FXビスケトの個人的来週の展望8/17

超個人的なコーナーです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦です

このコーナー楽しみにしてる人いるのかな~
少数でもファンがいると信じて、今週も書いておこう。

今週の振り返り

・日・中・欧・米の指標が悪く
 逆に、中国・欧州の金融緩和期待、米の低金利政策維持期待
 で、リスクオン
閑散相場に売りはなしといった格言に近いものはある。

という展開でした

ウクライナやイラクでなにかあれば下落するが戻るといった展開を続けている。


来週の展望
(毎週、似たようなこと書いてます。)

円について
先安観はいつまで経っても残ります
先安の理由は
日銀量的緩和による円安の思惑と過去最高規模の貿易赤字です

日銀量的緩和は地道に行われていきます(米QEより強力に)
中長期的”には”円安要因になります
マネタリーベースの観点からは、2013年末ドル円105円、2014年末110円、2015年末115円
みたいです

長期トレンドは株高。
(あと1年くらいが賞味期限かな?)には18000円あたりが目標と見ているんですがね
なぜ?1年くらいか?
2016年に日本の総選挙、2015年春以降には米国が利上げに走り出しそう
ということは、その前辺りからが危ない、または、再吟味する必要がある。
中期トレンドは株安。
ただし、8月の下値はおそらく14500-14700のゾーンであり
9月上旬に向けては、下値を固めたら、いったん上昇するとみてます。
すでにしてます。。

ちなみに、中期的な目線は悩んでます
株価の需給は、季節的には9-10月は悪いんです
昨年を覚えていますか?
2020年東京オリンピック決定に沸いた株高&円安
わずか数日で失速です
9-10月にずんずん高値更新していくようなイメージがないんです。
今年でいえば、10月米QE終了&11月の米国中間選挙
オバマたたきでの、米株安ってのが、個人的なシナリオなんですぅ
が、日本ではGPIFの買いや、消費増税に向けてやら官政相場っていうんですか?
それは買い方向の時期なんです。

↑なにを言いたいか
 昨年のドル円三角保合いチャート↓
 2013年ドル円日足チャート
 昨年同様、8月上旬下落から9月に向けてじり高
 歴史は繰り返す、それとも、今年こそ?
 ちなみに、昨年9-10月にやってた米債務上限問題は、2015年3月に延期になってます。

来週に関しても、ひきつづき
日本株次第&米指標次第&中国指標次第
となりそうです
ドル円・クロス円は、日経先物に影響を受けます。

来週に関しては
日本株は15000-15700のレンジにおります
8月SQ値は15040円

日本は、9月に内閣改造、9月にGPIFの株式&外貨投資、12月に消費増税
と、株高&円安の思惑があります。
SQ値より上で推移しそうですね

ドル円クロス円に押し目買いは入りやすいです
長期資金の買いがこつこつとはいってます。

日本国債は日銀の大量購入で利回り0.6%から動かないと思ってましたが
いつの間にか、0.5%になっているようです
日本国債も下げ傾向にあることから、円安を支援しているようです。

20日08:50貿易統計


米ドルについて
米景気回復傾向にあります
景気系指標が好調ならリスクオン
雇用系&住宅系指標が好調ならドル買い

QE(量的緩和)の段階的縮小~停止が示唆されております
一応、ドル高要因。
経済が極端に落ち込まない限りは
段階的に縮小し、2014年秋頃(10月頃)に停止。
もう、これは、相場に織り込まれている感があります。
利上げについては、2015年春以降。
長期的に、ドル高要因。
今後、徐々に織り込んでいくんじゃないでしょうか?
経済指標での数値的な目標値は、
失業率5.5%以下&インフレ率2.5%以上でしょうか。

日本国債利回り=0.5%、ドイツ国債=0.95%、イギリス国債=2.33%
米国債=2.40-2.8%を割れました
先進国では、高い利回りになっていることで、
ドルが高いところにくると、米国債買いが入りやすく
国債が買われる=利回りが下がる=金利差面からドル安
という構図がサイキン見られる場面もあります。
直近は世界的に債券買いになっているようで、米ドルだけが下がるということもないようですが・・・

米国債利回り
現在2.34%
最大、2.1%まで余地はあると言われております。
サイキンは2.40付近をうろうろしております。

米ドル先高観のドル買いは、明らかに入りやすくなっておりますが
肝心の米国債利回りは下落しております。
これが、ドル相場を難しくしているんです

米株は、最高値17100ドル台からだいぶ下がりましたね
現在16500ドル
個人的には、昨冬の上値突破攻防線16120ドルが、今度は今回の下落の攻防線だと見てますが。

あっ FOMC議事録とジャクソンホールのイエレンに注目か
早期利上げ観測を匂わせる内容であれば、ドル買い&株安
そんな思惑からジャクソンホールまでは、ドルの下値が堅いかも。
個人的には、いづれはやってくるが、まだその段階にないと思っているので
イエレン講演後ドル売りとなる気がしています。

18日23:00全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数
19日21:30米消費者物価指数(CPI)
19日21:30米住宅着工件数&建設許可件数
20日27:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月29日-30日分)

21日21:30米新規失業保険申請件数
21日23:00米フィラデルフィア連銀製造業景気指数

21日23:00米景気先行指標総合指数
21日23:00米中古住宅販売件数
21日米カンザスシティー連銀主催のシンポジウム(ジャクソンホール)、労働市場と金融政策に関する討論会(23日まで)
22日23:00イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、ジャクソンホールで講演


ユーロについて
ユーロ指標悪いものが目立ってきています

ユーロ利下げ&マイナス金利&LTRO第3弾が導入されてます
ユーロ圏債券買い→利回り低下で、ユーロ安要因
となってます
ドイツ国債1.0%を割れて、0.95%
いずれ
欧州版QE導入が示唆されておりますので
中長期的には、ユーロ安。

今のユーロは、欧米株の動向で動く部分もあります
リスクオンで買われるのはユーロですね
欧州株は、米株と同じ動きをしています。

ユーロ指標は悪いものばっかりになってきましたね。
悪いとわかっているだけに、材料出尽くしの買戻しも入るようになってきてます
ややこしや~

あっ ジャクソンホールにしれっとドラギ君も参加するんですね
追加緩和を示唆するような発言があれば、ユーロ売り再開か?
って、金曜深夜の相場の終わり頃ですぅ。。
と、いうことは、先駆けてのユーロ売りが入る気がします。

ユーロの高いところは、売って先に利確。
ドラギ君の前にイエレンさんなので、ドル売りの影響でユーロが上がる可能性もある。

20日15:00独生産者物価指数(PPI)
20日18:00ユーロ圏建設支出
21日16:00仏製造業PMI速報値
21日16:00仏サービス部門PMI速報値
21日16:30独製造業PMI速報値
21日16:30独サービス部門PMI速報値
21日17:00ユーロ圏製造業PMI速報値
21日17:00ユーロ圏サービス部門PMI速報値

21日23:00ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
22日27:30ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャクソンホールで講演


豪ドルについて
豪指標まだら模様になってきました

中国株の動向で動く部分もあります
2000から2100の間で落ち着いていたところ
いつのまにか2200の大台に乗せてきました
なにやら、アジア株が堅調ですね

来春以降利上げなんて声も聞こえてきます
雇用の回復と貿易黒字の経常化とCPI=3.0%以上が確認されていけば、利上げ観測浮上で
豪ドルは、上昇トレンドへ入っていきます。
貿易赤字という欠点がついてしまっています。
雇用もなかなか安定しません。
最後の豪ドル波乱の懸念は・・・中国バブル崩壊です
中国理財商品の満期が5-9月に集中しているようなので、
注意はしておいた方が、いいかもです。

豪ドルは米QEの金余り相場で長年買われてきた経緯があるので、米の金融政策にやはり左右されています
10月でQEが終了することへの不安感がのしかかっている
なので今は、中国株よりはNYダウに連動してます。

豪ドル円・豪ドルドルは、10月まで年初来高値更新はできないと思ってます。

その後11月以降は、とびっきりの上昇が待っていると思ってますが。

現状は、円・米ドル・ユーロがともに弱く、豪ドルが押し出されたりしますが
買い上がる理由はないので、高いところは売っていきたい。

あっ 議事録やスティーブンスが登場ですね
利下げ示唆や豪ドル高牽制発言がなければ、買いが入ると思われます。

19日10:30豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
20日08:30スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、議会証言
21日10:45HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


円≧米ドル≧豪ドル≧ユーロ
↑これだけを信頼してトレードするとやられます
 地力の強さという考えです


「来週の狙い」

世界的な、金利低下傾向と
FOMC議事録とジャクソンホール講演に注目か。

円安、ドル安、ユーロ安のどれが弱いのか?はて?

※ひさしぶりのチャート載せ

・ドル円
 101.8~103.4
 8/17ドル円日足チャート

・ユーロ円
 136.3~138.0
 8/17ユーロ円日足チャート

・豪ドル円
 94.6~96.0
 8/17豪ドル円日足チャート

・ユーロドル
 1.330~1.344

・豪ドルドル
 0.925~0.938

・ユーロ豪ドル
 1.420~1.448


以上はFX初心者の超個人的な思惑です。
視点がずれていたり、なにかが足りないこともあります
よくハズレますので
トレードは柔軟にっですね


また1週間頑張りましょう!!
最後まで ドモm(_ _)mアリガトデス



 人気ブログランキングへ
↑↑ボタンPUSHで↑↑管理者のモチベーションがUPです


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こびとさんの時計
レモンはメロンもお好き
レモンレモンメロン
ホームへ
カテゴリ展開メニュー
  • ご挨拶(6)
  • FX日記(943)
  • 私的FX来週の展望(166)
  • 私的FX相場観(3)
  • FX振り返りコラム(7)
  • 日経225先物・現物株日記(62)
  • パチンコ日記(30)
  • 私的パチンコスタイル(1)
  • 私的勝てるパチンコ論(4)
  • パチンコMyオカルトの部屋(2)
  • パチンコ海オカルトの部屋(2)
  • 自己紹介(2)
  • 日常(9)
  • 未分類(0)
カレンダー&アーカイブ
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ビスケト

Author:ビスケト
パチプロ生活にそろそろ限界を感じ、FX(3年目)に挑戦中!

アメリカ1930年代の殿堂馬「シービスケット」が名前の由来です

30代半ば 愛知県在住

好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」

パチンコは収入源から転落間近

FXは主にユーロ/円、たまに豪ドル/円・ユーロ/ドル・米ドル/円。いずれFXメインをめざして勉強していきます

ちなみにニートではないので生活かかってます^^;

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: