にゃんかな~

本日は
08:30日本完全失業率
08:50日本鉱工業生産速報
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
15:00独小売売上高
16:55独雇用統計
18:00ユーロ圏失業率

18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
22:00米ケース・シラー住宅価格指数
22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
23:00米消費者信頼感指数

変だな~
様子見気分が強いというか、月末だからかな~

9月30日(火)のFX取引

・東京時間(9:55~10:05)
 米ドル/円(L)109.433→109.503=+7pips×1枚
・東京時間(10:25~10:30)
 豪ドル/円(L)95.301→95.451=+15pips×1枚

てっきり下がると思ってた豪ドルが
上げている
こういうときは、一見コワイケドいってみる
・東京時間(13:00~14:25)
 米ドル/円(L)109.306→109.356=+5pips×1枚
・東京時間(13:00~14:50)
 米ドル/円(L)109.306→109.408=+10.2pips×1枚
・東京時間(13:25~14:10)
 豪ドル/円(L)95.714→95.765=+5.1pips×1枚
ドルが伸び始めた カサカサカサ....((((ヘ_ _)ヘ

・欧州時間(16:25~17:40)
 米ドル/円(L)109.426→109.526=+10pips×1枚

・NY時間(23:20~23:25)
 米ドル/円(S)109.650→109.550=+10pips×1枚
・NY時間(23:55~24:00)
 豪ドル/円(L)95.862→96.000=+13.8pips×1枚

なんか、完敗。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


が、為替介入していただと?
NZ急落
いずれまた来る利上げの前にレートを下げたいらしい

つれ安豪ドル
こっちが意外。
落ち着くまで豪ドルには触りたくない

おかげで、米ドルがまた強くなる

本日は
18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
21:30米個人消費支出(PCE)

毎週毎週、なんどもゆうが、月曜は・・・
びびり。。

あ いつもだって??
そうなんです。

9月29日(月)のFX取引

・東京時間(14:00~14:15)
 米ドル/円(L)109.504→109.704=+20pips×1枚

・欧州時間(15:40~16:00)
 豪ドル/円(L)95.396→95.546=+15pips×1枚
・欧州時間(16:10~16:25)
 豪ドル/円(L)95.546→95.666=+12pips×1枚

・NY時間(24:10~24:10)
 豪ドル/円(L)95.398→95.498=+10pips×1枚
・NY時間(24:10~24:15)
 豪ドル/円(L)95.486→95.586=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・ドル買い継続

という展開でした

日銀・中国・ECBの緩和政策による市場流動性期待のリスクオンの地合いは、
中国金融緩和期待が剥げたことで、やや不安定になっている
豪ドルにもやや売りが入っている


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15800-16500のレンジにおります
9月SQ値は15915円

GPIFの株式投資、12月までに次の消費増税決定にともなう追加緩和期待
(12月にあるかもとのこと)
と、株高&円安の思惑があります。

現状、すべてを織り込もうとしているので
ドル円・クロス円の下支えにはなっているようです。

ちなみに、現状追加緩和はする必要ないと黒田様はゆっておりますので、
10月の日銀会合での失望売りの可能性はかなり高いでしょう。
その前には、ドル円・クロス円・日本株が下げに反転し始めると、個人的には思っております。

すでに、ドル円以外のクロス円は頭打ちになってます。

あっ 日銀短観がありますね
悪い内容なら、追加緩和期待の円安かもしれません

30日08:30完全失業率
30日08:50鉱工業生産速報
1日08:50日銀・企業短期経済観測調査(短観、9月調査)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
段階的に縮小し、2014年10月に停止。
ジャクソンホールでイエレンさんが、はっきり言ってます。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。(6月濃厚)
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.55%、ドイツ国債=1.05%、イギリス国債=2.55%
米国債=2.35-2.8%

米国債利回り
現在2.55%
8月辺りから、米国債利回りが早期利上げ観測をともなってじわじわ上昇しておりましたが
一方的ではなくなってきました。

米株は、荒い動きになってきました
17000-17150+α

雇用統計までは、米ドルが強かったりしますね。

個人的には、10月は利益確定のドル売りにどこかで反転すると思っています。
米雇用統計後or次の週か?

29日21:30米個人消費支出(PCE)
30日22:00米ケース・シラー住宅価格指数
30日22:45米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)
30日23:00米消費者信頼感指数
1日21:15ADP全米雇用報告
1日23:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数

1日23:00米建設支出
2日21:30米新規失業保険申請件数
2日23:00米製造業新規受注
3日21:30米雇用統計
3日23:00米ISM非製造業指数


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入
ABS購入が決定されています
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.90%
からやや回復し1.05%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

中央銀行としての金融緩和の手(利下げなど)は出し尽くしていることと
ドイツ国債利回りが反発してきたことで
ユーロが反発する可能性はあります。
ABS購入の内容説明が10月、
今後、量的緩和導入の構えを見せておりますので、
いずれユーロ安へ?

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、指標後は材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます

18日のLTRO入札が不調であったことから
量的緩和導入期待があります

今回のECB理事会で、量的緩和導入があるんでしょうか?
あれば、ユーロ売り&リスクオン
なければ、ユーロ買い戻し&リスクオフ

29日18:00ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
29日21:00独消費者物価指数(CPI)速報値
30日15:00独小売売上高

30日16:55独雇用統計
30日18:00ユーロ圏失業率
30日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
1日16:55独製造業PMI改定値
1日17:00ユーロ圏製造業PMI改定値
2日18:00ユーロ圏生産者物価指数(PPI)
2日20:45ECB定例理事会、終了後政策金利発表
2日21:30ドラギECB総裁、定例記者会見

3日18:00ユーロ圏小売売上高


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2300台に乗せています
なにやら中国・アジア株が堅調ですね。

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
年内は金融政策に変更がなさそうなので、指標に一喜一憂外的要因で動いています。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策に左右されています
10月で米QEが終了することへの不安感がのしかかっている(ハズ???)
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

FOMCにて米利上げへの道筋が示されています
米ドルとの金利差縮小観測から、豪ドルが弱めかもしれませんね
3年後の2017年には、米国に金利が追いつかれることから、高金利通貨としての立場が薄くなります

11月のファンド決算にむけた売りに豪ドルが対象になっているようにも見えます。
また、
中国が8月に豪ドルを買い入れていました
(売り材料が多かったにも関わらず、明らかにおかしかったですから)
9月に入ってからは、売っております
この辺のフローがいつまで続くか?を見ていくのが10月だと思います
10月のどっかで底入れするんじゃないでしょうか?

まだ、売りの方が、優勢な気がします。

近々、買い持ちにしたいですけどね
これから荒れ相場がくるかもなので、まだ先だと思っています。
豪ドルドルの月足雲下限0.855-月足2σ0.845がどうですかね?

ユーロに量的緩和導入があれば、米ドル1強からユーロ1弱に変わることで
豪ドル売りは止まりそうですが・・・
ECB理事会はどうでしょうか?

29日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
30日10:00中国製造業PMI
30日10:30豪小売売上高
2日10:30豪貿易収支
2日10:30豪住宅建設許可件数



米ドル≧円≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

月初の週なんでね
指標やイベントで大きく動きますかね。

個人的には。10月相場は円高に期待してますが。

・ドル円
 107.4~110.4
 9/28ドル円日足チャート 9/28ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 137.0~140.0
 9/28ユーロ円日足チャート 9/28ユーロ円4時間足チャート

・豪ドル円
 94.4~96.7
 9/28豪ドル円日足チャート 9/28豪ドル円4時間足チャート

・ユーロドル
 1.262~1.285
 さぼり

・豪ドルドル
 0.865~0.889
 サボり


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


理由はわからんが
ダウ17000ドル割れ

こういう理由のわからんときは少し注意していこう。
(上下とも)

本日は
08:30全国消費者物価指数(CPI)
15:00独消費者信頼感指数(Gfk調査)
21:30米GDP確定値
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


どうなのか?わからんけど。

9月26日(金)のFX取引

・東京時間(9:10~9:50)
 米ドル/円(S)108.613→108.513=+10pips×1枚
・東京時間(9:10~10:20)
 豪ドル/円(S)95.545→95.660=-11.5pips×1枚
今日、配当落ちか
で、日経買戻しか。
読みが浅かった。

・東京時間(10:50~11:50)
 豪ドル/円(L)95.708→95.770=+6.2pips×1枚
・東京時間(11:00~11:10)
 豪ドル/円(L)95.730→95.830=+10pips×1枚
あかん なんか失敗。
ドルだけ相場なんだよ。

・東京時間(13:15~13:45)
 豪ドル/円(S)95.635→95.455=+18pips×1枚

・欧州時間(15:35~15:45)
 ユーロ/ドル(S)1.27376→1.27312=+6.4pips×1枚
・欧州時間(15:45~15:55)
 豪ドル/円(L)95.544→95.644=+10pips×1枚
どうよSLSL

・欧州時間(16:30~16:50)
 豪ドル/円(L)95.564→95.654=+9pips×1枚

なんか、サイキンの欧州時間辛気臭いよね
・欧州時間(17:25~18:10)
 豪ドル/円(L)95.645→95.690=+4.5pips×1枚
・欧州時間(18:20~18:35)
 豪ドル/円(L)95.715→95.800=+8.5pips×1枚
・欧州時間(18:50~19:25)
 豪ドル/円(L)95.779→95.879=+10pips×1枚
個人的には・・・

たまにやる
米指標ギャンブル
・NY時間(21:28~21:31)
 米ドル/円(S)109.160→109.073=+8.7pips×1枚

・NY時間(21:55~22:00)
 豪ドル/ドル(S)0.87795→0.87695=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


買うのか
買わないのか?
対円なのか、対ユーロなのか、対豪ドルなのか?

ただ、それだけ。

チャート次第。
4時間足あたりで、時間切れかまだ時間があるか
ただ、それだけ。

本日は
11:30スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、講演
17:00ドラギECB総裁、講演
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米耐久財受注額

26:00米財務省、7年債(290億ドル)入札

2日下をやったことで、
ドル円に上値余地が出てきたか?

下に余地がなさそうだ

9月25日(木)のFX取引

5.10日への思惑で買っていたようだ
・東京時間(9:55~10:00)
 米ドル/円(S)109.203→109.155=+4.8pips×1枚
仲値決め通過でゲタがはずれている。
あとは、人気投票。

・東京時間(11:00~12:00)
 豪ドル/ドル(S)0.88555→0.88284=+27.1pips×1枚

・東京時間(13:25~15:15)
 豪ドル/ドル(S)0.88250→0.88050=+20pips×1枚
まだ余地がありそうだが・・
イベントで~以外で、1日で100p以上動くのは少ないか?

・欧州時間(16:10~16:25)
 豪ドル/ドル(S)0.88030→0.87943=+8.7pips×1枚
夏のうらみ、はたさでおくべきか~
ユーロに切り替えるべきだったか。。

調子にのりました m(_ _)mペコリ L
・欧州時間(17:20~17:40)
 豪ドル/円(L)96.336→96.400=+6.4pips×1枚

いけよ きのう、NY勢豪ドル買っちゃったからいくよね
・NY時間(21:55~22:25)
 豪ドル/円(S)96.148→95.998=+15pips×1枚
・NY時間(21:55~22:25)
 豪ドル/ドル(S)0.88070→0.87878=+19.2pips×1枚
豪円96円タッチで、あたしは満足しました。
ポジるまで、4時間じっとチャート見てた
長い戦いを制した。(個人的には)

安心したのもつかの間
NYダウ下げてんじゃン
17000ドル割れないと、下攻めはできんが・・・

・NY時間(23:55~23:15)
 米ドル/円(S)108.889→108.807=+8.2pips×1枚
・NY時間(23:20~23:40)
 米ドル/円(S)108.796→108.708=+8.8pips×1枚
・NY時間(23:40~23:50)
 米ドル/円(S)108.776→108.610=+16.6pips×1枚
・NY時間(23:50~23:55)
 米ドル/円(S)108.589→108.620=-3.1pips×1枚
4時間雲に突入したように見えたんだが・・
帰ってきたか。
あとは、108.85辺りがね。

あ゛っ 豪ドル円が楽だった
95.70-30のゾーンに突入しようとしてる。
8月以前のレンジに戻ってきたね
93-96.5

いいのいいの
・NY時間(24:25~24:45)
 米ドル/円(S)108.856→108.780=+7.6pips×1枚
なんでもいいから勝てばいい方針



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


あいつやらあいつに

フローが入るんで、相場の動いている理由がみにくいぞ

チャート次第なところが、多すぎるしね

豪ドルの弱さが際立ってるね。

本日は
17:00独Ifo企業景況感指数
23:00米新築住宅販売件数

23:30EIA週間在庫統計
26:00米財務省、5年債(350億ドル)入札

9月24日(水)のFX取引

だんだん、あまりの円安ドル高は困る感の発言が出てきましたか?
・早朝時間(8:50~8:50)
 米ドル/円(S)108.574→108.506=+6.8pips×1枚
・東京時間(11:45~11:50)
 米ドル/円(S)108.622→108.577=+4.4pips×1枚

・欧州時間(14:55~16:00)
 ユーロ/ドル(S)1.28485→1.28504=-1.9pips×1枚
・欧州時間(15:00~15:40)
 ユーロ/ドル(S)1.28469→1.28400=+6.9pips×1枚

・欧州時間(16:00~16:20)
 ユーロ/ドル(L)1.28521→1.28623=+10.2pips×1枚
そんな気は・・・してた。

・欧州時間(16:30~16:31)
 米ドル/円(S)108.498→108.511=-1.3pips×1枚
あぶない
トレンドライン割れてなかった。

・欧州時間(17:05~17:10)
 豪ドル/ドル(S)0.88785→0.88733=+5.2pips×1枚
・欧州時間(17:50~18:20)
 豪ドル/ドル(S)0.88731→0.88679=+5.2pips×1枚

寝てる間にユーロが。。
・NY時間(22:05~23:05)
 豪ドル/ドル(S)0.88627→0.88502=+12.5pips×1枚
あいつやらあいつがどうなろうと、どうでもよくなってきた。
利益を伸ばさない



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円がね
米10年債利回り2.55%
日経16000円やや上
これって、10●円台やってたじゃん

先高感ってのは、こわいね。

本日は
秋分の日の祝日で日本休場
10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
15:45仏国内総生産(GDP)改定値
16:00仏製造業PMI速報値
16:00仏サービス部門PMI速報値
16:30独製造業PMI速報値
16:30独サービス部門PMI速報値
17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
22:00米住宅価格指数
23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
24:00米財務省、2年債(290億ドル)入札

月曜は、世界的に株価が軟調でしたが、
株価がどうですかね?

中国PMI50割るんじゃないかと言われていたが、50.5
持ちこたえたか。

9月23日(火)のFX取引

・東京時間(9:45~10:10)
 米ドル/円(S)108.761→108.698=+6.3pips×1枚
・東京時間(9:45~10:30)
 米ドル/円(S)108.761→108.631=+13pips×1枚

チッ ロングにするよ
・東京時間(10:45~11:00)
 豪ドル/円(L)96.607→96.682=+7.5pips×1枚
あれっ 豪ドル買いじゃなくてドル買い?
結局ね、チキントレードがわたしにはあってます
・東京時間(11:25~13:10)
 豪ドル/円(L)96.602→96.752=+15pips×1枚
寝てる間に、利確指値を通り越している
入りどころがなくなる人。

きたきたきた
・欧州時間(15:30~16:30)
 ユーロ/円(S)139.631→139.515=+11.6pips×1枚
・欧州時間(15:30~17:00)
 ユーロ/円(S)139.631→139.401=+23pips×1枚
・欧州時間(15:50~16:40)
 米ドル/円(S)108.652→108.500=+15.2pips×1枚
・欧州時間(16:45~17:05)
 米ドル/円(S)108.497→108.407=+9pips×1枚
今日、この辺までいったらいいな~
に達した・・・また寝る。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


ドル円がね
週末にチャートみてたら、月曜の早いうちから下がるんじゃないかな~
と、狙いを定め、
夜中から朝までおきていた・・・
5:30までは憶えてる。

テーブルの片隅にあった焼酎を舐めたら(飲んだかも)
寝てもうた。。

なんか、体調悪い。。

ダメ人間。

本日は
22:00ドラギECB総裁、講演
23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23:00米中古住宅販売件数

アリババ米国上場、先週の金曜でしたね。初日だけで終わったか?
中国株は下げている。

と、いうか、世界的に、株価が下げから始まっている。

金曜とか、月曜の動きはあまり信頼してないが。
とくに、月曜は臆病になっている。 ビクッ

9月22日(月)のFX取引

・東京時間(14:40~14:50)
 豪ドル/円(S)97.113→97.013=+10pips×1枚

・欧州時間(17:10~17:15)
 豪ドル/円(S)96.946→96.846=+10pips×1枚

・欧州時間(17:40~17:50)
 豪ドル/円(S)96.805→96.705=+10pips×1枚
ちょこちょこ売ってきた、あたし的には、今日この辺までいったらいいな~っていう目標に達しているが・・

・NY時間(24:15~24:55)
 ユーロ/円(S)139.755→139.655=+10pips×1枚
・NY時間(24:40~24:50)
 米ドル/円(S)108.949→108.848=+10.1pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・FOMCにて米利上げへの道筋が示され、ドル買い
・安心感からか、リスクオン

という展開でした

日銀・中国・ECBの緩和政策による市場流動性期待のリスクオンの地合いは、なかなか変わりませんね


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15800-16500のレンジにおります
9月SQ値は15915円
SQより上で推移しそうですね

GPIFの株式投資、12月までに消費増税決定にともなう追加緩和期待
と、株高&円安の思惑があります。

現在、すべてを織り込もうとしているので
ドル円・クロス円の下支えにはなっているようです。

ちなみに、現状追加緩和はする必要ないと黒田様はゆっておりますので、
10月の日銀会合での失望売りの可能性はかなり高いでしょう。
その前には、ドル円・クロス円・日本株が下げに反転し始めると、個人的には思っております。

23日秋分の日の祝日で休場
26日08:30全国消費者物価指数(CPI)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
段階的に縮小し、2014年10月に停止。
ジャクソンホールでイエレンさんが、はっきり言ってます。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。(6月濃厚)
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.55%、ドイツ国債=1.05%、イギリス国債=2.55%
米国債=2.35-2.8%

米国債利回り
現在2.65%
8月辺りから、米国債利回りが早期利上げ観測をともなってじわじわ上昇しております。

米株は、最高値17150ドルを突破してきました
もう少しの間、強いかもしれません

米ドルも強そうですね
ただし、ドル買いポジションがかなりたまっているので、利益確定のドル売りには注意すべき

7月のGDPがドル高の起点になっているので、指標では確定値ではあるけれど、GDPに注目が大きいか?

22日23:00米中古住宅販売件数
23日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
23日23:00米新築住宅販売件数
25日21:30米新規失業保険申請件数
25日21:30米耐久財受注額

26日21:30米GDP確定値
26日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入
ABS購入が決定されています
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.90%
からやや回復し1.05%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

中央銀行としての金融緩和の手(利下げなど)は出し尽くしていることと
ドイツ国債利回りが反発してきたことで
ユーロが反発しております。
ABS購入の内容説明が10月、
今後、量的緩和導入の構えを見せておりますので、
いずれユーロ安へ?

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、指標後は材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます

18日のLTRO入札が不調であったことから
量的緩和導入期待があります
10月ECB理事会をにらんで、ユーロが弱めかもしれません。

ユーロスイスは、介入によって下限1.20を守るというこれまでと同じ政策ですね。

あっ ドラギ君がいる
あいかわらずECBは追加の措置をとる準備があるというだけですかね
あまり反応なくなってきました。

22日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23日16:30独製造業PMI速報値
23日16:30独サービス部門PMI速報値
23日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
23日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
24日17:00独Ifo企業景況感指数

25日17:00ドラギECB総裁、講演


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2300台に乗せています
なにやら中国・アジア株が堅調ですね。

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
年内は金融政策に変更がなさそうなので、指標に一喜一憂と外的要因で動いています。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策に左右されています
10月で米QEが終了することへの不安感がのしかかっている(ハズ???)
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

FOMCにて米利上げへの道筋が示されています
米ドルとの金利差縮小観測から、豪ドルが弱めかもしれませんね
3年後の2017年には、米国に金利が追いつかれることから、高金利通貨としての立場が薄くなります

11月のファンド決算にむけた売りに豪ドルが対象になっているようにも見えます。

買いでくる理由は、中国の金融緩和期待と、世界の株価が堅調なときくらいですね

売りの方が、理由が多いように思います

豪ドルドル0.903を超えない限りは上値が重いんじゃないでしょうか?

あっ スティーブンスがいる
豪ドルドルが0.90割れているんで、満足しているんじゃないでしょうか?

23日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
25日11:30スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、講演


米ドル≧円≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

ユーロや豪ドルの上値は売っていっていいと思う

ドル円は、どこまであげてもおかしくないし、いつ調整が入ってもおかしくない。

・ドル円
 107.0~110.65
 9/21ドル円日足チャート  9/21ドル円4時間足チャート
 日足はあまり役に立たない。 4時間足で各ラインとラインの間で値動きしやすい。

・ユーロ円
 138.9~141.75
 9/21ユーロ円日足チャート  9/21ユーロ円4時間足チャート

・豪ドル円
 96.5~98.3
 9/21豪ドル円日足チャート  9/21豪ドル円4時間足チャート

・ユーロドル
 1.275~1.296
 9/21ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.883~0.903
 9/21豪ドルドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


利上げするんだろう

考えていた。

景気を損ねる恐れがあるなら、急ぐこともないじゃん

利上げするとどうなるか?
銀行預金の利子も上がる

そういえば
子供の頃は、1~2億円あれば、利子だけで生活できそうとか思ってた

こつこつ貯金をため、少しずつお金がふえていく
そのために
汗水流して、働く
努力が報われる、良き時代。

そういう時代をとりもどそうとしているわけか

ん?

今、NYダウ最高値がどうとか言ってるけど、、
お金持ちが、余った銀行利子で、株やら土地やらに投資する
なんでもいいから、買えば儲かる。
それがバブル。
バブルは、まだまだ、数年後か?

じじいになるまで、株を塩漬けしておけば、今よりは高くなっている気がしてきた。

日経4万円!ドル円240円!
ドル円トレードするのに、1万通貨で10万円もいる。。
はなきん、おたちだい

こういう記事を見かけ始めたら、相場は終わりなので、注意しようとおもいますm(_ _)m

本日は
15:00独生産者物価指数(PPI)
17:00ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
23:00米景気先行指標総合指数
20日20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(豪ケアンズ、21日まで)
20日NZ総選挙

9月19日(金)のFX取引

いやな動き方してるな
起きた瞬間、ドル円と豪ドルドルが股裂きの動き
豪ドルドルの下押しを待って

・東京時間(10:40~12:35)
 豪ドル/円(L)97.795→97.895=+10pips×1枚
ナンピン
・東京時間(11:35~12:30)
 豪ドル/円(L)97.749→97.849=+10pips×1枚
ナンピン
・東京時間(12:00~12:25)
 豪ドル/円(L)97.720→97.820=+10pips×1枚
欲張らずレンジ内で決済。
3年前はよくこんなトレードしてた。
レンジトレードは意外に楽である
ナンピンすると負ける時は大きい・・

週末が下方向って、サイキンにはめずらしい
豪ドル売り遅れたかな~、ユーロ売り遅れたかな~
と、あきらめかけた、その時、ドル円まで(^^)
・欧州時間(17:50~20:30)
 米ドル/円(S)109.023→108.833=+19pips×1枚
・欧州時間(17:50~17:55)
 米ドル/円(S)108.997→108.869=+12.3pips×1枚
今度はレンジブレイク
基本手法を急に思い出した。

・NY時間(20:50~21:00)
 米ドル/円(S)108.797→108.750=+4.9pips×1枚
・NY時間(21:45~21:50)
 米ドル/円(S)108.698→108.600=+9.8pips×1枚
108.60は急所だよ。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


経済指標次第では、利上げを早める可能性とゆってしまった

それをみて、ドル買いに目を向けたのだが。
円安にはあまり思いたくない。
リスクオンの理由にはならんから。
(米株は上げているが・・)
日経は、ドル円さえ上げればいいからいいんだろうけど。

イエレン
とうとう、タカ派のFOMCメンバーに押し切られはじめた

米金利が上がった状態での経済指標はまだ確認していない
本当に10年債利回りが3%台に乗せたとき
うまくいくかは知らん

2014年の始まりは、3.0%で経済指標がおちこんでいたんでは?

トレードをどうするかは、また、別の話だが。。

本日は
16:30スイス国立銀行(中央銀行)、政策金利発表
17:30英小売売上高指数
21:30米新規失業保険申請件数
21:30米住宅着工件数&建設許可件数
23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

ECB、的を絞った長期資金供給オペ「TLTRO」(第1回)
英北部スコットランドの独立の是非を問う住民投票

9月18日(木)のFX取引

・早朝時間(5:00~6:40)
 ユーロ/ドル(S)1.28710→1.28510=+20pips×1枚

・東京時間(12:00~15:05)
 豪ドル/円(L)97.402→97.597=+19.5pips×1枚

・欧州時間(15:45~16:30)
 豪ドル/ドル(S)0.89605→0.89474=+13.1pips×1枚
・欧州時間(15:55~16:05)
 豪ドル/ドル(S)0.89564→0.89504=+6pips×1枚
下のストップロスでがたがたっといくと期待していたのに。
ドル安気味。

・NY時間(20:55~21:10)
 ユーロ/ドル(S)1.28762→1.28713=+4.9pips×1枚
豪ドルドルのチャートをみながら、ユーロドル押してた。。
あせり

まいいや、ユーロドルで
・NY時間(21:30~21:35)
 ユーロ/ドル(S)1.28647→1.28608=+3.9pips×1枚
なんか、うまくいかなくなってきた。
そう、豪ドルドル、今、下のストップロスをつけた
ストップロスをつけて、サーっと引いていった。
いったん、目標に達した気もする。

明日の東京時間にスコットランドの結果が判明するらしい。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なにか、間違いでもあったかなと思った
寝る前に相場が動き出したのは、おふとんから見えていたが・・・

中国が金融緩和を実施することで、豪ドルが跳ねている。
意味のわからんものは、困る。

本日は
18:00ユーロ圏建設支出
18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
21:30米消費者物価指数(CPI)
21:30米経常収支
23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
27:00FOMC、終了後政策金利発表
27:00FOMC、経済・金利見通し発表
27:30イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見


NYダウがあいかわらず下げないのは、利上げがせまっていないからだと思うんだけどな~

ユーロ、豪ドルがさがりにくくなった
本丸ドル円を売り崩すチャンスともとれるが??

9月17日(水)のFX取引

・東京時間(10:45~11:15)
 米ドル/円(S)107.244→107.164=+8pips×1枚

あたしゃ、本丸へ竹やり1本でつっこんでいく。
ヤーッ つってね
3本だと、だちょうくらぶになるから。
・東京時間(14:45~15:35)
 米ドル/円(S)107.248→107.168=+8pips×1枚

違いを感じ取ったハズが・・・
・欧州時間(16:25~17:00)
 豪ドル/円(L)97.304→97.210=-9.6pips×1枚

・NY時間(20:10~21:30)
 米ドル/円(S)107.301→107.241=+6pips×1枚
指値の位置まちがえちゃった。

・NY時間(22:30~23:55)
 米ドル/円(S)107.308→107.411=-9.3pips×1枚

・NY時間(27:15~28:20)
 米ドル/円(S)107.961→108.050=-8.9pips×1枚
・NY時間(27:15~27:35)
 米ドル/円(S)107.949→107.650=+29.9pips×1枚

・NY時間(28:30~28:40)
 ユーロ/ドル(S)1.28800→1.28650=+15pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なってきた
チャートが、なにが、どっちか??
なんか中途半端だし。

本日は
10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
14:35黒田東彦日銀総裁、あいさつ
18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00独ZEW景況感指数

21:30米卸売物価指数(PPI)

9月16日(火)のFX取引

豪ドル売り遅れたな。。
ドル買い相場だからね
調整も入るからこわいね
・欧州時間(15:40~15:50)
 ユーロ/ドル(S)1.29339→1.29237=+10.2pips×1枚

きのうと同じ時間じゃね~か、買戻し
まさか、あの謎のアジア勢が豪ドルを売っているのか?
・欧州時間(19:30~20:00)
 豪ドル/円(L)96.569→96.629=+6pips×1枚
やりたいことと、やってることがぐちゃぐちゃになってきた。
きのう、今日で、豪ドルがダブルボトムをつくったか?
なんで売られていたか、知られてしまったから終わりか??

・欧州時間(20:30~22:30)
 豪ドル/円(L)96.705→96.805=+10pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


パチンコは・・・連チャンしやすい台は、
その日も次の日も、連チャンが続くことが多い

あたしゃ、連チャンしない台を、土日に打ってしまいましたが。

豪ドルに災難が続く
週末に中国指標があったらしく、中国景気減速感から豪ドル売りでスタート
確変か?

本日は
敬老の日の祝日で日本休場
21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15米鉱工業生産指数

9月15日(月)のFX取引

ロングの生命線(本日96.6辺り)を割れてきた。
・東京時間(13:00~14:40)
 豪ドル/円(S)96.592→96.457=+13.5pips×1枚
・東京時間(13:05~13:45)
 豪ドル/円(S)96.566→96.506=+6pips×1枚

確変終了か?
窓埋めに向かうか?

・欧州時間(19:30~22:00)
 豪ドル/円(L)96.726→96.866=+14pips×1枚
梅子さん演出だな

あいや、NYダウが底堅い。。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・来週のFOMCにて「かなりの期間」低金利政策を維持するという文言が削除される
 噂でドル買い
・対円・対豪ドルでドル買い
・ユーロは、利下げ余地がなくなったことと、
 6月から3か月間買い方が我慢していたことで、いったん反発している
 四半期末でもあり、レパトリのユーロ買いが入っているか?
・NYダウ17000ドル割れ・日経16000円をうかがう

という展開でした


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15500-16000のレンジにおります
(先物に9月末配当落ち分が100円ほど入っているので、日経平均は15600-16100)
9月SQ値は15915円

GPIFの株式投資、12月までに消費増税決定にともなう追加緩和期待
と、株高&円安の思惑があります。

現状、すべてを織り込もうとしているので
ドル円・クロス円の下支えにはなっているようです。

ちなみに、現状追加緩和はする必要ないと黒田様はゆっておりますので、
10月の日銀会合での失望売りは90%の確率でしょう。
その前には、ドル円・クロス円・日本株が下げに反転し始めると、個人的には思っております。

15日敬老の日の祝日で休場
16日14:35黒田東彦日銀総裁、あいさつ
18日08:50貿易統計
18日15:35黒田東彦日銀総裁、あいさつ


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
段階的に縮小し、2014年10月に停止。
ジャクソンホールでイエレンさんが、はっきり言ってます。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.55%、ドイツ国債=1.05%、イギリス国債=2.55%
米国債=2.35-2.8%

米国債利回り
現在2.55%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
8月辺りから、米国債利回りが早期利上げ観測をともなってじわじわ上昇しております。

米株は、最高値17150ドルに近いです
個人的には、最高値更新はできず、昨冬の上値突破攻防線16120ドルを、1度は試すと見てます。。

17000ドル割れてきました

注目はFOMC
市場の思惑どおり、「かなりの期間」の文言削除でドル続伸か
直近の米雇用統計のネガティブにより、イエレンがこれまでどおりハト派姿勢を示せば
ドル安か

週末金曜に米シンクタンクが、今回のFOMCでは、これまでと変更がなさそうと
情報を出しておりますが?
はたしてどちらでしょうか?

ドル買いポジションがかなりたまってきているので、利益確定のドル売りには注意しはじめるべきかと。
FOMCにてドル買いとなっても、そこが高値打ちとなる可能性もあります。

15日21:30米ニューヨーク連銀製造業景気指数
15日22:15米鉱工業生産指数
16日21:30米卸売物価指数(PPI)
17日21:30米消費者物価指数(CPI)
17日21:30米経常収支
17日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
17日27:00FOMC、終了後政策金利発表
17日27:00FOMC、経済・金利見通し発表
17日27:30イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

18日21:30米新規失業保険申請件数
18日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
18日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数



ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入
ABS購入が決定されています
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.90%
からやや回復し1.05%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

中央銀行としての金融緩和の手(利下げなど)は出し尽くしていることと
ドイツ国債利回りが反発してきたことで
ユーロが反発してきました。
LTRO入札が18日、ABS購入の内容説明が10月、
今後、量的緩和導入の構えを見せておりますので、
いずれユーロ安へ?

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、指標後は材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます

18日のLTRO入札に注目です
結果でユーロが動きそうです。

ユーロスイス・・・、
下限1.20防衛策を講じてくる感でのユーロ買戻しは入っておりますが。
ユーロが量的緩和を導入すれば割れると言われておりますので。
スイス政策にもやや注目か?

16日18:00ユーロ圏ZEW景況感指数
16日18:00独ZEW景況感指数

17日18:00ユーロ圏建設支出
17日18:00ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
18日16:30スイス国立銀行(中央銀行)、政策金利発表
18日ECB、的を絞った長期資金供給オペ「TLTRO」(第1回)
18日英北部スコットランドの独立の是非を問う住民投票
19日15:00独生産者物価指数(PPI)
19日17:00ユーロ圏経常収支


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2300台に乗せています
なにやら中国・アジア株が堅調ですね。

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
年内は金融政策に変更がなさそうなので、指標に一喜一憂と外的要因で動いています。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策に左右されています
10月で米QEが終了することへの不安感がのしかかっている(ハズ???)
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

9月FOMC・・・米QEの出口戦略発表の場です
そこへむけて、売られておりますね
ひきつづき、FOMCに注目です
ドルと反対に動きます。

16日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨


円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

17日-18日にイベントが集中している
ドル・ユーロ・ポンドが、激動の日。

ドル円の上値がみえないので、過去(2007-2008年)の週足から
 2007-2008年ドル円週足チャート

・ドル円
 105.5~108.5
 9/14ドル円日足チャート 9/14ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 137.2~140.0
 9/14ユーロ円日足チャート 9/14ユーロ円4時間足チャート

・豪ドル円
 95.7~98.1
 9/14豪ドル円日足チャート 9/14豪ドル円4時間足チャート

・ユーロドル
 1.275~1.305
 9/14ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.889~0.920
 9/14豪ドルドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


豪ドルに、買い方のあきらめ感が。
もう1つレンジを下げるか?

豪ドルドル
0.940から
0.923でブレイクし、0.913も下抜けた。
0.940-0.923=0.017
0.923-0.017=0.906
気になる。

107×0.906=97、、、
う~ん、豪ドル円が、当初の感覚とずれてきている。

本日は
18:00ユーロ圏鉱工業生産
18:30ロシア中銀、政策金利発表
21:30米小売売上高
22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)
ユーロ圏財務相会合
アジア欧州会議(ASEM)財務相会合

ポジション調整も気になるところだが。

9月12日(金)のFX取引

・東京時間(8:50~9:30)
 豪ドル/ドル(S)0.90966→0.90860=+10.6pips×1枚
・東京時間(10:20~10:40)
 豪ドル/ドル(S)0.90867→0.90681=+18.6pips×1枚
言うはたやすいけど、実際のトレードは、跳ね返りが怖いじゃない。
だいたい、目標に利確指値をいれてるけど、その前で手動決済してる。。

自分的には、やりきった感。

・NY時間(26:35~27:00)
 ユーロ/ドル(S)1.29600→1.29510=+9pips×1枚



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


米早期利上げをもてはやして、米国債利回りじわじわ上昇
ドル高

って、欧州も豪も日本も利回りじわじわ上昇

世界の債券市場は、同じ方向に動いている

本日は
08:50法人企業景気予測調査
10:30中国消費者物価指数(CPI)
10:30中国卸売物価指数(PPI)
10:30豪雇用統計(失業率/新規雇用者数)
15:00独CPI改定値
15:45仏CPI
21:30米新規失業保険申請件数
26:00米財務省、30年債(130億ドル)入札
28:00ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演

めっきり、MからSになった
もとい
LからSになった。

あっ あたしの好きなドラギ君がいる。

9月10日(水)のFX取引

・東京時間(10:40~10:50)
 豪ドル/ドル(S)0.92096→0.91966=+13pips×1枚
せっかくいいとこで入っても、利確がはやい
良し悪しはあるけど。

・欧州時間(14:50~15:35)
 豪ドル/ドル(S)0.91804→0.91701=+10.3pips×1枚
だから、はやいっつーの

・欧州時間(16:40~16:45)
 豪ドル/ドル(S)0.91595→0.91545=+5pips×1枚
一応、豪雇用統計のポジティブに敬意を表して、ここまでか?

まだいける
・欧州時間(17:20~17:40)
 豪ドル/ドル(S)0.91489→0.91389=+10pips×1枚
この下を攻める勇気はない
寝よ

ユーロがやばい。
ユーロ円・・・日足の雲上限突破。。
138円台中盤抜けると、大変なことになる。
利下げ余地がなくなって、ユーロを買いたい人(買わなきゃいけない人=ユーロ圏の輸出企業)が沸いてきたか?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


なかび

本日は
08:50日本機械受注
15:45仏鉱工業生産指数
26:00米財務省、10年債(210億ドル)入札

一服感
きのうは、ユーロ安・ポンド安に巻き戻し
割りを食ったのは、豪ドル
今日は、ひきつづき豪ドルか米ドルあたりが・・・??

9月10日(水)のFX取引

・早朝時間(7:40~9:20)
 米ドル/円(S)106.194→106.084=+11pips×1枚
・早朝時間(7:45~8:50)
 米ドル/円(S)106.190→106.145=+4.5pips×1枚

・欧州時間(15:40~16:00)
 米ドル/円(S)106.397→106.424=-2.7pips×1枚
・欧州時間(15:50~16:15)
 豪ドル/円(S)97.465→97.416=+4.9pips×1枚
・欧州時間(16:05~16:20)
 豪ドル/ドル(S)0.91516→0.91376=+14pips×1枚
三角関係にふりまわされた。

・欧州時間(16:50~17:10)
 豪ドル/ドル(S)0.91334→0.91247=+8.7pips×1枚
0.913-0.904はあまり抵抗がなさそうだが・・・
突っ込めなかった。ゴメンナサイ

・欧州時間(18:55~19:05)
 豪ドル/円(L)97.499→97.549=+5pips×1枚
・NY時間(21:50~22:00)
 豪ドル/円(L)97.569→97.628=+5.9pips×1枚
結構もどるかもしれん。欲張りません。



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


来週のFOMCを見込んでの、ドル買いらしい。
そこに、リスク回避の円買いが入ってこないのが・・・あいかわらず狂わされる

本日は
10:30NAB企業景況感指数
10:30豪住宅ローン件数
26:00米財務省、3年債(270億ドル)入札
香港、休場(中秋節の翌日)

1時間足では、一目雲のねじれが、ドル円・豪ドル円に23:00、ユーロ円に25:00
にあるんで、また、NY時間に動くのでしょうか?

9月9日(火)のFX取引

・東京時間(10:40~11:00)
 豪ドル/円(S)98.375→98.360=+1.5pips×1枚
・東京時間(13:30~14:00)
 豪ドル/円(S)98.360→98.333=+2.7pips×1枚
こんなにびびって売るなら、トレードやめればいいのに。。
(独り言)

・欧州時間(16:15~16:35)
 ユーロ/ドル(S)1.28805→1.28735=+7pips×1枚
・欧州時間(17:00~17:05)
 ユーロ/ドル(S)1.28759→1.28613=+14.6pips×1枚

・NY時間(21:10~21:20)
 米ドル/円(S)106.138→106.058=+8pips×1枚
・NY時間(22:00~22:05)
 ユーロ/ドル(S)1.28840→1.28771=+6.9pips×1枚
しもた 豪ドル売りを忘れてた。
4時間ライン完全割れ。
絶好球を見逃した。。

ショック。 西川く~~ん

nn まだ間に合う。
・NY時間(22:50~23:00)
 豪ドル/円(S)97.980→97.780=+20pips×1枚
さあ NYダウ、17000ドル割れるか?
割れない。。
ちょこんとつついてやれば割れる、もろい状態だとは思うけどな~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


日銀追加緩和はいまのところ考えにくいが、
期待している向きもある。

本日は
08:50国際収支速報
08:50実質国内総生産(GDP)改定値
時間未定 中国貿易収支
15:00独貿易収支
中国(中秋節)、休場

寝坊がトレードチャンス逃し
寝坊がトレードに支障をきたしている。

9月8日(月)のFX取引

・東京時間(12:50~13:10)
 ユーロ/円(S)135.999→135.915=+8.4pips×1枚

・欧州時間(15:50~17:15)
 豪ドル/円(S)98.404→98.345=+5.9pips×1枚
謎のアジア勢がいなけりゃ、豪ドルは買われない!?

・NY時間(20:40~21:20)
 豪ドル/円(S)98.303→98.233=+7pips×1枚
この下は、4時間足ラインが控えている。

割れた!
・NY時間(22:30~23:30)
 豪ドル/円(S)98.213→98.103=+11pips×1枚
突っ込むのは、怖いな~



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


少し前のニュースだけど、、、

キティちゃんが猫じゃない!
双子の女の子

へ~ そおなのっぉぉ

ひげはえてるよ


超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・なんとなくリスクオン地合い
・ユーロ利下げ・ABS購入決定(10月に詳細)でユーロ売りリスクオン
・米雇用統計はネガティブでドル売りも。米ドル先高観が支える。

という展開でした


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15500-15800のレンジにおります
8月SQ値は15040円

GPIFの株式投資、12月までに消費増税決定にともなう追加緩和期待
と、株高&円安の思惑があります。

第2週金曜日は日本株SQ算出日です
そこへむけての調整売り警戒感と先高観で、もごもごしそうです。

個人的には、上値を追いにくく、SQ値は25日線やや上の15400-15600円あたりかな~と思ってますが。

日本の指標については、悪ければ円安ですね

8日08:50国際収支速報
8日08:50実質国内総生産(GDP)改定値
10日08:50機械受注
11日08:50法人企業景気予測調査
12日13:30鉱工業生産確報
12日15:05黒田東彦日銀総裁、講演


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
段階的に縮小し、2014年10月に停止。
ジャクソンホールでイエレンさんが、はっきり言ってます。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.5%、ドイツ国債=0.90%、イギリス国債=2.40%
米国債=2.35-2.8%

米国債利回り
現在2.45%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
8月辺りから、米国債利回りが早期利上げ観測をともなってじわじわ上昇しております。

米株は、最高値17150ドルに近いです
個人的には、最高値更新はできず、昨冬の上値突破攻防線16120ドルを、1度は試すと見てます。。

9月FOMC・・・米QEの出口戦略発表の場です
そこへむけて、売られてくるのは、近いと見てますが。

自信ないです。。

17150-17000ドルのレンジをどちらに抜けてくるか?
欧州追加緩和で底堅そうではありますが。

米雇用統計のネガティブは無視されておりますが、米早期利上げ期待が遠のけば、
ドル安かもしれませんね。

9日26:00米財務省、3年債(270億ドル)入札
10日26:00米財務省、10年債(210億ドル)入札
11日21:30米新規失業保険申請件数
11日26:00米財務省、30年債(130億ドル)入札
12日21:30米小売売上高
12日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入
ABS購入が決定されています
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.90%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

中央銀行としての金融緩和の手(利下げなど)は出し尽くしておりますので
ユーロの反発に警戒はあるものの、
LTRO入札が18日、ABS購入の内容説明が10月、
今後、量的緩和導入の構えを見せておりますので、ユーロ安継続か?

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、指標後は材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます

11日15:00独CPI改定値
12日18:00ユーロ圏鉱工業生産
12日ユーロ圏財務相会合

豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2300台に乗せています
なにやら中国・アジア株が堅調ですね。

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
年内は金融政策に変更がなさそうなので、指標に一喜一憂と外的要因で動いています。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策に左右されています
10月でQEが終了することへの不安感がのしかかっている(ハズ???)
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

9月FOMC・・・米QEの出口戦略発表の場です
そこへむけて、売られてくるのは、近いと見てます。

スティーブンス防衛ライン=豪ドルドル0.95
に近づいてくると、介入警戒で豪ドル買いは止まるでしょう。

中国指標と豪雇用統計に注目ですね
中国指標はサイキン悪化傾向にあります
悪いことで、中国金融緩和期待で中国株が堅調なんですが。
豪雇用はそんなによくないですが、数字が毎月ぶれているだけなんで、なんとも予想しがたいところです。

8日時間未定 中国貿易収支
9日10:30豪NAB企業景況感指数
9日10:30豪住宅ローン件数
10日10:30中国消費者物価指数(CPI)
10日10:30中国卸売物価指数(PPI)
10日10:30豪雇用統計(失業率/新規雇用者数)


円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

ユーロ安が継続するか

ドル円・クロス円は、日経・NYダウの注目しながらか。

個人的には上値追いはせず、戻り売りをこつこつ入れていきますが。

金曜は・・・SQ通過での日本株買い安心感と、米小売売上高への期待感がありそうなので
ドル円買いがいいかもしれません。

※出血大サービス
 4時間足チャートも

・ドル円
 104.5~106.0
 9/7ドル円日足チャート 9/7ドル円4時間足チャート

・ユーロ円
 134.5~137.2
 9/7ユーロ円日足チャート 9/7ユーロ円4時間足チャート

・豪ドル円
 97.5~99.0
 9/7豪ドル円日足チャート 9/7豪ドル円4時間足チャート
 4時間足ラインを下割れるまで、待ち続けます。

3通貨ペアで
力つきた。。


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


突然、ブログの更新が途絶えて申し訳ないです。

やばかったです
持病

久しぶりにパチいったら、倒れちゃいました。

休養してました。
ご心配おかけしました。m(_ _)m


ユーロ利下げ・ABS購入決定で、ユーロ売り・リスクオンですか
たいして、リスクオンしてませんがね

NYダウは、最高値ワンタッチしただけで、利益確定に押されている
いまだに、この秋にずんずんリスクオンになるとは、思いたくないです

ECB理事会に、間に合ったので、トレードできました。
9月4日(木)のFX取引

・欧州時間(20:45~21:00)
 ユーロ/円(S)137.090→136.850=+24pips×1枚
・欧州時間(20:45~24:50)
 ユーロ/円(S)137.122→136.012=+111pips×1枚
・欧州時間(21:15~21:30)
 ユーロ/円(S)136.937→136.507=+43pips×1枚
・NY時間(23:50~24:00)
 ユーロ/円(S)136.440→136.240=+20pips×1枚

・NY時間(26:05~26:20)
 米ドル/円(S)105.185→105.113=+7.2pips×1枚

本日は
15:00独製造業新規受注
18:00ユーロ圏GDP改定値
21:30米雇用統計

なに円でもいいから、売ってみたい
素直にユーロ売り
NYダウに連動していくドル売り・豪ドル売り
スコットランド独立選挙が近いポンド売り
(↑怖くて触れない通貨ペア
たしか、0勝10敗くらいで、あきらめた記憶。。)

ユーロに利下げ余地がなくて、ユーロのぶり返しがいつか来そうな気もしますが
10月ABS購入開始までは疑心暗鬼気味に売りでいいのかな?

de、豪ドルがなんで買われてるの?
スティーブンスが利上げなどしないと言い切ったようなもんじゃん。
謎のアジア勢が、まだいるようだね。

9月5日(金)のFX取引

おなくなりポジ様:
 米ドル/円(S)105.308×1枚(9/4・26:05~)利確104.508ストップ105.47
 ↑-16.2pips

・東京時間(13:30~13:45)
 ユーロ/円(S)136.241→136.206=+3.5pips×1枚

・欧州時間(16:00~16:25)
 ユーロ/円(S)136.290→136.210=+8pips×1枚
・欧州時間(18:50~19:00)
 ユーロ/円(S)136.236→136.180=+5.3pips×1枚
・欧州時間(19:55~21:00)
 ユーロ/ドル(S)1.29560→1.29510=+5pips×1枚

・NY時間(21:30~21:40)
 ユーロ/ドル(S)1.29689→1.29533=+15.6pips×1枚

・NY時間(22:30~23:15)
 ユーロ/円(S)136.066→135.866=+20pips×1枚
・NY時間(22:35~23:05)
 米ドル/円(S)104.893→104.753=+14pips×1枚
米雇用統計は意味がない。
結果を受けて、その方向のストップロスがとられるだけで
調整の範囲を超えない
NYダウ17000ドル台キープか?
今月は、史上最高値の狭いゾーン17150-17000をブレイク待ちか?



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(1054)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(1)
カレンダー&アーカイブ
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: