早起き

本日は
15:00独小売売上高指数
18:00ユーロ圏失業率
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
21:30米個人消費支出(PCE)
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)

毎日2度寝してるけど、今日は3度寝の日になりそう。
さいきん、3度寝してるから、4度寝の日になりそうだ。

輸出のドル円売りが、火曜から登場してますね
今日は?

8月29日(金)のFX取引

・早朝時間(3:40~4:20)
 豪ドル/円(S)97.027→96.971=+5.6pips×1枚
・早朝時間(4:35~10:20)
 米ドル/円(S)103.700→103.700=+0pips×1枚
いまいち。
2013年5月高値103.74・・・売り買い交錯ゾーン。


おなくなりポジ様:
 豪ドル/円(S)97.160×1枚(8/29・18:50~)利確96.080ストップ97.14
 ↑+2pips


・欧州時間(17:25~)
 豪ドル/円(S)97.175×1枚
・欧州時間(18:05~19:15)
 豪ドル/円(S)97.144→97.044=+10pips×1枚

・NY時間(21:29~21:35)
 米ドル/円(S)103.983→103.933=+5pips×1枚

・NY時間(22:54~23:10)
 米ドル/円(S)103.988→103.938=+5pips×1枚
・NY時間(22:54~23:30)
 米ドル/円(S)103.994→103.843=+15.1pips×1枚
最後に登場しましたか。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


もう
寝坊した
ドル円ショートを作っておくべきだったかな?

本日は
10:30豪民間設備投資
16:55独雇用統計
18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
21:00独CPI速報値
21:30米GDP改定値
21:30米新規失業保険申請件数
23:00米住宅販売保留指数
26:00米財務省、7年債(290億ドル)入札

もう
裏切り行為に出た。
いや、もともとは、ロング・ロンガー・ロンゲストなんだけど。

8月28日(木)のFX取引

・東京時間(10:29~10:30)
 豪ドル/円(S)96.931→97.060=-12.9pips×1枚

おなくなりポジ様:
 豪ドル/円(S)97.058×1枚(8/27・21:15~)利確96.080ストップ97.14
 ↑-11.7pips

いずれショートに振るべきと思っている豪ドルは置いといて
お隣さん。
・東京時間(12:00~)
 NZドル/円(L)87.017→87.200=+18.3pips×1枚
初めて触ったけど、今日限りだと思う。

・欧州時間(18:50~)
 豪ドル/円(S)97.160×1枚
・欧州時間(18:50~18:55)
 豪ドル/円(S)97.135→97.083=+5.2pips×1枚
・欧州時間(18:50~18:55)
 豪ドル/円(S)97.136→97.000=+13.6pips×1枚
・欧州時間(19:15~19:20)
 豪ドル/円(S)96.995→96.857=+13.8pips×1枚
またか、修復力が早すぎる。
近い将来、必ずバチがあたる。ハズ。。。 いつかな~
あたしの幻想かな~

米指標逆張り
・NY時間(21:35~21:45)
 米ドル/円(S)103.805→103.761=+4.4pips×1枚
下がってこないので、早々に逃げた。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


すとんとこないよね~

本日は
15:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
23:30EIA週間在庫統計
26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札

なにかに固執し始めると、周りが見えなくなって、損するタイプ。

8月27日(水)のFX取引

・東京時間(9:40~10:00)
 豪ドル/円(S)96.996→97.030=-3.4pips×1枚
・東京時間(9:40~10:30)
 豪ドル/円(S)96.996→96.906=+9pips×1枚

ドル円割れたor割れそうだけど・・
8/27ドル円4時間足チャート
粘るのかな?

・欧州時間(16:15~17:00)
 米ドル/円(S)103.935→103.905=+3pips×1枚
・欧州時間(16:15~17:20)
 米ドル/円(S)103.933→103.910=+2.3pips×1枚
粘ったか。

・欧州時間(19:05~19:30)
 米ドル/円(S)103.933→103.910=+2.3pips×1枚
・欧州時間(19:10~21:15)
 米ドル/円(S)103.925→103.824=+10.1pips×1枚
・欧州時間(20:00~20:45)
 米ドル/円(S)103.930→103.904=+2.6pips×1枚
意地になってるから。


ポジがね~じゃね~か:
 豪ドル/円(S)97.050×1枚(8/25・16:15~)利確96.080ストップ97.14
 ↑-9pips

・NY時間(21:15~)
 豪ドル/円(S)97.058×1枚 ストップ97.14
余計なことしたかも。

・NY時間(22:40~22:45)
 豪ドル/ドル(S)0.93400→0.93343=+5.7pips×1枚
ちょびちょびトレードは書かなくてもいいかな?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


調整入りか?
どうか

本日は
21:30米耐久財受注額
22:00米住宅価格指数
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
23:00米消費者信頼感指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
26:00米財務省、2年債(290億ドル)入札

リスクオン地合いはありながらも、円安に進まなくなってきた。
米指標があるんで、なんとも。

8月26日(火)のFX取引

・東京時間(11:25~12:05)
 米ドル/円(S)103.888→103.777=+11.1pips×1枚
・東京時間(11:45~13:15)
 豪ドル/円(S)96.567→96.503=+6.4pips×1枚
・東京時間(14:35~17:25)
 豪ドル/円(S)96.504→96.632=-12.8pips×1枚

・欧州時間(16:55~17:15)
 ユーロ/円(S)137.123→137.053=+7pips×1枚
ユーロのせいでドル円・クロス円・豪ドルが底堅い。
追加緩和期待か。。
中国が、なにやら危なそうなんだけどね~

瀬戸際で粘られたか。
8/26豪ドル円4時間足チャート


米指標、期待し過ぎだから、前乗りショート
・NY時間(21:29~21:35)
 米ドル/円(S)103.966→103.900=+6.6pips×1枚
・NY時間(21:59~22:20)
 米ドル/円(S)103.902→103.852=+5pips×1枚

あっ 23時の部やべっ
・NY時間(22:59~24:00)
 米ドル/円(S)103.899→104.032=-13.3pips×2枚


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)97.050×1枚(8/25・16:15~)利確96.080ストップ97.14



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


気弱

本日は
17:00独Ifo企業景況感指数
23:00米新築住宅販売件数


8月25日(月)のFX取引

iClick
外為OP
ドル円 レンジアウト 104.20-25 (15:00の部)

あいあむ クリック
14:00頃購入 598円→856円 14:30頃途中売却
        561円→1000円

・欧州時間(16:15~18:35)
 豪ドル/円(S)97.053→96.851=+20.2pips×1枚
・欧州時間(16:15~)
 豪ドル/円(S)97.050×1枚 ストップ97.14
・欧州時間(16:40~17:20)
 豪ドル/円(S)97.012→96.912=+10pips×1枚

・欧州時間(19:20~21:25)
 豪ドル/円(S)96.842→96.785=+5.7pips×1枚
・NY時間(22:00~22:50)
 豪ドル/円(S)96.747→96.661=+8.6pips×1枚
・NY時間(23:30~23:50)
 豪ドル/円(S)96.685→96.653=+3.2pips×1枚

やばい NYダウが最高値に迫ってきてる。。
ビビりながら、売っている。

104×0.93=96.72



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


2か月ほど、家に閉じこもってます
ストレスでおかしくなりそうです。

なってるかもです。

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・日本の貿易赤字拡大で円売り
・FOMC議事録にて、米早期利上げ観測浮上でドル買い?リスクオン?
・国内機関投資家がドル円&日本株&海外株に押し目買いを入れまくっている

という展開でした

個人的には、この閑散相場のなかで、機関投資家の買いがクローズアップされているだけであり
本来の値動きとは違和感を感じてます。

FOMC議事録直後はNYダウ下げてます
利上げ観測でいったん売られてから、なにもなかったかのように戻しています

米10年債
利上げ観測浮上で2.44%あたりまで上昇しましたが
週末には結局2.40%に落ち着いています。

本当にドル買い&リスクオンが正しいのか?
9月1日のレイバーデーまで、海外投機筋が休んでますので、
8月15日以降の値動きは、厚みがなく、窓空けのような扱いになり
窓埋めのようにいずれ全戻しすると思っています。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15300-15750のレンジにおります
8月SQ値は15040円

日本は、9月に内閣改造、9月にGPIFの株式投資、12月に消費増税
と、株高&円安の思惑があります。
そこへの期待感で、機関投資家の買いが入ってます

ドル円クロス円に押し目買いは入りやすいです
長期資金の買いがこつこつとはいってます。

国内輸出企業のお盆休みドル円の売りオーダー(103円辺り)は全部持ってかれてますね
来週に高いところで再度売り注文が入ってくるのか?どうか?
25日(月)が5.10日でありやや注目か?
東京仲値にむけて、機関投資家が買い続けていたんでね
この時間に下がるようなら、輸出企業の売りが登場したと判断できます。

29日08:30完全失業率
29日08:30全国消費者物価指数(CPI)
29日08:50鉱工業生産速報


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
段階的に縮小し、2014年10月に停止。
ジャクソンホールでイエレンさんが、はっきり言ってます。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.5%、ドイツ国債=0.95%、イギリス国債=2.40%
米国債=2.40-2.8%を割れました
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
直近は世界的に債券買いになっているようで、米ドルだけが下がるということもないようですが・・・

米国債利回り
現在2.40%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.40付近をうろうろしております。

米ドル先高観のドル買いは、明らかに入りやすくなっておりますが
肝心の米国債利回りはあまり上がりません。
これが、ドル相場を難しくしているハズ。

米株は、最高値17100ドル台い近づいてきました
現在17000ドル
個人的には、最高値更新はできず、昨冬の上値突破攻防線16120ドルを、1度は試すと見てます。。

9月FOMC・・・米QEの出口戦略発表の場です
そこへむけて、売られてくるのは、近いと見てますが。

25日23:00米新築住宅販売件数
26日21:30米耐久財受注額
26日22:00米住宅価格指数
26日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
26日23:00米消費者信頼感指数
26日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
26日26:00米財務省、2年債(290億ドル)入札
27日26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札
28日21:30米新規失業保険申請件数
28日23:00米住宅販売保留指数
28日28:00米財務省、7年債(290億ドル)入札
29日21:30米個人消費支出(PCE)
29日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
29日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.95%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、指標後は材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます

25日17:00独Ifo企業景況感指数
27日15:00独消費者信頼感指数
28日16:55独雇用統計
28日18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
29日15:00独小売売上高指数
29日18:00ユーロ圏失業率

29日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2200の大台に乗せてきました
なにやら、アジア株が堅調ですね

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策にやはり左右されています
10月でQEが終了することへの不安感がのしかかっている
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

9月FOMC・・・米QEの出口戦略発表の場です
そこへむけて、売られてくるのは、近いと見てます。
リスクオンしたい雰囲気の相場に飲み込まれており、もう少し底堅く上昇するかもしれませんが

28日10:30豪民間設備投資


円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

上の内容を分析しても関係なさそうです
NYクローズで、よくドル円がピコンっと跳ねたりしてますよね
閑散相場だと、上に磁石がある典型的例です。
さらに閑散相場なので
ドル円・クロス円底堅そうですね

チッ

2014年は、例年より少し値動きの時期が早いんでね
秋の下落相場も早く来る気がしていて、個人的には来週中に頭打ちかもとの思惑を持ってますが。

※チャート分析は日曜夕方更新予定

・ドル円
 103.08~104.16
 8/24ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.3~137.9
 8/24ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 96.0~97.5
 8/24豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.317~1.333
 8/24ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.923~0.936
 8/24豪ドルドル日足チャート

・ユーロ豪ドル
 1.407~1.435
 8/24ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ジャクソンホールへの期待感
えっ
なにも出てこないのに、何に期待してるんだろう

利上げ・・・本当に利上げするときは、おそらく来年半ば
利上げへの反応は、米経済成長のあかしと捉えられ、ドル高・株高みたいだね
問題は、その前に量的緩和(米QE)の出口戦略が先であり
株価が1度、大きく調整するのが先に来る

日本株は知らんけど、NYダウは最高値まであと50ドルに迫ってきた
再度頭打ちから下落待ちだと思ってる。
そして、その被害を一番被るのは豪ドルである
との考えに変わりはナイ。
それが、いつかだけ

今日か、9月5日か8日か?


今のところ、GPIF期待で円安に賭けてるポジが多いけど、
資金を株に投入
その資金は、どこから来るの
大量保有してる日本国債を売却するんでしょう
国債利回り上昇がくる。
GPIFの買いも円高が先に来ると思ってる

2012年末の、債券から株へのグレートローテーションで大きく円安が進んだ
それは、海外国債売りから世界同時株高での外貨高であって
日本国債売りでは円高

こじつけかもしれないけど、
秋にまず先に円高・株安
乗り切ってから、例年通り年末円安・株高

このシナリオはまだ、崩していない。


なんだか、2014年”も”、相場の動きと、永遠逆張りになっちゃってるみたいで、
資金が持たないかもしれない。。

あたしが、何を考えようが、どうでもいいんだろうけど。
仕掛けるのは、海外投機筋だから。
当たるとも限らんし。

一応、あたしの考えを知りたい人がいるかな~と思って書いている

本日は
23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、ジャクソンホールで講演
27:30ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャクソンホールで講演

8月22日(金)のFX取引

スティーブンスに3票

・東京時間(12:00~17:10)
 豪ドル/円(S)96.700→96.780=-8pips×1枚
・東京時間(12:00~17:10)
 豪ドル/円(S)96.699→96.780=-8.1pips×1枚
・東京時間(12:00~17:10)
 豪ドル/円(S)96.695→96.780=-8.5pips×1枚

5票
(うち2票はユーロ円押すつもりが、全部豪ドル円になってた

・欧州時間(17:35~23:35)
 豪ドル/円(S)96.752→96.813=-6.1pips×1枚
・欧州時間(17:35~23:35)
 豪ドル/円(S)96.751→96.813=-6.2pips×1枚
・欧州時間(17:35~23:35)
 豪ドル/円(S)96.750→96.813=-6.3pips×1枚
・欧州時間(17:35~19:20)
 豪ドル/円(S)96.737→96.537=+20pips×1枚
・欧州時間(17:35~18:15)
 豪ドル/円(S)96.733→96.633=+10pips×1枚

・欧州時間(18:10~21:05)
 豪ドル/円(S)96.662→96.617=+4.5pips×1枚

戻りが早すぎる
なにこの相場
市場参加者が少ないから、こんなことになってんじゃないの?

・NY時間(23:30~23:35)
 豪ドル/円(S)96.751→96.813=-6.2pips×1枚
・NY時間(23:30~23:35)
 豪ドル/円(S)96.757→96.813=-5.6pips×1枚
ちょろちょろ高値更新されると、永遠負け続けるんですけど。
4時間足見ると、まぁ見事な上昇トレンド。。
で、そのトレンドラインを抜けはしないけど、沿って上がっていく。
4時間で5pipsの角度。
8/23豪ドル円4時間足チャート
トレンドラインにぶつかってね 利確での下押しがあまりに小さくてね
逆張りで勝たせてもらえない
市場参加者が少ないから。 またゆうた
ドル円も豪ドルドルも下がらんけど、どちらがおかしいかといったら、、、ドル円か。
ドル円が下がるのって、米雇用統計後だから、9月5日までは勝ち目がないか?
97.0-97.3が・・・

・NY時間(23:55~)
 豪ドル/円(S)96.828×1枚
・NY時間(23:55~)
 豪ドル/円(S)96.821×1枚
・NY時間(23:55~)
 豪ドル/円(S)96.803×1枚
・NY時間(23:55~)
 豪ドル/円(S)96.802×1枚
・NY時間(23:55~)
 豪ドル/円(S)96.789×1枚
あとは、ドラギ君がなにも言わなければ、対ユーロでの豪ドル買いがまき戻り
落ち着くか?

あかん
思いとはうらはらに、今日も高値引けだ。
10連騰を全部売りで入ってる。。
もう精神と資金が、もちませんm(_ _)m



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


やけ

ぎみ

いじ

105×0.92=96.6
超えない。
104×0.92=95.7
103×0.93=95.8
いいとこ。

本日は
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
16:00仏製造業PMI速報値
16:00仏サービス部門PMI速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

21:30米新規失業保険申請件数
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
23:00米景気先行指標総合指数
23:00米中古住宅販売件数
米カンザスシティー連銀主催のシンポジウム(ジャクソンホール)、労働市場と金融政策に関する討論会(23日まで)

8月21日(木)のFX取引

スティーブンスに5票
3倍マイナススワップをありがたく受け取っておく。

利確ポジ様:
 豪ドル/円(S)96.385×1枚(8/20・29:00~)利確96.085ストップ96.56
 ↑+30pips
 豪ドル/円(S)96.405×1枚(8/20・29:25~)利確96.205ストップ96.56
 ↑+20pips

・東京時間(12:00~16:35)
 豪ドル/円(S)96.048→96.281=-23.3pips×1枚
・東京時間(13:15~16:35)
 豪ドル/円(S)96.083→96.281=-19.8pips×1枚

アジア株続落中。アルゼンチンデフォルト懸念再発希望。
夏でバカになってるんで、なにが起こっても下がらんのかな~

下がらんわ
米と露が戦争しても下がりそうにないわ
9月までトレードやめようか

おなくなりポジ様:
 豪ドル/円(S)96.239×1枚(8/20・24:30~)利確94.839ストップ96.56
 ↑-32.1pips
 豪ドル/円(S)96.255×1枚(8/20・26:55~)利確95.555ストップ96.56
 ↑-30.5pips
 豪ドル/円(S)96.385×1枚(8/20・28:40~)利確95.855ストップ96.56
 ↑-27.5pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


FOMC議事録
ドル高株高

完全に見誤ったかな

m(_ _)m


だな。

スティーブンスがすごいこと言い出した。
「介入も排除しない」
「介入の場合でも事前に警告することはない」
「利上げを考えたことは一切ない」
やばいかな。豪ドル。

よ~く見ると、利下げはしたくないのか、周りに止められているのか?
でも、豪ドルレートはまだ高いと思っているらしい。

この秋は、ユーロ安、豪ドル安の匂いがプンプンする
そんな中で、円独歩安は考えにくい。

本日は
08:30スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、議会証言
08:50日本貿易統計
15:00独生産者物価指数(PPI)
18:00ユーロ圏建設支出
27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月29日-30日分)

あれっ スティーブンス言い直した
「為替介入は現在の水準で効果があるとは思えない」
なるほど
もっと高くなった時には、介入するぞってことか。
突っ込み売れないな。。

FOMC議事録
ドル円の命、今日までか?
明後日までか?

おかしいのは・・・ボクかしら?
あんなに円安派だったのに、買えずに悔しいから売っているんだ
という、噂話が聞こえてきそうだ。

ハクシュンッ

8月20日(水)のFX取引

・東京時間(10:00~12:40)
 米ドル/円(S)102.986→103.155=-16.9pips×1枚

おなくなりポジ様:
 米ドル/円(S)102.785×1枚(8/19・23:00~)利確102.605ストップ103.09
 ↑-30.5pips
 米ドル/円(S)102.875×1枚(8/19・25:30~)利確102.285ストップ103.15
 ↑-24pips

きのうからゆってるけど、日経伸びてないから。

・東京時間~NY時間(12:45~27:00)
 米ドル/円(S)103.205→102.457=-25.2pips×1枚
・東京時間(13:00~15:00)
 米ドル/円(S)103.175→103.240=-7.5pips×1枚
・東京時間(14:30~22:35)
 豪ドル/円(S)95.886→95.060=-17.4pips×1枚

・東京時間(15:25~16:40)
 米ドル/円(S)103.217→103.272=-5.5pips×1枚
・東京時間(15:40~16:40)
 米ドル/円(S)103.199→103.272=-7.3pips×1枚
・欧州時間(16:45~27:00)
 米ドル/円(S)103.316→103.555=-23.9pips×1枚

・欧州時間(17:40~26:45)
 ユーロ/円(S)137.285→137.405=-12pips×1枚
・欧州時間(19:05~19:25)
 米ドル/円(S)103.345→103.359=-1.4pips×1枚
・欧州時間(19:35~27:00)
 米ドル/円(S)103.400→103.555=-15.5pips×1枚
・欧州時間(19:35~21:40)
 米ドル/円(S)103.388→103.208=+18pips×1枚

おなくなりポジ様:
 豪ドル/円(S)95.812×1枚(8/19・23:00~)利確94.862ストップ96.07
 ↑-25.8pips
 豪ドル/円(S)95.917×1枚(8/19・21:30~)利確95.517ストップ96.24
 ↑-32.3pips 

・NY時間(23:10~26:50)
 豪ドル/円(S)96.094→96.281=-18.7pips×1枚
・NY時間(23:30~27:20)
 豪ドル/円(S)96.160→95.332=-17.2pips×1枚
・NY時間(24:30~)
 豪ドル/円(S)96.239×1枚
・NY時間(24:30~28:00)
 豪ドル/円(S)96.237→96.360=-12.3pips×1枚
・NY時間(26:55~)
 豪ドル/円(S)96.255×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だな。
ポジるだけ、ムダか?

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米住宅着工件数&建設許可件数


8月19日(火)のFX取引

・欧州時間(17:15~21:30)
 米ドル/円(S)102.595→102.744=-14.9pips×1枚
・欧州時間(19:00~24:30)
 米ドル/円(S)102.668→102.851=-18.3pips×1枚
103.5まで、損切りしながらでも売り上がるつもり。
ドテンLは考えていない。

・NY時間(21:30~)
 豪ドル/円(S)95.917×1枚
・NY時間(21:35~24:30)
 豪ドル/円(S)95.895→95.715=+18pips×1枚
・NY時間(22:55~)
 豪ドル/円(S)95.812×1枚

もう、日経伸びてないから。
誰が、円売ってんの?

・NY時間(23:00~)
 米ドル/円(S)102.785×1枚
・NY時間(25:30~)
 米ドル/円(S)102.875×1枚

金魚のふんみたいに、日経がじりじり上がってきたわ。


おなくなりポジ様:
 米ドル/円(S)102.550×1枚(8/18・24:00~)利確102.450ストップ102.74
 ↑-19.4pips
 米ドル/円(S)102.550×1枚(8/18・24:00~)利確102.280ストップ102.85
 ↑-30.1pips



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


だな。

本日は
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数

日経15400円、NYダウ16800ドル
戻りとしてはいい位置にみえるが。

買い上がる理由ある?
ましてや、株高ならなおさらドル高がおかしく見える。

円高に妙な自信を持っている。
あたしの頭が凝り固まってんのかな~

8月18日(月)のFX取引

・NY時間(24:00~)
 米ドル/円(S)102.550×2枚
フィキシングに売ってもうた フツー逆(-_-;)



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

このコーナー楽しみにしてる人いるのかな~
少数でもファンがいると信じて、今週も書いておこう。

今週の振り返り

・日・中・欧・米の指標が悪く
 逆に、中国・欧州の金融緩和期待、米の低金利政策維持期待
 で、リスクオン
閑散相場に売りはなしといった格言に近いものはある。

という展開でした

ウクライナやイラクでなにかあれば下落するが戻るといった展開を続けている。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
ただし、8月の下値はおそらく14500-14700のゾーンであり
9月上旬に向けては、下値を固めたら、いったん上昇するとみてます。
すでにしてます。。

ちなみに、中期的な目線は悩んでます
株価の需給は、季節的には9-10月は悪いんです
昨年を覚えていますか?
2020年東京オリンピック決定に沸いた株高&円安
わずか数日で失速です
9-10月にずんずん高値更新していくようなイメージがないんです。
今年でいえば、10月米QE終了&11月の米国中間選挙
オバマたたきでの、米株安ってのが、個人的なシナリオなんですぅ
が、日本ではGPIFの買いや、消費増税に向けてやら官政相場っていうんですか?
それは買い方向の時期なんです。

↑なにを言いたいか
 昨年のドル円三角保合いチャート↓
 2013年ドル円日足チャート
 昨年同様、8月上旬下落から9月に向けてじり高
 歴史は繰り返す、それとも、今年こそ?
 ちなみに、昨年9-10月にやってた米債務上限問題は、2015年3月に延期になってます。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15000-15700のレンジにおります
8月SQ値は15040円

日本は、9月に内閣改造、9月にGPIFの株式&外貨投資、12月に消費増税
と、株高&円安の思惑があります。
SQ値より上で推移しそうですね

ドル円クロス円に押し目買いは入りやすいです
長期資金の買いがこつこつとはいってます。

日本国債は日銀の大量購入で利回り0.6%から動かないと思ってましたが
いつの間にか、0.5%になっているようです
日本国債も下げ傾向にあることから、円安を支援しているようです。

20日08:50貿易統計


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.5%、ドイツ国債=0.95%、イギリス国債=2.33%
米国債=2.40-2.8%を割れました
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
直近は世界的に債券買いになっているようで、米ドルだけが下がるということもないようですが・・・

米国債利回り
現在2.34%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.40付近をうろうろしております。

米ドル先高観のドル買いは、明らかに入りやすくなっておりますが
肝心の米国債利回りは下落しております。
これが、ドル相場を難しくしているんです

米株は、最高値17100ドル台からだいぶ下がりましたね
現在16500ドル
個人的には、昨冬の上値突破攻防線16120ドルが、今度は今回の下落の攻防線だと見てますが。

あっ FOMC議事録とジャクソンホールのイエレンに注目か
早期利上げ観測を匂わせる内容であれば、ドル買い&株安
そんな思惑からジャクソンホールまでは、ドルの下値が堅いかも。
個人的には、いづれはやってくるが、まだその段階にないと思っているので
イエレン講演後ドル売りとなる気がしています。

18日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
19日21:30米消費者物価指数(CPI)
19日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
20日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月29日-30日分)

21日21:30米新規失業保険申請件数
21日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

21日23:00米景気先行指標総合指数
21日23:00米中古住宅販売件数
21日米カンザスシティー連銀主催のシンポジウム(ジャクソンホール)、労働市場と金融政策に関する討論会(23日まで)
22日23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、ジャクソンホールで講演


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.95%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます
ややこしや~

あっ ジャクソンホールにしれっとドラギ君も参加するんですね
追加緩和を示唆するような発言があれば、ユーロ売り再開か?
って、金曜深夜の相場の終わり頃ですぅ。。
と、いうことは、先駆けてのユーロ売りが入る気がします。

ユーロの高いところは、売って先に利確。
ドラギ君の前にイエレンさんなので、ドル売りの影響でユーロが上がる可能性もある。

20日15:00独生産者物価指数(PPI)
20日18:00ユーロ圏建設支出
21日16:00仏製造業PMI速報値
21日16:00仏サービス部門PMI速報値
21日16:30独製造業PMI速報値
21日16:30独サービス部門PMI速報値
21日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
21日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

21日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
22日27:30ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャクソンホールで講演


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2200の大台に乗せてきました
なにやら、アジア株が堅調ですね

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策にやはり左右されています
10月でQEが終了することへの不安感がのしかかっている
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

豪ドル円・豪ドルドルは、10月まで年初来高値更新はできないと思ってます。

その後11月以降は、とびっきりの上昇が待っていると思ってますが。

現状は、円・米ドル・ユーロがともに弱く、豪ドルが押し出されたりしますが
買い上がる理由はないので、高いところは売っていきたい。

あっ 議事録やスティーブンスが登場ですね
利下げ示唆や豪ドル高牽制発言がなければ、買いが入ると思われます。

19日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
20日08:30スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、議会証言
21日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

世界的な、金利低下傾向と
FOMC議事録とジャクソンホール講演に注目か。

円安、ドル安、ユーロ安のどれが弱いのか?はて?

※ひさしぶりのチャート載せ

・ドル円
 101.8~103.4
 8/17ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.3~138.0
 8/17ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.6~96.0
 8/17豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.330~1.344

・豪ドルドル
 0.925~0.938

・ユーロ豪ドル
 1.420~1.448


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


流れ変わらず
あたしも変わらず。

本日は
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
21:30米卸売物価指数(PPI)
22:15米鉱工業生産指数
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


8月15日(金)のFX取引

・欧州時間(20:05~21:30)
 米ドル/円(S)102.595→102.670=-7.5pips×1枚
・欧州時間(19:10~21:30)
 米ドル/円(S)102.575→102.670=-9.5pips×1枚

ユーロや豪ドルもチラ見してるけど、動きがおかしいから

・NY時間(21:28~23:40)
 米ドル/円(S)102.625→102.525=+10pips×1枚
・NY時間(21:45~23:45)
 米ドル/円(S)102.685→102.425=+26pips×1枚
・NY時間(22:40~22:55)
 米ドル/円(S)102.666→102.606=+6pips×1枚

今週、世界経済指標、全敗にちかいよ
緩和期待かなんかで支えてるみたいだけど、それはもう夏前にやっている。

サマーラリー最終段階。

米10年債2.4%完割れしてますから
ドル安・円高がセットでやってくるのは、近い。
ハズだけどな~

盲目ドル円上昇のあとには、悲劇が待っていることを、期待しておきます。
上がれば上がるほど、下値余地が大きくなる気がするのは、気のせいでしょうか?

あたしが、大負けか?どちらでしょ??

無事利確ポジ様:
 米ドル/円(S)102.485×1枚(8/13・25:20~)利確102.185ストップ103.15
 ↑+30pips
 米ドル/円(S)102.518×1枚(8/13・25:20~)利確102.418ストップ103.15
 ↑+10pips
と、書いてたら、落ちてきた^^

あっ ウクライナか
あまり、関わりたくない。
全戻しするから。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


日・中の指標により、リスクオンになってる
どちらも、そんなによろしくない内容なわけで
今後の政策期待での買いとなっている。

本日は
08:50日本機械受注
14:30仏GDP速報値
15:00独GDP速報値
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18:00ユーロ圏GDP速報値
21:30米新規失業保険申請件数

26:00米財務省、30年債(160億ドル)入札

盲目的になってるドル円102.85-103目指しちゃうかな~
日足では上昇ラインに乗っている。

ナンピンおk

8月14日(木)のFX取引

・東京時間~欧州時間(11:10~16:00)
 米ドル/円(S)102.575→102.475=+10pips×1枚

・東京時間(15:00~15:40)
 米ドル/円(S)102.615→102.515=+10pips×1枚

・欧州時間(16:30~18:15)
 米ドル/円(S)102.485→102.435=+5pips×1枚
・欧州時間(18:25~18:30)
 米ドル/円(S)102.408→102.338=+7pips×1枚

・NY時間(21:30~21:40)
 米ドル/円(S)102.378→102.328=+5pips×1枚

そこで止まるか ロングの生命線だからね
これがね、トレンドが上のときはね、時間が経つにつれ生命線の支えが上がってきてね
ヨコヨコしてると、勝手に落ちる
上へ戻れるか?

このままいくと、ちょうど明日の東京仲値が102円台後半なのか前半なのかの分岐点だね
あたしは前半だと思ってますが、戻ってきたら、ちょと困るかも。

・NY時間(25:55~)
 米ドル/円(S)102.518×1枚
ホントにドル買いなの?
米10年債2.4%だよ
5月のドル100.8円のときと同じだよ
来週には、割れて、秋には2.1%じゃないの??

市場参加者が戻ってきて、崩されるのが楽しみで仕方ないんですけど~
あたしが負けるか?どっちかね??


保有ポジ:
 米ドル/円(S)102.485×1枚(8/13・25:20~)利確102.245ストップ103.15



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


いや~きのうね
ドル円引きつけようとしすぎて、買いそびれた

本日は
08:50実質国内総生産(GDP)速報値
14:30中国鉱工業生産
14:30中国小売売上高

15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
15:45仏CPI
17:30英雇用統計
18:00ユーロ圏鉱工業生産
18:30英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
21:30米小売売上高
23:30EIA週間在庫統計

日本GDP・・・サプライズなしか。
株は、安心感の買いが入るか?
入ったとこで、たいして上げれんでしょ
知らんけど。

そびれた人は、売り狙いになるでしょ

米指標までありやがる
ドル円に関しては、あまり下がらんか?

じゃぁ 豪ドルは?
中国指標がありやがる ヒーっつって

ん ユーロ?
今のユーロ、じぇんじぇんわからん。

8月13日(水)のFX取引

・東京時間(9:45~9:55)
 米ドル/円(S)102.278→102.233=+4.5pips×1枚

出たよ
中国指標が悪く、逆に、中国金融緩和期待になっている
豪ドルが下ひげを残す形。
豪ドル円はちょっと様子を見よう。
月末辺りに日足の雲のねじれがあり、雲の中で行き来するかも。
豪ドルドルに上値余地がありそうなんで、むしろ上か?

夏でバカになっていると思われる
ドル円から、、、売っていきたいと考えている。

指標前からいくから( `ヘ´)
・NY時間(20:00~21:30)
 米ドル/円(S)102.470→102.365=+10.5pips×1枚
・NY時間(20:05~21:50)
 米ドル/円(S)102.455→102.255=+20pips×1枚

26:00米財務省、10年債(240億ドル)入札
まだいくから
・NY時間(25:20~)
 米ドル/円(S)102.485×1枚
・NY時間(25:20~26:30)
 米ドル/円(S)102.470→102.417=+5.3pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


先日は台風でしたね
うちのツバメさんがあまやどりに、巣に帰ってきてた
amayadori

写真じゃみにくいけど、嵐で毛羽立ってる

そろそろ南国への旅立ちでしょうか

本日は
10:30豪NAB企業景況感指数
10:30豪住宅価格指数
15:45仏経常収支
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数


意外に株価が堅調ですね
閑散に売りはなし か?

ドル円102円前後では買いたい
明日の日本GDP後の動きが読めませんが。。

高いところは、依然売ろうと思ってる。
う~んでもな~102円台後半を超えると、
大きな三角保合い(1月の105.44→8月の103.08のトレンドライン)上抜けになっちゃうんだよな~
その辺を超えないことを前提に。
豪ドル円は95円台で売りたいな~と待ってますが。来なさそう。。

8月12日(火)のFX取引

・前日東京時間~本日東京時間
 米ドル/円(L)102.150→102.350=+20pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・日・欧・米株に、調整売り
ウクライナやイラクの地政学リスクにより下落
というよりは、夏休みを前に調整の理由づけにされただけであり
必然の下落です。
サマーラリーという名のもとに、買われてきたものが、巻き戻っているだけです
あと、6月にユーロ追加緩和後、株買いに走ってますが
欧QEの導入は10月以降まではないことがわかってますので、
欧QE導入期待分が削がれているという見方もできます。
・週末金曜は異常に上へ戻しておりますが、これも、来週からの休みを前に
売り方もポジションを閉めるための上昇という
必然の上昇です。

という展開でした


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
ただし、8月の下値はおそらく14500-14700のゾーンであり
9月上旬に向けては、下値を固めたら、いったん上昇するとみてます。

ちなみに、中期的な目線は悩んでます
株価の需給は、季節的には9-10月は悪いんです
が、GPIFの買いや、消費増税やら官制相場っていうんですか?
それは買い方向の時期なんです。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14700-15300のレンジにおります
8月SQ値は15040円
7月SQ値とほぼ同じ。

日本は、9月に内閣改造、10月に消費増税
と、株高&円安の思惑があります。

ドル円クロス円に押し目買いは入りやすいです

来週からお盆休みなので、
ドル円の上には輸出企業の売り注文(おそらく102.5-103)、
下には輸入企業の買い注文(おそらく101-101.5)が放置してあります。

上下固められた状態になりそうです。

注目はGDP
消費増税決定の目安にされる指標です
悪いとなれば、日銀追加緩和観測が浮上しますので
円売りとなりそうです。
良いとなれば、消費増税決定が意識される
消費増税は、海外勢には好感されるので、、、円安

あれ?どっちにしても円安でしょうか?
良かった場合が間違ってますか??

まっいいか
来週~8月末は、市場参加者が減りますので、
動かなかったり、動き過ぎたりしますので、変に動き過ぎたところは逆張りするとうまくいったりします。

13日08:50実質国内総生産(GDP)速報値
14日08:50機械受注


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.6%、ドイツ国債=1.2%、イギリス国債=2.6%
米国債=2.40-2.8%
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。

米国債利回り
現在2.40%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.4%台をうろうろしております。
(2.40%って、ホントは、、、ドル円100円。ドル先高円先安感が支えているだけです。コレナイショだよってことになってます)

米ドル先高観のドル買いは、明らかに入りやすくなっておりますが
肝心の米国債利回りは下落しております。
これが、ドル相場を難しくしているんです
当たり前かもしれませんね
近い将来、利回りが3%を超えるんだから、米国債を買っておこうという気持ちもよくわかります。

株価の配当利回りは2.6%くらいですから、長期資金は、高値圏にある株より、国債を選ぶ。当然か?
なので、短期国債2年債がやや上昇し始めたようで、そちらにドルが連動しているようです。
2年債の情報は、入ってくるのが遅いので、対応しきれないです。

米株は、最高値17100ドル台からだいぶ下がりましたね
現在16500ドル
個人的には、昨冬の上値突破攻防線16120ドルが、今度は今回の下落の攻防線になるんじゃないかなと見てますが。

米指標は良好なものばっかりになってきましたね。

13日21:30米小売売上高
14日21:30米新規失業保険申請件数

15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日21:30米卸売物価指数(PPI)
15日22:15米鉱工業生産指数
15日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。

12日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
12日18:00独ZEW景況感指数

13日15:00独消費者物価指数(CPI)改定値
13日18:00ユーロ圏鉱工業生産
14日15:00独GDP速報値
14日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
14日18:00ユーロ圏GDP速報値


豪ドルについて
豪指標かなり良くなってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2200の大台に乗せてきました
なにやら、アジア株が堅調ですね

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪雇用統計のネガティブサプライズはどうでもいいことだと思ってます

それよりは
豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策にやはり左右されています
10月でQEが終了することへの不安感がのしかかっている

なので、NYダウに連動してます。

豪ドル円・豪ドルドルは、10月まで高値更新はできないと思ってます。

その後11月以降は、とびっきりの上昇が待っていると思ってますが。

12日10:30豪NAB企業景況感指数
12日10:30豪住宅価格指数
13日14:30中国鉱工業生産
13日14:30中国小売売上高



円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

日本GDP後の動きについていくくらいか

欧米の指標は、重要指標の割に反応が遅かったりしそうなので
結果を見てから、のんびりエントリーしても間に合う
むしろ、動くのを待たされるくらいなんじゃないかと思ってます。

他は、どの通貨ペアも、動きすぎたところは逆張りで。

※チャート分析は日曜夕方更新予定


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


SQ通過でのスケロン(スケベロング)をしようと思ってた

ダウが下げていたので、二度寝した

起きたら別世界

本日は
10:30豪住宅ローン件数
時間未定 中国貿易収支
時間未定(おそらく昼頃)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
時間未定 景気ウオッチャー調査
15:30黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
15:00独貿易収支

イラクへの空爆承認ですか
地政学リスクというやつは、結局全戻しが待っている
冷たい言い方かもしれんけど、
なぜなら、戦地以外の経済状況には影響がナイ
むしろ、米軍出動ということは、米国に戦争特需がある。
手始めに、ドル円買いたい病発症中 ウズッ

て、書いてる間に戻ってく。

まいいや、週末だしね
101.55以下か欧州時間まで引きつけよう。

8月8日(金)のFX取引

8月SQ値15040円

・欧州時間(15:45~16:10)
 米ドル/円(L)101.550→101.700=+15pips×1枚
・欧州時間(15:50~17:40)
 米ドル/円(L)101.600→101.800=+20pips×1枚
週末だしね 欲張らず利確したけど。

ちなみに、きれいな数字のポジだけど、指値じゃなくて、反発を確認してからの目押しだからね
利確は指値ね
ちなみに、ドル円101円台くると、777、666、555、444、333 のぞろ目を何度も見かけます。
ぞろトレ有効ぞーん
寝よ。狙った時間以外ほとんど寝てる。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ギャンブラー

12日かけて、ようやく豪ドル円1円下がった。
その間マイナススワップを受け取り続けている。

本日は
10:30豪雇用統計
15:00独鉱工業生産
20:00英中銀金融政策委員会(MPC)2日目、終了後政策金利発表
20:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

21:30前週分の米新規失業保険申請件数

豪雇用統計 ネガティブ 。

ECB理事会は、政策変更はないんで、ドラギ君次第ですか?

8月7日(木)のFX取引

豪雇用統計 ”前” に、ストップ95.66にいれてin
・東京時間(10:29~10:30)
 豪ドル/円(S)95.539→95.379=+16pips×1枚
・東京時間(10:29~10:30)
 豪ドル/円(S)95.539→95.179=+36pips×1枚

無事利確ポジ様:
 豪ドル/円(S)95.405×1枚(8/1・25:25~)利確95.055ストップ95.92
 ↑+35pips
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.85ストップ95.92
 ↑+80pips

実は、豪雇用統計は、数字上ぶれているだけで、内容は悪くはないんで
え~それと、まだ利下げがあると思っているかのような反応がとても意外だったので
ロングが切らされたら、いつか買おうとたくらんでいる。
ユーロが独自路線を進みだして以降(1か月ほど前から)豪ドルが、ダウと連動し始めたんで、ダウの下げ止まりが必要か?
でも、高いところはまだ売ろうと思ってる。
売り側の理由は、米QEが10月で終了する影響。
ダウがしっかりと上昇できるのは、米QEが終了しても大丈夫であることを確認したあとと見てますが。

作戦会議中



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


豪ドル円95.3という石の上にも11日
ここ
意地の戦い。
やるかやられるか?
でっどおああらいぶ

本日は
14:00日本景気動向指数速報値
15:00独製造業新規受注
17:30英鉱工業生産指数
21:30米貿易収支
23:30EIA週間在庫統計

一応、93円台はあると思っている。
101.5×0.92=93.4
遠いな
94円台前半くらい。

8月6日(水)のFX取引

謎のアジア勢の買いを避けてからin
今日は早めにやや落ちた
英指標を確認してから、欧州勢が売り参入
・欧州時間(17:35~17:45)
 豪ドル/円(S)95.514→95.454=+6pips×1枚
・欧州時間(17:35~18:00)
 豪ドル/円(S)95.514→95.414=+10pips×1枚
ここだけ集中。

しまった。せっかく割れたのに指値届かず。
チャート分析ミス。
95.15辺りにも支えがあった。(日足の-σ)
まあいい。次回下のときはいくだろう。
いったん戻りの数日となるか?
株価やらに、スケベロングが出てきそうである。


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.83ストップ96.2
 豪ドル/円(S)95.405×1枚(8/1・25:25~)利確95.055ストップ95.92



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ひたすら待ってます。(10日経過)

とうとう、日経も上げてこなくなった気が。
15400円割れれば、トップアウトになるかな?

本日は
10:30豪貿易収支
10:45中国HSBCサービス業PMI=結果50.0(予想53.1)
13:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表

16:50仏サービス部門PMI改定値
16:55独サービス部門PMI改定値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI改定値
17:30英サービス部門PMI
18:00ユーロ圏小売売上高
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
23:00米製造業新規受注

また、中国PMIがあぶない。
ここは、逆張りではなく順でいきたい

8月5日(火)のFX取引

・東京時間(10:50~)
 豪ドル/円(S)95.633×1枚 利確95.363ストップ95.86
おちね~な
あたしゃ、ダメかな?

豪政策・・・
今後、利下げはしなさそう
そんなことは、わかってんだよ
利上げするには、今の為替レートではムリであって、下がってからだとゆっている。
あたしは、そう解釈しておりますが。

どうも、相場には、利下げがまだあると思っている輩がいるから
豪政策金利や、豪議事録では、豪ドル買戻しが入るな

まっ いいや あたしゃ豪ドル円売り目線継続。

・東京時間~欧州時間(14:50~18:45)
 豪ドル/円(S)95.735→95.820=-8.5pips×
アジア勢が、取引時間ぎりぎりの19時前まで粘っていた
刈られた
そこで下駄が外れている。
・欧州時間(18:50~20:10)
 豪ドル/円(S)95.785→95.705=+8pips×1枚
・欧州時間(18:50~22:55)
 豪ドル/円(S)95.785→95.605=+18pips×1枚

米指標が良好だと、余計にNYダウが下げてくからね
米早期利上げを織り込んでいない以上は、株価は、まだ、耐えられない。
ハズ。。。
だから、ドル買いはまだしも、円売りはおかしいでしょ

いつのころからか、相場観がずれてるのか?
相場の最終段階こそしつこい というのが、あたしの意地のよりどころであって、
最後の砦になってきた。

4時間足では、明日20:00に雲のねじれがあるんで、それまでに審判が下るか?
95.8以上をキープできずに、あと1週間すれば、日足の雲に潜るんで、その辺か?


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.80ストップ96.2
 豪ドル/円(S)95.405×1枚(8/1・25:25~)利確95.055ストップ95.92



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ひたすら待ってます。
今週豪イベントが多いんで、、、刈られるのを待ってるの? とつっこまれそうだ。(汗)

本日は
10:30豪小売売上高
17:30英建設業購買担当者景気指数(PMI)
18:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)

やられる前にやっておけ
または
やられたらやりかえせ

8月4日(月)のFX取引

・東京時間(15:00~16:00)
 豪ドル/円(S)95.680→95.609=+7.1pips×1枚
・東京時間(15:20~15:40)
 米ドル/円(S)102.708→102.648=+6pips×1枚
・東京時間(15:20~16:55)
 米ドル/円(S)102.699→102.609=+9pips×1枚

・NY時間(22:35~23:40)
 豪ドル/円(S)95.597→95.587=+1pips×1枚
豪ドル円じゃない
・NY時間(23:00~24:00)
 ユーロ/円(S)137.586→137.486=+10pips×1枚
きっと、ドル円が正解


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.80ストップ96.2
 豪ドル/円(S)95.405×1枚(8/1・25:25~)利確95.055ストップ95.92



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・ユーロ売り一服
・欧米株は下げる一方
(アルゼンチンデフォルト懸念が発端といわれておりますが
 もともと、買い余力が残ってないんです
 欧米株、頭打ち確定的です)
・米GDPが良好でドル買い
・米雇用統計がややネガティブでややドル売り

という展開でした

先週、イスラム圏のラマダン(断食月)が明けてましたね
ひきつづき、イラク辺りの情勢が気になるところです。


来週の展望
ちょっと、体調悪くて書けないです
月曜朝までに気が向いたら、こっそり書き換えておきます

NYダウのトップアウトをもって、これから円高です
日本株、GPIFの買いやらで下げないと噂されておりますが
来週の、トヨタ、ソフトバンクの決算発表をもって、株高終焉でしょう

ポジを円高に傾けておきたい

とくに、豪ドルドル・豪ドル円が、NYダウのトップアウトと同時にトップアウトしているのが特徴です。


米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.80ストップ96.2
 豪ドル/円(S)95.405×1枚(8/1・25:25~)利確95.055ストップ95.92



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円がリスクオンオフには関係ない

円ドルというドルストレートであり、上下反対のチャートにするべきだ!!
(2014年5月以降)

リスクオフのドル買い

本日は
10:00中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
10:30豪PPI
10:45HSBC中国製造業PMI改定値
16:50仏製造業PMI改定値
16:55独製造業PMI改定値
17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
21:30米雇用統計
21:30米個人消費支出(PCE)
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)
23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
23:00米建設支出

ドル円はあまり下がりそうにないですね

ドル円が104~105円いこうが、高値更新しそうにない豪ドル円を、
しつこく売っていきます。

ユーロ円だと、ドル円についていく可能性がある。

8月1日(金)のFX取引

・東京時間(13:40~16:00)
 豪ドル/円(S)95.660→95.560=+10pips×2枚

米雇用統計・・・やべっ そっちか
って、なんなのこの、のそい動きは
もう、米雇用統計、意味ないし、恐怖感がまるでない

・NY時間(21:35~21:55)
 豪ドル/ドル(L)0.93009→0.93109=+10pips×1枚
・NY時間(21:45~21:55)
 米ドル/円(S)102.892→102.773=+11.9pips×1枚

豪ドルドル主導で、豪ドル円が上がってしまわないよう祈るのみ


保有ポジ:
 豪ドル/円(S)95.650×1枚(7/31・22:25~)利確94.80ストップ96.2

米雇用統計後撤退ポジ様:
 豪ドル/円(S)95.605×1枚(7/31・24:00~)利確95.365ストップ95.92
 ↑95.605(22:20)にて。±0pips

・NY時間(23:35~23:55)
 米ドル/円(S)102.684→102.408=+27.6pips×1枚
・NY時間(23:50~23:55)
 米ドル/円(S)102.492→102.408=+8.4pips×1枚
ドル円下でよかったのか。。

今日こそ戻ると言われていたダウが、また続落
修復不可能。

・NY時間(24:15~25:00)
 豪ドル/円(S)95.505→95.305=+20pips×1枚
・NY時間(24:30~24:45)
 豪ドル/円(S)95.513→95.419=+9.4pips×1枚
・NY時間(25:25~)
 豪ドル/円(S)95.405×1枚 利確95.055ストップ95.92



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(989)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(0)
カレンダー&アーカイブ
07 ≪│2014/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: