FXビスケトの個人的来週の展望2/1

ひさびさのパチ勝ちで、ほっとしているところです。
パチ収支がかなりやばいので、頑張らなくてはなりません

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

今週の振り返り

・中国の理財商品のデフォルト回避で、ややリスクオン
・新興国懸念でリスク回避
・FOMCでは、想定通り100億ドルのQE縮小(とくに反応なしorややドル買い)
・米GDPにより、米経済の底堅さが確認されたことで、ややドル買い
・ユーロ圏CPI=0.7%により、追加緩和観測浮上でユーロ売り

という展開でした

新興国懸念・・・もう少し引きずるかもですが、今年のメインテーマにはなりません
個人的には、昨年の6月と同じ状態なだけだと思ってます。
もう少しガマンすれば、先進国からは、無視されるテーマだと思ってます
むしろ、その資金が、先進国に回帰してくることが、今年のメインテーマであります。
中長期的(2014年)には、円安・ドル高・株高の方向性は変わらないと思ってます。
長期用現物株・・・依然保有してます。

ただ、今年は、中国の理財商品の満期が何度か来るそうなので、そのたびに、リスク回避
にやや振れる時期が今後もあることは、頭に入れておいた方がいいかもです。

来週の展望を書いていたら、1月からの円高&株安の終止符が打たれる日が見えてきました
たぶん
2月9日です
たぶん
早ければ、2月7日です
たぶん
日本株&ドル円、買いたい方、もう少ししたら仕込み時でしょう
たぶん
あたし、昨年6月にも言いましたよ
買い時であると。
あの時も、下落は1か月ちょいしか続いておりませんよ。
当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが。

相場なので、わかりませんがね
世界恐慌の発端となることもあるので。。。


来週の展望

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的には円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末115円、2015年末124円
みたいです
個人的には、2014年前半107-108円台の可能性は、一応まだ残っていると思っていますが・・・

中長期トレンドは株高。
順調にいけば、2014前半、17000~18000円の予定でしたが
ちょっと、順調さを欠いてきました。
長期的(あと2年くらいが賞味期限かな?)には24000円あたりが目標かもしれませんね
なぜ?2年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年半ば以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
↑ココから上の部分、いっつもなんで書いてるかって?
 日本株は8000円→16000円までアベノミクスで上げました
 半値の12000円から、また倍の24000円いってもおかしくないでしょうってこと。
 信じるか信じないかは、あなた次第。

来週に関しても、ひきつづき日本株次第&米指標次第&中国指標次第となりそうです
今の円は、株価(日本株)の動向に左右されています
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は14200-15200のレンジにおります
1月SQ値は15785円
現在、14600円におります。
年初からヘッジファンドの利益確定売りが入ってますので、もうすこし、下押すかもしれませんね

個人的には、日本株&ドル円は、ここから下は中長期的には安値にあたいする値頃だと思っております。
2013年のドル円97.6がそうであったように、2014年はドル円102.15なんじゃないかと・・・

2月9日の東京都知事選が注目になっているため、それまでは、日本株の上値が重そうです。
ここで、自民が勝てるかどうかで、ガラッと変わってしまいそうですので。

・NISAへの株投資資金
・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)会議の影響
・国内輸入企業が、ドル円を買い遅れている点
いずれ日銀追加緩和が行われる思惑
があり、下値では買いがまっているので、ドル円・クロス円の押し目買い有効は変わりないですが・・・
もう少し、新興国懸念などが重しになりそうです。

日銀追加緩和については、物価指数がやや上がってきてますので(CPI=現在1.3%、目標2.0%)
黒田さんが今の異次元緩和に自信を持っているのがうかがえます。
4月の消費増税後に景気落ち込みが確認されたら、実施するかもシナリオだと思えてきました。

円でのイベントはないので、海外イベントに注目ですね

7日14:00景気動向指数速報値


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
長期的にはドル高要因になります
QEについては、失業率7%~6.5%で停止、
段階的に縮小し、2014年内に停止しそう。
利上げについては、失業率6.5%を大きく下回り&インフレ率2.0%以上で検討との道筋

米株は、やや企業決算が悪いので、なかなか上がらないです
ただ、米株は、日本株同様、ここから下は買いの位置に見えますが。

2月7日期限の債務上限問題があります
それまで、米株&ドルの上値が重そうです
昨秋にやったばかりなので、あまりもめることはないと思います。
11月の中間選挙まで、期限を引き延ばすことで、すんなり決まるんじゃないでしょうか?

重要指標があるので、重要指標次第でしょう。
ちなみに、米雇用統計・・・
個人的には、まあまあいい結果になるだろうと思ってます
米雇用統計の集計方法をみると、前回米雇用統計発表の次週と次々週の新規失業保険申請件数が
重きを置かれる習性があります
運よく、1月16日の新規失業保険申請件数が良好であったので、個人的には、いいだろうとふんでいます。
     ↑頭の薄ら覚えなので、間違ってたら、ゴメンナサイ。
というか、寒波の影響を恐れているふしがあるので、
米雇用統計通過で、ドル買い&リスクオンになりやすい地合いなんじゃないかな?
ついでに、債務上限期限と重なってるし。

一応、イエレンさんの就任式に、注目しておきましょうか
突拍子もないような発言がなければ、なにも起こらないでしょうがね。

3日24:00米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
3日24:00米建設支出
3日イエレン氏の米連邦準備理事会(FRB)議長就任式
5日22:15ADP全米雇用報告
5日24:00米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数
6日22:30米貿易収支
6日22:30米新規失業保険申請件数
7日22:30米雇用統計


ユーロについて
ユーロ指標良いものが目立ってきています
長かった景気後退からの脱却を果たしています
景況感はいいんですがね
低インフレ観測と低迷する失業率が問題です。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株も、やや下向きかな

追加緩和=マイナス金利導入or長期資金供給オペ(LTRO)第3弾の導入
の可能性が意識されてユーロがかなり弱含んでます
前回CPI=0.7%でユーロ利下げしました
現在CPI=0.7%にまたなってしまいました。
失業率=12.0%でやや改善

CPIの状態から、なにかしら手を打ってくる可能性が高まっております
ユーロは弱いでしょう

ECB理事会が、大きな注目になりました!
なにかしら手を打ってくれば、もう1段ユーロが下げるでしょう。
ここで、なにも手を打ってこないと、ユーロ買戻しにはなりますがね

ただし、追加緩和は世界の株価には、緩和マネーとなって、株価押し上げ要因にもなります
追加緩和された場合、一時的に大きくユーロが下げますが、後々、リスクオンの名のもとに、戻ってくることは、明白です。

今週は、世界の株安(リスクオフ)も伴ってユーロが下げましたが
よ~くユーロの動きを観察してみると、
新興国通貨安は、ユーロに優位に働いております
新興国からの資金は、ユーロに1番集まってくるようにも見えます。

個人的には、追加緩和してくれると、ありがたいんですが。いろいろな今後のシナリオ(株高)のために。

4日19:00ユーロ圏卸売物価指数(PPI)
5日19:00ユーロ圏小売売上高
6日20:00独製造業新規受注
6日21:45欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
6日22:30ドラギECB総裁、定例記者会見

7日16:00独貿易収支
7日16:45仏貿易収支
7日20:00独鉱工業生産


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました
雇用はやや悪めです
中期的には、まだダウントレンドです

中国株の動向で動く部分もあります
2000やや上で、もみもみしております。
来週は中国がお休みですね。

2週間前からのリスク回避のきっかけになったのは
HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が50を下回ったことです
これは、イギリスの民間会社の数値です
調査対象は、中小企業。
2月1日の中国政府発表の中国PMI=50.5
調査対象は国有企業や大企業。
1月の51.0からは減速しておりますが、50はまだ上回っております。
判断が微妙なところですが、とりあえず、豪ドルに対する売り圧力は軽くなるんじゃないでしょうか?

豪雇用統計のネガティブのせいで
2月利下げ観測が高まっておりましたが
CPIが良好だったので、利下げ観測は後退しております。

欧州が追加緩和に動くと、緩和マネーとなります
おそらく、一時的に豪ドルにはプラスになるんじゃないでしょうか?

あとは、新興国懸念との兼ね合いだと思います。
新興国懸念で一番打撃を受けやすいのは、豪ドルであるのも事実ですから・・・

注目は政策金利発表ですね
個人的には、まず利下げはないと思っているので、豪ドル買戻しを見てますがね
声明文で今後の利下げを示唆してくるかどうかで変わると思います。
要人発言でまた、豪ドルレートは高いなどの、声明文や7日の議事録で出くくると
豪ドル売りに群がる可能性もあり、それには注意がひきつづき必要です。

3日09:30豪住宅建設許可件数
4日12:30豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:2.5%で据え置き)
6日09:30豪貿易収支
6日09:30豪小売売上高
7日09:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨


豪ドル≧円≧米ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

新興国懸念&債務上限問題のリスク回避色を引きずりつつ、重要イベント多しなので、むつかしいですが、
基本的には、ドル円クロス円の戻り売り推奨です。

だだ、個人的には、
いままでと、180度見方を変えて、豪ドル最強週間としたいです。
あくまでも、今週もよく戻っていたように、これまでの下落の戻りくらいに思ってますがね。

あっ 個人的には、ひきつづきドル円は買い方針です。

う~ん。しくるかも

・ドル円
 101.0~104.0
 日足、一応意味のあると思われるトレンドラインを引いてあります。
 2/1ドル円日足チャート
 一応、水色斜線を下割れしたら、下へ走るんですがね。。。

 2013年に出来た三角保合いを週足にあてると、すごいことがわかります
 ええ、あの三角保合いには、とても重要なことがあったんです。
 2011年とリンクしている!
 そのまま、延長すると、2014年末・・・115円です!
 水色斜線の重要性です。
 ↓以前、週末コーナーでは月足で中長期目線チャートを作成しましたが、
  今回、週足でもう1度、要チェック。(お遊び程度に)
 2/1ドル円週足チャート

・ユーロ円
 135.0~140.0
 今週金曜が絶好の売り場であったようですね。
 2/1ユーロ円日足チャート
 
・豪ドル円
 88.3~91.5
 狙えるところで、買いかな?
 2/1豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.335~1.365
 2/1ユーロドル日足チャート

・豪ドルドル
 0.865~0.885
 狙えるとこで、買いかな?
 
・ユーロ豪ドル
 1.505~1.560
 売りかな?
 2/1ユーロ豪ドル日足チャート


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね

サイキン、このコーナーに力入れ過ぎですかね
多く書き過ぎて、よくわからん内容になってきました。
トレードに、なんら役にたっておりませぬ。。。

また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
毎週の分析流石ですね☆個人的にはユーロが気になってます。ドラギさんの会見があるんですね、前回動いたのでどうなるでしょうか、注目してます。
2月になりましたね。
いよいよ最初のトレード開始ですね。最初からスタートダッシュ決めて行けるようにしたいですね、お互いに利益出して行きましょうp(^^)q

黒ウサギさん

おはようです
ユーロが急に動き出しましたね
ドラギ会見も大きく動きそうですね
もう今年も、1か月が過ぎましたか。
がんばりま~す^^
こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(945)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(0)
カレンダー&アーカイブ
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: