定値
28日23:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
28日23:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)
28日24:00米住宅販売保留指数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株も、やや底堅いんじゃないでしょうか?

追加緩和=マイナス金利導入or長期資金供給オペ(LTRO)第3弾の導入
の可能性はまだありそうです
前回CPI=0.7%でユーロ利下げしました
現在CPI=0.7%にまたなっています。
失業率=12.0%でやや改善

GDPが良好なため、追加緩和の可能性は、よくわからないです
来週、失業率とCPIの指標があるので、注目が大きいでしょう

よ~くユーロの動きを観察してみると、
新興国通貨安は、ユーロに優位に働いております
新興国からの資金は、ユーロに1番集まってくるようにも見えます。

リスクオンのユーロ買いと、追加緩和の思惑によりユーロの上値が抑えられる感との戦い的な感じ。

24日18:00独Ifo企業景況感指数
27日17:55独雇用統計
27日22:00独消費者物価指数(CPI)速報値
27日27:30ドラギECB総裁、講演
28日19:00ユーロ圏失業率
28日19:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値



豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました
雇用はやや悪めです
中期的なダウントレンドは終了してきた感があります。

中国株の動向で動く部分もあります
2000やや上でのもみもみから、2100を突破後、2100を保っております
思っている以上に、底堅いです。

今後の利下げ観測の後退&豪ドルレートは高い言文の削除
から
豪ドル買戻しがもう少し続きそうですね
どうやら、RBAは、豪ドルドル0.9以下がいいと考えているようですね
RBAは、まだ、豪ドルレートは下がると言っておりますが・・・
米QE縮小に伴う、ドル高に期待しているのでしょう。

個人的には
ここまで進んだ豪ドル安の恩恵を受けて、貿易黒字化の方に
そろそろ意識が行きそうなので、豪ドルは強くなるだろうと思ってます。

27日09:30豪民間設備投資


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

ドル円・クロス円の押し目買いで。

・ドル円
 101.60~103.5
 日足、一応意味のあると思われるトレンドラインを引いてあります。
 2/22ドル円日足チャート

・ユーロ円
 138.8~142.5
 2/22ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 91.0~93.5
 2/22豪ドル円日足チャート

ユーロや豪ドルが面白い位置にいるので、対ドルのチャートもなんとなく。
・ユーロドル
 1.360~1.385
 2/22ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.885~0.915
 2/22豪ドルドル日足チャート
 
・ユーロ豪ドル
 1.500~1.550


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんとなくみてた

跳ねた
乗った

後で、確認したら、イタリア格付けを引き上げるかも報道だった。
ユーロ円買えばよかった。。。

2月20日(木)の株先物取引

 2月 14495円 買建 0.1枚(22:55) →14525円(23:05)
 +3000円


ついでに、翌日分も記載
2月21日(金)の現物株取引
 ホンダ(100株)3695円(9:05)→3705円(9:45)
  +1000円
 利確ミス&為替のほうが・・・伸びた。。。

本日、金曜は用事があるため、ノートレの予定。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支 2014年
+8500円(手数料:-104円×3)
 2013年
-83000円(手数料:-104円×59)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


世界の株価が、気迷い気分で・・・
なにがどうって、決め手がない

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想:49.5→結果:48.3
17:00仏製造業PMI速報値
17:00仏サービス部門PMI速報値
17:30独製造業PMI速報値
17:30独サービス部門PMI速報値
18:00ユーロ圏製造業PMI速報値
18:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

22:30米消費者物価指数(CPI)
22:30米新規失業保険申請件数
24:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

24:00米景気先行指標総合指数
24:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

中国PMIが注目か?

2月20日(木)のFX取引

東京仲値102.27

・東京時間(10:45~10:55)
 ユーロ/円(S)140.276→140.076=+20pips×1枚

・NY時間(22:30~22:35)
 米ドル/円(L)102.045→102.145=+10pips×1枚
・NY時間(22:45~23:20)
 米ドル/円(L)102.076→102.276=+20pips×1枚

チマチマとやっていくことにしました。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ますますよくわからん
からね~

本日は
18:30英雇用統計
19:00ユーロ圏建設支出
22:30米住宅着工件数&建設許可件数
22:30米卸売物価指数(PPI)
28:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月28日-29日分)

なにがどうなの?

2月19日(水)のFX取引

東京仲値102.31

窓埋めのようなトレード
・欧州時間(15:00~15:40)
 豪ドル/円(L)92.160→92.310=+15pips×1枚
続き?
・NY時間(24:00~24:30)
 豪ドル/円(L)92.315→92.415=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


上げてきたな~
本来の姿なのか?ただの期待なのか?

いかん
サイキン、寝る時間が極端に長い。
あと
今の相場がホントよくわからん。

本日は
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

19:00ユーロ圏ZEW景況感指数
19:00独ZEW景況感指数

22:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
24:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
欧州連合(EU)財務相理事会

あれっ 豪議事録があったらしく、豪ドルがのびてるな~

2月18日(火)のFX取引

東京仲値102.18

あかん 予定のポジが持てず。

失望・・・
・東京時間(12:30~12:35)
 ユーロ/円(S)139.710→139.928=-21.8pips×1枚
じゃない
黒田砲とは別のなにかをやった

逆指しロングにかかってます。
・東京時間(12:35~12:40)
 米ドル/円(L)102.234→102.334=+10pips×1枚
・東京時間(12:35~)
 米ドル/円(L)102.234×1枚 利確103.034ストップ102.24
 ↑建値ストップじゃとられるかな?
・東京時間(12:35~12:40)
 ユーロ/円(L)139.860→140.260=+40pips×1枚
・東京時間(12:35~13:40)
 ユーロ/円(L)139.860→140.610=+75pips×1枚

やかん
翌日に、ドル円ストップとられてた。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


サイキン、地獄少女のコミックを読むのにハマってます。

起きたら、ドル円・クロス円が下げてる
寝坊気味だな

本日は
08:50実質国内総生産(GDP)速報値
13:30鉱工業生産確報
ユーロ圏財務相会合
米国プレジデンツデーで休場

アメリカ休場で動きにくいか?

2月17日(月)のFX取引

・欧州時間(15:10~15:45)
 ユーロ/円(L)139.300→139.350=+5pips×1枚
ムリせず。

あ゛っ 伸びてった。
日本GDPが悪かったことで、逆に、日銀追加緩和期待になってしまったようだ。
明日は、ショート持ちにしておいたほうが、いいんじゃね?
黒田砲・・・まだないって。
万が一、追加緩和が決定されたら、青天井に上がっていくので、
その場合は、いっぺん損切りで死んでみて~夢ロングとなる。

うん シナリオができてきた。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


15日土曜日
名古屋FX会の定例オフ会にいってきました
みなさま、今回もお世話になりました^^

あっ オフ会記事?サボってしまいました
と、宣言。m(_ _)m

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

というか、先週と同じようなことしか書いてません。

今週の振り返り

・アベノミクス催促売りで、日本株、ドル円に売り
・米債務上限を2015年3月15日まで引き伸ばし決定で、米株中心にリスクオン

という展開でした

日本株が、個人の買いと、海外勢の売りとが均衡してきました
まだ上下しそうですがね
海外勢が買いに出てきたら、上がるしかなくなるのでしょう
そんな、きっかけ待ちなんですが、そのきっかけがない状態であります。


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです
個人的には、2014年前半107-108円台の可能性は、一応まだ残っていると思っていますが・・・
日銀が追加緩和に動かないことには、いかないかもしれません。

中長期トレンドは株高。
順調にいけば、2014前半、17000~18000円の予定でしたが
ちょっと、順調さを欠いてきました。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年半ば以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第&中国指標となりそうです
今の円は、株価(日本株)の動向に左右されています
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14000-14800のレンジにおります
9月~10月頃のレンジに戻っただけですね
2月SQ値は14535円
年初からヘッジファンドの利益確定売りがまだ入るのか?
むつかしいところですな
指数的には、あまり上がらないかもしれません
アベノミクス本命をされていた、不動産・金融株が弱いです
ただ、好決算や高配当な個別株は上がりやすいんじゃないでしょうか?

個人的には、日本株&ドル円は、ここから下は中長期的には安値にあたいする値頃だと思っております。
2013年のドル円97.6がそうであったように、2014年はドル円102.15なんじゃないかと・・・

・NISAへの株投資資金
・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)会議の影響
・国内輸入企業が、ドル円を買い遅れている点
・いずれ日銀追加緩和が行われる感
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買い有効は変わりないです

ただし、3月期末決算に向けた、レパトリがあり、ドル円・クロス円の上値も重いです。

あっ 日銀会合がありますね
今回もなにもないでしょう
若干、追加緩和に期待している向きもあるようなので、若干、ドル円・クロス円に失望売りが出そうな気がしています。
万が一、追加緩和が決定されたら、サプライズとなり、ドル円・クロス円が跳ね上がることになるのですが・・・
期待薄だと思ってます。

17日08:50実質国内総生産(GDP)速報値
17日13:30鉱工業生産確報
18日未定未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
18日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
20日08:50日本貿易統計


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い
サイキン、悪い指標も散見されますが、根っこの部分は、景気回復傾向は変わらないです。

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%~6.5%で停止、
段階的に縮小し、2014年内に停止しそう。
利上げについては、失業率6.5%を大きく下回り&インフレ率2.0%以上で検討との道筋

米株は、やや底堅いんじゃないでしょうか?

17日プレジデンツデーで休場
18日22:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
18日24:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
19日22:30米住宅着工件数&建設許可件数
19日22:30米卸売物価指数(PPI)
20日22:30米消費者物価指数(CPI)
20日22:30米新規失業保険申請件数
20日24:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
20日24:00米景気先行指標総合指数
21日24:00米中古住宅販売件数
22日20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(シドニー、23日まで)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株も、やや底堅いんじゃないでしょうか?

追加緩和=マイナス金利導入or長期資金供給オペ(LTRO)第3弾の導入
の可能性はまだありそうです
前回CPI=0.7%でユーロ利下げしました
現在CPI=0.7%にまたなっています。
失業率=12.0%でやや改善

今週発表のGDPを見てから、3月のECB理事会での利下げor追加緩和
を考えているらしいです。
GDPが良好だったので、とりあえず、欧州株&ユーロは底堅いんじゃないでしょうか?
来週発表もユーロ指標があるので、やや注目かな?

よ~くユーロの動きを観察してみると、
新興国通貨安は、ユーロに優位に働いております
新興国からの資金は、ユーロに1番集まってくるようにも見えます。

18日19:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18日19:00独ZEW景況感指数

18日欧州連合(EU)財務相理事会
19日19:00ユーロ圏建設支出
20日17:00仏製造業PMI速報値
20日17:00仏サービス部門PMI速報値
20日17:30独製造業PMI速報値
20日17:30独サービス部門PMI速報値
20日18:00ユーロ圏製造業PMI速報値
20日18:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値



豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました
雇用はやや悪めです
中期的なダウントレンドは終了してきた感があります。

中国株の動向で動く部分もあります
2000やや上で、もみもみから2100を突破していきました
底堅そうです。

今週発表された、豪雇用統計が結構悪かったように思いますが、
今後の利下げ観測の後退&豪ドルレートは高い言文の削除
から
豪ドル買戻しがもう少し続きそうですね
どうやら、RBAは、豪ドルドル0.9以下がいいと考えているようですね
RBAは、まだ、豪ドルレートは下がると言っておりますが・・・

中国PMIが最大の注目になりそうです
1か月前にこれがきっかけで、リスクオフ開始となりましたので。
世界の株価にも影響を及ぼしそうな気がしています
無事通過すれば、買いでしょう。

20日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想49.6、前回49.5)


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

トレンドが発生しそうなイベントもないので
レンジ気味になりそうですな
個人的には、週前半下げ、週後半上げな展開を想定してますが。

日銀会合のサプライズのために、一応、ドル円の上~のほうに逆指値で買いは入れておこうと思います。

1番の注目は中国PMIとなりそうなので、それまでは動きにくいかもしれませんね

・ドル円
 100.60~103.0
 日足、一応意味のあると思われるトレンドラインを引いてあります。
 2/16ドル円日足チャート

・ユーロ円
 137.0~141.0
 2/16ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 90.3~93.0
 2/16豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.355~1.380

・豪ドルドル
 0.885~0.915
 
・ユーロ豪ドル
 1.490~1.540


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


しました

2月SQ値14535円

2月14日(金)の株先物取引

 2月 14640円 買建 0.1枚(9:05) →14655円(9:15)
 +1500円

・短期用株
 セガサミー2450円(100株) →2300円
 いちごグループ295円(200株) → 270円

 損切りしました。
 計-20000円
 銘柄を間違えました。。。
 今週5銘柄準備しておいて、実際に買った2銘柄だけ下がりました。
 他は順調という、、、


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支 2014年
+5500円(手数料:-104円×2)
 2013年
-83000円(手数料:-104円×59)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


動く ね

本日は
09:30豪雇用統計
16:00独消費者物価指数(CPI)改定値
22:30米小売売上高
22:30米新規失業保険申請件数
24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、上院公聴会で証言

あたしの今週に買った株がピンチです
損切りが見えてきました。
銘柄ミスとタイミングミスです
明日、決済します。。。

2月13日(木)のFX取引


いったん、落ち着こう。
損切りポジ様:
 米ドル/円(L)102.497×1枚(2/10・7:35~)利確102.997ストップ101.75
 ↑-30pips 102.197にて(17:25)



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


拾うが、ドル円伸びない
なんで?こんなに重い??
重いから、重いんだろうね

えっ

本日は
08:50日本機械受注
時間未定 中国貿易収支
19:00ユーロ圏鉱工業生産
24:30ドラギECB総裁、講演

ふ~ん
イエレンさんを待って、買いたかったんだね。
続くか?

2月12日(水)のFX取引

・NY時間(23:05~23:25)
 豪ドル/円(L)92.544→92.644=+10pips×1枚
ドル円Lスルーしたあげく、ミスっちゃったな


保有ポジ:
 米ドル/円(L)102.497×1枚(2/10・7:35~)利確102.997ストップ101.75




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ていう。

本日は
建国記念の日の祝日で休場
09:30豪住宅ローン件数
09:30豪NAB企業景況感指数
09:30豪住宅価格指数
24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、下院公聴会で証言
24:00バイトマン独連銀総裁、講演

ふ~ん
きのうから、すでにイエレン待ち相場。
はぁ 日本休場だし。

どうしろっちゅうねん
いつもドル円高値をつかまされてるし。。。

2月11日(火)のFX取引

あっ 起きたら、豪ドル跳ねてる
こんな薄い指標で跳ねるのか。

あっ 無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)102.020×1枚(2/10・24:50~)利確102.370ストップ101.4
 ↑+35pips

あっ 調子に乗って追加
・欧州時間(17:25~22:30)
 米ドル/円(L)102.274→102.574=+30pips×1枚

・NY時間(23:55~24:20)
 米ドル/円(L)102.377→102.477=+10pips×1枚
・NY時間(23:55~)
 米ドル/円(L)102.377×1枚 利確102.627ストップ101.75
 ↑+25pips


保有ポジ:
 米ドル/円(L)102.497×1枚(2/10・7:35~)利確102.997ストップ101.75




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ない月曜。

本日は
08:50日本国際収支速報
14:00日本消費動向調査
15:00日本景気ウオッチャー調査
16:45仏鉱工業生産指数

ふ~ん

2月10日(月)のFX取引

株購入してます。

・早朝時間(7:35~)
 米ドル/円(L)102.497×1枚 利確102.997ストップ101.4
で、このポジの存在、忘れてました。 置いておく

東京仲値102.48

・NY時間(24:50~25:30)
 米ドル/円(L)102.020→102.120=+10pips×1枚
・NY時間(24:50~)
 米ドル/円(L)102.020×1枚 利確102.37ストップ101.4
これも、置いておく

すでに、明日のイエレン待ちになってる。
ここ割れると、101円台半ばまでは、走りそう。。。
って、ストップじゃん
ダメ人間・・・か?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


セガサミーっす
その他も考えて指値は入れてたけど、若干上へ逃げられてる
いちごちゃんを買ってみた

2月10日(月)の現物株取引

・短期用株
 本日購入
 セガサミー2450円(100株) 利確は2590円に入れておく。
 いちごグループ295円(200株) 利確は315円と335円に入れておく。

 ↑東京OPENいきなり買ったのは・・・まずったかな?
  上窓空けてたんで、せめて窓埋めまで待てばよかった。。。


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支 2014年
+4000円(手数料:-104円×1)
 2013年
-83000円(手数料:-104円×59)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・ISM指数がネガティブで、リスク回避
・豪政策金利発表にて、豪ドルレートは高いという言文がなくなったことにより、豪ドル買い
・ECB理事会で、ユーロ利下げor追加緩和がなかったことで、ユーロ買い
悪材料出尽くし感で、リスク回避の巻き戻し

という展開でした

新興国懸念・中国不安・米景気回復不安といった悪材料が出し尽くしてきたことで
今後は、ポジティブなことに反応しやすくなるんじゃないでしょうか?
と、思わせる週となりました。

日・欧・米株の下げ止まり感ですね。

・米雇用統計について
 非農業部門雇用者数が+11.3万人(予想:18.0万人)となり失望となるかと思いましたが
 なりませんでした
 どうやら、米景気に対するハードルが下がってきたようです
 +10万人以上なら、OKという見方らしいです。
 当たり前かもしれません。
 雇用者数の数値というのは、
 もともと、±0やや上付近で、プラスやマイナスを繰り返していく方が、普通の状態なハズですよね
 例に出すなら、豪の雇用統計はそんな感じです。
 または、
 寒波の影響で、就業不能に陥った非農業部門労働者数が26万2000人だったらしいので
 実際、雇用者数は減っていないとの判断なのかもしれませんがね。


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです
個人的には、2014年前半107-108円台の可能性は、一応まだ残っていると思っていますが・・・
日銀が追加緩和に動かないことには、いかないかもしれません。

中長期トレンドは株高。
順調にいけば、2014前半、17000~18000円の予定でしたが
ちょっと、順調さを欠いてきました。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
なぜ?2年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年半ば以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第&中国指標次第となりそうです
今の円は、株価(日本株)の動向に左右されています
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14000-14800のレンジにおります
9月~10月頃のレンジに戻っただけですね
1月SQ値は15785円
現在、14600円におります。
年初からヘッジファンドの利益確定売りがまだ入るのか?
むつかしいところですな
指数的には、あまり上がらないかもしれません
個別株は上がりやすいんじゃないでしょうか?
月曜までに、狙いの銘柄を考えておきます。

個人的には、日本株&ドル円は、ここから下は中長期的には安値にあたいする値頃だと思っております。
2013年のドル円97.6がそうであったように、2014年はドル円102.15なんじゃないかと・・・

2月9日の東京都知事選が注目になりますかね。
万が一、民主(細川氏)が勝つと、アベノミクス失望売りが予想されます。
ここで、自民(舛添氏)が勝てば、なにも問題ないです。
一時期、細川氏になると、東京オリンピックがなくなるかも噂が立ちましたので
オリンピック銘柄などが、買い戻されるかもしれません。

たぶん、舛添氏が勝ちそうな状態らしいので、大丈夫そうですがね。

・NISAへの株投資資金
・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)会議の影響
・国内輸入企業が、ドル円を買い遅れている点
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買い有効は変わりないです

9日東京都知事選
10日08:50国際収支速報
11日建国記念の日の祝日で休場
12日08:50機械受注


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い
サイキン、悪い指標も散見されますが、根っこの部分は、景気回復傾向は変わらないです。

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%~6.5%で停止、
段階的に縮小し、2014年内に停止しそう。
利上げについては、失業率6.5%を大きく下回り&インフレ率2.0%以上で検討との道筋

米株も、日本株同様、ここから下は買いの位置という相場の意識がありそうですね。

債務上限問題があります
2月末頃までに対策案が妥結しないと、米デフォルトとなります
11月の中間選挙まで、期限を引き延ばすことで、どっかですんなり決まるんじゃないでしょうか?
秋にやったばかりなので、今回は話題に上りませんが、一応、水面下では、協議が行われております。

一応、11日のイエレンさんに注目しておきますか。
今後のFRBの政策に変更があれば、ドルが急変しますので。
なにも起きないだろうとは、思ってますが。

11日24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、下院公聴会で証言
13日22:30米小売売上高
13日22:30米新規失業保険申請件数

13日24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、上院公聴会で証言
14日23:15米鉱工業生産指数
14日23:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株も、押し目買い気味かな?

追加緩和=マイナス金利導入or長期資金供給オペ(LTRO)第3弾の導入
の可能性はまだありそうです
前回CPI=0.7%でユーロ利下げしました
現在CPI=0.7%にまたなっています。
失業率=12.0%でやや改善

2月ECB理事会では
CPIの状態から、なにかしら手を打ってくる可能性が高まっておりましたが
なにもしなかったですね

どうやらですね、来週発表のGDPを見てから、3月のECB理事会での利下げor追加緩和
を考えているらしいです。
いつも以上にGDPが注目大きそうです。

よ~くユーロの動きを観察してみると、
新興国通貨安は、ユーロに優位に働いております
新興国からの資金は、ユーロに1番集まってくるようにも見えます。

バイトマン(タカ派?)対ドラギ(ハト派?)も何気にやや注目ですかね

11日24:00バイトマン独連銀総裁、講演
12日19:00ユーロ圏鉱工業生産
12日24:30ドラギECB総裁、講演
13日16:00独消費者物価指数(CPI)改定値
14日15:30仏国内総生産(GDP)速報値
14日16:00独国内総生産(GDP)速報値
14日19:00ユーロ圏貿易収支
14日19:00ユーロ圏(GDP)速報値
14日26:30バイトマン独連銀総裁、講演


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました
雇用はやや悪めです
中期的には、まだダウントレンドかな?

中国株の動向で動く部分もあります
2000やや上で、もみもみしております。

今後の利下げ観測の後退&豪ドルレートは高い言文の削除
から
豪ドル買戻しがもう少し続きそうですね
どうやら、RBAは、豪ドルドル0.9以下がいいと考えているようですね
RBAは、まだ、豪ドルレートは下がると言っておりますが・・・

あとは、新興国懸念との兼ね合いだと思います。
新興国懸念で一番打撃を受けやすいのは、豪ドルであるのも事実ですが
こちらも、収まりつつあります。

よく、ブレる豪雇用統計に注意するくらいかな?

11日09:30豪住宅ローン件数
11日09:30豪NAB企業景況感指数
11日09:30豪住宅価格指数
12日時間未定 中国貿易収支
13日09:30豪雇用統計
13日10:30中国消費者物価指数(CPI)
13日10:30中国卸売物価指数(PPI)


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

大きな注目はないので、レンジ気味になりそうですが
下げ止まり感の出てきた、ドル円・クロス円の押し目買いで。
ソチオリンピックが行われてるんで、売り圧力が軽減されるでしょう(笑)
オリンピックが終わった頃には、いつの間にか、世界の株価が上がっているってことになってるでしょう。タブン

買い上げる理由もないので、あくまで、下落の巻き戻し程度ですが。

・ドル円
 100.75~104.0
 日足、一応意味のあると思われるトレンドラインを引いてあります。
 2/8ドル円日足チャート

 4時間足にも、きれいなトレンドラインができているので、載せておきます。
 2/8ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 136.0~141.0
 2/8ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 90.0~93.0
 2/8豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.345~1.375

・豪ドルドル
 0.880~0.910

・ユーロ豪ドル
 1.490~1.550


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


強さが戻ってきた。

あっ 風邪でダウン中です

本日は
14:00日本景気動向指数速報値
09:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
10:45中国HSBCサービス業PMI(予想:50.9)→結果:50.7
16:00独貿易収支
16:45仏貿易収支
20:00独鉱工業生産
22:30米雇用統計

注目多いです
とくに、休み明けの中国株が気になります。

米雇用統計・・・楽観視しているようですね
本番は、どうなるか?
ちょと、個人的なシナリオが崩れております。

2月7日(金)のFX取引

東京仲値102.04

起きた。

米雇用統計・・・ネガティブも関係ね~
株が強すぎる。。。
売りつかれちゃったのかな?

噂の(?)102.15で買ってみた
・NY時間(24:35~24:55)
 米ドル/円(L)102.150→102.300=+15pips×1枚

持越しは怖い。東京都知事選があるからね

今週の、心残りは、ドル円Lを仕込めなかったことです。
イベントが多すぎるんで、しょうがないっすか?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ADPが予想より悪いことって、年に数回なんだよね
ISM非製造業指数が良好のおかげで、相場は保ってますがね

本日は
09:30豪貿易収支
09:30豪小売売上高
20:00独製造業新規受注
21:00英中銀金融政策委員会(MPC)2日目、終了後政策金利発表
21:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
22:30ドラギECB総裁、定例記者会見

22:30米貿易収支
22:30米新規失業保険申請件数

様子見~ECB理事会って感じですか?

2月6日(木)のFX取引

ドラギ上げ
・NY時間(22:33~22:35)
 ユーロ/ドル(L)1.35062→1.35662=+60pips×1枚
あたしの出番・・・ここだけ

ECB理事会・・・いつも、自分のトレードに不満が残る。
ビビっちゃうんだよね
と、いうか、NYダウが、復活してきたぞ!
なんで、今日なの?って気もするけど。
明日の米雇用統計と、お休み明けの中国株のことは、怖くないのかぁぁ!?
なんのために、ユーロドルを選んだのか・・・



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


もどってきた
繰り返す

本日は
17:50仏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
17:55独サービス部門PMI改定値
18:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
18:30英サービス部門PMI
19:00ユーロ圏小売売上高
22:15ADP全米雇用報告
24:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数

ADP次第となりますか?

2月5日(水)のFX取引

東京仲値101.58

・欧州時間(17:20~17:45)
 米ドル/円(L)101.260→101.360=+10pips×1枚

・NY時間(23:10~23:15)
 米ドル/円(L)101.229→101.329=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


先物ね
4か月ぶりでしょうか?

2月4日(火)の株先物取引

ビヨン と来るの、今日はちょっと狙ってた。
 2月 14255円 買建 0.1枚(10:50) →14295円(11:05)
 +4000円


・長期用の株
 過去に買ってある現物株は、買い持ちキープしている(銘柄はいろいろ)
 


----------
日経225先物収支 2014年
+4000円(手数料:-104円×1)
 2013年
-83000円(手数料:-104円×59)
----------



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ISM指数が崩れちゃいましたか

それにしても
株が弱すぎるな。

あたしの、保有株たち・・・マイナスに転落いたしました。。。

本日は
12:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表
18:30英建設業PMI
19:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
24:00米製造業新規受注

きのうの流れを引き継いで、リスク回避が続くかどうか?

2月4日(火)のFX取引

朝、押しちゃいました
・早朝時間(5:55~7:10)
 豪ドル/円(L)88.399→88.408=+0.9pips×1枚
・早朝時間(5:55~7:50)
 豪ドル/円(L)88.399→88.499=+10pips×1枚

東京仲値101.23

・東京時間(10:45~11:05)
 豪ドル/円(L)88.460→88.660=+20pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


JRAの公式フェイスブックを見てました
武兄弟の写真が載ってました
そこに、こんなコメントが・・・

「有名な兄にのっぽの弟
マリオとルイージみたい」
だと・・・

たしかに(笑)
あっ あたくし、ユタカファンです。

もひとつ、こんなコメントも・・・

「日本人が誰もなし得なかった「凱旋門ジョッキー」。
その日、誰も予想しなかった1人の侍が競馬界の歴史を変える。
その人の名は、コウシロウ。」

そうなったら
いいですね~

本日は
09:30豪住宅建設許可件数
10:00中国非製造業PMI(12月:54.6)結果:53.4
17:50仏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
17:55独製造業PMI改定値
18:00ユーロ圏製造業PMI改定値
18:30英製造業PMI
23:00イエレン氏の米連邦準備理事会(FRB)議長就任式
24:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
24:00米建設支出

先週末の流れを引き継いで、リスク回避が続くかどうか?

2月3日(月)のFX取引

・東京時間(9:00~9:15)
 米ドル/円(L)102.234→102.334=+10pips×1枚

東京仲値102.24

東京時間なので、押し目買いが入ってますが・・・

・NY時間(24:35~25:05)
 豪ドル/円(L)89.304→89.137=-16.7pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ひさびさのパチ勝ちで、ほっとしているところです。
パチ収支がかなりやばいので、頑張らなくてはなりません

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・中国の理財商品のデフォルト回避で、ややリスクオン
・新興国懸念でリスク回避
・FOMCでは、想定通り100億ドルのQE縮小(とくに反応なしorややドル買い)
・米GDPにより、米経済の底堅さが確認されたことで、ややドル買い
・ユーロ圏CPI=0.7%により、追加緩和観測浮上でユーロ売り

という展開でした

新興国懸念・・・もう少し引きずるかもですが、今年のメインテーマにはなりません
個人的には、昨年の6月と同じ状態なだけだと思ってます。
もう少しガマンすれば、先進国からは、無視されるテーマだと思ってます
むしろ、その資金が、先進国に回帰してくることが、今年のメインテーマであります。
中長期的(2014年)には、円安・ドル高・株高の方向性は変わらないと思ってます。
長期用現物株・・・依然保有してます。

ただ、今年は、中国の理財商品の満期が何度か来るそうなので、そのたびに、リスク回避
にやや振れる時期が今後もあることは、頭に入れておいた方がいいかもです。

来週の展望を書いていたら、1月からの円高&株安の終止符が打たれる日が見えてきました
たぶん
2月9日です
たぶん
早ければ、2月7日です
たぶん
日本株&ドル円、買いたい方、もう少ししたら仕込み時でしょう
たぶん
あたし、昨年6月にも言いましたよ
買い時であると。
あの時も、下落は1か月ちょいしか続いておりませんよ。
当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが。

相場なので、わかりませんがね
世界恐慌の発端となることもあるので。。。


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです
個人的には、2014年前半107-108円台の可能性は、一応まだ残っていると思っていますが・・・

中長期トレンドは株高。
順調にいけば、2014前半、17000~18000円の予定でしたが
ちょっと、順調さを欠いてきました。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
なぜ?2年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年半ば以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第&中国指標次第となりそうです
今の円は、株価(日本株)の動向に左右されています
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14200-15200のレンジにおります
1月SQ値は15785円
現在、14600円におります。
年初からヘッジファンドの利益確定売りが入ってますので、もうすこし、下押すかもしれませんね

個人的には、日本株&ドル円は、ここから下は中長期的には安値にあたいする値頃だと思っております。
2013年のドル円97.6がそうであったように、2014年はドル円102.15なんじゃないかと・・・

2月9日の東京都知事選が注目になっているため、それまでは、日本株の上値が重そうです。
ここで、自民が勝てるかどうかで、ガラッと変わってしまいそうですので。

・NISAへの株投資資金
・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)会議の影響
・国内輸入企業が、ドル円を買い遅れている点
いずれ日銀追加緩和が行われる思惑
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買い有効は変わりないですが・・・
もう少し、新興国懸念などが重しになりそうです。

日銀追加緩和については、物価指数がやや上がってきてますので(CPI=現在1.3%、目標2.0%)
黒田さんが今の異次元緩和に自信を持っているのがうかがえます。
4月の消費増税後に景気落ち込みが確認されたら、実施するかもシナリオだと思えてきました。

円でのイベントはないので、海外イベントに注目ですね

7日14:00景気動向指数速報値


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%~6.5%で停止、
段階的に縮小し、2014年内に停止しそう。
利上げについては、失業率6.5%を大きく下回り&インフレ率2.0%以上で検討との道筋

米株は、やや企業決算が悪いので、なかなか上がらないです
ただ、米株は、日本株同様、ここから下は買いの位置に見えますが。

2月7日期限の債務上限問題があります
それまで、米株&ドルの上値が重そうです
昨秋にやったばかりなので、あまりもめることはないと思います。
11月の中間選挙まで、期限を引き延ばすことで、すんなり決まるんじゃないでしょうか?

重要指標があるので、重要指標次第でしょう。
ちなみに、米雇用統計・・・
個人的には、まあまあいい結果になるだろうと思ってます
米雇用統計の集計方法をみると、前回米雇用統計発表の次週と次々週の新規失業保険申請件数が
重きを置かれる習性があります
運よく、1月16日の新規失業保険申請件数が良好であったので、個人的には、いいだろうとふんでいます。
     ↑頭の薄ら覚えなので、間違ってたら、ゴメンナサイ。
というか、寒波の影響を恐れているふしがあるので、
米雇用統計通過で、ドル買い&リスクオンになりやすい地合いなんじゃないかな?
ついでに、債務上限期限と重なってるし。

一応、イエレンさんの就任式に、注目しておきましょうか
突拍子もないような発言がなければ、なにも起こらないでしょうがね。

3日24:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
3日24:00米建設支出
3日イエレン氏の米連邦準備理事会(FRB)議長就任式
5日22:15ADP全米雇用報告
5日24:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
6日22:30米貿易収支
6日22:30米新規失業保険申請件数
7日22:30米雇用統計


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株も、やや下向きかな

追加緩和=マイナス金利導入or長期資金供給オペ(LTRO)第3弾の導入
の可能性が意識されてユーロがかなり弱含んでます
前回CPI=0.7%でユーロ利下げしました
現在CPI=0.7%にまたなってしまいました。
失業率=12.0%でやや改善

CPIの状態から、なにかしら手を打ってくる可能性が高まっております
ユーロは弱いでしょう

ECB理事会が、大きな注目になりました!
なにかしら手を打ってくれば、もう1段ユーロが下げるでしょう。
ここで、なにも手を打ってこないと、ユーロ買戻しにはなりますがね

ただし、追加緩和は世界の株価には、緩和マネーとなって、株価押し上げ要因にもなります
追加緩和された場合、一時的に大きくユーロが下げますが、後々、リスクオンの名のもとに、戻ってくることは、明白です。

今週は、世界の株安(リスクオフ)も伴ってユーロが下げましたが
よ~くユーロの動きを観察してみると、
新興国通貨安は、ユーロに優位に働いております
新興国からの資金は、ユーロに1番集まってくるようにも見えます。

個人的には、追加緩和してくれると、ありがたいんですが。いろいろな今後のシナリオ(株高)のために。

4日19:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
5日19:00ユーロ圏小売売上高
6日20:00独製造業新規受注
6日21:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
6日22:30ドラギECB総裁、定例記者会見

7日16:00独貿易収支
7日16:45仏貿易収支
7日20:00独鉱工業生産


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました
雇用はやや悪めです
中期的には、まだダウントレンドです

中国株の動向で動く部分もあります
2000やや上で、もみもみしております。
来週は中国がお休みですね。

2週間前からのリスク回避のきっかけになったのは
HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が50を下回ったことです
これは、イギリスの民間会社の数値です
調査対象は、中小企業。
2月1日の中国政府発表の中国PMI=50.5
調査対象は国有企業や大企業。
1月の51.0からは減速しておりますが、50はまだ上回っております。
判断が微妙なところですが、とりあえず、豪ドルに対する売り圧力は軽くなるんじゃないでしょうか?

豪雇用統計のネガティブのせいで
2月利下げ観測が高まっておりましたが
CPIが良好だったので、利下げ観測は後退しております。

欧州が追加緩和に動くと、緩和マネーとなります
おそらく、一時的に豪ドルにはプラスになるんじゃないでしょうか?

あとは、新興国懸念との兼ね合いだと思います。
新興国懸念で一番打撃を受けやすいのは、豪ドルであるのも事実ですから・・・

注目は政策金利発表ですね
個人的には、まず利下げはないと思っているので、豪ドル買戻しを見てますがね
声明文で今後の利下げを示唆してくるかどうかで変わると思います。
要人発言でまた、豪ドルレートは高いなどの、声明文や7日の議事録で出くくると
豪ドル売りに群がる可能性もあり、それには注意がひきつづき必要です。

3日09:30豪住宅建設許可件数
4日12:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:2.5%で据え置き)
6日09:30豪貿易収支
6日09:30豪小売売上高
7日09:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨


豪ドル≧円≧米ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

新興国懸念&債務上限問題のリスク回避色を引きずりつつ、重要イベント多しなので、むつかしいですが、
基本的には、ドル円クロス円の戻り売り推奨です。

だだ、個人的には、
いままでと、180度見方を変えて、豪ドル最強週間としたいです。
あくまでも、今週もよく戻っていたように、これまでの下落の戻りくらいに思ってますがね。

あっ 個人的には、ひきつづきドル円は買い方針です。

う~ん。しくるかも

・ドル円
 101.0~104.0
 日足、一応意味のあると思われるトレンドラインを引いてあります。
 2/1ドル円日足チャート
 一応、水色斜線を下割れしたら、下へ走るんですがね。。。

 2013年に出来た三角保合いを週足にあてると、すごいことがわかります
 ええ、あの三角保合いには、とても重要なことがあったんです。
 2011年とリンクしている!
 そのまま、延長すると、2014年末・・・115円です!
 水色斜線の重要性です。
 ↓以前、週末コーナーでは月足で中長期目線チャートを作成しましたが、
  今回、週足でもう1度、要チェック。(お遊び程度に)
 2/1ドル円週足チャート

・ユーロ円
 135.0~140.0
 今週金曜が絶好の売り場であったようですね。
 2/1ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 88.3~91.5
 狙えるところで、買いかな?
 2/1豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.335~1.365
 2/1ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.865~0.885
 狙えるとこで、買いかな?
 
・ユーロ豪ドル
 1.505~1.560
 売りかな?
 2/1ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね

サイキン、このコーナーに力入れ過ぎですかね
多く書き過ぎて、よくわからん内容になってきました。
トレードに、なんら役にたっておりませぬ。。。

また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1134)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: