FXビスケトの個人的来週の展望7/20

んんん~
がんばろう。
今週は、週前半だけで、あたしのトレードは終わってしまった
ドル円・ユーロ円の上値余地を見誤っていたからなんだけどね
とりこぼしは、気にしないタイプ^^

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・中国GDPへの不安感で売り過ぎていた豪ドルの買戻し
・バーナンキ様は、QE縮小~終了への道筋を明確に示したものの
 現状、QEは続いていくということでドル売り
・参院選にむけての期待感で、円売り

一言で片づけるなら「リスクオン相場」な一週間

という展開でした


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和が始まったばかりです
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
米国のQEにもよります。QE縮小があれば、ドル円の上値更新時期が早まることになる。
とりあえず、単純計算すると、7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの負荷がかかるイメージを持ってます
日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
ドイツ選挙不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年のオリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しては、日本株次第となりそうです

日本株は14400-15000のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年内、16000~18000円いきそうです。
長期的には22000円あたりが目標かもしれませんね

7月SQ値14410円を上回っている間は底堅い
参院選後の利益確定売りをこなした後、上げていけるか注目ですね
15000円を上回ってきたら、安部トレード再開で、16000円目指して買わなきゃ買わなきゃと、クロス円も上げていくんでしょう
夏枯れ相場も想定されるんで、時期が悪いんですがね

24日08:50日本貿易統計
25日08:30全国消費者物価指数(CPI)


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(年末ごろか?)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討と道筋は明確になりました
目先はQE継続感からリスクオンになってます

米企業の決算は思っていたよりは、良くないみたいです
中国景気減速の影響を多少受けているようにみえます
QE継続感で米株が史上最高値を更新していますが、あまり期待しないほうがいいか?

22日23:00米中古住宅販売件数
23日23:00米リッチモンド連銀製造業景気指数
24日05:00アップル第3四半期(4-6月期)決算
24日23:00米新築住宅販売件数
25日21:30米新規失業保険申請件数
25日21:30米耐久財受注額
26日22:55米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値)


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています
景気後退が少し深刻です

フォワードガイダンス(時間軸政策)が導入されたばかりです
ユーロは上値は重いハズなんですが・・・

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週-37165枚     先週-40900枚
意外とユーロ売りポジを所有しております
米国のQE継続感からドル買いポジを手放していきそうなので、来週に関してはユーロが強めかもしれませんね
で、また、8月ECB理事会が近づいてくると、弱くなるんでしょう

先の話では、この投機筋のポジが0付近になったら、ユーロドルの絶好の売り場なんでしょう
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングも、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でしたから。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。

23日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
24日16:30独製造業PMI速報値
24日16:30独サービス部門PMI速報値
24日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
24日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値
25日17:00独Ifo企業景況感指数



豪ドルについて
豪指標回復傾向がみられます

利下げを理由に(3.0%を下回ったことを大きな理由として)ファンド勢の売りに押されておりました
が、
無謀な売りは止まったようにみえます

さらなる利下げについては、あるとすれば10・11月でしょう
8月の利下げ観測は後退したようです
個人的には前回の豪議事録をみて、当面、利下げをする気がないように受け取りましたが。

中国が金融緩和(貸出金利の下限撤廃)に乗り出したので、豪ドルは強めでしょう
対ドルでの豪ドル上げが期待できるか?

お騒がせ中の中国PMIが、また、全体的なリスクオンオフに関わってくるんでしょう

24日10:30豪消費者物価指数(CPI)
24日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


豪ドル≧ユーロ≧米ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

参院選自民党勝利が前提条件です
というか、これまでもうすでに自民党勝利を織り込んで動き終わっている感もします
基本的にリスクオン的か?
見るべき点は、日本株動向、指標の良し悪し、中国PMIと、シンプルといえばシンプル

イベント事がすべて終わってしまった後の祭り状態で、個人的には少々しらけムードではあります

また、ドル円・ユーロ円の上値余地を見誤る可能性あり

あっ、月曜早朝は、いったん高値になると思っているので、ドル円売りぽちっといこうと思ってます。

・ドル円
 98.8~101.5

・ユーロ円
 129.0~133.0
 
・豪ドル円
 90.5~93.5

・ユーロドル
 1.295~1.325

・豪ドルドル
 0.905~0.940
 
・ユーロ豪ドル
 1.400~1.440


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ユーロ/豪ドル(S)1.43848×1枚(7/12・22:20~)利確1.34848ストップ1.4485
 ユーロ/豪ドル(S)1.42667×1枚(7/16・10:35~)利確1.40667ストップ1.4440




 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(989)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(0)
カレンダー&アーカイブ
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: