FXビスケトの個人的来週の展望8/18

ちょと遅くなりました
土曜パチンコ気合い入れたら、疲れて寝ちゃった

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・日本GDPが予想より悪で、ドル円クロス円売り
 からの、まぁ2.0%を上回っていれば、消費増税には問題ないでしょ的な、ドル円クロス円買戻し
・安倍首相の「法人税減税の検討を指示した」で、安倍トレード開始
・管、麻生の「法人税減税は指示された覚えはナイ」で安倍トレード手仕舞い
・ユーロ圏GDPがプラスに転じて、景気後退からの脱却を果たした
・米QE縮小が9月からされそうで、NY株価が軟調

という展開でした


来週の展望

相場はいろいろ先回りして動いてくるので、先の予定も頭にいれておかないと、なんで動いているか分からなくなる。

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます
中長期には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末120円
みたいです
米国のQEにもよります。QE縮小があれば、ドル円の上値更新時期が早まることになる。
とりあえず、単純計算すると、
7月末100円、8月末101円、9月末102円、10月末103円、11月末104円、12月末105円
で、それに、リスクオンオフの比重(※日経平均14500円辺りが基準としてなのだが)
がかかるイメージを持ってます

日本株上昇分や、QE縮小分をプラスすれば、年末や年明けには106~107円は想像できます
9月が鬼門だとみてます
ドイツ選挙(9月22日)不安と、中国シャドーバンキング問題再浮上時期になりそうだからです
2020年オリンピック開催地決定が9月7日
東京に決定すれば、日本株上昇でさらなる円安なんでしょうが。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第となりそうです

日本株は13400-14300のレンジにおります
中長期トレンドは株高。
順調にいけば、年末~年明け、16000~18000円いきそうです。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には22000円あたりが目標かもしれませんね

来週に関しては
8月SQ値13640円より上か下かが重要
26週線は昨秋以降ず~と維持してきております
だんだん切りあがってきており、来週は13500円
なので、下値は堅そうだが。

たまに、東京時間にドル円クロス円&日本株が上昇し続ける日があります
そんな日は日銀が株(ETF)を購入しているので、そのトレンドに乗るのはありですね。

19日08:50日本貿易統計
  ↑赤字拡大で円売り要因


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系指標が好調ならドル買い

今年中にQE(量的緩和)の縮小が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては
秋以降縮小開始(9月or12月)、失業率7%で停止、失業率6.5%で利上げ検討との道筋

9月でのQE縮小が濃厚になってまいりました
本来の、ドル買い要因と、リスク回避の米株安での、ドル売りとが交錯しております
9月のFOMC(9月18日)が近づいてくると、だんだんドル高になるハズですがね~

注目はFOMC議事録ですかね~
9月でのQE縮小が確実視(ドル買い)になるか、それとも思惑が後退(ドル売り)するか?

あと、突発ニュースとして
次期FRB議長候補ですね
サマーズ氏(QEナシ派・タカ派)の可能性が高まればドル買い
イエレンさん(QEアリ派・ハト派)ならドル売り、となる。
イエレンさんが第一候補だったのに、年齢的な問題からサマーズ氏が優勢かもしれません。

21日23:00米中古住宅販売件数
21日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月30日-31日分)
22日21:30米新規失業保険申請件数

22日23:00米景気先行指標総合指数
22日27:00フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
ジャクソンホール・シンポジウム(22日~25日)
 ↑今年はバーナンキ様もドラギ君も欠席予定なので、注目度薄。
23日23:00米新築住宅販売件数


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たした
来週発表のPMIも、先月に50を上回っています

今後の利下げがなさそうになってきました

いまのところ表向きはいいんですがね
失業率の問題や南欧諸国の財政問題(ひっくるめてユーロ危機)は潜在的にあるのでね
ビビり買いってとこか。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で非商業部門(投機筋)の対米ドルでの差し引きの持ち高
今週+16057枚     先週+6061枚
       
先週、投機筋のポジが、ユーロ買いに転じ、さらにユーロ買いポジが増殖しております
前回、ユーロドル1.34で反落したタイミングは、投機筋のポジションがユーロ買いに転じた直後でした。
遡れば、2月の1.37からの反落も同じ状況でした。
なにかのきっかけで、ユーロが一気に反落することには注意しておきたいです。

PMIが50より上か下に注目か。

20日15:00独生産者物価指数(PPI)
22日16:30独製造業PMI速報値
22日16:30独サービス部門PMI速報値
22日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
22日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

23日15:00独国内総生産(GDP)改定値
23日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)


豪ドルについて
豪指標まだら模様となってます
RBAとしてはまだ豪ドルの下落を想定している
ので、なかなか豪ドルを買うのは手が引けるところです

さらなる利下げについても、毎年10or11月にしやすいのが特徴です
晩秋までは、なかなか買えないです

だだ、中国景気不安が一旦底入れ感で、安心感があるようで、直近は買い戻されております

一応注目は、豪議事録
スティーブンスが登場するなら危険あり。

20日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
22日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値



米ドル≧ユーロ≧豪ドル≧円
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

なんだか、いまのところ面白みに欠ける。
中長期目的なドル円買いが散見されているのは、興味深いところではあるよ。

・ドル円
 95.8~99.2

・ユーロ円
 127.0~132.0
 
・豪ドル円
 87.5~91.0

・ユーロドル
 1.320~1.350

・豪ドルドル
 0.900~0.930
 
・ユーロ豪ドル
 1.420~1.500


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス


保有ポジ:
 ナシ



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
週末の分析さすがですね。ユーロや豪ドルまで、勉強すごいと思います。
突発ニュースもあるなら怖いですね…米時間には注意するようにします。
どっちに行くか分かりませんが大きく行く可能性があるって事ですね、注意してポジりたいですね。
14連した台は一騎当千じゃないですか?
パチンコの事は分かりませんが思いつくのはその位です。
すごく連しましたね、良かったですね!

黒ウサギさん

おはようです
書いているだけで、結局トレードはスキャルになるのでね
あまり意味がないですぅ
いつかの大きなチャンスのためというところです。
あっそうです!
一騎当千です
ありがとです スッキリしました^^
まま、回ったので、連チャンするまで粘ることができました。

今週も頑張っていきましょー(^▽^)/
こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(987)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(0)
カレンダー&アーカイブ
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: