うちのツバメさんが、いなくなってた
きっと、巣立っていかれたのだと思います。

きのう、あれだけのイベントを通過しても、NYダウが上げてこないのは
リスクオンの末期だと思ってるんだが・・・

相場が思い出したように、日経の位置に合わせてくれば、ドル円104円
米国債利回りの位置は、いまだに101円台
どっちでもいいよ
ショートが残ってるんで、上かな?

本日は
10:30豪住宅建設許可件数
15:00独小売売上高指数
16:55独雇用統計
18:00ユーロ圏失業率
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
21:30米新規失業保険申請件数

22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)

7月31日(木)のFX取引

・前日NY時間~本日東京(27:40~10:30)
 豪ドル/円(S)95.980→95.760=+22pips×1枚


利確ポジ:
 豪ドル/円(S)95.880×1枚(7/24・10:40~)利確95.08ストップ96.2
 ↑95.580(21:30)にて+30pips

1週間持ってたら、スワップが-5pもついてるんで、
売り上がった ちょっとだけよ
・NY時間(22:25~)
 豪ドル/円(S)95.650×1枚 利確95.05ストップ96.2
・NY時間(24:00~)
 豪ドル/円(S)95.605×1枚 利確95.365ストップ95.92


利確ポジ:
 米ドル/円(S)102.880×1枚(7/30・27:10~)利確102.08ストップ103.1
 ↑102.859(23:00)にて+2.1pips
 あかん いつぞやの頃の相場に似てきた
 なにが起ころうと、ドル円買いになってる。
 なんどもいうが、1つ違うのは、ダウが下げていることだ。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


んじゃないの?
ダウが上がらんよ

本日は
08:50日本鉱工業生産速報
21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
21:15ADP全米雇用報告
21:30米国内総生産(GDP)速報値

23:30EIA週間在庫統計
26:00米財務省、7年債(290億ドル)入札
27:00FOMC、終了後政策金利発表

日本株の先高感(ドル高による)や、米指標に対する期待感が支えてますが
いつになるかは知らんけど、いずれ崩れるように、見えるんだけど

日本株決算が終わるまでは、下がらんのかな~

7月30日(水)のFX取引

・東京時間(9:05~9:35)
 豪ドル/円(S)95.777→95.717=+6pips×1枚
・東京時間~NY時間(9:05~26:10)
 豪ドル/円(S)95.777→95.920=-14.3pips×1枚

・NY時間(21:05~21:45)
 ユーロ/円(L)137.050→137.150=+10pips×1枚

米GDPだけで、ここ3か月間の相場が成り立っていたのか?
前回の米GDPショックのときは、ドル円102円台中盤にいた気がする。。。
お帰りなさい。
豪ドルの位置も、3か月前と変わっていない。
ユーロ追加緩和で、ユーロが400pips程下がっただけか
なんだか、妙に納得してきた。

日本鉱工業生産が激悪なんで、売ってんだけど、日本の指標が悪いのは・・・円安要因か?
どっち?

・NY時間(22:35~23:15)
 豪ドル/円(S)95.888→95.828=+6pips×1枚
・NY時間(24:25~24:45)
 豪ドル/円(S)95.880→95.820=+6pips×1枚

つまらないトレードだけしてる

あっ ついでに、為替のことをつまらないと感じてきた。
3~4年・・・○○の時期か。。

・NY時間(27:10~27:35)
 米ドル/円(S)102.888→102.759=+12.9pips×1枚
・NY時間(27:10~)
 米ドル/円(S)102.880×1枚
・NY時間(27:40~)
 豪ドル/円(S)95.980×1枚

ダウがやっぱり上げてこないんだけど
米雇用統計後・・・ドル円売りでいいんじゃね~の?
たぶん、あたしのポジは、早まってる。


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.880×1枚(7/24・10:40~)利確95.08ストップ96.2



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


Nikkei&中国&アジアの
株が、ご堅調

それに比べて、欧米は失速

ここ半年間の格差社会に逆転現象がきてる

本日は
08:30日本完全失業率
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数
26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札

それでも、戻り売りを狙っております。

7月29日(火)のFX取引

・欧州時間(15:45~17:10)
 豪ドル/円(S)95.860→95.733=+12.7pips×1枚

・NY時間(21:35~21:50)
 豪ドル/円(S)95.780→95.744=+3.6pips×1枚
・NY時間(22:10~22:40)
 豪ドル/円(S)95.742→95.712=+3pips×1枚

あれ NYダウ様も、今日はご堅調なようで。
深追い禁物。


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.880×1枚(7/24・10:40~)利確95.08ストップ96.2



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ソフトクリームのコーンのように並んでる
うちのツバメさん
koon

巣立ちが近そうです。

本日は
23:00米住宅販売保留指数
26:00米財務省、2年債(290億ドル)入札

7月28日(月)のFX取引

・早朝時間~東京時間(7:25~10:00)
 豪ドル/円(S)95.669→95.582=+8.7pips×1枚
日経が堅調なんだよね
95.55付近もやや堅そうだ。
・早朝時間~東京時間(7:45~13:45)
 豪ドル/円(S)95.660→95.560=+10pips×1枚

・NY時間(22:55~23:55)
 豪ドル/円(S)95.765→95.746=+1.9pips×1枚
・NY時間(23:05~23:20)
 豪ドル/円(S)95.720→95.700=+2pips×1枚
欧米株は続落してんだけどな~
困ったな。。。

先週でポジション取りは済んでるんで 的な? すまし顔の海外勢か??


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.880×1枚(7/24・10:40~)利確95.08ストップ96.2



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・テクニカル的にユーロ売り継続
・欧州株は復調
・豪CPI=3.0%で、やや利上げ期待高まりで豪ドル買い
・来週に、FOMC・米GDP・米雇用統計を控えて、米ドル買い
・米国債利回りは動いておりません。
・円も動いておりません。

という展開でした

個人的には、ドル買いを来週から狙ってたんですが、乗り遅れました。。。
相場のほうが、1足早かったです。

本日、イスラム圏のラマダン(断食月)最終日です
週明けから、イラク辺りの情勢が気になるところです。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
そろそろトップアウトし、秋に向けては下落だと思ってます。
今年中盤のトップの位置は15750円が限界でしょうか?

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15080-15550or15750のレンジにおります
7月SQ値は15080円
SQ値やや上辺りでもごもごしそうです。

日本は、これから企業決算なので、株価は堅調かもしれません
が、
個人的には、米雇用統計後かお盆前で高値を打って下落すると思っています。
今年の場合、8月末に米国のジャクソンホールへの思惑から、
8月は株価が上げ渋るとみています
まっ 難しいところです
日本株はドル円レートで動いているので、米株が下げながらのドル高でも
ドル円が上げてしまえば、堅調になってしまいます。

中期的に、ドル円・クロス円の高いところは、売り持ちしていきたい。
すぐに実るか?はわかりませんが・・・

来週は、工業生産の指標が、日本株に大きな影響を与えるので、注目か?

29日が月末〆日
実需の円買いフローが出てくるか?

29日08:30完全失業率
30日08:50鉱工業生産速報
1日13:30頃黒田東彦日銀総裁、内外情勢調査会で講演


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.2%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.48%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.48付近をうろうろしております。

米株は、夏枯れ相場で、ふらふらするだけですかね
なにかあれば、下。

8月末のジャクソンホールがすでに視野に入ってきているようにみえます。
出口戦略への思惑から、米ドル高・株安の可能性はあります。

なので、米国債利回りと米ドルの位置関係がずれております。

米雇用統計まで、ドルが強そうですね
米国債利回りが上げてこず、米雇用統計後にドル円が跳ねたら、売り持ちしようと思います。

あっ FOMCがありますね
予定通り、100億ドルのQE縮小を粛々と行うんでしょう
出口戦略についての内容がなければ、反応なし。

28日23:00米住宅販売保留指数
29日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
29日23:00米消費者信頼感指数
30日21:15ADP全米雇用報告
30日21:30米国内総生産(GDP)速報値

30日27:00FOMC、終了後政策金利発表
31日21:30米新規失業保険申請件数
31日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
1日21:30米雇用統計
1日21:30米個人消費支出(PCE)
1日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)
1日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
1日23:00米建設支出


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、ポルトガル金融不安とウクライナ情勢で
売り込まれた分が戻ってきました

今週、ユーロを売る理由はなかったんですがね
テクニカル的に、ずるずる下げているといった印象。
昨年9月にユーロドル1.3325で窓が空いているので、
もしかしたら、そこまで下落が止まらないかもしれませんね。

数か月はQE導入する必要がないとのことで
ユーロの買戻しも入ります
QE導入は、デフレ(CPI)の数値によって判断されるそうです。
現在ユーロ圏CPI=0.5%

CPIの指標の注目が大きいでしょう。

月末で、実需のユーロ買いフローが出てくるか?
CPIを前に、売られすぎの巻き戻し買いが出るか?

30日21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
31日15:00独小売売上高指数
31日16:55独雇用統計
31日18:00ユーロ圏失業率

31日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
2100の大台に乗せてきました
なにやら、アジア株が堅調ですね

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪CPI=3.0%ぴったしですね
まだ利上げがどうこうは、少し早い感じ

たぶん狭いレンジを行き来することになる
・上げ渋り理由
豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策に左右される
まずは、30日FOMCでのQE縮小までは、上げ渋ります
ここ1年間、FOMC前は必ずそうなってます
その後は、
いったん安心感で買われたとしても
8月ジャクソンホールへの警戒感、10月でQEが終了することへの不安感が
徐々にのしかかってくる

・下げ渋り理由
8月の夏枯れ相場で動かないとの思惑から、高金利通貨でのスワップ狙いの買いが出てくることで
下値が支えられる

31日10:30豪住宅建設許可件数
1日10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)

1日10:30豪卸売物価指数(PPI)
1日10:45HSBC中国製造業PMI改定値


米ドル≧円≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

なにか金曜にあったようで、米株が大きく下げてますので
まずは、週初は売りから入りたい

ドル円に限っては、下げてきたところは買いたい

米ドルとユーロが動きそうですね
夏枯れ前の最後の大暴れか?

・ドル円
 101.20~102.80
 7/27ドル円日足チャート

・ユーロ円
 135.5~138.1
 7/27ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.8~96.5
 7/27豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.3325~1.356
 7/27ユーロドル日足チャート 7/27ユーロドル日足チャート2

・豪ドルドル
 0.933~0.946
 7/27豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.405~1.446
 7/27ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.880×1枚(7/24・10:40~)利確95.08ストップ96.6


書きたいことがありすぎて、これでも省略してあるほうです。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うちのツバメさん
子供が巣から1匹はみだし中
hami
dasi

成長はやい
毛づくろいしてた。

本日は
08:30全国消費者物価指数(CPI)
15:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
17:00独Ifo企業景況感指数
21:30米耐久財受注額

つまらなそうだ。

7月25日(金)のFX取引

・(7/24・10:40~)
 豪ドル/円(S)95.880×1枚
・(7/24・15:10~本日16:15)
 豪ドル/円(S)95.845→95.755=+9pips×1枚
やっぱり、95.7が堅いな。。利確逃したか?
と思ったら、欧州時間に、ドル高の副作用でもう1回下押ししてきた
円高狙いが、結果オーライ

・東京時間(14:00~15:30)
 ユーロ/ドル(L)1.34680→1.34725=+4.5pips×1枚
もうちょっといくかな~
1pずつの上昇に耐えられん。。

来週、FOMCだったか
今週の$高が不思議だったけど、FOMCに向けてっぽい。
ドル円Lプレイヤー、不覚
いまのところ、29日までは、円高ドル高どちらにも対応できる
豪ドル円を戻り売りしようと思ってる。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うちのツバメさん
エサやり中
3hikiesa

子供は3匹いた

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
16:00仏製造業PMI速報値
16:00仏サービス部門PMI速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

21:30米新規失業保険申請件数
23:00米新築住宅販売件数


ユーロ売りだけ注目いってるけど
月末がらみの国内輸出の円買いがそろそろ気になる
豪ドル円あたり売ってみたい。。。

7月24日(木)のFX取引

・東京時間(10:40~)
 豪ドル/円(S)95.880×1枚
・東京時間(10:50~11:55)
 豪ドル/円(S)96.159→96.007=+15.2pips×1枚
中国指標逆張り。
早々に利確したけど。
もったいないね

・東京時間(14:55~15:20)
 豪ドル/円(S)95.880→95.780=+10pips×1枚
・東京時間(15:10~)
 豪ドル/円(S)95.845×1枚
週足の雲上限95.7~直近高値96.5のどっちにブレイクするか?

・欧州時間(16:35~16:45)
 ユーロ/ドル(L)1.34633→1.34693=+6pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


動きをするな~
地政学リスクじゃ、売り込まんよ
投機筋がビビリ売り状態。
1回、上に跳ねた方がいいんじゃね?

先の話ですが、
動かない動かないゆってるうちに
米雇用統計が近づいてくると・・・ドル高になります。

今の、ドル円は、ホントはレベル感がおかしい。。。

本日は
12:00スティーブンスRBA総裁講演
21:30米消費者物価指数(CPI)
22:00米住宅価格指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00米中古住宅販売件数
23日05:00マイクロソフト第4四半期(4-6月期)決算
23日05:00アップル第3四半期(4-6月期)決算


7月22日(火)のFX取引

・早朝時間(8:35~9:15)
 豪ドル/円(L)94.970→95.070=+10pips×1枚
・早朝時間(8:45~9:05)
 ユーロ/円(L)137.140→137.251=+11.1pips×1枚
・早朝時間(8:55~9:05)
 ユーロ/円(L)137.154→137.204=+5pips×1枚

・欧州時間(19:15~20:45)
 ユーロ/円(L)136.905→136.995=+9pips×1枚
豪ドルを買おうとしてんだけど、入りどころが・・・

なになに 明日、対露制裁を決めるからユーロ売り?ピクッ
どっかでユーロ買いたい。。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うちのツバメさん
ようやく子供が生まれました
今年は、2匹
2hiki
親鳥がエサやりに帰ってくるのを、じっと待ってます。


ひっぱるね
ウクライナの地政学リスクってやつ
欧州&ロシア株が続落。

本日は
海の日の祝日で、日本休場
15:00独生産者物価指数(PPI)

7月21日(月)のFX取引

・NY時間(21:55~22:20)
 ユーロ/ドル(L)1.35210→1.35250=+4pips×2枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・米企業決算が良好で米株は堅調
・マレーシア航空機の墜落事故で、ウクライナ情勢緊迫化によりリスク回避
・からの、巻き戻し
・日・米に比べて、欧州株が軟調に
・豪ホッキー財務相の「強い豪ドルに自信を持っている」発言で豪ドル買い

という展開でした

まっ 先週終値と今週終値を比べると、ユーロ円・ユーロドルが80pips下がっただけです。
米ドルと豪ドルは、動いておりません。

7月に入って、リスク回避要因が良く出てきますね
そのたびに、リスク回避になりつつも、地合いがリスクオンなので、
巻き戻るという展開が続いております。

個人的には、これから10月までの間に、今年1月や4月のような、円高&株安局面が
訪れるだろうと思っています。
欧州株が軟調になってきたのは、気になります。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
そろそろトップアウトし、秋に向けては下落だと思ってます。
今年中盤のトップの位置は15750円が限界でしょうか?

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15000-15500のレンジにおります
7月SQ値は15080円
SQ値やや上辺りでもごもごしそうです。

・GPIF(年金)や実需(国内輸入企業)の買いが下値では待っているので
 ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです。

小さな注目点は
貿易赤字拡大で円安か?
CPIが良好なら、日銀追加緩和期待後退で円高か?
CPI=予想3.3%(消費増税分抜きで1.6%)
日銀目標は2.0%

21日海の日の祝日
24日08:50貿易統計
25日08:30全国消費者物価指数(CPI)



米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.2%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.48%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.55付近をうろうろしております。

米株は、企業決算が良好で堅調ですね
企業決算が終わると、買い上がる理由がなくなるので、
そろそろトップをつけて下落に注意しておいたほうがいいのかな~
23日のマイクロソフトとアップル決算で終了か?

小さな注目点は
米CPI=予想2.0%
これ以下の場合は、早期利上げ観測後退でドル安か?

そのほかの指標では、あまりトレンドが発生しないか。

22日21:30米消費者物価指数(CPI)
22日22:00米住宅価格指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00米中古住宅販売件数
23日05:00マイクロソフト第4四半期(4-6月期)決算
23日05:00アップル第3四半期(4-6月期)決算

24日21:30米新規失業保険申請件数
24日23:00米新築住宅販売件数



ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、ポルトガル金融不安とウクライナ情勢で
軟調になってきました。

数か月はQE導入する必要がないとのことで
ユーロの買戻しも入ります
QE導入は、デフレ(CPI)の数値によって判断されるそうです。
現在ユーロ圏CPI=0.5%

タカ派で知られる独バイトマンさんは、QEのいいだっしっぺだったんですが
導入には猛反対しているそうです。
ユーロの買戻しも入りそうですが・・・
欧州株が軟調に推移していくなら、ユーロ売りが妥当かな?

21日15:00独生産者物価指数(PPI)
23日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
24日16:00仏製造業PMI速報値
24日16:00仏サービス部門PMI速報値
24日16:30独製造業PMI速報値
24日16:30独サービス部門PMI速報値
24日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
24日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

25日15:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
25日17:00独Ifo企業景況感指数


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ホッキー財務相の豪ドル高容認発言が効いてきそうです。
CPIがある程度の数値を保ってくれば、堅調かもしれません。
が、
22日にスティーブンス(豪ドル安誘導派)が登場するので、わかりません。

注目は
豪CPI=予想3.0%
これ以上なら豪ドル買いか?

中国指標は・・・また逆張りなのか?

22日08:25 デベルRBA総裁補佐講演
22日12:00 スティーブンスRBA総裁講演
23日10:30豪消費者物価指数(CPI)
24日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値



豪ドル≧円≧ユーロ≧米ドル
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

ウクライナ情勢などのリスク回避要因がどうなるかですな

困ったな
イベント構成はシンプルであり、ややリスクオンに見えるんです。

押し目買いも効きそうですが
中期的な視点でみた場合、
ユーロ円か豪ドル円に戻り高値が出現したら、ショートポジを持とうかと思ってます。

・ドル円
 100.75~101.95
 7/20ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.3~138.1
 7/20ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.3~96.1
 7/20豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.345~1.360
 7/20ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.933~0.946
 7/20豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.420~1.455
 7/20ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


円相場が行って来いしたみたいですね

本日は
17:00ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
22:30ゼネラル・エレクトリック(GE)第2四半期決算
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)
23:00米景気先行指標総合指数

ショートがたまっているんで、週末のポジション調整は案外買い方向かもしれませんね。
今日が、20日の5.10日の前倒しの日で円売りフローが入ったんだろうけど
来週以降、円の売り手が減ってくる気がする。
買い上がりすぎたら、豪ドル円あたりはショートポジ持ってもいいと思ってる。
あたしが持つレベルはだいぶ遠いけど。

あんなに好きだったドル円L?
米国債利回りとドル円のレベルがずれてくるまで、様子見してる。
利回りの割に、ドル円の位置が低くなるまでね。

7月18日(金)のFX取引

あたしゃ、ユーロドルLだけしてるんで。。。
スマホにて。
押し目買いで小さく回転
ポチっとエントリーして、OCOいれて、寝てる。

・前日NY時間~本日東京時間(24:05~?)
 ユーロ/ドル(L)1.35215→1.35159=-6.6pips×1枚
・東京時間~NY時間(9:20~22:05)
 ユーロ/ドル(L)1.35190→1.35119=-7.1pips×1枚
・東京時間(9:20~?)
 ユーロ/ドル(L)1.35204→1.35274=+7pips×1枚
・東京時間~欧州時間(14:35~16:40)
 ユーロ/ドル(L)1.35230→1.35280=+5pips×1枚
・欧州時間(16:00~16:40)
 ユーロ/ドル(L)1.35230→1.35330=+10pips×1枚
長かった。

なにかに固執しはじめると、それしか見えない
単細胞

・NY時間(22:25~28:00)
 ユーロ/ドル(L)1.34946→1.35260=+31.4pips×1枚
・NY時間(22:35~23:00)
 ユーロ/ドル(L)1.34999→1.35111=+11.2pips×1枚
・NY時間(23:15~23:25)
 ユーロ/ドル(L)1.35085→1.35185=+10pips×1枚

ユーロの売り手が減らないな~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


NYダウ史上最高値更新
なにも思わなくなってきた

かなしいね~

本日は
18:00ユーロ圏建設支出
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
20:15モルガン・スタンレー第2四半期決算
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米住宅着工件数&建設許可件数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
18日05:30IBM第2四半期決算

米金利が上がってこないから、ドルが上がらんね~
だから、豪ドル円にしてるけど、豪ドルも上げ渋るね~

7月17日(木)のFX取引

・東京時間(14:30~14:40)
 豪ドル/円(L)95.080→95.200=+12pips×1枚

・欧州時間(16:25~20:00)
 ユーロ/円(L)137.335→137.218=-11.8pips×1枚
・欧州時間(16:40~18:10)
 豪ドル/円(L)95.088→95.158=+7pips×1枚
・欧州時間(18:30~24:00)
 ユーロ/ドル(L)1.35330→1.35188=-14.2pips×1枚

最後の手段
ユーロの逆襲は?

・NY時間(20:45~22:10)
 ユーロ/円(L)137.264→137.314=+5pips×1枚
・NY時間(21:15~21:35)
 豪ドル/円(L)95.155→95.240=+8.5pips×1枚
・NY時間(22:35~23:25)
 ユーロ/円(L)137.280→137.360=+8pips×1枚

結局、豪ドルなんだって。
上値が重いけどね
なんで?
重いから重いんだよ

つまらん

・NY時間(24:05~)
 ユーロ/ドル(L)1.35215×1枚
・NY時間(24:40~25:00)
 ユーロ/ドル(L)1.35249→1.35322=+7.3pips×1枚
・NY時間(25:35~26:35)
 ユーロ/ドル(L)1.35215→1.35275=+6pips×1枚
7/18ユーロドル日足チャート



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


中国GDPが良好で、豪ドルが一瞬買われるも・・・
中国金融緩和期待剥落で下落
定番になってきたな

本日は
11:00中国GDP
11:00中国鉱工業生産
11:00中国小売売上高

18:00ユーロ圏貿易収支
20:00バンク・オブ・アメリカ(BOA)第2四半期決算
21:30米卸売物価指数(PPI)
22:15米鉱工業生産指数
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
23:00イエレンFRB議長、米下院金融委員会で金融政策について証言
27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)

あたしが、ドル円を買っていないのがおかしい?
うん

7月16日(水)のFX取引

・欧州時間(15:50~16:10)
 豪ドル/円(L)94.960→95.060=+10pips×1枚
・欧州時間(16:00~16:20)
 豪ドル/円(L)94.979→95.079=+10pips×1枚
・欧州時間(16:00~16:40)
 豪ドル/円(L)94.979→95.114=+13.5pips×1枚

・NY時間(21:40~22:35)
 豪ドル/円(L)95.158→95.198=+4pips×1枚

定番すぎる仕掛けだから、戻ってくね



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


に注目なのか?

なんかドル高気味で変なんだよね
イエレン講演でドル高になるんじゃないか感があるらしい
金融引き締めによる悪いドル高ね

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数

20:00JPモルガン・チェース第2四半期決算
20:30ゴールドマン・サックス第2四半期決算

21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
21:30米小売売上高
23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、米上院銀行委員会で金融政策について証言

16日05:00インテル第2四半期決算

なんとなく、やる気がしない。

7月15日(火)のFX取引

・NY時間(21:30~22:00)
 豪ドル/円(L)95.226→95.286=+6pips×1枚

イエレン
ハト派・・・かと思ったらタカ派だったらしい
飛びついちまった
・NY時間(23:00~28:00)
 豪ドル/円(L)95.286→95.336=+5pips×1枚
ドル買い。。。
こないだのFOMC議事録の内容と同じことゆってるんだけど?
なぜ?今回はドル高?
・NY時間(23:55~24:20)
 豪ドル/円(L)95.140→95.250=+11pips×1枚
一応、”豪ドルを”ナンピン買いしてみた。
豪議事録のほうは、豪ドルを買ってもいいよって聞こえたからさ。
気のせいかな?

・NY時間(25:20~26:20)
 豪ドル/円(L)95.191→95.251=+6pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ソフトバンクの買収成功かなにかで、日経が上げたようだね
為替はあまり反応しませんが。

本日は
18:00ユーロ圏鉱工業生産
21:00シティ・グループ第2四半期決算
26:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演

7月14日(月)のFX取引

・欧州時間(15:15~16:15)
 米ドル/円(L)101.404→101.517=+11.3pips×1枚
・欧州時間(15:30~16:10)
 ユーロ/円(L)137.930→138.080=+15pips×1枚
・欧州時間(15:50~17:15)
 ユーロ/円(L)137.950→138.280=+33pips×1枚
欲張らない人。
ユーロが伸びていくんで、ポルトガル不安は払しょくしたかな?
ちょっと、ユーロの上値余地を広げておきたい。気がする。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・FOMC議事録にて、出口戦略は考えているが、利上げは遠く、低金利政策継続示唆でドル売り
ポルトガル金融不安でリスク回避

という展開でした

日・欧・米の株価が・・・頭打ちっぽいです
このまま、秋に向けて下落
orこれからダブルトップか三尊の頭出現がせいいっぱいだと思われます。

・ポルトガル金融不安について
ポルトガルの最大手銀行BES(バンコ・エスピリト・サント)
の親会社ESFG(エスピリト・サント・フィナンシャル・グループ)の経営不安
デフォルト(債務不履行)懸念が欧州金融不安に発展するかどうかですね
個人的には、日・欧・米の株価の需給整理とたまたま重なってしまっただけで
そんなに不安視はしておりませんが。
わかりませんがね
崩れるときは崩れますので。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
そろそろトップアウトし、秋に向けては下落だと思ってます。
今年中盤のトップの位置は15750円が限界でしょうか?
日経考察7/12←個人的考察

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14900-15400のレンジにおります
7月SQ値は15080円
SQ値辺りでもごもごしそうです。

・ボーナス時期に向けた。個人の株投資資金
・法人減税が来年度から行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測orなし)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

注目は日銀会合
今回も、なにもないでしょう
期待感もないので、また反応薄か?
失望売り?ないです。
万が一なにかあった場合は跳ねますので、買いは入れておこうと思います。

15日時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15日15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見



米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.0%以上でしょうか。

直近では、まだ、利上げは遠いとの観測から、あまりドル高には進みません。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.2%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.51%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.60付近をうろうろしております。

米株は、ポルトガル金融不安を除けば堅調そうです。
だいたい企業決算では買われますので。
ただし、企業決算で買われたところが、今年中盤のトップになり
売り場になるだろうとは思ってます。

イエレン証言に注目か?
出口戦略について、触れれば、ドル高となるか

14日21:00シティ・グループ第2四半期決算
15日20:00JPモルガン・チェース第2四半期決算
15日20:30ゴールドマン・サックス第2四半期決算

15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日21:30米小売売上高
15日23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、米上院銀行委員会で金融政策について証言
16日05:00インテル第2四半期決算16日21:30米PPI
16日22:15米鉱工業生産指数
16日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
16日23:00イエレンFRB議長、米下院金融委員会で金融政策について証言
17日03:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)
18日20:15モルガン・スタンレー第2四半期決算
18日21:30米新規失業保険申請件数
18日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
18日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

18日18日05:30IBM第2四半期決算
18日22:30ゼネラル・エレクトリック(GE)第2四半期決算

18日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)
18日23:00米景気先行指標総合指数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が決定されました
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、ポルトガル金融不安でいったん調整入りしてますが、
欧QEへの期待感から底堅いんじゃないでしょうか?

数か月はQE導入する必要がないとのことで
ユーロの買戻しも入っております
QE導入は、デフレ(CPI)の数値によって判断されるそうです。
現在ユーロ圏CPI=0.5%

個人的には、買戻しがやや優勢とみてます。
あいかわらず、下が堅く、上も重そうです。

14日18:00ユーロ圏鉱工業生産
14日26:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
15日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
15日18:00独ZEW景況感指数

16日18:00ユーロ圏貿易収支
17日18:00ユーロ圏建設支出
17日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18日17:00ユーロ圏経常収支


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いています

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪経済状況だけでは、これ以上買い進む理由はないです

あいかわらず、下が堅く、上も重そうです。
上の方が重いですが。

中国指標の影響が大きそうですね。

15日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
16日11:00中国GDP
16日11:00中国鉱工業生産
16日11:00中国小売売上高



ユーロ≧豪ドル≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

イベント構成だけなら、リスクオンとみてますが、ポルトガル金融不安がどうなるか?
わかりません。

ドル円・クロス円・・・
買い方は下にしっかりストップをいれての押し目買い→こつこつ利確
売り方は相場が崩れることを待っていればいいんでしょう。

個人的には、週後半に盛り返してくるとみてますので、まだ押し目買い派です^^
売り持ちにするのも近いとも思っています
米企業決算が通過する来週~月末にかけてだと思ってます。

・ドル円
 100.75~102.15
 7/13ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.7~138.8
 7/13ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 94.3~95.8
 7/13豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.353~1.364
 7/13ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.930~0.945
 7/13豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.435~1.465
 7/13ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


いつものFX週末考察の前に
日経のチャートを持ち出してきた
7/12日経225ミニ日足チャート

あたしが2014年後半どうみているのか?

5月末のヘッジファンド決算による売り圧力に耐えきって
サマーラリー入り&GPIF(年金)の買いでこれまで上昇してきました。

7月8月が難しいんです
少し前からそう思ってました。
すでに15500円でトップアウトしたとみるか?
これからもう1度トップを目指し、ダブルトップまたは三尊をつくるのか?
わかりません。
もし高値をとりにいったとしても、15750円が限界とみてます。
トップになりやすいのは、お盆前、8月の米雇用統計頃。

次のヘッジファンド決算は11月ですね
また売り圧力がかかってきます
だだし、毎年のことながら、もっと早く9月末の配当落ち、
もしくは10月末頃で売り圧力は終わり、11月~年末相場が上昇というパターンになってます

今年の場合、10月にアメリカの中間選挙があります
株の需給面からいっても、9月10月に向けては下がると見ておいたほうがいいです。

あたしは、現物株をほとんど手放してあります。
次の買い時は11月ということで、現物株はそれまで我慢していましょう。
年末には16000円超えに期待しています。


日経SQ通過で耐えたか?

本日は
10:30豪住宅ローン件数
15:00独卸売物価指数(WPI)
15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
21:00ウェルズ・ファーゴ第2四半期決算

7月11日(金)のFX取引

7月SQ値15080円

・欧州時間(15:15~16:25)
 ユーロ/円(L)137.754→137.954=+20pips×1枚
・欧州時間(15:30~17:15)
 ユーロ/円(L)137.819→137.999=+18pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


日・中・欧の指標が悪くて
急に、リスク回避だね

先週からのレンジの範囲内っちゃぁ範囲内だけど
先週より、チャートの形が悪くて
上値が重そうだね

いろいろと。

明日の日経SQ通過後がどうなるかだね

本日は
08:50日本機械受注
10:30豪雇用統計
時間未定 中国貿易収支
15:45仏鉱工業生産指数
15:45仏消費者物価指数(CPI)
21:30米新規失業保険申請件数
28:00米財務省、30年債(130億ドル)入札

7月10日(木)のFX取引

・NY時間(20:20~20:45)
 米ドル/円(L)101.286→101.336=+5pips×1枚

・NY時間(24:55~26:20)
 米ドル/円(L)101.255→101.355=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


FOMC

本日は
05:00アルコア第2四半期決算
10:30中国消費者物価指数(CPI)
10:30中国卸売物価指数(PPI)
23:30EIA週間在庫統計
26:00米財務省、10年債(210億ドル)入札
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月17日-18日分)27:00ドラギECB総裁、講演

米企業決算の初陣アルコアは良好で、株安は止まったか
来週以降本格化するんで、期待感をつなげたくらいか

FOMC議事録でなにかあるかな~?
なにかあれば、ドル高・円高・株安だろうけど。

7月9日(水)のFX取引

・東京時間~NY時間(12:25~22:00)
 米ドル/円(L)101.625→101.715=+9pips×1枚
・欧州時間(16:05~16:40)
 米ドル/円(L)101.625→101.695=+7pips×1枚
・欧州時間(16:15~17:15)
 豪ドル/円(L)95.545→95.595=+5pips×1枚

・NY時間(26:45~27:00)
 米ドル/円(L)101.747→101.826=+7.9pips×1枚
一応、ジャンピング利確はしておいたけど、

ドル安・株高で反応
あっ そう。。。
そんな議事録の内容にみえないんだけど・・・
イベント通過安心の、株&債権買いってことか。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


米国債利回り2.6%台維持&日経15000円台維持でも
ドル円102円台を維持できない。

いつからドル優遇相場になった?

本日は
08:50国際収支速報
10:30豪NAB企業景況感指数
14:00景気ウオッチャー調査
15:00独貿易収支

米指標がないと、ドル高になりにくそうだ

7月8日(火)のFX取引

なんだかんだいって
円安、ドル安、豪ドル高か?
迷ってきた
目先の材料に振り回される相場が続くのだろうか。。。

・東京時間(10:05~10:30)
 豪ドル/円(L)95.425→95.575=+15pips×1枚
・東京時間(14:40~15:30)
 豪ドル/円(L)95.545→95.655=+11pips×1枚
・欧州時間(17:10~17:30)
 豪ドル/円(L)95.606→95.689=+8.3pips×1枚
どこで止まるかな?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


うちのツバメさん
巣にいること確認してから、はや1か月。
まだ、子供生まれません
子作りをさぼってる。

mamoru
サイキンは、昼間でも巣にいることがある
卵を守っているのだったら、そのうち生まれるかな~

本日は
15:00独鉱工業生産

あたしは・・・あいかわらず、寝てばかりです
体調不良は、長引きそうです。。。

7月7日(月)のFX取引

朝ポチ
・東京時間(7:10~10:50)
 米ドル/円(L)102.075→102.175=+10pips×2枚
寝過ごすところだった。
・東京時間~欧州時間(7:10~17:45)
 米ドル/円(L)102.075→101.970=-10.5pips×1枚
あっ ポジが、ない



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・リスクオン相場継続
・スティーブンス豪財務相の豪ドル高牽制発言で豪ドル売り
・米ADP・米雇用統計が良好でドル買い
・ECB理事会にて、QEの準備が進んでいる発言で、ユーロ売り
(欧QEは、おそらく10月以降)

という展開でした

リスクオン相場は続いております。


来週の展望
(中長期的な見方や、なにをもってその通貨が動いているかは変わっておりませんので、今回は割愛)

円について
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。
(サイキンは、株価の影響が薄いですがね)

来週に関しては
日本株は15150-15750のレンジにおります
6月SQ値は14808円
先高観で、もごもごしつつも上向きか。
11日(金)がミニSQ算出日
SQに向けては、日本株が調整することもあるので、
週中盤~金曜早朝だけは気を付けたい。
すでに15200円処が堅そうですが。

・ボーナス時期に向けた。個人の株投資資金
・法人減税が来年度から行われる感
・いずれ日銀追加緩和が行われる感(市場予想は7月or9月→もっと後ずれ観測orなし)
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買いは入りやすいです

8日08:50国際収支速報
10日08:50機械受注


米ドルについて
米国債=2.40-2.8%
日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.3%、イギリス国債=2.7%

米国債利回り
現在2.60%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.60付近をうろうろしております。

米株は、堅調そうです。
これから始まる企業決算にやや注目か。

FOMC議事録で、出口戦略についての議論
リバースレポ(国債と引き換えに市場から資金を吸収)の協議
がなされていたとしたら
ドル高になるかもです。

9日05:00アルコア第2四半期決算
9日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月17日-18日分)
10日21:30米新規失業保険申請件数


ユーロについて
ECB理事会にて、QEの準備が進んでいるとのことで、ユーロ売りになりました
対円でのリスクオンのユーロ買いは入るかもしれませんが、上値が重そうです。

7日15:00独鉱工業生産
8日15:00独貿易収支
11日15:00独消費者物価指数(CPI)改定値


豪ドルについて
リスクオン相場で、堅調そうも・・・
豪ドル高牽制発言が効いてきそうです。
よ~くチャートを見てみましたが・・・
上値が重そうです。。。

豪ドル円・豪ドルドルともに、下値が支えられれば、じわじわ戻りますが
下へのブレイクには要警戒かと。
豪ドル円・・・95.3
豪ドルドル・・・0.933

昨年11月頃とよく似ています。
リスクオン相場なのに、豪ドルが上がらず、むしろ下がる可能性ありです。
ファンダメンタルとか関係なくね
なにかのフシに下がってしまったら、ロングの投げ売りが出てしまうかどうか?

8日10:30豪NAB企業景況感指数
9日10:30中国消費者物価指数(CPI)
9日10:30中国卸売物価指数(PPI)
10日10:30豪雇用統計
10日時間未定 中国貿易収支
11日10:30豪住宅ローン件数


米ドル≧円≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

リスクオン相場なのに、ドル円くらいしか上値余地がない。。。
おかしな相場になりそうだ。

ユーロクロス・豪ドルクロスともに、、、戻り売りなのか?

・ドル円
 101.40~102.80
 7/6ドル円日足チャート

・ユーロ円
 137.7~139.3
 7/6ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 94.3~96.2
 7/6豪ドル円日足チャート 7/6豪ドル円週足チャート
たまには、週足を見てみると、面白い↑

・ユーロドル
 1.347~1.364
 7/6ユーロドル円日足チャート

・豪ドルドル
 0.923~0.941
 7/6豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.435~1.465
 7/6ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


NYダウ17000・ドイツ株10000乗せ
あたしゃ、米雇用統計のおかげというより
株高は、ドラギ君のおかげだと思ってる
欧州版QE導入があれば、日銀・ECBの2輪走行によるリスクオン相場
という構図になるわけで。

きのうは、欧QEの準備が進んでいると発言したことが大きかったかと。

今日は、日経が15475円を突破できるか?だね
とにかく、日経は欧米に比べると、伸びないんです
その理由も、欧米株を買うために、日本株を利確して資金を回す海外勢の存在があるんです。
どのみち、来週SQに向けては、”日本株は”どっかで下がる気がしてます。

株価が上げた理由が、ドラギ君のおかげだと仮定すると・・・
また、株高・債券高(利回り低下)という相場の構図が出来上がり、
円安・ドル安・高金利通貨高という6月と同じ相場に7月もなるかもと思ってます。

本日は
15:00独製造業新規受注

豪ドルに注目してます。
豪ドル高牽制発言があったんで、きわどいですがね。

7月4日(金)のFX取引

・東京時間(10:40~11:20)
 豪ドル/円(L)95.494→95.584=+9pips×1枚

・東京時間(15:15~15:20)
 豪ドル/円(L)95.543→95.593=+5pips×1枚
えらそうな能書きを書いておきながら
やってるトレードがこんなんなんで、書きたくない。。。
恥ずかしい



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だね
豪ドルは
リスクオン相場で、キャリートレードの名のもとに買われに買われてきたが、
きのう、今日と災難。

本日は
10:00 スティーブンスRBA総裁講演
10:30豪小売売上高
10:30豪住宅建設許可件数
16:50仏サービス部門PMI改定値
16:50独サービス部門PMI改定値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
18:00ユーロ圏小売売上高
20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

21:30米貿易収支
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米雇用統計
22:00メルケル独首相、ショイブレ独財務相、バイトマン独連銀総裁、講演
23:00米ISM非製造業指数
米株式市場は短縮取引

ひさびさ、スティーブンス登場で豪ドル下落したようだね

ドル円は、米国債利回り上昇(2.6%台乗せ)で、トレンドラインを2つ超えたようだね
三角保合い上抜けの形

ドラギ君と米雇用統計が重なってるんで、困った
いまのところ、シナリオがなにも読めない。

明日、米国休場で、閑散相場に売りはなしで、今週は株価”は”落ちにくいと思ってますが。
来週は第2週。日本株SQを控え、下落が定番になってます。
個人的には、来週下落するだろうと思ってます。

再来週が日銀会合・・・そこで、円安終焉か?
サマーラリーといって、夏までは株価”は”調整を繰り返しながら上昇するとは思ってますがね。
と、妄想で、頭がぐちゃぐちゃです

7月3日(木)のFX取引

・(7/1・10:30~本日10:05)
 米ドル/円(L)101.440→101.940=+50pips×1枚
とりあえず、今週目標にしていた、ドル円101.94到達したんで、
満足げ

米雇用統計・・・結果が良すぎて、早期利上げ観測浮上の株安もコワイケド
ドラギ君が若干ユーロ安誘導してるんで
米国債利回り上昇を信じて、ドル円しかないかな~
・NY時間(21:40~23:00)
 米ドル/円(L)102.153→102.220=+6.7pips×1枚
ISM指数をみて、逃げた。....((((ヘ_ _)ヘ

株価、上げたね~
今日、スティーブンスに豪ドルを買っちゃダメ~って言われたけど
秘かに豪ドルが下げ渋っている。
・NY時間(23:25~24:00)
 豪ドル/円(L)95.465→95.665=+20pips×1枚
また、ドラギ君のおかげ(欧州版QEの準備が進んでいる発言)で、豪ドルキャリートレードが復活なるか?

雇用統計だから、金曜な気がしちゃうね。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


きのうは、
豪ドル円が96円ブレイクしたのを見て、
NYタイムにスマホにてトレード
ビビッて、刻みに刻んだ。

豪ドル円が96.499行ったの見て、寝た。

本日は
10:30豪貿易収支
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
21:15ADP全米雇用報告
23:00米製造業新規受注
23:30EIA週間在庫統計
24:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演

当然のような貿易赤字で、豪ドルが落ちたようだね
落ちて☆~ナ~
また拾えるから^^

豪ドルが落ちようが、ドル円には関係ない
むしろ、歓迎。
米国債利回りが2.55%を上抜けたんで、ドル円L保持してます。
いつか相場が気づいてくれると信じてます。

7月2日(水)のFX取引

だいぶストレスたまってきた
持病?の胸痛が直らん
家にこもりっぱなし
ネットもつながらなくなるし

あっ ネットは直った

・(6/30・15:45~本日21:20)
 米ドル/円(L)101.385→101.665=+28pips×1枚
・(7/1・10:30~)

 米ドル/円(L)101.440×1枚
・(7/1・24:30~本日9:10)
 米ドル/円(L)101.485→101.585=+10pips×1枚
 ↑スマトレポジが利確されていた。

・東京時間~NY時間(12:55~22:00)
 米ドル/円(L)101.605→101.729=+12.4pips×1枚

やべっ 韓国為替介入で、換金売り警戒のドル売り。。。
アジア中銀という大敵が待っていた。
違う。明日にイベントを控えての、調整っぽい。
なら、ドルを買い戻せよっ

・欧州時間(18:30~20:45)
 米ドル/円(L)101.423→101.485=+6.2pips×1枚
・NY時間(21:05~21:30)
 米ドル/円(L)101.485→101.646=+16.1pips×1枚

・NY時間(21:20~21:40)
 ユーロ/円(L)138.728→138.838=+11pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ようやく、買いで参入してきた

本日は
08:50日銀・企業短期経済観測調査(短観、6月調査)
10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
10:45HSBC中国製造業PMI改定値
13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表

16:50仏製造業PMI改定値
16:55独製造業PMI改定値
16:55独雇用統計
17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
18:00ユーロ圏失業率
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
23:00米建設支出

流れが、変わるだろうか?
それとも、月初のフローで終わりか??
ドル円に関しては、米国債利回り2.50-2.55%にいる限り
101.2-101.6のレンジと見ておいた方がよさそうだけども。

7月1日(火)のFX取引

・(6/30・15:45~)
 米ドル/円(L)101.385×1枚
・東京時間(10:30~)
 米ドル/円(L)101.440×1枚
・東京時間(10:30~11:10)
 米ドル/円(L)101.440→101.485=+4.5pips×1枚

・東京時間(10:45~11:00)
 豪ドル/円(L)95.589→95.759=+17pips×1枚

お昼から、家のネットがつながらなくなったので
・欧州時間(16:20~18:50)
 米ドル/円(L)101.475→101.585=+11pips×1枚
漫喫にきた。
明日のお昼まで、トレードできるかわかりません。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1134)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
06 ≪│2014/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: