ネット接続・・・直りました
アパート管理に連絡してみました
アパートの外部の配電盤かなにかがおかしかったらしい

よかった

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・ユーロ追加緩和期待で、ユーロ売り&先進国の株価が堅調
・月末フローでドル売り&円買いが入っていた

という展開でした

一つ、気になってきたのは、
株価が堅調であっても、為替がリスクオンに反応しなくなっていることです
も一つ、気になったのは、ドル円101.30-50と豪ドルドル0.920が底堅いことです。

来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです

中長期トレンドは株高。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14500-15000のレンジにおります
5月SQ値は14105円
株価の方は、GPIF&成長戦略への期待感で堅調そうです
ただし、株価が堅調でも、ドル円・クロス円に影響が薄くなってきているのは気になってます。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・6月の成長戦略
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

ただし、直近では、追加緩和期待がなくなりつつあるように見えるので、円高にも注意が必要かと。。。
上記の円安&株高要因を織り込み切ったあとは、結局、戻り売り(円高)に賭けた方が良さそうです。
理由は、米ドル側にあります。

2日08:50法人企業統計調査


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

案外ドル買いが進みません
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

米国債利回り低下は、なかなか止まりませんね
現在2.47%
米国だけでなく世界的に債券買い=利回り低下傾向にあります
なんでしょうかね??
個人的には、月末要因が大きかったと感じているので、一旦、利回り低下&米ドル安は
収まるだろうと見てますがね
最大、2.1%まで余地はあると言われております。

米株は、セルインメイがなかったですね
今年は、セルインジュンなんて言われています
上値余地が小さい感じがします
なにかあれば、下方向のほうが余地が大きいです
季節的要因・・・頭に入れておいた方が、いいかもです。
ウクライナ情勢は知られていることなので、そんなに下げないです
むしろ、小さなことでも新しい売り要因が出てきたときの、反応には注意しておきたいです。

注目は米雇用統計ですね
今回は、期待感がありそうなので、先回り的に、ドル高になると、個人的には読んでおります。
発表後はどっちかわかりません。

2日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
2日23:00米建設支出
3日23:00米製造業新規受注
4日21:15ADP全米雇用報告
4日21:30米貿易収支
4日23:00米ISM非製造業指数
4日27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)
5日21:30米新規失業保険申請件数
6日21:30米雇用統計


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

6月追加緩和を織り込む形で、ユーロ売りとなってます
追加緩和の手としては
・小幅な利下げ
・マイナス金利導入
・欧州版QE導入
のどれかか、複数。
ユーロの戻り売りがいいんでしょう。

注目はECB理事会
おそらく、何かしらの追加緩和はやってくるでしょう
その場合、とりあえずユーロ売りでの反応でしょうな
ただ、その後のユーロの動向は、
利下げかマイナス金利では、理事会後、1日2日でユーロは下げ止まるとみてますがね。
QE導入の場合は、その内容次第でしょう

前哨戦的に、CPIの指標で思惑的にユーロがよく動きます。

2日16:55独製造業PMI改定値
2日17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
2日21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
3日18:00ユーロ圏失業率
3日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値

4日16:55独サービス部門PMI改定値
4日17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
4日18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
4日18:00ユーロ圏GDP改定値
5日15:00独製造業新規受注
5日18:00ユーロ圏小売売上高
5日20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
ECB・政策金利発表(現行 0.25%) 予想:0.25%→ 0.10%
ECB預金ファシリティ金利 -0.10%→ 0.00%
ECB限界貸付ファシリティ金利 0.75%→ 0.60%

5日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

6日15:00独鉱工業生産
6日15:00独貿易収支


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
今のところ、豪指標は良いですね
ただし、最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

直近では、こういった豪ドル高要因をいったん織り込んだ感があるので、
上値はやや重さはありますが、6月ユーロ追加緩和期待から、豪ドルは底堅そうです。

指標などで、一喜一憂ですかね
1番重要なのは、貿易収支です
黒字の内は、豪ドルが大きく売られることは、ないと見てます。

2日10:30豪住宅建設許可件数
3日豪小売売上高
3日10:30豪経常収支
3日10:45HSBC中国製造業PMI改定値
3日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:2.50%で据え置き)
4日10:30豪国内総生産(GDP)

5日10:30豪貿易収支
5日10:45HSBC中国サービス業PMI
8日中国貿易収支


米ドル≧豪ドル≧円≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

米雇用統計まで
底打ち感の、ドル円の押し目買いで。

2014年は、結果に関わらず米雇用統計後、ドル円が売られている点は、気になります。
米雇用統計後の動きにだけは、逆らうとイタイ目みます。

※チャート分析は日曜更新

・ドル円
 

・ユーロ円
 

・豪ドル円
 

・ユーロドル
 

・豪ドルドル
 

・ユーロ豪ドル
 


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)101.555×1枚(5/29・19:15~)利確102.145ストップ101.41
 米ドル/円(L)101.680×1枚(5/30・19:15~)利確102.340ストップ101.41

すでに、3枚は利確済み。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今日の、欧州時間までが鬼門
かも

本日は
10:30豪民間設備投資
21:30米国内総生産(GDP)改定値
21:30米新規失業保険申請件数

23:00米住宅販売保留指数

一応、ドル円Lキープしてますが。。。
米指標を確認するまでは、反発しそうもない。
とあるところに、ストップはいれてあります。

今日のNY時間が買いどころだとも、秘かに思ってますがね。

5月29日(木)のFX取引

・5/26早朝時間~欧州時間(8:15~16:05)
 米ドル/円(L)101.951→101.592=-35.9pips×1枚
・5/26東京時間~欧州時間(10:40~17:00)
 米ドル/円(L)101.950→101.499=-45.1pips×1枚
・5/28NY時間~NY時間(23:55~24:00)
 米ドル/円(L)101.729→101.450=-27.9pips×1枚
×1枚

・東京時間(11:10~11:15)
 米ドル/円(L)101.675→101.725=+5pips×1枚

・欧州時間(17:10~17:20)
 豪ドル/円(L)94.377→94.500=+12.3pips×1枚

・欧州時間(19:15~)
 米ドル/円(L)101.555×1枚
・欧州時間(19:50~21:40)
 米ドル/円(L)101.540→101.700=+16pips×1枚

20:00頃、突然、家のパソコンがネットにつながらなくなってしまいました。
スマホにて、トレードしてます。
今、ブログの更新は、漫喫からやってます。
ブログの更新が途絶えたら、ネットの調子が悪いんだと思っててください。

深夜、ドル円、101.50付近から、3枚Lしてます。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


また、米国債利回りが、ゆっくり低下しはじめた
が、
ドル高。。。

株高にだけで支えられている。
ドル円・クロス円。

株価が堅調な理由は、欧州のQE導入期待。

本日は
09:00黒田東彦日銀総裁、あいさつ
16:55独雇用統計

18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)

一応、ドル円Lキープしてますが。。。

5月28日(水)のFX取引

・5/26早朝時間(8:15~)
 米ドル/円(L)101.951×1枚
・5/26東京時間(10:40~)
 米ドル/円(L)101.950×1枚

・欧州時間(17:30~19:30)
 米ドル/円(L)101.840→101.929=+8.9pips×1枚
・欧州時間(18:10~18:30)
 豪ドル/円(L)94.154→94.250=+9.6pips×1枚

月末フローなどで、おかしな相場になってきたな。

・NY時間(23:00~27:05)
 米ドル/円(L)101.750→101.850=+10pips×1枚
・NY時間(23:55~)
 米ドル/円(L)101.729×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ロングかショートか
どちらかが、刈られるんでしょう

個人的には、ショートが刈られると思い込んでます。( `ヘ´)
思い込み注意?

ショートを刈ったら・・・ハゲちゃうけどね( ´艸`)

本日は
21:30米耐久財受注額
22:00米住宅価格指数
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数

5月27日(火)のFX取引

・前日早朝時間(8:15~)
 米ドル/円(L)101.951×1枚
・前日東京時間(10:40~)
 米ドル/円(L)101.950×1枚
・前日NY時間~東京時間(23:50~9:10)
 米ドル/円(L)101.850→101.960=+11pips×1枚
ドル円だけ、重いじゃないか。。。

・欧州時間(17:10~17:45)
 米ドル/円(L)101.765→101.855=+9pips×1枚
・欧州時間(17:10~19:30)
 米ドル/円(L)101.778→101.948=+17pips×1枚

・NY時間(24:30~25:00)
 米ドル/円(L)102.033→102.133=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今年もこの季節がやってきました
1年ぶりにツバメちゃんが帰ってきました~

親鳥を確認しました。
夜にだけ巣にいます。
寝てる
tugai

昼間はどこかに出掛けているみたいです
今、多分、巣の中に卵があると思いま~す
ワラみたいなものが被せてあるように見えます。
wara

昨年、ココで生まれて、台湾やフィリピンへの旅をして、成長して帰ってきたのかも
とか、考えると、うれしいものです^^

昨年のツバちゃんの写メを見てほっこりしたいって方は・・・
ブログ上部の「ブログ内検索」で、「ツバメ」と検索して、過去記事をみてくださいね~

本日は
08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(4月30日分)
15:00独消費者信頼感指数

米国(メモリアルデー)で休場

5月26日(月)のFX取引

・早朝時間(8:15~)
 米ドル/円(L)101.951×1枚
・東京時間(10:40~)
 米ドル/円(L)101.950×1枚

・NY時間(23:50~)
 米ドル/円(L)101.850×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・テクニカルとファンダの両面で動いていた
・テクニカル・・・日本株&ドル円の下値を試したかった
 日経=14000円&ドル円100.8
 底堅かったため買戻し。
 実は、海外勢は日本株の下値を買いで拾っていることが判明した週でした。
 買い越しに転じています。
 本当は、下のストップロスを巻き込んで、もっと下げてから買いたかったんでしょうがね
 売り込む理由がなかったんでしょう。
 割安ですしね。
・ファンダ・・・日本株
 6月に控える、GPIF買いや成長戦略への期待感で買戻し
・世界的には株高傾向
 6月ユーロ追加緩和期待の買いだと思われる。
・豪ドル・・・・予算案のゴタゴタがあって、再選挙の可能性あり
        オーストラリア格下げ”懸念”で、やや弱含み

という展開でした

来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです

中長期トレンドは株高。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第&ウクライナ情勢次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14300-15000のレンジにおります
5月SQ値は14105円

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・6月の成長戦略
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月)
 ↑5月日銀会合後の黒田発言からは、6月との期待感もありそうです。
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

25日のウクライナ大統領選挙後の情勢にだけ、気を付けながら
ドル円・クロス円・日本株の押し目買いでしょう。
先週が6月に向けた買いどころであったと思われます。

インフレ指標に注目か
予想が高い数値になってますが、消費増税分が含まれているため
実質では、予想通りなら、前回と変化なしと見られます
これが、高くなるとね
日銀追加緩和がなくなるんでね

実際はCPIを見ているのか、GDPを見ているのか、わかりませんがね。

26日08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(4月30日分)
28日09:00黒田東彦日銀総裁、あいさつ
30日08:30完全失業率
30日08:30全国消費者物価指数(CPI)(予想1.8%、前回1.3%)
30日08:50鉱工業生産速報


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

ただ、案外ドル買いが進みません
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.47-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

米国債利回り低下は止まりましたかね
現在2.55%
米国だけでなく世界的に債券買い=利回り低下傾向にあります
なんでしょうかね??

米株は、セルインメイは?ないのか??
上値余地が小さい感じがします
なにかあれば、下方向のほうが余地が大きいです
季節的要因・・・頭に入れておいた方が、いいかもです。
ウクライナ情勢は知られていることなので、そんなに下げないです
むしろ、小さなことでも新しい売り要因が出てきたときの、反応には注意しておきたいです。

イエレンさんは
住宅状況に懸念を示しているみたいなんでね
住宅指標に注目が大きいです
案外、いい結果が出てきているので、米株高につながっているようです。

インフレ指標(PCE)にやや注目か?
高い数値なら、早期利上げ観測浮上でドル買いか?

26日メモリアルデーで休場
27日21:30米耐久財受注額
27日22:00米住宅価格指数
27日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
27日23:00米消費者信頼感指数
27日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
29日21:30米国内総生産(GDP)改定値
29日21:30米新規失業保険申請件数
29日23:00米住宅販売保留指数
30日21:30米個人消費支出(PCE)(予想1.4%、前回1.2%)
30日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
30日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

6月追加緩和を織り込む形で、ユーロ売りとなってます
追加緩和の手としては
・小幅な利下げ
・マイナス金利導入
・欧州版QE導入
のどれかか、複数。
ユーロの戻り売りがいいんでしょう。
ECBとしては、ユーロドル1.36が適正と思っているだけなんでね
大体、織り込んだように、見えますがね。

26日15:00独消費者信頼感指数
28日16:55独雇用統計


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
今のところ、豪指標は良いですね
ただし、最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

直近では、こういった豪ドル高要因をいったん織り込んだ感があるので、
上値はやや重さはありますが、6月ユーロ追加緩和期待から、豪ドルは底堅そうです。

中国指標が週末に控えておりますが、今回は安心感の方が大きいんじゃないでしょうか?

あとは、オーストラリア格下げ”懸念”をいつまで引きずるか?
もう1段下げはあるかもしれないし、難しいとこです。

29日10:30豪民間設備投資
1日(日)中国製造業PMI


米ドル≧豪ドル≧ユーロ≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

底打ち感の、ドル円クロス円押し目買いで。
とくに、ドル円は理由なき売りがたまっているので、短期的にショート筋の買戻しが入りやすいです。

・ドル円
 101.3~102.70
 5/25ドル円日足チャート 5/25ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 138.1~140.0
 5/25ユーロ円日足チャート 5/25ユーロ円4時間足チャート

・豪ドル円
 93.3~95.1
 5/25豪ドル円日足チャート 5/25豪ドル円4時間足チャート
※豪ドルドルが下割れていった場合は注意が必要。

・ユーロドル
 1.355~1.374
 5/25ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.913~0.930
 5/25豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.453~1.488
 5/25ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


鈍そうだ。

ドルが強くなったな

本日は
15:00独GDP改定値
17:00独Ifo企業景況感指数
23:00米新築住宅販売件数

25日ウクライナ大統領選挙

26日(月)が米国休場なんでね

5月23日(金)のFX取引

・東京時間(10:05~10:15)
 豪ドル/円(L)93.930→93.980=+5pips×1枚
日本株高が、ただのショートカバーなんで、為替に反応がない
動きがあれば、トレードしようかな。

・欧州時間(17:20~17:35)
 米ドル/円(L)101.730→101.780=+5pips×2枚
異常に底堅くて、逆にやりずらい。
ドルしか買われてないしね。

・欧州時間(18:10~18:30)
 米ドル/円(L)101.808→101.888=+8pips×1枚
なんだこのあせり買いは!
まるで、来週は買いでいいと決まっているかのようだ。

・欧州時間(19:00~19:10)
 豪ドル/円(L)94.011→94.071=+6pips×1枚
しょっぱいトレードしかできませぬ。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


適当で。

日経14000円が堅すぎます。
信じちゃっていいのかな?

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想48.3→結果49.7
16:00仏製造業PMI速報値
16:00仏サービス部門PMI速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

17:30英GDP改定値
20:00トルコ中銀、政策金利発表
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米中古住宅販売件数

23:00米景気先行指標総合指数
26:00米10年債入札

PMIデ~ですか

5月22日(木)のFX取引

朝になったら、トレード画面が復活してた。

・前日NY時間~早朝時間(23:10~5:20)
 豪ドル/円(L)93.500→93.750=+25pips×1枚
・前日NY時間~東京時間(23:10~11:00)
 豪ドル/円(L)93.500→93.960=+46pips×1枚
・前日NY時間~欧州時間(23:15~17:15)
 豪ドル/ドル(L)0.92152→0.92582=+43pips×1枚
 ↑中国PMIが良好の割りに、中国株が上げてないので、決済。

買い戻されても、乗らない日本人。
実は、日本人が買わないのがドル円クロス円の問題なんだよ。
株が上がらんと文句を言うなら、買え!
いつまで、高いとこで買っちゃったものを、ちょっと戻したとこで損切りしてんだよ
しょうがね~か
11.12月で買っちゃったものの期限が5.6月だからな。
信用買残ね
そう考えると、6月末まで、レンジになる
去年も同じことやってたな
黒田緩和で4.5月に買っちゃったものを、10月に損切りしまくってたな。

東京午前(御前様)には、期待しちゃいかんね。

・東京時間(9:35~10:50)
 米ドル/円(L)101.398→101.486=+8.8pips×1枚
・東京時間(10:55~12:40)
 米ドル/円(L)101.453→101.653=+20pips×1枚
・東京時間(11:10~11:30)
 豪ドル/円(L)93.901→94.101=+20pips×1枚
・東京時間~欧州時間(12:30~19:00)
 米ドル/円(L)101.555→101.530=-2.5pips×1枚
 ↑ぞろ目利確狙ってたんだけど、
  888→777→666と指値を下げて・・・みたけど・・・
  そのたびに届かず、損切りに至りました。。。(笑)

米国3連休を控えて、すでにポジション調整的でしょうか?
と、思ったら、なんかもうちょっと買いで攻めた方が良さそうな気もする。

・NY時間(20:00~21:20)
 米ドル/円(L)101.555→101.666=+11.1pips×1枚




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


の日。
素振りの練習はしておこう。

日銀会合・・・なにもないと思ってますがね
一応ね、逆指しLね

本日は
08:50貿易統計
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

17:00ユーロ圏経常収支
18:30英小売売上高指数
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
25:50ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
26:30コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月29日-30日分)

今日からが、円相場の危険日か?

そうそう
米国・・・来週26日が休場ですぅ

5月21日(水)のFX取引

逆指し?ドル円101.42Lいれてたけど・・・空振り

サイキン、日銀会合の反応が変わってきたな
なにもないのに、勝手に失望売りに期待してた向きの買戻し
が入るようになった
以前とは、反対
次回は、買い持ちで挑んでもいいんじゃないかと思ふ。

・欧州時間(16:00~16:20)
 ユーロ/ドル(L)1.37132→1.37182=+5pips×1枚
裏街道を進んでます。

・欧州時間(17:45~21:45)
 豪ドル/ドル(L)0.92310→0.92198=-11.2pips×1枚
なんだ、この相場は
そろそろ、トレード放棄するかもしれない。。。
この辺が仕掛けどころだとは、思うんだが

・NY時間(21:30~21:45)
 米ドル/円(L)101.110→101.220=+11pips×1枚
対円でしたか。。。

・NY時間(22:15~23:30)
 豪ドル/円(L)93.381→93.551=+12pips×1枚
・NY時間(23:10~)
 豪ドル/円(L)93.500×2枚
・NY時間(23:15~)
 豪ドル/ドル(L)0.92152×1枚
だめだ~また負けそうだ~
なにもかもが、戻り売りが正当化されている。

あれっ DMM証券のトレード画面が出ないんですけど~
どうしたら、いいのでしょう。。。
スマホか。
やる気なくなっちゃった。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


米金利が復活してきた
2.54%
バーナンキ様がなにか語ったらしい。
バーキン語録
金利は上がらんとね
ドルは上がらんとね
QE縮小=ドル高、ではなく、まだQE継続してるから、ドル安
あれっ 反応がおかしいじゃない。
いづれ、米金利が3%台に乗せる米国の成長があるとも言ってますがね。

豪ドルがなにげに弱いな。

本日は
10:30 豪RBA議事録
15:00独生産者物価指数(PPI)
25:30プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
26:00ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演

まいど~まだ、ボケッとしてます

おそらく、需給だけで動いてるんで、頭で考えると、トレードできなくなります。

5月20日(火)のFX取引

・東京時間(9:30~10:55)
 米ドル/円(L)101.450→101.550=+10pips×1枚
・東京時間(10:35~15:45)
 ユーロ/ドル(L)1.37110→1.36998=-11.2pips×1枚


覚醒
あたし
しつこいぜ~
・欧州時間(17:30~18:40)
 ユーロ/ドル(L)1.36908→1.37008=+10pips×1枚
・欧州時間(18:10~21:15)
 ユーロ/ドル(L)1.36850→1.37050=+20pips×1枚
恋は盲目。
・NY時間(20:00~21:25)
 米ドル/円(L)101.331→101.431=+10pips×1枚
ユーロ円Lでよかったんじゃね~の?

ウソみたいな話を聞いたけど・・・オーストラリア格下げ”懸念”。らしい。
信じられん。
予算案のゴタゴタがあって、再選挙の可能性ありだって。
そういえば、半年くらい前に、首相が変わったんだったっけ。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


月曜か

本日は
08:50日本機械受注
16:00バイトマン独連銀総裁、講演
17:00メルシュ欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
18:00ユーロ圏建設支出
18:30クーレECB理事、講演
25:10ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁とフィッシャー米ダラス連銀総裁が金融政策について議論

まいど~ボケッとしてます

講演系の日はとくに苦手です。

5月19日(月)のFX取引

思っていたより、はやく、日経が崩れたな

・欧州時間(18:10~18:35)
 ユーロ/円(S)138.950→138.810=+14pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


面白いことを発見したんだけどね
あたし、ドル円L99.9%、ドル円S0.1%くらいのトレードです
勝ってます
2014年・・・ドル円105.44→101.44と4円下がっております
では、日足を見てみてみます
ローソクの陽線の日と陰線の日をカウントしてみます
1:1なんです^^
デイトレくらいなら、片方の方向に入っても、日柄を間違わなければ勝てます。
本来なら、両刀使いになりたいですね

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米国債利回り下落継続でドル売り
・ユーロ6月追加緩和の可能性でユーロ売り継続
・NYダウにやや高値つき感
・25日ウクライナ大統領選挙を控えて、リスクオンになりづらい

という展開でした

米株について
買われはしますが、上値ではすぐに利益確定売り
入るようになってきました
米株に上値余地が少ない状態になってきています
セルインメイ・・・
下値の方が余地が大きいことは、頭に入れておいた方がよさそうな時期になってます。

ウクライナ情勢について
長引いています。
5月にやや注意です。その日程
5月25日がウクライナ大統領選挙である
こういった日に向けて、ロシアの軍事介入が活発になる可能性があります。

来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです

中長期トレンドは株高。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第&ウクライナ情勢次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は13800-14400のレンジにおります
5月SQ値は14105円
14000円処で、ダブルボトムをつくっているので、下値は今のところ堅いですが、
わかりません。
直近は買い上がる理由に欠けるので、14000円割れを試しそうです。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

・中期的に見た場合の戦略
5月は、ドル円・クロス円の戻り売り
ただし、下押したところは、6月のGPIF買い出動に向けて
買い場探し

ようは、セルインメイ&ウクライナ情勢の売りVSGPIF期待の買い
25日までは厳しいけれど、6月GPIF実弾期待で下値では買いが入ります。

あっ 日銀会合がありますね
今回も、なにもないでしょう
期待もなさそうなので、無風通過ですかね

貿易赤字がやや縮小するかもなので
その場合、円高に揺れるかもです。

19日08:50機械受注
21日08:50貿易統計
21日時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
21日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見



米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

ただ、案外ドル買いが進みません
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.47-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

米国債利回り低下が止まりませんね
というか、米国だけでなく世界的に債券買い=利回り低下傾向にあります
なんでしょうかね??

米株は、セルインメイの時期ではあります
上値余地が小さい感じがします
なにかあれば、下方向のほうが余地が大きいです
季節的要因・・・頭に入れておいた方が、いいかもです。
ウクライナ情勢は知られていることなので、そんなに下げないです
むしろ、小さなことでも新しい売り要因が出てきたときの、反応には注意しておきたいです。

イエレンさんは
住宅状況に懸念を示しているみたいなんでね
住宅指標に注目が大きいです

あっ ヤバイ日発見したかも
米10年債入札(22日です)
当日、早いうちから入札前までドル安となる気がしています。

21日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月29日-30日分)
22日21:30米新規失業保険申請件数
22日23:00米中古住宅販売件数

22日23:00米景気先行指標総合指数
22日26:00米10年債入札
23日23:00米新築住宅販売件数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

6月追加緩和を織り込む形で、ユーロ売りとなってます
追加緩和の手としては
・小幅な利下げ
・マイナス金利導入
・欧州版QE導入
のどれかか、複数。
ユーロの戻り売りがいいんでしょう。
ECBとしては、ユーロドル1.36が適正と思っているだけなんでね
大体、織り込んだように、見えますがね。
なんとなく、ここから、戻りもありそうなんですけど。。。

19日16:00バイトマン独連銀総裁、講演
19日18:00ユーロ圏建設支出
20日15:00独生産者物価指数(PPI)
21日17:00ユーロ圏経常収支
21日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
22日16:00仏製造業PMI速報値
22日16:00仏サービス部門PMI速報値
22日16:30独製造業PMI速報値
22日16:30独サービス部門PMI速報値

22日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
22日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

23日15:00独国内総生産(GDP)改定値
23日17:00独Ifo企業景況感指数


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
今のところ、豪指標は良いですね
ただし、最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

直近では、こういった豪ドル高要因をいったん織り込んだ感があるので、
上値はやや重さはありますが、6月ユーロ追加緩和期待から、豪ドルは底堅そうです。

サイキン、中国指標の注目が薄れてきておりますが
一応、気にしておきます

22日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


豪ドル≧円≧ユーロ≧米ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

指標でやや動く程度で
日米の株価に左右されるくらいですかね

週前半はイベントが薄く、戻りを試すかもですな

25日のウクライナ大統領選挙を控えているので、
ドル円・クロス円の上値は重いと見ておいた方が良さそうです。
戻り売りがいいかな?
とくにドル円は売りの方がいいかもです。

毎度おなじみ、日銀会合当日は、万が一のサプライズために、ドル円の上に逆指値で買いは入れておきます。

・ドル円
 100.5~102.15
 5/18ドル円日足チャート 5/18ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 138.1~140.0
 5/18ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.2~95.7
 5/18豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.362~1.378
 5/18ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.930~0.940
 5/18豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.445~1.480
 5/18ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ダウがずいぶん下げたな
住宅指標の影響が大きいみたいだね

米金利が2.50%まで下がってきたけど
金利には、あまり反応しなくなってきたな

本日は
07:10イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
18:00ユーロ圏貿易収支
18:30クーレECB理事、講演
21:30米住宅着工件数&建設許可件数
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ポジション調整気味か?

5月16日(金)のFX取引

今日は用事があるんで、夜トレードするかも。

・NY時間~早朝時間(24:25~7:10)
 米ドル/円(L)101.372→101.561=+18.9pips×1枚
・早朝時間(8:20~8:30)
 米ドル/円(S)101.547→101.503=+4.4pips×1枚

反発力がなくなってきたな
NYダウの頭打ち感+
5/16ドル円日足チャート
日経14000円(ドル円=101円付近)での押し目買いとの戦いになりそうです
↑あたくし、変身するかもしれません。
\(\o-) ヘーン (-o/)ゝ シン!!! \(`O´)/ トウ!!

・欧州時間(17:50~20:10)
 米ドル/円(S)101.550→101.370=+18pips×1枚
・欧州時間(18:05~18:40)
 米ドル/円(S)101.580→101.530=+5pips×1枚
・欧州時間(18:55~19:20)
 米ドル/円(S)101.489→101.440=+4.9pips×1枚
下がるのいやだから、、、泣きながらトレードしてますぅ

おいっ 今日に限って、住宅指標が良好じゃね~か
・NY時間(21:30~21:35)
 米ドル/円(L)101.447→101.547=+10pips×1枚
いつも通り、信じてりゃヨカッタ。。。

・NY時間(22:10~22:20)
 ユーロ/ドル(L)1.37058→1.37138=+8pips×1枚
やっぱりお買い物が好きだな~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


予定を書いておくかな

下がる時は、どーでもいいと思ってるから
頑張って、売ってください。
目先は下がるから
こちら、拾いますから^^

残念ながら、売ろうか買おうが値幅は同じ
わしは勝ちます。

本日は
08:50実質国内総生産(GDP)速報値
13:25黒田東彦日銀総裁、講演
14:30仏国内総生産(GDP)速報値
15:00独国内総生産(GDP)速報値
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18:00ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値

21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米新規失業保険申請件数
22:15米鉱工業生産指数

23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

ダウ上昇は止まったようだね

5月15日(木)のFX取引

・前日欧州時間~東京時間(18:40~9:05)
 米ドル/円(L)101.777→101.680=-9.7pips×1枚
・前日NY時間(25:05~5:45)
 米ドル/円(L)101.777→101.888=+11.1pips×1枚
おっ お遊びポジが利確されていた^^
ぞろ目~ぞろ目

5.10日か パチ行きかけて、ポジって戻ってきた。
・東京時間(9:20~9:45)
 米ドル/円(L)101.740→101.820=+8pips×1枚
・東京時間(9:20~13:35)
 米ドル/円(L)101.740→101.860=+12pips×1枚

・東京時間(12:25~13:20)
 豪ドル/円(L)95.365→95.415=+5pips×1枚
・東京時間(12:50~15:50)
 米ドル/円(L)101.831→101.951=+12pips×1枚
・東京時間(13:25~13:55)
 豪ドル/円(L)95.438→95.498=+6pips×1枚
・東京時間(15:00~15:30)
 豪ドル/円(L)95.547→95.647=+10pips×1枚

・欧州時間(15:15~16:40)
 米ドル/円(L)101.942→102.066=+12.4pips×1枚
・欧州時間(16:15~16:20)
 豪ドル/円(L)95.699→95.799=+10pips×1枚

・NY時間(19:35~21:30)
 米ドル/円(L)101.922→102.002=+8pips×1枚
・NY時間(19:45~21:35)
 米ドル/円(L)101.940→102.060=+12pips×1枚
・NY時間(21:15~21:30)
 米ドル/円(L)101.864→101.964=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


NYダウ、史上最高値更新中。
ちまちまトレードで、つかれてます。
ダウの動きは見張ってないといけませんね

ドル円102.35が壁になってますね
そこから上は、10pごとに壁がありそうです。

なにかあれば、ストンと落ちそうなので、ストップはしっかり入れておきま~す

本日は
15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
16:45バイトマン独連銀総裁、レーン欧州委員、講演
17:30英雇用統計
18:00ユーロ圏鉱工業生産
21:30米卸売物価指数(PPI)
23:30EIA週間在庫統計

思っていたより、ユーロ追加緩和について、マジメに考えていそうなユーロ圏の要人様に
少し、驚いています。
まっ 小幅な利下げorマイナス金利or小QE しか手がないんですけどね~

バイトマンさんは、どう考えているんでしょう?

ユーロが動くくらいか。

5月14日(水)のFX取引

・前日早朝時間~欧州時間(7:10~17:10)
 米ドル/円(L)102.149→101.939=-20.1pips×1枚
・前日NY時間~欧州時間(22:30~17:40)
 米ドル/円(L)102.103→101.840=-25.7pips×1枚
しまったな、いいとこにストップ入れちまった。
日足見たら、もっと上だったな

スマトレ
・東京時間(9:55~10:35)
 米ドル/円(L)102.172→102.202=+3pips×1枚

なんか、また、FC2ブログのフォーマットが変わったな
何書体?

・欧州時間(17:00~17:05)
 ユーロ/ドル(S)1.37110→1.37060=+6pips×1枚
ユーロドル見てたらドル売りか。。。
嫌われてるな~ドル。
円よりドル買う方が、いいと思うんだけどな~
しょうがないね
リスク回避通貨が円と決まってるから なぜか。

情報を集めてみれば、ドルを売っているのは、「アジア中銀」という輩らしい。
ドル買い介入してるうちに、ドル持ちが増えちゃったんだって
なにやってんだよ

・欧州時間(18:40~)
 米ドル/円(L)101.777×1枚
スリーセブンGet 指値じゃないよ、目押しだよ
先週末、何度押そうと思ったことか。
先週、押しときゃよかった。

よくよく、振り返れば、今日、韓国がドル買い介入してたわ
だから、今日はドルが強いと、たかをくくっていたのは、反対だったみたい。

・NY時間(21:35~21:45)
 米ドル/円(L)101.838→101.888=+5pips×1枚
・NY時間(21:35~22:30)
 米ドル/円(L)101.812→101.905=+9.3pips×1枚

・NY時間(23:25~23:55)
 米ドル/円(L)101.740→101.820=+8pips×1枚

深夜になったら、スリーセブンを何度もお見かけする
その辺りで1pトレードでもしてます。


 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


相場についていこう。
NYダウ・・・史上最高値更新。

本日は
10:30豪住宅ローン件数
10:30豪住宅価格指数
14:30中国鉱工業生産
14:30中国小売売上高

15:00独卸売物価指数(WPI)
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数(予想61.2→結果55.1)
18:00独ZEW景況感指数(予想43.2→結果33.1
21:30米小売売上高(予想0.4→結果0.1

バイインメイってこともあるからね
みんなが売り準備していると売りきれなくなって、踏み上げ
もちろんセルにも注意。
買いきれなくなれば、落ちます。
どちらがホンモノかは、わかりません。

NYダウが17000ドルを超える気はしてませんがね
その時が1番危険だと思ってます。

あと、2014年は実は、米雇用統計~日本株SQ算出日
つまり、第1週金曜~第2週金曜までしか、売り込まれていないんです。
これが、今年のアノマリー?なのか??
個人的には注目してます。

とりあえず、あたしは、耐えて耐えてきたからこそ買っていきます^^

5月13日(火)のFX取引

・前日東京時間~東京時間(前日11:20~13:40)
 米ドル/円(L)101.948→102.314=+36.6pips×1枚
・早朝時間(7:10~)
 米ドル/円(L)102.149×1枚 ストップ101.84
・早朝時間(7:20~7:55)
 米ドル/円(L)102.166→102.216=+5pips×1枚

・欧州時間(15:20~16:10)
 米ドル/円(L)102.280→102.345=+6.5pips×1枚
・欧州時間(15:40~19:35)
 米ドル/円(L)102.285→102.285=+0pips×1枚

うわっ ユーロ指標・・・悲惨。
って、ユーロを売らず、ドル円を小さく買い下がる人。
・欧州時間(19:20~21:50)
 米ドル/円(L)102.255→102.182=-7.3pips×1枚

思った以上にユーロが下げていったのは、
独連銀が、マイナス金利導入を支持したから、らしいです。
ユーロ追加緩和・・・話半分に聞いてたけど、結構、マジメに考えっちゃってる
ユーロやばいかな?

ま いいや
おかげで、ドル円は堅調なハズ。

・NY時間(20:40~21:15)
 米ドル/円(L)102.285→102.345=+6pips×1枚
豪ドル円だったな

やべっ こっちも
・NY時間(21:30~21:35)
 米ドル/円(L)102.184→102.243=+5.9pips×1枚
欧米かっ

・NY時間(22:30~)
 米ドル/円(L)102.103×1枚
・NY時間(23:00~23:30)
 米ドル/円(L)102.123→102.223=+10pips×1枚

つかれてきた。。

・NY時間(24:00~26:35)
 米ドル/円(L)102.225→102.325=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


月曜は、動いてからかんがえよう。

本日は
08:50日本国際収支速報
10:30豪NAB企業景況感指数

ウクライナで、住民投票強行で、情勢がややあやしいようですが。

BO・・・今日から、GMOクリック証券のレートが、締切直前になると1000円→1000円だらけになりました
     使い物に、なりません。
     あやしげ
     あっ たまにチャンスありだわ。

5月12日(月)のFX取引

・東京時間(9:20~10:20)
 米ドル/円(L)101.918→102.000=+8.2pips×1枚
・東京時間(11:20~)
 米ドル/円(L)101.948×1枚 利確102.348

・欧州時間(16:20~18:20)
 豪ドル/円(L)95.440→95.540=+10pips×1枚
・欧州時間(16:50~17:20)
 米ドル/円(L)101.880→101.970=+9pips×1枚


無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)101.515×1枚(5/8・26:50~)利確102.165ストップ101.42
 ↑+65pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米国債入札を控えドル売り
・ECB理事会にて6月追加緩和の可能性示唆でユーロ売り
・やや5月のヘッジファンド決算に絡んだ売り仕掛けも見られる

という展開でした

米株について
買われはしますが、上値ではすぐに利益確定売り
入るようになってきました
米株に上値余地が少ない状態になってきています
セルインメイ・・・
下値の方が余地が大きいことは、頭に入れておいた方がよさそうな時期になってきました。

ウクライナ情勢について
長引いています。
5月にやや注意です。その日程
5月9日がソ連の対独戦勝記念日である
5月25日がウクライナ大統領選挙である
こういった日に向けて、ロシアの軍事介入が活発になる可能性があります。
セルインメイの理由付けにされるかも?

来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです

中長期トレンドは株高。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第&ウクライナ情勢次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14000-14600のレンジにおります
5月SQ値は14105円
14000円処で、ダブルボトムをつくっているので、下値は今のところ堅いですが、
わかりません。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

・中期的に見た場合の戦略
5月は、ドル円・クロス円の戻り売り
ただし、下押したところは、6月のGPIF買い出動に向けて
買い場探し

ようは、セルインメイ&ウクライナ情勢の売りVSGPIF期待の買い
25日までは厳しいけれど、6月GPIF実弾期待で下値では買いが入ります。

12日国際収支速報
15日08:50実質国内総生産(GDP)速報値
15日13:25黒田東彦日銀総裁、講演


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

ただ、案外ドル買いが進みません
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.56-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

2.56%はいまのところ割れません
そこを割れてきたときは、ドル安が進むんでしょう。
個人的には、すでに底打ちし、ドルの下値は堅くなりつつあると思ってますが。

米株は、セルインメイが迫ってきています
上値余地が小さい感じがします
なにかあれば、下方向のほうが余地が大きいです
季節的要因・・・頭に入れておいた方が、いいかもです。
ウクライナや中国バブル崩壊は知られていることなので、そんなに下げないです
むしろ、小さなことでも新しい売り要因が出てきたときの、反応には注意しておきたいです。

イエレンさんは、ここへきて急にハト派発言をしだしました
低金利政策は長期間続けていくとね
それで、ややドルが弱含んでおります
CPI予想値が高いですね
とうとう目標の2.0%に到達するか注目ですね
イエレンさんの思惑とは反対に早期利上げ観測が浮上すれば、ドル買いもありかも?

イエレンさんは
住宅状況に懸念を示しているみたいなんでね
住宅指標に注目が大きいかも?

13日21:30米小売売上高
14日21:30米卸売物価指数(PPI)
15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日21:30米消費者物価指数(CPI)(予想2.0%、前回1.5%)
15日21:30米新規失業保険申請件数
15日22:15米鉱工業生産指数

15日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
15日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
16日08:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
16日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
16日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)



ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

6月追加緩和を織り込む形で、ユーロ売りとなってます
ユーロの戻り売りがいいんでしょう。
ECBとしては、ユーロドル1.36が適正と思っているだけなんでね
ユーロが大きく崩れるといった印象はないです。

一応、消費者物価指数には注目しておきます。
追加緩和の手をいっても、小幅な利下げorQE導入しかないんでね
見透かされれば、ユーロ買戻しもあります

バイトマン講演にも注目しておきます
タカ派として知られておりましたが、QEの言いだしっぺです
ドラギ君に賛同するようなら、ユーロ売り加速か?

13日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
13日18:00独ZEW景況感指数

14日16:45バイトマン独連銀総裁、レーン欧州委員、講演
14日18:00ユーロ圏鉱工業生産
15日14:30仏国内総生産(GDP)速報値
15日15:00独国内総生産(GDP)速報値
15日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値(速報値0.5%)
15日18:00ユーロ圏GDP速報値

16日18:00ユーロ圏貿易収支


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
今のところ、豪指標は良いですね
ただし、最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

直近では、こういった豪ドル高要因をいったん織り込んだ感があるので、
上値はやや重さはありますが、6月ユーロ追加緩和期待から、豪ドルは底堅そうです。

12日10:30豪NAB企業景況感指数
13日10:30豪住宅ローン件数
13日14:30中国鉱工業生産
13日14:30中国小売売上高



豪ドル≧米ドル≧円≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

ドル円・豪ドル円の押し目買いで。
ただし、崩れたときは、即逃げます。
まぁ、戻り売りでもいいんでしょう。

ユーロクロスは戻り売りで。

・ドル円
 101.2~102.70
 101.96が注目ですね
 101.96を中心として上下のレンジを組み立ててみました。
 5/11ドル円日足チャート 5/11ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 138.8~141.4
 5/11ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.6~96.5
 5/11豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.364~1.384
 5/11ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.926~0.946
 5/11豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.440~1.480
 5/11ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス

保有ポジ:
 米ドル/円(L)101.515×1枚(5/8・26:50~)利確102.165ストップ101.42




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


耐える人
アホな人
下方向・・・知らぬ存ぜぬ。

本日は
10:30中国消費者物価指数(CPI)
10:30中国卸売物価指数(PPI)
15:00独貿易収支
17:30英貿易収支
17:30英鉱工業生産指数

中国指標しかありゃあせん
そんな金曜って。。。

まだ、下注意?

5月9日(金)のFX取引

昨日ね、なんか変なトレードしてると思ったら、、、
普段、5分足&15分足を見てるところを
15分足&15分足を見てた
今日の朝気づきました(笑)
ユーロが下げ続けてる感覚がなかった

・5/7NY時間~欧州時間(24:35~19:30)
 米ドル/円(L)101.656→101.756=+10pips×1枚
・前日NY時間(26:50~)
 米ドル/円(L)101.515×1枚
・前日NY時間~東京時間(26:50~10:50)
 米ドル/円(L)101.525→101.725=+20pips×1枚
・早朝時間(5:00~5:40)

 米ドル/円(L)101.550→101.600=+5pips×1枚
・早朝時間(5:00~6:10)
 米ドル/円(L)101.550→101.650=+10pips×1枚

5月SQ値14105円
日本株SQが重しになってたかな?
買い上がる理由もないから、そこまでかな?

あと、ホントは米金利は下げ止まってんだけどな~

・東京時間(9:30~9:45)
 米ドル/円(L)101.595→101.645=+5pips×1枚

・NY時間(21:40~21:55)
 米ドル/円(L)101.705→101.795=+9pips×1枚
・NY時間(22:00~22:15)
 米ドル/円(L)101.799→101.847=+4.8pips×1枚

来週も、ドル円は押し目買いだと思ってますよ^^
ユーロ自爆で、ドルと豪ドルにチャンスタイム(6月まで)
のハズ。。。
たぶん、ドラギ君がセルインメイの救世主??
その、ユーロもそんなに下げないと思ってます。

今、上値が重いのは、毎週のことで、ウクライナ情勢への警戒感。

24:00フィキシングの値ドル円101.70をみて、そう感じました。
101.65より上か下かに注目してたんだけどね
ドル円L持越しです。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


よくわかるのは、23:00~ドル売りか円買いが入りやすいってことか
あそこの、強制売りはなんなんでしょう?
大量の米国債買いが入っているのか?

本日は
10:30豪雇用統計
時間未定(11:00頃?)中国貿易収支
15:00独鉱工業生産
20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

21:30米新規失業保険申請件数
26:00米財務省、30年債(160億ドル)入札

豪・・・4日連続ネガティブとなるか?
いずれ、利上げだけど、まだ、遠い印象。

中国貿易収支が悪い気がしてるんだけどね~

ECB理事会
ユーロ利下げや追加緩和の思惑はなさそう。
万が一のアクションがあれば、ユーロがスッコーンと落ちます。
ないんじゃないかな?
思惑もないんで、ユーロ買いとなるかも微妙だね。

ECB理事会前にユーロが下値を試しにいくなら、買ってみます。

5月8日(木)のFX取引

・前日NY時間(24:35~)
 米ドル/円(L)101.656×1枚
・早朝時間~NY時間(8:15~26:15)
 米ドル/円(L)101.849→101.558=-29.1pips×1枚
・早朝時間(8:15~9:40)

 米ドル/円(L)101.855→101.915=+6pips×1枚
日本株が重すぎる。
あっさり、14200円回復かと、思い込んでた。
ドル円102円台に指値して待ってたけど

豪めっ 最後にいい指標が出てきやがった。
ここは、あせらず。
って、中国貿易収支まで、いい結果になっていた
豪ドル乗り遅れ。。。(泣)

・東京時間~NY時間(11:00~26:15)
 米ドル/円(L)101.810→101.558=-25.2pips×1枚
・東京時間(11:20~12:35)
 米ドル/円(L)101.830→101.880=+5pips×1枚

先に上値試しにいったか そっちのパターンか
・欧州時間(17:20~18:40)
 ユーロ/円(L)141.821→142.001=+18pips×1枚
なんだか、違うの お困りですぅ

・NY時間(21:35~21:35)
 ユーロ/円(L)142.126→142.267=+14.1pips×1枚
控え目すぎ?前回、狙いすぎて失敗してっからさ。
・NY時間(21:35~21:40)
 米ドル/円(L)101.722→101.822=+10pips×1枚

結局、ユーロ落ちたか。
「もし”必要であれば”6月行動できる」
勝手に6月追加緩和と思い込むのもどうかと思うけどね。
思い込むなら、もっとドルや豪ドルが強くなってもいいんだが?

ユーロドルよ
もっと落ちてくれ
ドル円のために。
短期筋が切っただけで
レンジに収まったら、ドル円のピンチ状態に変わりはない。。。

のに
・NY時間(24:05~26:15)
 米ドル/円(L)101.634→101.558=-7.6pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


安、継続。
投げ売り気味

ドルだけなんで、クロス円はヨコヨコしてる。

本日は
10:30豪小売売上高
10:45HSBC中国サービス業PMI
15:00独製造業新規受注

23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、議会証言
23:30EIA週間在庫統計
26:00米財務省、10年債(240億ドル)入札

ドル円、日足のトレンドライン(本日101.44辺り?)を割れて、101.20-30のストップロス発動するか?

5月7日(水)のFX取引

・前日NY時間~早朝時間(23:25~6:50)
 米ドル/円(L)101.580→101.730=+15pips×1枚
・前日NY時間(23:25~22:50)
 米ドル/円(L)101.580→101.930=+35pips×1枚
・前日NY時間~東京時間(25:30~9:05)
 米ドル/円(L)101.590→101.740=+15pips×1枚
・前日NY時間~早朝時間(25:35~7:00)
 米ドル/円(L)101.600→101.730=+13pips×1枚

豪指標・・・3連敗。
利上げをにおわす発言もなかった。
にもかかわらず、ドルと対の位置にいる豪ドルは底堅い。
だんだん、イラッとしてきた。
豪ドル円は、日足のトレンドライン(本日94.85辺り)を上抜けている
定石では、買いになるんだけど。。

・東京時間(10:50~11:05)
 豪ドル/円(S)94.930→94.880=+5pips×1枚
・東京時間(10:50~12:00)
 豪ドル/円(S)94.930→94.930=+0pips×1枚

怖いものみたさに、買ってみた
・欧州時間(15:40~21:25)
 米ドル/円(L)101.500→101.810=+31pips×1枚
・欧州時間(17:20~18:05)
 米ドル/円(L)101.508→101.558=+5pips×1枚
・欧州時間(20:00~20:20)
 米ドル/円(L)101.555→101.655=+10pips×1枚

・NY時間(22:30~23:10)
 米ドル/円(L)101.775→101.698=-7.7pips×1枚
・NY時間(22:30~22:50)
 ユーロ/円(L)141.828→141.998=+17pips×1枚

・NY時間(24:35~23:50)
 米ドル/円(L)101.638→101.738=+10pips×1枚
・NY時間(24:35~)
 米ドル/円(L)101.656×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


みどりの日?なんだったったけ?

本日は
みどりの日の振替休日で日本休場
10:30豪貿易収支
13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表
(予想:2.5%で据え置き)
16:50仏サービス部門PMI改定値
16:55独サービス部門PMI改定値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:30英サービス部門PMI
18:00ユーロ圏小売売上高
21:30米貿易収支
26:00米財務省、3年債(290億ドル)入札

調べた
昭和天皇様の天皇誕生日だったけど、
平成になって、移動しちゃったから
ゴールデンウィークのために、強引に作った日だった

その時の官房長官・・・小渕恵三さん
年号が変わったとき
「平成」って書かれた額をず~と立てていた人だね。
平成おじさん

はい。

米国債(10年物)=2.6%台回復
ウクライナ情勢が激しくなってきてますが、売り込みはしませんね

2日連続で悪い指標が出てくると、豪ドルが少々崩れるか?注目か?

5月6日(火)のFX取引

・東京時間(12:50~20:00)
 米ドル/円(L)102.030→101.840=-19pips×1枚

・東京時間(14:15~15:40)
 豪ドル/円(L)94.640→94.800=+16pips×1枚
・東京時間(14:50~20:00)
 米ドル/円(L)102.020→101.840=-18pips×1枚

コアラ見てたら、なんだか、ユーロが目の前を通り過ぎていった。
あいつ、足はえーんだよ
・欧州時間(16:20~17:15)
 豪ドル/円(L)94.790→94.940=+15pips×1枚
・欧州時間(17:20~18:10)
 豪ドル/円(L)94.901→94.901=+0pips×1枚
調子に乗りすぎた気がした。。

・欧州時間(19:00~20:00)
 米ドル/円(L)101.930→101.840=-9pips×1枚
ドル円に乗り換えのは、ミス。

( `ヘ´)
・NY時間(23:20~23:35)
 米ドル/円(L)101.552→101.652=+10pips×1枚
・NY時間(23:25~)
 米ドル/円(L)101.580×2枚
・NY時間(25:30~)
 米ドル/円(L)101.590×1枚
・NY時間(25:35~)
 米ドル/円(L)101.600×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


してることが多い
月曜は、毎週。

本日は
こどもの日の祝日で日本休場
10:30豪住宅建設許可件数
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数

たぶん、BOでこつこつやっておりますぅ

5月5日(月)のFX取引

どうしても、、、Lになるんです。
・欧州時間(15:30~16:45)
 米ドル/円(L)101.980→102.080=+10pips×1枚
逆立ちの練習でもしようかな~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なんだかね

BO・・・GMOクリック証券にて、こつこつ資金を増やし中。
     こうゆうの、性に合ってるかもしれない
     規制後のBOは、あたしのタイプかもしれないです。
     海外口座も考えててね、
     もう少し。お待ちください。

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・なんとなくリスクオン
・独CPIがやや弱でユーロ売り、からの
・ユーロ圏CPI=0.7%維持で、5月ユーロ利下げや追加緩和はないとの見方からユーロ買い
 ↑6月が有力らしいです。
・米GDPのネガティブサプライズでドル売り
・米雇用統計のポジティブサプライズでドル買い
・週末は、ウクライナ情勢への警戒感でリスク回避&ドル売り

という展開でした

終わってみれば、先週終値と今週終値は、ほとんど変わっていない。
3週間続いております

なにが起こっているのか?
上へ行きたいときでも、
以下の2点が重しになっている。

米株について
買われはしますが、上値ではすぐに利益確定売り
入るようになってきました
米株に上値余地が少ない状態になってきています
セルインメイ・・・
下値の方が余地が大きいことは、頭に入れておいた方がよさそうな時期になってきました。

ウクライナ情勢について
長引いています。
5月にやや注意です。その日程
5月9日がソ連の対独戦勝記念日である
5月25日がウクライナ大統領選挙である
こういった日に向けて、ロシアの軍事介入が活発になる可能性があります。
セルインメイの理由付けにされるかも?

以上から、いろいろな通貨ペアが、逆張り有効レンジ相場になってしまっている。
いずれ、ブレイクしますがね。(ドル円・クロス円の下へが有力)

来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです

中長期トレンドは株高。
長期的(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第&ウクライナ情勢次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14200-14900のレンジにおります
4月SQ値は13890円
目先の材料に14500を中心とした上下動か?
14000円処で、ダブルボトムをつくっているので、下値は今のところ堅いですが、
わかりません。
個人的には、”目先の”上値余地は小さく、戻り売りの時期に差し掛かっていると感じます。
戻り売りといっても、15200-15300辺りまで上値余地はあるんですがね

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

ただし、日本はゴールデンウィークです
国内輸入企業の円売りドル買い注文や、国内輸出企業の円買いドル売り注文が薄くなります
ドル円が上下のレンジをブレイクする可能性が高まる時期ではあります。
大きめのレンジでは101-104となってますが、どちらかというと、下方向のブレイクに注意かな?

日本株的には、国内企業決算への安心感や、米雇用統計での米景気回復への安心感から
ゴールデンウィーク明けに買いが入りやすいところではあります
しかし、週末9日へ向けたウクライナ情勢が重しになりそうです。

・中期的に見た場合の戦略
5月は、戻り売り場探し
ただし、下押したところは、6月のGPIF買い出動に向けて
買い場探し
個人的には、25日通過後を狙ってます

5日こどもの日の祝日で休場
6日みどりの日の振替休日で休場

7日08:50日銀金融政策決定会合議事要旨(4月7-8日分)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

ただ、案外ドル買いが進みません
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債(10年債)=2.6-2.8%を下割れて、2.5%台まできました
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

米金利・・・2014年の最低利回り付近です。
これ以上下がるか、この辺りでダブルボトムとなるのか?注目どころかもしれません。
ダブルボトムをつくっていくようだと、日本株同様、ドルの下値が堅くなるところではあります
セルインメイを通過して、米金利の低下が収まっていたら・・・ドル円L仕込みたいですね。
値頃でというより、時期をみて仕込みたいです。
目先は、ウクライナ情勢の9日までは、厳しいとはみてます。
25日通過後を、個人的には考えております。

米株は、セルインメイが迫ってきています
上値余地が小さい感じがします
なにかあれば、下方向のほうが余地が大きいです
季節的要因・・・頭に入れておいた方が、いいかもです。

今週から目立っていたのは、23:00~ロンドンフィキシング24:00にドル売り&米国債買い(米金利低下)
が入っていたこと
この時間は米国債の動きに注目しておきたい。
セルインメイだから、ウクライナ情勢があるから、と、米国債にお金を置いておいて
相場を遠くから見物でもしていよう感が、米投資家に広がっているか??

5日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
6日21:30米貿易収支
6日26:00米3年債入札
7日23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、議会証言
7日26:00米10年債入札
8日21:30米新規失業保険申請件数
8日26:00米30年債入札


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

デフレ(CPIの低下)により、ユーロ買いになってます
数年前までの日本と同じ状況になりつつあります。
数年前までは、日本はデフレで、円が買われる一方でしたね

ただし、追加緩和観測がくすぶっているので、上値はやや重いです。
ユーロ圏CPI=0.7%を維持したことで、5月ユーロ利下げや追加緩和はないとの見方からユーロ買い
となってます
とくに、何もない場合は、日本国内機関投資家のユーロ円での買いや欧州系のレパトリのユーロ買いはよく入る

注目はECB理事会
ユーロ利下げや追加緩和は想定されておりません
ドラギ君も、追加緩和は準備中であり、まだできないと言っております
ユーロ買いになるんじゃないかな~

ドラギ君・・・サプライズ好きなので、万が一の利下げや追加緩和を行う
可能性もあります
その場合は、ユーロが崩れます。

5日18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
6日18:00ユーロ圏小売売上高
7日15:00独製造業新規受注
8日15:00独鉱工業生産
8日20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
8日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

9日15:00独貿易収支


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました
ただし雇用はやや悪めです

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

年内~来春利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
ただし、最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
個人的には、米のセルインメイと同時期に中国バブル崩壊が来てもおかしくないとは
思っています。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

直近では、こういった豪ドル高要因をいったん織り込んだ感があるので、
上値は重いようです

ここサイキンは、落ち着いた動きになってますが、来週は豪指標が多いことから
自国の要因で動きそうですな。
ひとつひとつ、結果と値動きをみて、ついていくしかないです。

中国貿易収支には、注意しておきたい。

5日10:30豪住宅建設許可件数
5日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
6日10:30豪貿易収支
6日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想2.5%で据え置き)
7日10:30豪小売売上高
7日10:45HSBC中国サービス業PMI
8日10:30豪雇用統計
8日時間未定(10:00~11:00頃)中国貿易収支
9日10:30中国消費者物価指数(CPI)
9日10:30中国卸売物価指数(PPI)


ユーロ≧豪ドル≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

・ドル円
 101.3~103.75
 5/4ドル円日足チャート

・ユーロ円
 140.0~143.5
 なにもなければ、141.4や日足のトレンドラインをキープするかもしれません
 5/4ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 93.4~96.0
 豪のイベントが多いんで広めにとってあります
 日足の10SMAorトレンドラインを上抜け、支えられたら、買っていった方がいいのでしょう。
 トレンドラインを下抜けたら売っていった方がいいのでしょう。
 5/4豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.378~1.400
 5/4ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.913~0.937
 5/4豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.470~1.515
 5/4ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


今までで、最もシナリオがわからん雇用統計

本日は
08:30日本完全失業率
10:30豪卸売物価指数(PPI)
10:30豪住宅建設許可件数
16:50仏製造業PMI改定値
16:55独製造業PMI改定値
17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
17:30英建設業PMI
18:00ユーロ圏失業率
21:30米雇用統計
23:00米製造業新規受注

思惑がどうなっているのか?さっぱりだね
ギリギリまで、思惑の観察と情報を集めてから、トライするか考えるかな

発表前に、102円前半なら、素直に動くか?
思惑で、先買いになってたら、そこで頭打ちか?
って、感じか

動かないってことは、あり得る??
米長期金利が2.6%まで落ちてきてるから、101円台でもおかしくはないですぅ

5月2日(金)のFX取引

・前日NY時間~早朝時間(24:00~6:50)
 米ドル/円(L)102.289→102.329=+4pips×1枚
・前日東京時間~本日欧州時間(10:40~17:25)
 米ドル/円(L)102.190→102.480=+29pips×1枚
パチトレ、利確しておきました。

昼寝を経て
あやうく、寝過ごすところでした。
・NY時間(21:35~21:45)
 米ドル/円(L)102.856→103.000=+14.4pips×1枚
・NY時間(22:05~23:00)
 豪ドル/円(L)94.753→94.903=+15pips×1枚
あいかわらず利確優先が功を奏している。
戻りを売る勇気は、もともとない。

・NY時間(24:50~25:20)
 豪ドル/円(L)94.660→94.710=+5pips×1枚

結果がどうあれ・・・元通り。。。 でした~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


NYダウ、史上最高値更新。。。
為替を見ているとそうは見えない
どうしたもんか。

本日は
10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
10:30豪輸入物価指数
17:30英製造業PMI
21:30イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米個人消費支出(PCE)

23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
23:00米建設支出
フランス、ドイツ、レーバーデーで休場

中国PMI=予想50.5、前回50.3
50をキープできるか?
結果=50.4
サイキン、中国で波乱が起きぬだね。

5月1日(木)のFX取引

・早朝時間~東京時間(7:20~9:40)
 米ドル/円(L)102.230→102.280=+5pips×1枚

・東京時間(10:00~12:30)
 米ドル/円(L)102.180→102.280=+10pips×1枚

スマホエントリー、略してスマトレ、変換してみるとパチトレ
・東京時間(10:40~)
 米ドル/円(L)102.190×1枚
・東京時間~NY時間(10:40~23:00)
 米ドル/円(L)102.199→102.299=+10pips×1枚

ドル売りはなんだ?米GDPがそんなに重しになるとは思えないんだけど。
わし、なんか見逃してる??
・欧州時間(15:05~15:15)
 ユーロ/円(L)141.851→142.000=+14.9pips×1枚

・欧州時間(17:30~20:50)
 米ドル/円(L)102.183→102.283=+10pips×1枚
・欧州時間(18:20~21:05)
 米ドル/円(L)102.202→102.302=+10pips×1枚

なんだ、この動きは!アメ様?

・NY時間(23:30~25:15)
 豪ドル/円(L)94.802→94.896=+9.4pips×1枚
・NY時間(24:00~)
 米ドル/円(L)102.289×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1134)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
04 ≪│2014/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: