か?

本日は
08:50日本鉱工業生産速報
15:00独小売売上高指数
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
23:00米住宅販売保留指数

6月30日(月)のFX取引

・(6/27・13:40~本日9:50)
 米ドル/円(L)101.400→101.306=-9.4pips×1枚

・東京時間(12:40~13:50)
 豪ドル/円(L)95.385→95.485=+10pips×1枚
・東京時間(13:20~15:20)
 豪ドル/円(L)95.448→95.558=+11pips×1枚
・東京時間(15:00~15:10)
 豪ドル/円(L)95.439→95.489=+5pips×1枚

・東京時間(15:15~15:55)
 米ドル/円(L)101.333→101.433=+10pips×1枚
・東京時間(15:45~)
 米ドル/円(L)101.385×1枚

・東京時間(15:40~16:00)
 ユーロ/円(L)138.311→138.381=+7pips×1枚

・NY時間(22:15~23:00)
 ユーロ/円(L)138.460→138.560=+10pips×1枚
・NY時間(22:30~23:15)
 豪ドル/円(L)95.260→95.410=+15pips×1枚
・NY時間(23:40~23:45)
 豪ドル/円(L)95.428→95.510=+8.2pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


体調悪です。

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・先進国の株価に高値警戒感の利益確定売り
(ウクライナ・イラク情勢がごたごたしているので、ややリスク回避ともいえる)
・米GDPのネガティブによりドル売り
・独CPIが予想を上回り、ユーロ買い
(欧QEは10月以降との見方)
・月末週で、国内輸出企業のドル売り円買い

という展開でした

個人的には、まだリスクオン相場は継続だと思ってます
調整の範囲です

ドル安について
もしかしたら、GPIFが米国債を買っているんじゃないかと思ってます


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

中長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。
(サイキンは、株価の影響が薄いですがね)

来週に関しては
日本株は14800-15400のレンジにおります
6月SQ値は14808円
調整入り感と先高観で、もごもごしそうです。

・ボーナス時期に向けた。個人の株投資資金
・法人減税が来年度から行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測orなし)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

個人的には、
6月はGPIFが株だけを買っていたので、
7月は為替で外貨を買ってくれることを、待ちぼうけています。

30日08:50鉱工業生産速報
1日08:50日銀・企業短期経済観測調査(短観、6月調査)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.0%以上でしょうか。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.3%、イギリス国債=2.7%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.50%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.60付近をうろうろしております。
0.1%変動で、ドル円=60~80pips程度動くようです。

米株は、いったん調整入りしてますが、
まだ堅調そうです。

30日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
30日23:00米住宅販売保留指数
1日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
1日23:00米建設支出
2日21:15ADP全米雇用報告
2日23:00米製造業新規受注
2日24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
3日21:30米貿易収支
3日21:30米新規失業保険申請件数
3日21:30米雇用統計
3日23:00米ISM非製造業指数
4日米国(独立記念日)、休場


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が決定されました
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、いったん調整入りしてますが、
欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

数か月はQE導入する必要がないとのことで
ユーロの買戻しも入っております
QE導入は、デフレ(CPI)の数値によって判断されるそうです。
現在ユーロ圏CPI=0.5%

個人的には、買戻しがやや優勢とみてます。
あいかわらず、下が堅く、上も重そうです。
下の方が堅いですが。

独CPIが良好だったため、来週のユーロ圏CPIも良好であろうと、ユーロが買い戻されてますね
ユーロ圏CPIでまた、どちらかに動きそうです。

注目はECB理事会
今回は政策変更は予想されてません
ドラギ君が前回の利下げの効果について、なにか発言するくらいでしょうか?

30日15:00独小売売上高
31日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
1日16:55独雇用統計
1日18:00ユーロ圏失業率
3日18:00ユーロ圏小売売上高

3日20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表(予想:0.15%で据え置き)
3日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

4日15:00独製造業新規受注


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪経済状況だけでは、これ以上買い進む理由はないですが
欧州からの資金流入期待&今後の利下げはなし感もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

中国指標について
良好であると、いったん買われますが、逆に中国の金融緩和期待剥落で後に下落という相場になるんですね
反対に、悪い場合、いったん売られますが、逆に中国の金融緩和期待浮上で後に上昇という相場になるんですね
これは
今後、覚えておいて損はなさそうです。

あいかわらず、下が堅く、上も重そうです。
下の方が堅いですが。

1日10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
1日10:45HSBC中国製造業PMI改定値
1日13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:2.50%で据え置き)
2日10:30豪貿易収支
3日10:00 スティーブンスRBA総裁講演
3日10:30豪小売売上高

3日10:30豪住宅建設許可件数


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

重要指標に一喜一憂するだけかと。
とくに、米雇用統計はただのイベントであり、
よほどのことがない限り、後の相場に影響を与えない
(単発の米雇用統計だけでは、米の金融政策に変更がない)

げっ?ECB理事会と、米雇用統計が重なってる

リスクオン相場に変化はないと見てますので、
ドル円・ユーロ円・豪ドル円の押し目買いで。

高値を追わずとも、上記3つのうち
なにかが上がれば、なにかは下押してきます。
タブン。。。

そんな通貨バランスになってますので、下押してきたペアを押し目買い→こつこつ利確かと。

別に、戻り売りでもいいけど。

週末金曜が米国休場なんで、月初の割に案外動きが小さかったりするかも?

・ドル円
 100.75~102.35
 6/29ドル円日足チャート

・ユーロ円
 137.7~139.9
 6/29ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.8~96.5
 6/29豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.356~1.370
 6/29ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.933~0.948
 6/29豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.435~1.465
 6/29ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)101.400×1枚(6/17・13:40~)利確101.94ストップ101.31




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


おそようございます。

本日は
21:30米新規失業保険申請件数
21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ライン2つ下割れました
お気を付け遊ばせ~ ボク
6/27ドル円日足チャート
保合い下抜けに近い。

6月27日(金)のFX取引

・前日NY時間~本日東京時間(24:20~12:05)
 米ドル/円(L)101.550→101.469=-8.1pips×1枚
・前日NY時間~本日早朝時間(25:00~5:15)
 豪ドル/円(L)95.558→95.758=+20pips×1枚

・東京時間(13:40~)
 米ドル/円(L)101.400×1枚
・欧州時間(16:05~17:05)
 米ドル/円(L)101.353→101.433=+8pips×1枚

・NY時間(21:15~21:40)
 ユーロ/円(L)138.079→138.162=+8.3pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


動き継続。

本日は
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米個人消費支出(PCE)

26:00米財務省、7年債(290億ドル)入札

ちょっと、体調不良です。
寝込んでおります。

6月26日(木)のFX取引

・(6/25・23:45~本日22:50)
 米ドル/円(L)101.764→101.580=-18.4pips×1枚
・(6/25・24:20~本日22:50)
 米ドル/円(L)101.779→101.580=-19.9pips×1枚

・東京時間(9:50~11:00)
 米ドル/円(L)101.700→101.760=+6pips×1枚

・東京時間(14:10~15:25)
 豪ドル/円(L)95.704→95.775=+7.1pips×1枚

・NY時間(20:20~21:10)
 米ドル/円(L)101.735→101.785=+5pips×1枚

さすがに、米指標は起きなあかん
なぜ? か 拾ってみる
・NY時間(21:45~22:05)
 米ドル/円(L)101.666→101.716=+5pips×1枚
やばい。戻らん。
月末要因でユーロ売りか?
ユーロドルの下落で、かろうじて助かっているだけ
からの・・・

・NY時間(22:50~25:00)
 米ドル/円(L)101.525→101.660=+13.5pips×1枚
・NY時間(23:10~23:20)
 米ドル/円(L)101.555→101.618=+6.3pips×1枚
誰に、なんと言われようが・・・買う。
・NY時間(24:20~)
 米ドル/円(L)101.550×1枚

・NY時間(24:40~24:45)
 ユーロ/円(L)138.175→138.285=+11pips×1枚
月末フローに振らされすぎ
チクショー 頭イタイ

・NY時間(25:00~)
 豪ドル/円(L)95.558×1枚
・NY時間(25:40~26:25)
 豪ドル/円(L)95.600→95.660=+6pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ちょっと、弱いな~

円安には、なかなかならないのだろうか?

書くことが、なくなってきた。

本日は
15:00独消費者信頼感指数
21:30米耐久財受注額
21:30米国内総生産(GDP)確定値

26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札

6月25日(水)のFX取引

・欧州時間(15:05~15:50)
 ユーロ/円(L)138.695→138.805=+11pips×1枚
・欧州時間(15:30~17:40)
 豪ドル/円(L)95.398→95.545=+14.7pips×1枚

米GDP・・・やばい。。。
・NY時間(21:30~21:55)
 豪ドル/ドル(L)0.93799→0.93949=+15pips×1枚

戻る?
・NY時間(23:45~)
 米ドル/円(L)101.764×1枚
・NY時間(24:20~)
 米ドル/円(L)101.779×1枚
戻れっ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ちょっと、弱いな~

前倒しで
今日、成長戦略の閣議決定らしい
すでに、ポジション調整的な売りが、株とドル円に入ってますが・・・
失望するでしょうか?

本日は
17:00独Ifo企業景況感指数
22:00米住宅価格指数
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00米新築住宅販売件数
26:00米財務省、2年債(300億ドル)入札

6月24日(火)のFX取引

調整売りの調整で買い戻し。。。
・東京時間(12:45~13:40)
 米ドル/円(L)101.891→101.941=+5pips×1枚
・欧州時間(15:30~16:25)
 米ドル/円(L)101.968→102.007=+3.9pips×1枚

成長戦略発表で、ひさびさ安倍っちの登場に、
やや、利益確定売りが入る程度で・・・

・欧州時間(19:05~21:20)
 米ドル/円(L)101.875→101.940=+6.5pips×1枚

・NY時間(22:25~23:00)
 米ドル/円(L)101.900→101.977=+7.7pips×1枚
・NY時間(22:50~23:10)
 米ドル/円(L)101.947→102.077=+13pips×1枚
米指標ギャンブルしたけど、チャート的にいけるとふんでいた
利確どころを、間違っちゃったけど。
米ドルの関門は、明日のGDPだと思ってますが



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うん

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
15:00黒田東彦日銀総裁、講演
16:00仏製造業PMI速報値
16:00仏サービス部門PMI速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

23:00米中古住宅販売件数

ある程度、指標で動くかもね

6月23日(月)のFX取引

お休みと決め込んでいる。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・欧州版QE導入は数か月はないとのことで、ユーロ買戻し
・FOMCにて、低金利政策継続示唆で先進国の株価は堅調

という展開でした


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

中長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。
(サイキンは、株価の影響が薄いですがね)

来週に関しては
日本株は15000-15700のレンジにおります
6月SQ値は14808円
株価の方は、GPIF&成長戦略への期待感&欧州追加緩和による金余り相場で堅調そうです

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
6月27日の成長戦略
・法人減税が来年度から行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

27日の成長戦略で、一旦、株価が材料出尽くしという形で、利益確定売りに押されるかもしれませんね
その場合は、ドル円・クロス円注意が必要かも?
個人的には、春先に逃げそびれた現物株の整理を、来週しようと思っています。
次の買い時は、きっと晩秋にありそうですから^^

27日08:30完全失業率
27日08:30全国消費者物価指数(CPI)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.0%以上でしょうか。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.4%、イギリス国債=2.7%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.60%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.60付近(2.55~2.65)をうろうろしております。

米株は、欧州追加緩和による金余り相場で底堅そうです。
17000ドル・・・超えるかもしれませんね

指標では
GDPでのネガティブとインフレ率(PCE)でのポジティブが意識されやすいか?

23日23:00米中古住宅販売件数
24日22:00米住宅価格指数
24日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
24日23:00米消費者信頼感指数
24日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
24日23:00米新築住宅販売件数
24日26:00米財務省、2年債(300億ドル)入札
25日21:30米耐久財受注額
25日21:30米国内総生産(GDP)確定値
25日26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札
26日21:30米新規失業保険申請件数
26日21:30米個人消費支出(PCE)

26日26:00米財務省、7年債(290億ドル)入札
27日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が決定されました
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?
ドイツ株指数がとうとう10000の大台に乗せましたね

ただし、数か月はQE導入する必要がないとのことで
ユーロの買戻しも入っております
QE導入は、デフレ(CPI)の数値によって判断されるそうです。
現在ユーロ圏CPI=0.5%

独CPIで何かあれば、ユーロが大きく動くかもね

個人的には、買戻しがやや優勢とみてますが。

23日16:00仏製造業PMI速報値
23日16:00仏サービス部門PMI速報値
23日16:30独製造業PMI速報値
23日16:30独サービス部門PMI速報値
23日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
23日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
24日17:00独Ifo企業景況感指数

25日15:00独消費者信頼感指数
27日21:00独消費者物価指数(CPI)速報値


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪経済状況だけでは、これ以上買い進む理由はないですが
欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

23日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

基本的に、米国債利回りで、ドルが上下に振れているだけで、小動きかと。

リスクオン相場ですので、
ドル円・ユーロ円・豪ドル円の押し目買いで。

高値を追わずとも、上記3つのうち
なにかは、しれ~っと下押してきます。
タブン。。。

そんな通貨バランスになってますので、下押してきたペアを押し目買い
→戻ったところでこつこつ利確が楽かと。

※チャートはね、先週と同じところにトレンドラインが引いてあるので、割愛。

・ドル円
 101.5~102.65

・ユーロ円
 137.7~139.9

・豪ドル円
 94.8~96.5

・ユーロドル
 1.353~1.368

・豪ドルドル
 0.930~0.948

・ユーロ豪ドル
 1.435~1.465


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


のポジション調整くらいか
株価に反応しなくなった為替は、いったいどうしていいかわからない

ドル円が米国債利回りにしか反応しなくなった今
日経は近いうち16000円目指すといわれている。
ドル円105円方向に向かってもいいものが、その気配まるでなし。

ドル円の功罪は5月にあった
あの時、100円割れにいかなくてはならなかった
ロンガーからしても、100.8で折り返してきたのが不思議だった
5月からおかしくなったね。

まだ、わかりませんが。

本日は
15:00独生産者物価指数(PPI)
17:00ユーロ圏経常収支
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

イベントのない金曜
一応、イラク情勢があるので、こまるね

6月20日(金)のFX取引

お休みの可能性あり。

これはやっておこう。
きのうに続いて、ユーロのびびり買い
・欧州時間(17:05~17:40)
 ユーロ/円(L)138.735→138.805=+7pips×1枚
・欧州時間(17:50~18:10)
 ユーロ/円(L)138.786→138.880=+9.4pips×1枚

やべっ 記事を書いた途端、米国債利回りじりじり上昇でドル高
遅ればせながら
・NY時間(21:40~22:00)
 米ドル/円(L)102.064→102.134=+7pips×1枚
ちょこちょこ相場に参加することにする。

なんで、フィキシング前は、売らなきゃ気が済まないのだろうか?
・NY時間(24:00~24:10)
 ユーロ/円(L)138.666→138.751=+8.5pips×1枚
顧客注文があるからか。

結局、トレードしちまった。
ただ今、ユーロがお気に入り。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


上がらんかった
ドル円
NYダウは上げていったけど
上げたのは、豪ドルだけ
そう、米債券高がくっついてきた。

本日は
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

23:00米景気先行指標総合指数

今日、日本人が、ドル円を買ってくれるだろうか?
と期待していたけど。

6月19日(木)のFX取引

・(6/11・20:30~本日10:50)
 米ドル/円(L)101.888→101.968=+8pips×1枚
・(6/17・12:40~本日10:50)
 米ドル/円(L)101.955→101.968=+1.3pips×1枚

日本株高ではあるので
101.85辺りは堅そうだが、、、あきらめた。

・欧州時間(15:10~15:25)
 ユーロ/円(L)138.555→138.655=+10pips×1枚
・欧州時間(17:00~17:10)
 ユーロ/円(L)138.648→138.723=+7.5pips×1枚
おひさしぶりユーロをビビり買い。
今、まだリスクオンだけど、なんとなくイエレンからのプレゼントみたいになってるけど
世界的に株価がいっぱいいっぱいが近いかもね。。。

5.10日にむけてはドル買いがはいるかな~と
・NY時間(26:05~26:15)
 米ドル/円(L)101.860→101.960=+10pips×1枚
もっとはやく気づけばよかった。
フィキシング辺りでぽちっとね。

睡眠のサイクルがFOMCからおかしくなりました。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


待ちか?

本日は
18:00ユーロ圏建設支出
21:30米経常収支
27:00FOMC、終了後政策金利発表
27:00FOMC、経済・金利見通し発表
27:30イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見


イベント1つ。
金利見通しが重要そうだね。

先に、ドル買い&米国債利回りが上昇してるんで、どうなるかわかりませんが
米国債2.65%、日経15000円にしては、ドル円の位置が低いと思っているのは
わたしだけでしょうか?

6月18日(水)のFX取引

・(6/11・20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・(6/17・12:40~)
 米ドル/円(L)101.955×1枚

・NY時間(26:50~27:00)
 米ドル/円(L)102.120→102.250=+13pips×1枚
・NY時間(27:00~27:05)
 米ドル/円(L)102.051→102.251=+20pips×1枚

FOMC・・・ノーサプライズだな
気に食わんのは、利上げはタブン2015年内と言ってるけど
経済指標次第ということに、戻ったということだ。
インフレ目標2.0%ってのは、あるみたいだね。

新しいことは
今年後半に出口戦略の説明をするってとこか。
タブン、リバースレポのことだろう。

で、反応は?
株高・債券高。。。
よって、いつのまにか、豪ドル高。。。
このさぁ、債券高(利回り低下)ってやつは、、、なんなのぉ

なんか、ドル円が上がらない相場環境を見せつけられたような気がする。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


した。
フラッシュプレイヤーだかのダウンロードにえらい時間がかかった
コレがないと、チャートが動かんかった。

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米住宅着工件数&建設許可件数


ちょっと、流れが変わってきましたか?
豪ドルが調整気味
→相対的に、ユーロと米ドルが強くなる。

原因が逆か
ユーロ追加緩和が数か月はないとのことで、ユーロが強くなったらしい

6月17日(火)のFX取引

・(6/11・20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・(6/16・14:30~11:00)
 米ドル/円(L)101.777→102.057=+28pips×1枚

・東京時間(9:35~10:40)
 米ドル/円(L)101.886→101.956=+7pips×1枚

・(6/17・12:40~)
 米ドル/円(L)101.955×1枚
また、955をポジってもうた。

・欧州時間(16:40~16:55)
 米ドル/円(L)101.975→102.031=+5.6pips×1枚

・NY時間(21:30~21:35)
 米ドル/円(L)102.056→102.126=+7pips×1枚
下からなら
・NY時間(22:40~23:00)
 豪ドル/円(L)95.365→95.437=+7.2pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


戦闘激化

窓空けにびびってたけど、

本日は
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15米鉱工業生産指数
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数

やっぱり下からなのかな~

6月16日(月)のFX取引

・(6/11・20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・(6/13・21:30~本日12:40)
 米ドル/円(L)101.955→101.790=-16.5pips×1枚

・東京時間(8:35~9:45)
 米ドル/円(S)101.987→101.920=+6.7pips×1枚

・東京時間(14:30)
 米ドル/円(L)101.777×1枚
・欧州時間(15:30~16:20)
 米ドル/円(L)101.795→101.915=+12pips×1枚
・欧州時間~NY時間(16:05~22:20)
 米ドル/円(L)101.849→101.892=+4.3pips×1枚
いや~重い。

・NY時間(23:00~23:05)
 豪ドル/円(L)95.668→95.750=+8.2pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


名古屋FXオフ会に参加してきました~
もう4回目の参加になるのかと、自分でびっくりしております。

出てきた料理の写真は、ファイルサイズが大きくて、アップロードできない
と、ブログに出てきました。
あきらめました。
他の方のブログに載っているでしょう。

今回のメンバー様
D76さん(ヘッドさん)・・この会の幹事様です
            自宅のヘッドホンがいい感じらしいです。
            (※若干内容を修正しております)
アールパパさん(上司マン)・・昔、働いていた会社の上司に似ている
               話が面白すぎて、おかしいね。            
motochさん(美声マン)・・毎回、動画かブログの不具合をぶつぶつゆってる。
チャミーさん(おちゃめさん)・・仕込んできた手品を披露
                なんだかおちゃめなんです。実は。
ファームさん(ももマン)・・が1人若くて、たたずまいがスマートです
              花粉症は大変ですね。
              ももクロふぁん?
くるりさん(ふわふわ姫)・・どこへでも飛んでいく可憐な女性
              ふわふわ素敵です
              今回こそ、プレゼントの写真がブログに載ってるのかな~
今回は
東京からお越しの、くるりさんのお友達
ゆずはさん(こもり姫)・・普段は、お仕事とトレードで自宅こもっていることが多いそうです

と、わたくし、ビスケトの8名です。

キーボードで名前を打ったら、勝手にね、あだ名がついてきました。
ご不満のある方は、ご一報、よろしくですm(_ _)m
と同時に、これからも、よろしくです。

・事件
 あれっ とくには・・・
 少しFXの話と、くだらない話と、くだる話
 みんな、いい人で楽しい会です


次回は、8月23日(土)です。
幹事様のご希望により、だんだん、この会の輪を広げていきたいそうなので
もし、興味のある方は、次回からの参加、お待ちしておりま~す

宣伝。


料理の写真。できました。そう縮小です
101104105
106107109
111112113


名古屋オフ会にいってきま~す
たのしみだな~

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・先週のECB理事会でのユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾で、
 ユーロ売り継続
・やはりユーロ売りポジがたまっているので、ユーロ買戻しもある
・日経SQ算出日に向けて、日本株売り
・からの、SQ通過で買戻し
・ダウはサッカーW杯を控えて?、または、イラク情勢で利益確定売り

という展開でした

う~ん
ウクライナ情勢に続いて、イラク情勢が出てきましたか
相場は、こういった地政学リスクに強くなってきたように思いますがね
リスク回避の株安→円高となるか?
イラクの場合、原油高→円安となるか?


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

中長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中東情勢次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14750-15500のレンジにおります
6月SQ値は14808円
株価の方は、GPIF&成長戦略への期待感&欧州追加緩和による金余り相場で堅調そうです
SQを通過して反発していることから、SQ値が下支えになりそうです。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・6月末の成長戦略
・法人減税が来年度から行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

18日08:50貿易統計


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.60%
米国だけでなく世界的に債券買い=利回り低下傾向にありました
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
米国債利回り低下傾向は止まったようにも見えます。
ユーロ圏にシフトしたんですかね。

米株は、欧州追加緩和による金余り相場で底堅そうです。

注目はFOMC
QE(量的緩和)縮小100億ドルの予想ですね
規定路線なので、反応はないでしょう
サプライズの反応になりそうなのは、
リバースレポ(国債と引き換えに市場から資金を吸収)の協議がされるかもとのことです
利上げの前に、金利を操作していきたいみたいです
上げるってことだよね
個人的には、ドル高要因になるとおもってます。
相場もそんな準備を少し前から始めているようで、米金利に下げ止まり感があります。

サイキン、米指標が惨敗ですね
ドルを買おうとしても、指標を見て、なえているといった印象の値動き。

16日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
16日22:15米鉱工業生産指数
16日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
17日21:30米消費者物価指数(CPI)
17日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
18日21:30米経常収支
18日27:00FOMC、終了後政策金利発表
18日27:00FOMC、経済・金利見通し発表
18日27:30イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

18日21:30米新規失業保険申請件数
18日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

18日23:00米景気先行指標総合指数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が決定されました
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます

また、ユーロ圏要人から、さらなる追加緩和をするとの発言が聞こえてきますので
ユーロは弱そうですね。

個人的には、むつかしいな~と思っていて、あまり見てないです
QE導入を催促するために、逆にユーロを買う仕掛けが入ることもありますので。

16日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
17日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
17日18:00独ZEW景況感指数

18日18:00ユーロ圏建設支出
20日15:00独生産者物価指数(PPI)
20日17:00ユーロ圏経常収支
20日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字だけ欠点がついてしまっていますが。
雇用もなかなか安定しませんが。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪経済状況だけでは、これ以上買い進む理由はないですが
欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

他通貨を積極的に買いづらい状況なので、豪ドルは、売り材料に反応しにくく、押し出されやすい状態です。
GDPの伸びの影響が大きいともとれます。

17日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨


豪ドル≧米ドル≧円≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

金利相場になってきましたね

イラク情勢に気をつけて
ドル円・豪ドル円の押し目買いで。

FOMCをきっかけに、ドル相場に流れが出るか?注目か。

※チャート分析は日曜更新

・ドル円
 101.2~103.0
 6/15ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.8~139.4
 6/15ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.8~96.9
 6/15豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.340~1.364
 6/15ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.930~0.948
 6/15豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.414~1.465
 6/15ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 米ドル/円(L)101.888×1枚(6/11・20:20~)利確102.818ストップ101.41
 米ドル/円(L)101.955×1枚(6/13・19:15~)利確102.355ストップ101.79




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だけ売り
まだ続くのか?
死亡フラグなのか?

明日、名古屋FXオフ会でしたね

本日は
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
13:30日本鉱工業生産確報
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
14:30中国鉱工業生産
14:30中国小売売上高

15:00独CPI改定値
18:00ユーロ圏貿易収支
21:30米卸売物価指数(PPI)
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)

巷では、13日の金曜で、ドルが売られやすいと聞くけど。。。

週末のポジション調整がどっちかだね

6月13日(金)のFX取引

6月SQ値14808円
SQが日本株の安値になれるか?

・(6/11・19:20~本日22:05)
 米ドル/円(L)102.058→102.128=+7pips×1枚
・(6/11・20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・6/12NY時間~東京時間(27:00~13:40)
 米ドル/円(L)101.666→101.936=+27pips×1枚
・6/12NY時間~東京時間(27:15~9:40)
 米ドル/円(L)101.650→101.805=+15.5pips×1枚

何もなくても、日銀会合後、上がるドル円。
・東京時間(11:40~11:50)
 米ドル/円(L)101.783→101.815=+3.2pips×1枚
小さかった

・東京時間(12:50~13:10)
 米ドル/円(L)101.815→101.916=+10.1pips×1枚
思った以上に日本株が上げていったな
不当に1週間売られていたとも言える。
・東京時間(14:35~15:10)
 豪ドル/円(L)96.015→96.145=+13pips×1枚

・欧州時間(18:30~19:00)
 米ドル/円(L)101.898→101.968=+7pips×1枚

・NY時間(20:20~20:45)
 豪ドル/円(L)95.728→95.818=+9pips×1枚

・NY時間(21:30~)
 米ドル/円(L)101.955×1枚

週持越しで。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ダウが下げたね

本日は
10:30豪雇用統計
15:00独卸売物価指数(WPI)
15:45仏経常収支
15:45仏CPI
18:00ユーロ圏鉱工業生産
21:30米小売売上高
21:30米輸入物価指数
21:30米新規失業保険申請件数

カンケーね~けど。
ドル円は、日経平均+米金利だから。

日経も、ダウにつられて下がるんだけど。

6月12日(木)のFX取引

・(6/11・19:20~)
 米ドル/円(L)102.058×1枚
・(6/11・20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・(6/11・26:15~本日9:15)
 米ドル/円(L)101.977→102.037=+6pips×1枚

豪雇用統計・・・4800人減
重要指標の割に、動きが小さくて、スルー
ちょっと、豪ドルを買う理由が、なくなりつつあるのも気になる。
いまのところ、欧QE期待の投機的な豪ドル買い優勢だけども。
いや、この反応は、失業率のほうが、大事なのか?
わからん。

・東京時間(10:50~11:15)
 米ドル/円(L)102.051→102.091=+4pips×1枚

・東京時間(15:45~15:50)
 豪ドル/円(L)95.800→95.890=+9pips×1枚
豪ドル買い継続か。
豪ドルの上へ引きついていく力がすごいね。磁石がある。
さよなら~
もしかしてダケド、豪ドルドル1.0に戻る?
豪ドルの歴史を振り返ってみると
リーマンショックで急落~米QE導入で上昇~米QE縮小示唆で続落
今度は、欧QE導入で上昇か?
月足みると、そんな地合い。
6/12豪ドルドル月足チャート
豪経済だけでは、まだいくようには思えないし
スティーブンスの言い分もわかるけど。

・東京時間(15:45~16:05)
 米ドル/円(L)102.050→102.100=+5pips×1枚
あたしのドル円は下に磁石がある??
・欧州時間(18:50~20:00)
 米ドル/円(L)102.000→102.075=+7.5pips×1枚

米指標で、ドルが。。。
・NY時間(21:35~22:50)
 豪ドル/ドル(L)0.94124→0.94225=+10.1pips×1枚

いつまでも、苦しい。
ドル円上昇の兆しは近いと思っているのは、まぼろしか?

・NY時間(24:00~26:05)
 米ドル/円(L)101.833→101.787=-4.6pips×1枚
・NY時間(25:50~26:05)
 米ドル/円(L)101.865→101.787=-7.8pips×1枚

↓コレがあったらしい
26:00米財務省、30年債(130億ドル)入札

ダウが2日連続下げてるけど、ヤバイのか?
サッカーW杯前の利確だけか??

・NY時間(27:00~)
 米ドル/円(L)101.666×1枚
・NY時間(27:15~)
 米ドル/円(L)101.650×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


のない相場になってきた。

本日は
08:50日本法人企業景気予測調査
17:30英雇用統計
18:00メルケル独首相、ドラギECB総裁、講演
23:30EIA週間在庫統計

ユーロ売りが主流みたいだね

小さくても、含み損が1コ増加
そんなときは、危険が近かったりするけど・・・

6月11日(水)のFX取引

・(6/9・10:30~本日20:10)
 米ドル/円(L)102.515→101.999=-51.6pips×1枚
・(6/10・24:00~本日20:10)
 米ドル/円(L)102.385→101.999=-38.6pips×1枚
・東京時間(9:15~9:20)
 米ドル/円(L)102.341→102.381=+4pips×1枚

・東京時間(12:20~12:50)
 豪ドル/円(L)95.953→95.993=+4pips×1枚

ドル円・・・
ココで、下に来るとは、思ってもなかった
日足ライン支えに買おうか考えてたら、下割れしちまった。
わし、もうダメか?
耐えどころだと思ってるのは、わしだけ?

・欧州時間(19:20~)
 米ドル/円(L)102.058×枚
・NY時間(20:30~)
 米ドル/円(L)101.888×1枚
・NY時間(21:00~22:50)
 米ドル/円(L)101.950→102.061=+11.1pips×1枚

なにが、ドル売りにさせてる?
↓コレか?
26:00米財務省、10年債(210億ドル)入札

・NY時間(24:50~25:20)
 米ドル/円(L)101.926→101.966=+4pips×1枚
・NY時間(26:15~)
 米ドル/円(L)101.977×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円102.66~102.47
デリケートな場所
あたしの心もデリケート

本日は
10:30豪NAB企業景況感指数
10:30豪住宅ローン件数
10:30中国消費者物価指数(CPI)

10:30中国卸売物価指数(PPI)
15:45仏鉱工業生産指数
17:30英鉱工業生産指数
25:00スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、サンフランシスコで講演

きのう、スティーブンスを1時間ほど待ってたけど、登場せず。
眠い。

円安には、なかなか進みそうにないな~

6月10日(火)のFX取引

・(6/9・10:30~)
 米ドル/円(L)102.515×1枚

豪ドル・・・指標のかたまりで、小さく下げて、小さく上げて、小さく下げて、
次の上がりっぱなでL
・東京時間(10:45~11:00)
 豪ドル/円(L)95.779→95.831=+5.2pips×1枚
日経の下げがきつい
トレードしたくねぇ

リスク回避じゃねぇ
SQを控えた、日本株だけの需給整理
そんなもんは、迎え撃ち( `ヘ´) (してみたい。)
・東京時間(15:30~16:50)
 豪ドル/円(L)95.807→95.860=+5.3pips×1枚
・東京時間~NY時間(15:55~23:25)
 米ドル/円(L)102.270→102.400=+13pips×1枚
まだ、下がるらしい。びびる。
・欧州時間(17:20~17:35)
 米ドル/円(L)102.288→102.358=+7pips×1枚

5.10日だから?ドル円しつこく下がってんの?
おかしくてしょうがないんだけど・・・
地味に米金利は、日々上昇中なんだけどな~

・NY時間(22:45~22:50)
 米ドル/円(L)102.220→102.270=+5pips×1枚
・NY時間(23:00~23:05)
 米ドル/円(L)102.255→102.311=+5.6pips×1枚
・NY時間(24:00~)
 米ドル/円(L)102.385×1枚

今日も、スティーブンスが登場しない。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


週末の中国貿易収支が良かったようで、
豪ドル・・・じわじわだね

本日は
08:50日本国際収支速報
08:50日本実質国内総生産(GDP)改定値

25:00スティーブンスRBA総裁講演
オーストラリア女王誕生日で、休場

スティーブンスが気になる

6月9日(月)のFX取引

豪ドルのほうが、きれいだったな。
・東京時間(10:30~11:00)
 米ドル/円(L)102.515→102.575=+6pips×1枚
・東京時間(10:30~)
 米ドル/円(L)102.515×1枚
利益確定売り先行週間となるのか?
今週の米指標第1弾が木曜だし、SQを控えて、そんな気もしてきた。。。
現在の日足の雲上限が102.66、先行する日足の雲上限が102.47・・・
デリケートな場所。
例のごとく、あせりポジが残ったか?

・欧州時間(17:20~19:00)
 米ドル/円(L)102.444→102.485=+4.1pips×1枚

・NY時間(22:05~22:25)
 米ドル/円(L)102.449→102.539=+9pips×1枚
あきらめかけたその時、意外にドル高で、また、あせる。
・NY時間(23:05~23:55)
 米ドル/円(L)102.540→102.590=+5pips×1枚
びびる。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


53位です

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾で、ユーロ売り&先進国の株価が堅調
・ユーロ売りポジが1か月間たまっていたので、ユーロ買戻し
・ドル安、円安、ユーロ安に押し出される形で、豪ドル高

という展開でした

・ドラギ君
2年前に
ユーロ防衛のためになんでもやるとゆって、ユーロ買いに方向を一変させました
(2年間を振り返ってみると・・・コノ人なにもしてないですぅ
今度は
今回のECB理事会にて、ユーロ安誘導のためならなんでもやる姿勢がうかがえました

中長期的な方向性が整いつつあるように思えた週でした
豪ドル>ドル>円>ユーロ
だと、おもいます。
あくまで、半年~1年後とかの、方向性です。

来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

中長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
欧QEが導入されれば、底堅いでしょう。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14800-15500のレンジにおります
5月SQ値は14105円
株価の方は、GPIF&成長戦略への期待感&欧州追加緩和による金余り相場で堅調そうです

13日(金)が日本株メジャーSQ算出日です
2014年は、SQ値が14500円に収束しておりましたが、
今回ばかりは、ショート側の踏み上げという形で、高い位置になると、予想しています。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資&外貨投資(6月とのこと)
・6月末の成長戦略
・いずれ法人減税が行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

ドル円・クロス円に関しても、欧州追加緩和による金余り相場で、
押し目買いでしょうな

あっ日銀会合がありますね
今回も何もないでしょう
前回から、日銀会合時の反応に変化が見られます
失望売り?賭けない方がいいと思ってます
むしろ、イベント通過の買い安心感と見てます。
SQと日銀会合が重なっているのが、日程的なくせものでは、ありますがね。
あまりに日本株が高い位置(年初来高値=16000円付近)にいたら
SQが高値になる可能性もあるので、その場合は売り場になると思ってますがね。

個人的には、日銀会合前に、下げてくるなら、先買いでもいいと思ってるくらいです。

めずらしく、海外より日本の指標で、日本株&円相場が東京時間に動きやすい週かもしれませんね

9日08:50国際収支速報
9日08:50実質国内総生産(GDP)改定値

11日08:50法人企業景気予測調査
12日08:50機械受注
13日時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
13日13:30鉱工業生産確報
13日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値を撤廃しましたが、
一応の目標値としては、失業率5.5%&インフレ率2.0%以上というのは、あるとは思います。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.5%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
ドルがとんでもなく上がるイメージは、”今は”ないです。

米国債利回り
現在2.59%
米国だけでなく世界的に債券買い=利回り低下傾向にあります
おそらく、ユーロ追加緩和による、債券買いだと思います。
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
米国債利回り低下傾向が止まったようにも見えますが、まだわかりません。

米株は、欧州追加緩和による金余り相場で堅調そうです

12日21:30米小売売上高
12日21:30米新規失業保険申請件数

13日21:30米卸売物価指数(PPI)
13日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が決定されました
本来、ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因ではありますが、
前回ECB理事会から織り込み切っているので
直近は、ユーロ安が進むかどうかは微妙なところです

逆に、ポジション調整的なユーロ買戻しはもう少し続く可能性はあります。

11日18:00メルケル独首相、ドラギECB総裁、講演
12日18:00ユーロ圏鉱工業生産
13日15:00独CPI改定値
13日18:00ユーロ圏貿易収支


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字だけ欠点がついてしまっていますが。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

欧州からの資金流入期待もあり、豪ドルは底堅いでしょう。
もし、欧QEが導入されたら、豪ドル最強通貨の地位をとりもどすことになるんでしょう。

他通貨を積極的に買いづらい状況なので、豪ドルは、売り材料に反応しにくく、押し出されやすい状態です。
GDPの伸びの影響が大きいともとれます。

指標がありますがね
ネガティブで下げたところは、押し目買いのチャンスにされそうです。

ひさびさ、恐怖のスティーブンスが登場するので、
豪ドル高牽制発言にだけは、一応注意しておきましょうか?
一言で、豪ドル高地合いが反転する可能性はあります。

9日女王誕生日で、休場
9日25:00 スティーブンスRBA総裁講演
10日10:30豪NAB企業景況感指数
10日10:30豪住宅ローン件数
10日10:30中国消費者物価指数(CPI)
10日10:30中国卸売物価指数(PPI)
10日25:00スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、サンフランシスコで講演
11日10:30豪雇用統計
13日14:30中国鉱工業生産
13日14:30中国小売売上高



豪ドル≧米ドル≧ユーロ≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

基本的に、小動きだと思いますがね

なかなか進まないかもしれませんが、
丹念にドル円・豪ドル円の押し目買いで。
先進国の株価は、高値警戒感の利益確定売りはあれど、落ちないです。

6月の間は、先進国の株価がどこまで行くか、見定めるべき月だと思います。
万が一、株価が落ちるとすれば、中国指標でのショックがあった場合くらいです。

※チャート分析は日曜更新

・ドル円
 101.75~103.40
 6/8ドル円日足チャート

・ユーロ円
 138.8~141.0
 6/8ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.8~96.5
 6/8豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.358~1.374
 6/8ユーロドル日足チャート 6/8ユーロドル4時間足チャート

・豪ドルドル
 0.925~0.946
 6/8豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.439~1.478
 6/8ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


読めないこともなかったね
米国債買い再始動でドル安
6月もドル安地合い継続となってしまうかだね
株高の円安とどっちが強いかね?

本日は
15:00独鉱工業生産
15:00独貿易収支
21:30米雇用統計

米雇用統計
ドル円が跳ねたら、売ってみてもいいかも??
今回は株価が下がりそうにないので、なんとも難しいね
きのうから、あたし、混乱し始めてます。
ポジれない病発症中。

名古屋FXオフ会がありま~す
----------
日時  6月14日(土)
場所  名古屋駅近郊
時間  19:30~3時間
プラン 飲み放題付で6300円
----------
もし参加希望の方がいましたら、気軽にご連絡くださいね~
※某、チャミーさんのブログから、コピペしましたm(_ _)m

6月6日(金)のFX取引

朝、起きたら、ドル円下がり始めてるね
米雇用統計・・・ドル円だと素直に動くか微妙だね
結果をみて、ドルストレートでトレードしようかな~
ドル円は、落ちたら拾う程度にしようかな~

・欧州時間(18:10~19:30)
 米ドル/円(L)102.330→102.380=+5pips×1枚

米雇用統計・・・予想通り。ノーサプライズ。。。
ぬをっ

・NY時間(22:20~22:30)
 米ドル/円(L)102.280→102.405=+12.5pips×1枚
・NY時間(22:50~23:20)
 豪ドル/円(L)95.610→95.670=+6pips×1枚
・NY時間(23:30~24:00)
 豪ドル/円(L)95.610→95.670=+6pips×1枚
秘技、夜中の豪ドル円くるくるトレード。

・NY時間(24:05~24:35)
 豪ドル/円(L)95.660→95.660=+0pips×1枚
あ いかん もう1段上の指値にギリ届かんかった。
欲張らずに、寝よう

わし、1時間足ってのが昔から使いにくいな~と思ってた。
今週の値動きをみて、30分足が使いやすそうだと、思いました。
1番大事なのは、4時間足だと思うけどね。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


思ったこと

ユーロのマイナス金利導入
もしされたら、ECBに預金しなくなる

工場や、会社や、官庁の金庫に、お金がたんまりたまる

犯罪が増える

ユーロ下落
これがドラギ君の狙い??

本日は
10:30豪貿易収支(結果:1億2200万豪ドルの赤字
15:00独製造業新規受注
18:00ユーロ圏小売売上高
20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

21:30前週分の米新規失業保険申請件数

利下げやマイナス金利は織り込み済みなのか?
わからんね。
読めない、ECB理事会
株価面でも、失望となるか?わからんし。
それまでは、動きづらいか?

6月5日(木)のFX取引

豪貿易収支・・・赤字
想定外。。。
ECB理事会を前に、それは、困る。
買い戻されてる。
そんな気もしたけど。
なにを、どうしていいか、わからなくなってきた。

・東京時間(11:10~11:40)
 豪ドル/ドル(S)0.92800→0.92770=+3pips×1枚

・欧州時間(20:45~21:00)
 米ドル/円(L)102.525→102.600=+7.5pips×1枚
・欧州時間(20:45~21:40)
 米ドル/円(L)102.525→102.725=+20pips×1枚
利下げ&マイナス金利&LTROときたか。
やれること全部やってきたな。
LTRO第3弾4000億ユーロの金額みて、止まったか?
わしでも、やるなら1兆ユーロ単位だと思ってたが・・・

ドル円と株価が伸び悩んだの見て、もう1度会見内容を読んでみた。
あっ!QE(量的緩和)がない
まだ、準備中とのこと。
気づいた時には、ユーロがずいぶん買い戻されていた。
さすがに、最後のカードは温存しておくようだ。
なかなか、うまくやっている、ドラギ君

はれものユーロには、触りたくない。
株価が若干怪しいので、注意深く見てる。だけ。

ドル安株高パターンか
緩和マネーが、米国債買いになったか

・NY時間(25:30~26:00)
 米ドル/円(L)102.431→102.501=+7pips×1枚

明日、ドル円大丈夫かな?
大丈夫だったとしても
また、6月も23:00~強制ドル売りの予感。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


一方通行
これもまた、困る

本日は
10:30豪国内総生産(GDP)
16:50仏サービス部門PMI改定値
16:55独サービス部門PMI改定値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:30英サービス部門PMI
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
18:00ユーロ圏GDP改定値
21:15ADP全米雇用報告
21:30米貿易収支
23:00米ISM非製造業指数
23:30EIA週間在庫統計
27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)

指標とかで、軽く落ちてきて、欲しい。
落ちたら落ちたで、チャート形状が悪くなるんだけど。。。

6月4日(水)のFX取引

・早朝時間(8:00~8:15)
 米ドル/円(L)102.526→102.550=+2.4pips×2枚

・東京時間~NY時間(10:45~21:35)
 豪ドル/ドル(L)0.92824→0.92872=+4.8pips×1枚
 あ~戻ってきた。
 短期的な仕掛けについてくと、ろくなことにならんし、ドル需要が高い。
 ミスポジか?
ADPにて・・・救出。

・東京時間(12:05~12:20)
 豪ドル/円(L)95.093→95.179=+8.6pips×1枚
・東京時間(12:10~12:40)
 豪ドル/円(L)95.130→95.230=+10pips×1枚
トレードしてると、自分がダメ人間に思えてくる。
トレードしたくない病にかかりそうです。カサカサカサ....((((ヘ_ _)ヘ

・欧州時間(16:20~16:45)
 豪ドル/円(L)95.155→95.235=+8pips×1枚

・欧州時間(19:15~19:30)
 米ドル/円(L)102.608→102.658=+5pips×1枚

・NY時間(21:15~21:35)
 豪ドル/円(L)95.108→95.182=+7.4pips×1枚

・NY時間(23:00~23:35)
 豪ドル/円(L)95.140→95.201=+6.1pips×1枚
95.0を信じつつ、こつこつ利確。

ドル円より豪ドル円だと思うんだけどな~
相場は違うらしい
1~2pトレードになったので、省略。


無事利確ポジ様:
 米ドル/円(L)101.950×1枚(6/2・10:10~)利確102.650ストップ101.8
 ↑+70pips
 ドル円Lポジがなくなりました。
 まだまだ上いきそうだね。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うちの?ツバメさん
赤ちゃん、まだ生まれないな~
昨年より、おそいな
親御さんは、毎日夜には巣で向き合ってます
仲良し
tugai2
定位置。
左が細身。右がふっくらしてる
左がオスで、右がメスなのだろうか?

昼間はね、天敵のカラスとかに、巣の場所がバレないように、遠くにいるのかな?

6月3日(火)のFX取引

日曜から今日まで、ネットにつながらなかったので、スマホトレードしてました。

スマホのチャートだと、暗闇トレードになるね
月曜・火曜と
恐る恐る
ドル円追加Lからの、豪ドル円Lしてました

スマホガン見で、頭いたいです。
アナログ人間。

2日分のトレード結果は・・・書くのが面倒なので省略します。
こつこつ勝ってます。

ユーロ、利下げorマイナス金利は織り込み済みなのか?
下げ渋り始めたのは、気になってます。
5日のECB理事会が、むつかしい。

豪ドルは、経常収支にて、輸出増が確認されてるんで、5日貿易収支に向けては
押し目があれば、買ってもいいんじゃないか?


保有ポジ:
 米ドル/円(L)101.950×1枚(6/2・10:10~)利確102.65ストップ101.8
 ドル円・・・いったん、4日夕方まで、落ち着いてほしい気もしています。
 101円台後半は高くて、102円台前半は安いと判断する相場にイラッとします。
 いっつもいっつも。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1094)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
05 ≪│2014/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: